よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 やっぱりPuPuは結いやすい
2024年07月15日(Mon) 
ってことで、うっかりMAX巻きで始めてしまった、アレンジなしのノーマル版スプリットさんその2魔方陣は、既に4×4サイズの第1コーナーに達しております。



ダルマピンのある部分が中央の四つ葉になる予定。
角のチェインを作成したので、ここからは大規模な迷子にならず、安心して進めていけると思います。

そしてPuPuでも四つ葉がちょっとねじれ気味になるんですが、でもこれ濡らしてアイロンかけたら、それなりに収まって……くれませんかねえ?
どちらにせよ、リサイクルレース糸よりは断然結いやすいし整ってます。



色は col.07 ボルドー。イメージ的には中華風の透かし窓的な?

マジックスクエアって同じパターンがシームレスっぽく繋がっていくので、赤系だと中華格子風、黒っぽいとアイアンワーク風、青系だとペルシャとかの装飾タイル風、薄茶系だと組子細工的な雰囲気になると、個人的には思ってたり。

そういう意味では col.24 アガットも、より中華っぽくていいかな……今年の新色なブラウンとブラックも実物見てみたいし、サンフラワーも気になる……(どきどきどき)
No.4020 (創作 >> タティングレース)


 光る君へ 27回目
2024年07月14日(Sun) 
二週間ぶりの放送は「宿縁の命」。

いやはやいやはや! これまで何度も肩透かしを食ってきた大弐三位の出生疑惑ですが、ついに、ついに! やっちゃいましたね〜〜。
石山寺では、「え、穏やかに会話しただけで別れちゃうの?」といったんは思わせておいて、木靴かつかつ言わせながら戻ってくる道長。その表情がまた、たまらんでした。
倫子や明子相手では、ましてや朝廷でなど絶対に見せられない、気弱な顔。どこか途方に暮れたようなそれを見せて、素の感情のまま、いわば甘えることができるのはまひろの前でだけなんだなあって思いました。
そして前回でいとに「我を通すばかりでなく、寄り添うことも大事」と諭されたおかげか、まひろが正論ビームでとどめを刺さず、いい感じに柔らかく接してくれたのが、きっと道長をすごく癒やしてくれたのではないかと。

報われて良かったね、道長〜〜 ・゜・(ノД`)・゜・<このところずっと不憫が過ぎる

そして前回だいぶ株を落としていた宣孝さま(佐々木蔵之介)が、ここに来ていっきに盛り返し。
「わしも不実である。おあいことはそういうことだ」「その子はわしに福をもたらす子であるやもしれぬ」と、まひろの罪悪感を薄めようとしてくれてるというか。いっしょに育てていこうと言ってくれるあたりが、すでに本当の子育ても何もかも済ませた、大人の男であるところを見せつけてますね!
……まあ、実はお相手がいきなり忍んできた第三者とかだったら、また思い切り地雷を踏みぬくことになるんですが^^;;<あの時代なら充分有り得ると言うか、史実の紫式部の初体験って……

それにしても、最近平安関係の解説やら源氏物語の抄訳やらにけっこう触れたせいか、人妻と一夜の関係に、あまり抵抗を覚えなくなっている自分が(苦笑)
それこそ光源氏、ほんとに好き勝手やってますからね(遠い目)

そして久々に赤染衛門などの、左大臣家身内組のご登場。入内(嫁入り)道具の準備あたりとかは目の保養でした。
道長が定子の出産に入内をぶつけたことで、出産時に鳴弦をやってるのは伊周と隆家の二人のみというのが寂しい感じでしたね。
……ただ中宮さま、あれどこでご出産なさってるんでしょう。枕草子によると、宿下がり先の実家がないから、遺恨がある別の家の世話になった挙げ句に、その家の主を清少納言が散々にこき下ろしてたりとかしましたが。職の御曹司は内裏のぎり外側だからセーフって扱い??

