よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 セベリアで雪ドイリー8段目
2022年01月04日(Tue) 
ぐるっと一周終了。



長い間放置していたのが嘘のように、さくさくと進みました。
お椀化しないかとかちょっと不安だったんですけど、いい感じに収まってくれて良かったです。

昨日の記事にも書きましたが、1記事1段のレシピを順に追っていくと、この段はシャトル+糸玉の単純なぐるぐるターンになっています。
serwetka śnieżna - on line カテゴリの最新の記事に、このFRがついたバージョンの目数が載っているので、そちらを作成したいかたは要注意ってことで。

■Frywolitki, Tatting, Chiacchierino: Serwetka śnieżynkowa - po raz drugi
 https://renulek.blogspot.com/2015/09/
serwetka-sniezynkowa-po-raz-drugi.html



FRはチェイン2個おきというのも注意のしどころ。
なまじ単調なだけに、ミスりやすい箇所だと思います<何箇所かやらかした

残るは最終段のスカラップ(半円形)なぐるぐる。



前回はPuPuで大サイズシャトル3つ、両手×37弱ほど必要でした。
セベリア#40だと8割ぐらいだから、両手×29.5ってところでしょうか。さすがに細糸+大サイズシャトルでも一回では巻ききれない長さなので、これは実際に作り始めてから、2個目を糸計算する流れになりますかね<セベリア40+中国製大サイズのMAXが、だいたい両手×22ぐらい

消費糸長メモ(セベリア#40時)>

 8段目
  メインシャトル 両手×11
  サブシャトル 両手×11弱

どちらも11.5巻いて開始して、残ったのは0.5以上1以下だったので、ちょっと余裕を見てこんな感じ。
PuPuの時はメイン両手×13.66・サブが両手×13.5だったので、やはり8割見積もりで良いようです。

とりあえず残った糸は、念の為の試し結いに流用。



やはり太さが異なるせいか、PuPuで作成した際に調整した目数のままだと、段と段の接続部分がちょっと歪む感じなんですよねえ……これはやっぱり、完成後に全体引き伸ばしのピン打ちが必要かしら……?
No.2919 (創作 >> タティングレース)



<< 2022年01月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 セベリアで雪ドイリー8..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41