逆に同じく人が少なく質素でも、乙丸や福丸(いとさんの良い人)が一生懸命読経してるまひろ側は、なんというかほっこりできましたね。
っていうか福丸さん、よそにも奥さんいるらしいのに、石山寺参りにもしれーーっとついてきて、すっかり家人扱いになってるんですがww

実資(ロバート秋山)が屏風に歌を寄贈しなかったのは、どこかで読んだような記憶が。完成した屏風を見ながら、「あれ、やっぱ俺も参加したほうが良かったか?」みたいにちょっとキョドってるところに、「これからも忌憚なく〜」と頭を下げられて、嬉しそうになるのが可愛かったです(笑)
気の毒なのは女院さま(吉田羊)……一条天皇とのやり取りは、どちらも涙目になっていて、一条天皇にしてみれば、ようやく口にできた本音であり親離れなのでしょうが、詮子さんも詮子さんであれは辛い……
そして一帝二后も、安倍晴明の提案になるのですね。もう完全にこの人が黒幕じゃないですか。
白道長を保つためには、陰謀関係を担う誰かは必要になるのでしょうが、安倍晴明もいずれは……ですからね。その時こそ黒道長覚醒となるのでしょうか。

道長が、最近体調が良くないとこぼしていたのは史実の通り。むしろ何話か前に左大臣辞めると言い出したのは、史実だとそれが原因みたいですね。ちょっと前からちょいちょい「痩せましたね」みたいな伏線が入ってますし、予告編でも倒れてるっぽく。
ここはやっぱり療養で宇治の山荘に行ったりとかするんでしょうか。そしてそのあたりでまた、まひろや娘と出会ったりするのかな……
No.4019 (映像)


 更新情報(2024/07/13)
2024年07月13日(Sat) 
閲覧室の「その他書架」で、タティングレースのフリーパターン「スプリットリングの魔方陣( Split Ring Magic Square )」を公開しました。
例によって、シャトルを2個使用するタイプの一筆書きマジックスクエアです。



小さいのから順に、基礎モチーフその1、基礎モチーフその2、魔方陣その1(2×2サイズ)、魔方陣その2(2×2サイズ)。
今度は要素を極力単純化した結果、ひとつひとつはかなり小さくなっています。それぞれの2×2サイズが、ひとつ前の「八角星オクタグラムの魔方陣( Octagram Magic Square )」の基礎モチーフと同じぐらいの大きさです。




↑その1魔方陣の2×2サイズ。
目数自体はシンプルですが、タイトル通りスプリットリングがメインなので持ち替えが多く、途中で挟まるリングなども相まって、リバースワークだらけなのがけっこう手間かもしれません。




↑その2魔方陣の2×2サイズ。
こちら向きだとリングが集まった四つ葉が多め。十字型のチェインは、4×4サイズにしても4箇所しか出現しません。




↑その1魔方陣の4×4サイズ。
四つ葉が4個所、十字チェインは5箇所になります。


クリックすると拡大します

↑その2魔方陣の2×2サイズ・アレンジバージョン。
その2の方は進み順を変えて、四つ葉を十字チェインに入れ替えることも可能です。十字チェインを四つ葉には(たぶん)変えられませんが、それぞれの出現位置をいろいろ好みにアレンジしてみるのも面白いと思います^^


以下は恒例、簡易利用規定。

許可:
 ピコや目数の調整、スタート位置の変更等のアレンジ。
 完成品及び作成途中の写真公開。イベント出品。
 ※その際は、パターン配布元へたどり着けるような誘導を希望します。
 
不可:
 レシピそのものの転載・再配布。レシピ作成者名の詐称。
 レシピ及びアレンジを含めた完成品の商用利用。


誘導とは、検索でたどり着ける程度の情報 ―― デザイン名と私のHN、もしくはサイト名の併記で充分です。
No.4018 (更新 >> タティング フリーパターン)


 石投げ令嬢〜婚約破棄してる王子を気絶させたら、王弟殿下が婿入りすることになった〜
2024年07月12日(Fri) 
読書記録:
■石投げ令嬢〜婚約破棄してる王子を気絶させたら、王弟殿下が婿入りすることになった〜
 https://ncode.syosetu.com/n6344hw/

王都から遠く離れた弱小領地の男爵令嬢、ミュリエル・ゴンザーラ。
石の民と呼ばれる領民の数は、せいぜい千人。皆が知り合いであり、家族のようなもの。彼らの税金は文字通り血と思え。狩りに矢を使うなどもったいない。落ちてる石を使えば元手もいらない。襲い来る魔物の群れだって投石機ですべて倒し、血も肉も皮も角も余す所なく活用するのだ。
そう育てられたミュリエルも十五歳となり、王都で学園に通うこととなった。
領主である父はミュリエルに言い聞かせる。
「とにかく金持ってる男をつかまえろ」
「金も大事だが、技術はさらに重要だ。医学、法律、測量、土木などの知識を持つ健康な婿をつかまえる。持参金は多いにこしたことはない」
「今年の税収は治水事業できれいさっぱりなくなった。お前の婿の持参金で、城壁を修理できれば、魔物の侵入が防げる。民の命が救えるな」
領地の未来を支える婿を手に入れる。そう決意して王都へと旅立ったミュリエルだったが、なかなかうまくは行かなかった。幸い学友達は協力的だったが、自己紹介で目的をさらっとぶっちゃけ、石で鳥を落としその場でさばいて振る舞った彼女に対し、みな内心ではドン引きである。友人としては付き合えるが、靴も履けない貧乏領地で石を投げる生活はさすがに無理、と。なんとか他のクラスの優良物件を紹介しようとしてくる。
そんな中、出会いの場だからとなけなしのドレスを着てダンスパーティーに参加したミュリエルの耳に、大きな声が聞こえてきた。
「ルイーゼ、そなたとの婚約を破棄する!」
なんだこの茶番はと首を傾げたミュリエルだったが、よく見るとヨアヒム王太子殿下の傍らにいる少女は、なにやら悪い気を放っている。さては魔女か。
父の教えには『上位の者を正しい道に向かせるのも忠臣の役割である』というものがあった。
殿下は魔女のせいで正気を失っている。こんな学生達が見ている中で、痴話喧嘩をするべきではない。
そう思ったミュリエルは、ガラス玉の腕輪をバラし、無造作に指で弾いた。王子と魔女のこめかみに命中させ、意識を刈り取る。会場は騒然となったが、まあこれで良いだろう。
その日も婿を見つけられぬまま会場をあとにしたミュリエルだったが、一部始終を目撃していた者がいて……


書籍化済、コミカライズ予定。文庫5〜6冊分ぐらいで完結済。
本編は7部までありますが、ひとまず1部だけでもいい感じに切りはついています。ノリと勢いで書き進められたらしく、後づけだろう設定があったり途中から雰囲気が変わったりもありますが、それでも最後まで楽しく読めました。
王様が割とあっさり弟の婿入りを許したのも、ああいう理由があれば納得できますしね。
冒頭の婚約破棄(成功してたら恐らく国が傾いていた)の裏側とか、二十年前にあった戦争の敗戦国とか、勝った方の国の王位継承争いとか、エグいところはかなりエグいところを、ミリーやその他の森の子ども達が力技で幸せにしていくのが安心して読めます。
それにしても、1巻表紙絵では優雅に長い髪をなびかせていたTHE王族アルフレッドが、途中でばっさり髪を刈り上げたのにはびっくりしましたわあ。貧乏狩猟民族に馴染むための覚悟だとしても、ちょっと短くして結ぶだけとかじゃないのがすごい。
というかもうね、王弟殿下がスパダリ過ぎますよ。ヒロインとヒーローが完全に逆転していて、荒事担当ヒロインと、それを政治的にしっかりサポートして領地で待つヒーローなんですが、ほんとに健気だし、妻一筋だし。ちょっと息子に嫉妬とかしちゃっても、ちゃんと穏やかに話し合って「うん、私そういうの察するの苦手だから。言ってくれてありがとう」と、受け入れるミリーちゃん男前だし。
なんか作者さまは、妊娠出産時にいろいろありでもしたのか。ミリーちゃんが妊娠してからの話がもうね、多分世の既婚女性たちがうんうんと頷きまくるだろう内容てんこもり。
妊娠して数話で時間が跳んで出産とかならずに、かなり長いあいだ妊娠期間が続いて、その間はいつものように動けない彼女をフォローするべく他キャラが掘り下げられていきます。
特にいいキャラは、やはりパッパですね!
初登場時はただの成金ハゲデブおやじかと思わせて、その為人は読めば読むほど涙が抑えきれませんよ……あんたまさに聖人だよパッパ……・゜・(ノД`)・゜・
最初の友人であるイローナも、成金の娘は結局金でカタ付けるんかーーい! と突っ込みたくもなりましたが、でもちゃんと自覚があって、正規の手順を踏んで行動しているし、元婚約者も幸せになったし、あれはあれで良かったのでしょう。
もともとアルフレッド自身も、過去に不本意な婚約を成立前に阻止していますし、このお話は結局のところ全編通じて「きちんと周囲と話し合って協力し合いましょう」「やりたいことがあれば、筋を通して手順を踏め」という点に尽きるのではないかと。
ごくごく一部の非道を極めた人物以外は、おおむね何らかの形で更生したり幸せな未来を手に入れています。
終盤の方は、さまざまなおとぎ話や童話を身も蓋もないような形でめでたしめでたしにもっていく話も多く。とにかくノンストレスがモットーといった感じでした。
No.4016 (読書)


 アレンジ版その2の2×2サイズ
2024年07月11日(Thr) 
ロワールコットンで作っていたやつは、実質2日で仕上がっちゃってました★



ぱっと見では、通常版とどこが違うのかよく判らないでしょうが。
本来ならリング4つが集まった四つ葉になる部分を、すべて十字チェインとFRに置き換えてみたバージョンです。
いやあ、楽しかった!



通常バージョンと比較。
※大きくなってるのは使った糸の太さが違うからです

リング(スプリットリング)まみれという観点からも左のほうが面白いし、せめて真ん中部分ぐらいは四つ葉を残したほうがデザイン的にもちょっとバランスが崩れて良いのかもしれませんが。
でも私の手ではどうにも四つ葉を形よく整えることができなくて、全部こっちに差し替えちゃいました^^;;ゞ<リングのサイズが揃わない&微妙にねじれて重なってしまう

そしてこの部分、実は四つ葉もチェインもなしの、四角い窓にしちゃうこともできるんですよね。強度的に弱くなるのが難点ですが……他になにか、面白くて収まりの良い埋め方があると、それはそれで楽しいと思いますし、どなたかアレンジぷりーーーずっっ!!

……ってことで、レシピまとめとレイアウトが終了次第、これもフリーパターンとして公開する予定です。

むしろ販売するだなんて、そんなスキルも度胸もありませんですハイ。

それにしても、ロワールコットンの結いやすさよ……



懸念だった迷子にはほとんどならず、失敗してこじ開けたリングはせいぜい1〜2個。それも糸割れすることなくあっさり解くことができたので、さくさく進められました。

ええと……実はすでに、その2の4×6長方形アレンジ案も、進み順をシュミレート済みだったりするんですが。
しかもある程度バランスよく四つ葉が出現するバージョン(糸始末が一回多くなる)と、四つ葉ゼロのバージョン(完全一筆書き)の2パターンww

う〜〜〜ん、四つ葉ゼロだと模様的にのっぺりしちゃうか……でも結ってて楽しいのはそっちの方なんですよねえ。
ただ先日試し結いしてみたロワールコットンやPuPuの四つ葉が、意外ときれいに安定しそうなので四つ葉ありもいいかなあとか(悩)

なお糸自体は、ロワールコットンかPuPuが1玉あれば、余裕で足りると思います。
いっそ細めのミルフローラとかで作ったら、繊細感が増すかなというワクテカな気持ちもあったりとか。
その場合は、4×6でも更に小さくなりそうですが(苦笑)

ロワールコットンでの2×2完成サイズが、リサイクルレース糸・#40よりちょっと大きめの一辺9.5cm。



重さ3gだったから、4×6サイズだと6倍で18gの、19×28.5cm(B5とA4の間ぐらい)ほど?
25g巻きのPuPuミニでも、手つかず玉なら足りそうですね ΣG(`・ω・´)

なお消費糸長は、今回も思い切り読み間違えました _| ̄|○
あれだけ余裕を見たつもりだったのに、最後の0.5モチーフに入る手前のチェインから、SLTでシャトルを入れ替えて、なんとかぎりぎりメインシャトルを保たせることができました。そして盛大に余っているサブシャトル(遠い目)

四つ葉が5箇所減っただけなのに、こんなに余るんですね……いやリング数にすれば20個なら、それもそうか(苦笑)
そしてチェイン4本×5箇所=20本にFRが5個増えたら、こんなに足りなくなるのかメインシャトル(汗)

そこらへんを鑑みた結果、

消費糸長メモ(ロワールコットン時)>

 メインシャトル 両手×9+SLT分1強≒両手×10強
 サブシャトル 両手×10.33−余り3強−SLT分1強≒両手×6

ぐらいかなとメモっておきます。
両方合わせたトータル長さで言えば、1.2倍計算はそこまで的外れでもなかったようですね。問題は配分。
いつもお世話になっているノゾミさんの糸長計算機も、スプリットリングの場合はどう入れれば良いのか判断がつかず、相当にざっくりな計算です。
もしPuPuやロワールコットンでリベンジするなら、これにさらにプラスアルファしたほうが良さそうだなあ……


昨夜もけっこう降ったので心配だった朝イチの通院ですが、ネットで定点カメラをいくつか確認したら大丈夫そうだったので、延期はせずに自宅を出ました。
それでも心配なので表通りを使用。
なんかもうね、冠水の痕跡など欠片もないと言うか、むしろ細かいゴミや落ち葉が洗い流されてきれいになってる感まである(苦笑)
やっぱりあのあたりは水はけを考えられてるんだろうなあ。
No.4014 (創作 >> タティングレース)


 さすが冠水慣れしてる地域
2024年07月10日(Wed) 
だけあって。
昨日は観測史上最多の雨量で、場所によっては一時腰あたりまで水が出たらしい、いつも買い出しに行く危険地帯ですが。
我々が昼前に通ったまさにその道が、その30分後にはガチで立ち往生する車が出始め、通行禁止になったとか、よく行くホームセンター脇の川が溢れて完全に道路と見分けがつかなくなっているとか、見覚えありすぎる場所の恐怖映像を見ながらガクブルしておりました。

ちょっとした雨でも、足首ぐらいまで冠水することはよくある地域ですが、これは……と。

それが18時頃のまだ明るい頃の映像で、表通りは完全に水がなくなってたんですよ。

……私が必死に曲がろうとして果たせなかった、裏通りと繋がる道では、まだ水没した軽トラが立ち往生しているようでしたが(汗)
そして浸水被害が、今朝時点で「床下浸水5件」ってあたりに逆の意味で戦(おのの)いていたりとか。
このあたりって50年ぐらい前に大水害があったそうで、町中の至る所に「このあたりまで水が来ました」って印が付いているぐらいなんですよね。
その時の教訓もあって、それ以降に建てられた住宅は地面よりちょっと高く作ってあるものが多いし、道路などの水はけも考えられてるんですね、たぶん。

今朝にはもうバスの運行も平常通りになっているようで胸をなでおろしましたが……夕方から明日の明け方にはまた激しい雨って……明日の朝イチで、危険地帯横断した向こう側の病院に予約入れてるんですが……伸ばしてもらったほうがいいかしら(汗)
No.4013 (日常)


 これが線状降水帯というやつか(慄)
2024年07月09日(Tue) 
朝から雷雨で、ジメジメと。
リビングに降りたら28.5℃の湿度74%で「28度までは熱中症にはならんから!」とか言って、エアコンつけずにジャンバー着てる父に突っ込みどころが多すぎて、とりあえず問答無用で冷房入れました(ため息)
高齢者は体感温度馬鹿になってても身体はダメージ受けてるんだし、そもそも他の人間を巻き込まんでくれ頼むから……

で、洗濯は干しても乾きそうにないので、全部乾燥機に突っ込んで今日は楽〜♪

……とかやっていたら、なんだか雨がどんどん激しくなってきまして(汗)
早いうちに買い物行ったほうが良いと、母と二人で11時頃に軽自動車でスーパーへ向かったんですが。
買い物終わっていつも通り裏道で帰宅しようとしたら、駐車場出てすぐの ┣ 型の分かれ道の直進方向に、ポールはめたコーンが並んでいて通行止めに。
え? と思ったら、そのむこうが完全に冠水していて、とても車の通れる状況じゃなくなってました(汗)

仕方ないので右折して店の裏側を通り、表通りへ出ようとしたのですが……表通りに繋がる道も、左折して裏道に出る道も、ことごとく水没しててどっちにも曲がれない (((( ;゜Д゜)))) ガクガクブルブル

このまま行くと……川に突き当たって行き止まり!? とヒヤヒヤしながら走ることしばし。
川沿いは……



普段はこうなのが、



こうなってました(汗)
私は左に写っている黒い乗用車と同じように走ってましたが、川の水面と路面の冠水がほぼ同じ高さでしたもん!

それでもなんとかエンストもせず表通りに出られて、ほっとひと息ついたんですが。
走っていて気が付きました。そうだった、このあたりはもともと泥炭地帯だったのを埋め立てた土地で、ひどい場所だと2m近く地盤沈下している地域。つまりちょっとした雨でもすべての水が流れ込んできて、すぐに冠水するという場所なんですよ。それがこんな豪雨の日になったらば。

元のスーパーのあたりへ近づくにつれ、表通りもどんどん水かさが増していく(汗)

なまじそのスーパーが2ヶ月前に竣工したばかりの出来立てほやほや。しかも地盤沈下に対応するため、開店を半年以上伸ばして地盤改良するところから始めたというお店で、店内も駐車場も全くいつも通りだったので、まさか買い物中に水が出てるなんてまったく気付いてませんでしたよ。気付いてたら最初から表通りに出て、最短ルートで危険地帯を抜けたのに〜〜・゜・(ノД`)・゜・<他に道がなかった結果、一度逆向きに走ってから、倍の距離を戻る羽目になった

もうね、ここで止まったら動けなくなる! とドキドキしながら水しぶきを跳ね上げて走ること数百メートル。歩行者のかた、いらしたらごめんなさい〜〜と半泣きになりつつ、ようやく魔の地帯を通り過ぎた頃には、どっと力が抜けました ミ〓■●

これもしも新しいスーパーできてなくて、この間まで使ってた危険地帯真っ只中のスーパーに行っていたら、ガチで帰還できなかったかもと思うと恐ろしいったらありませんですよ(怖)

幸い我が家は川から離れた場所の、道路よりちょっと高い位置に建っているので、少なくとも住居部分への浸水の心配はよほどのことがない限りないのですが、怖いのは裏山だよなあ……帰りは山の陰に入った途端に雨風が軽減されて、すごく安心した&守られてる感があったけど、いつ崩れるか判らないのも山だからなあ

追記:
夕方帰宅した長兄によれば、我々が通ってきた表通り、通行止めになってたそうです(汗)
本当に早めに買い出し行ってて良かったーーーー<食料はもちろん、ティッシュもトイレットペーパーも尽きる寸前だった


とりあえず、いろいろ手につかないので気持ちを落ち着けるのも兼ねて、



ちょっと試しに残り糸のロワールコットン(茶)とPuPu(ピンク)で試し結いをしてみたりとか。
いやロワールコットン版スプリットさんが、マジで本当に結いやすいので。
そしてリサイクルレース糸だとリングが重なりがちな四つ葉が、ロワールコットンもPuPuも普通に整う……ような?
え、これって要するに糸が悪かったってことですか??
うわあ、試したいことがまた増えた〜〜〜(汗)


そんな作業のBGMは、吉井勇訳『源氏物語』朗読。

■朗読 吉井勇訳『源氏物語』壱 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=J-pgMTlcODw

とりあえず聞き流しに再生していたのを、参の「雲隠」まで到達。光の君が主役なのはここまでです。
本当に聞き流しなのと、注釈が一切ないためにいまいち内容把握してたとは言い難いですが、以前に読んだ「眠れないほどおもしろい源氏物語」でざっくりとした人間関係とストーリーは覚えていたので、どうにかこうにか。
和歌まで全部現代語訳して、心理描写の形で地の文に入れ込んであり、そういう点では本当に判りやすかったです。
人はこうやって少しずつスキルアップしてゆくのね……
No.4012 (日常)


 いろいろ替わったのでメモ
2024年07月08日(Mon) 
昨夜、録画予約をしている父になんか呼ばれたと思ったら、ケーブルテレビのリモコンボタンが一部効かなくなっておりまして。
とりあえずいろいろ押しまくった結果、全く反応しないのが「番組表」とカーソルボタンの↓と判明。その時は試行錯誤して、ナビボタンからメニューを出し、本来なら↓ボタン1回で済むところを↑ボタンで逆回りして番組表を表示。時刻選択は、赤ボタンで予約したい日の翌日に切り替えてから↑ボタンで遡る。行き過ぎたらやり直しという手順で、どうにかしのぎましたが。

「明日営業時間になったら、ケーブルさんに即連絡」「わかった」と、テレビ中毒の父は即答。

……折しもアニメ「魔導具師ダリヤはうつむかない」の唯一見られる放送が、ケーブルテレビで昨日の24時半=今日の0時半開始だったんです。
そしてケーブルテレビは毎週予約ができなくて、1回1回手動でやるしかないですから、私も真顔ですよ。

幸い、ケーブルのセットトップボックスとリモコンはレンタル契約。無料ですぐ新しいものに交換してもらえたそうです。形状も今までのものと全く一緒。関わらなかったら替わってることに気づかないレベルでした。
まあ、ケーブルテレビ使うの、うちでは父と、たまに私だけなんですけどね(苦笑)<次兄は見たい番組がある場合、私に録画予約とダビングをさせる

でもって、
さらに夕方、またも父にホームセンターへつれて行けと言われたので乗せていったら、このところ調子が悪いからと、テレビ本体とレコーダーをひとつで操作できる共通汎用リモコンの方も、新しいの選んできました。
そしてさらに、長兄がお使いを頼まれていたとかで。夕食時には井戸水の蛇口につけている、水流をシャワーに切り替えできるやつと、2Fにいる人間をリビングに呼び出すチャイムも新しいものに替わってました。チャイムはこれまでのような電池式ではなく、コンセントに挿しておくタイプ。

ケーブルテレビのリモコンと地上波テレビ&レコーダーのリモコン、蛇口用シャワーヘッド(節水タイプ)、ワイヤレスコールチャイム。
4つも一度に新しくなった本日でした。

ってか、瞬間発電式押しボタンってナニ……そんな夢のような技術が、とうに実用化されてるとは……(@_@)


なお今日は、昨日の草取りの影響でまだあっちこっちに筋肉痛がありまして。
実質日曜日に運動したようなものだし、筋肉の回復前に動かすのもかえって良くないと己に言い聞かせ、本日の踏み台はお休みに。
これはサボったんじゃない、効率の良い筋力増加を図ったんだ……(ぶつぶつ)


そうそう、仕事場には七夕の笹飾りと短冊が置いてありまして。
「書いて★」と言われたので、「手首の痛みが治りますように!!」という、地味に切実な願いを記してきました。七夕の短冊なんて、何年ぶりに書いたかしら(笑)
No.4011 (日常)


 罪庫糸消費を兼ねて
2024年07月07日(Sun) 
スプリットリングの魔方陣、せっかくだから四つ葉を減らしてチェインの十字にした、その2バージョンも作ってみたく。
見分けやすいように糸の色を変えつつ、失敗してもほどきやすい茶色系は……と考えて、前にチョコレートなアズレージョさん(その2の4×4・アレンジバージョン)を作成した、ロワールコットン(廃盤・40g玉)のココアブラウンを引っ張り出してきました。

その後もちまちまと小物で消費していたのですが、どうにも中途半端で大物には使えない量がいつまでも残っていまして。
今回の、2×2サイズでも大サイズシャトル1個ずつで収まりそうなこれならと、試しに巻いてみた結果、



ダイソー・リサイクルレース糸の時と比較してざっくり1.2倍に、メインシャトルはアレンジのぶん増えるだろうからプラス1.5弱で、メインシャトル 両手×9・サブシャトル 両手×10.33。
だいぶ余裕を見たし、これなら足りるんじゃないかな?

そしてその長さを巻ききれて良かったという思いと、これなら結ってる途中で足りなくなっても心配しなくて良い量が残ってるなと、二重の意味で一安心。

中国製大サイズシャトルの、アンバーも使い初めでっす♪
このシリーズ、クリアカラーでも意外と色が濃かったため、うっかりサブシャトルと間違えちゃいそうな懸念があったりとか……^^;;

N/A
Amazon.co.jp: 2 個クラフト針クラフトレースメイキングタティングシャトルツールレース作成キットセットタティングシャトルケース : ホビー

っていうか、結び図を眺めつついろいろシミミュレートしていて、今になって気が付いたんですが。もしかしたらその1バージョンでも、四つ葉を全部、消せる……かも?
その2と違って、最初にサイズを決めておく必要がありますけど……うわ、やりたいことがどんどん増える〜〜〜(><)


追記:
なにこれ、結いやすっ!?



半年以上のブランクののち、リサイクルレース糸やダルマ糸といった、私の手とはあまり相性の良くない糸ばかりを使用していたので、こんなものかと思っていたんですが。久しぶりのロワールコットンの扱いやすさに、恐れ慄いております (((( ;゜Д゜)))) ガクガクブルブル
なにこれ、糸がよじれない……リングが閉じやすいしこじ開けやすい。ダブルステッチも視認しやすい……リサイクルレース糸買い足すより、罪庫になってるロワールコットンやPuPuをもっと消費していくべきかもしれません。そして買い足すならPuPuとかPuPuミニを!






セール時を狙ってまとめ買いすれば、コスパはだいぶ下げられるはず……っ
っていうか、なんで廃盤になったのロワールさぁぁあん(泣)


そしてもろもろを土曜のうちに片付けたので、今日はゆっくりできると思ったら。
母が「庭に直射日光が入らないうちに!」と、朝から裏庭の草取りが始まりました _| ̄|○
いやうん確かに放置しすぎて、えらいことにはなってましたけどね……でも前回の前庭もそうだったけど、なんでわざわざ30℃超える日にやろうとするの(泣)<ブルーベリーの実を取ろうとしたら、木までたどり着けなかったらしい

終わってからネットで確認したら、熱中症警戒アラート出てるし(遠い目)



この状況で地面に近い草取りとか、さらにはコンクリとアスファルトむき出しの駐車場で庭木のトリミングさせるとか正気か……これだから昭和世代の年寄りは……(ため息)

もうね、下向いたら額や鼻の頭から汗がポタポタ落ちてくるレベルでしたよ。服も完全に汗で色が変わってるし、これ踏み台昇降よりたぶん運動強度が高いww
取った草はひとまず何箇所かに積んでありますけど、あれ裏山に持って上がるのは、私も肩や足腰を痛めてる長兄も無理……今日は出勤だった次兄に頼むしかないよなあ。
No.4010 (創作 >> タティングレース)


 4×4サイズ完成!
2024年07月06日(Sat) 
夕べようやく結い上げて、濡らして整えておいたのが一晩経って乾きました。
仮称・スプリットリングの魔方陣、その1の4×4サイズです。
これでやっと、サンプルがワンセット取り揃いましたよ〜〜〜



模様は、八角形の間に四角があると言うより、四角の間を八角形(丸)が埋めている、格子柄みたいな感じになりました。
蜀江文とはちょっと違うな……う〜〜〜ん……じーーーーっと眺めてると七宝にも見えなくはないような気もする……でもちょっと違うし……何かだんだん考えるのが面倒になってきたww



斜めから。
模様の並びかたはこちらのほうが好みなんですけど、こっち向きになるその2バージョンの方は、チェインの十字が出る数が少なくて、4×4サイズでも4箇所しかないのが残念でして。



恒例・擬似的遠目から&90℃回転。
ちょっと進み順を変えてやると、模様がこっち向きになるその2バージョンでも、チェインの十字の出現数を増やせるんです。
そっちのアレンジも作ってみたいけれど、でも迷子になる&結い間違いの確率がめっちゃ高そうというリスクがですね^^;;<スプリットリングを解くのは、いつもに輪をかけて手間と難易度が厳しい

今回の完成サイズは、その1の4×4サイズ(左下の)で一辺が11cm強。



いくらその1バージョンとはいえ、かーなーりーー小さめです。
いつもなら写真2枚に分けるのに、カッターマットに余裕で5種類乗るし(笑)
それでいてリバースワークやシャトルの持ち替えがめっちゃ頻繁にあるため、相当に面倒くさい仕様となっております。目数自体はかなり覚えやすいんですけどね。

消費糸長メモ(ダイソー・リサイクルレース糸#40時)>

 メインシャトル 両手×12.5
 サブシャトル 両手×16弱

メインシャトルは、みん100やクロバーの大サイズなら1個でいけます。
サブシャトルはさすがに無理ですが。それでも最初にメインとサブを繋いだ状態で始めれば、糸始末2回の4本のみ。
普通にモチーフ繋ぎしたら16回の32本なことを思うと、やっぱりマジックスクエアって便利ですわあ。
No.4009 (創作 >> タティングレース)



<< 2024年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村


 最新の記事
 やっぱりPuPuは結い..
 光る君へ 27回目
 更新情報(2024/07/13)
 石投げ令嬢〜婚約破棄し..
 アレンジ版その2の2×..
 さすが冠水慣れしてる地..
 これが線状降水帯という..
 いろいろ替わったのでメ..
 罪庫糸消費を兼ねて
 4×4サイズ完成!

 最新のコメント
 keropi さん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2024/07/12 22:42:48
 フリーパターン、楽しみ..
 by keropi
 at 2024/07/12 20:16:51
 今日もセルフレジに翻弄..
 by 神崎真
 at 2024/06/21 17:15:07
 あぁ…前に書かれていま..
 by keropi
 at 2024/06/19 22:00:34
 ほうほう、地方や金融機..
 by 神崎真
 at 2024/06/18 21:30:48
 うちの近辺は銀行併設で..
 by keropi
 at 2024/06/18 19:30:56
 keropi さん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2024/06/18 17:39:11
 ATMに紙封筒、置いてま..
 by keropi
 at 2024/06/18 15:30:18

 カテゴリー一覧
 更新(137)
  タティング フリーパターン(9)
  タティング 技法(5)
 創作(1176)
  タティングレース(1000)
  小説(42)
 読書(498)
 電脳(162)
 映像(102)
 日常(381)
 その他(11)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

 最近記事のRSS  

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41