よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 ワンストロークヘキサゴン・2枚目完成
2021年09月22日(Wed) 
セリアの廃盤コットンレース糸(きなり)1玉で、何か作って欲しいと言われ、おおよそ2ヶ月。



一筆書きなワンストロークヘキサゴン、37枚分バージョンが、ようやく完成しました〜〜〜 へ(^○^へ)(ノ^○^)ノ

以前、ダイソーのダークレッドで作成していたのですけれど、やっぱりホワイト〜ベージュ系だと雰囲気が変わりますね!
そのあたりの好みは人それぞれでしょうが、私はこういった淡い単色が大好きですvv



セリアの廃盤糸は20gで133mと、ダイソーのものよりちょっと太め。
途中で足りるかどうか心配になりつつも、なんとかシャトル側は大サイズ使って糸継ぎ2回で終わってくれました。
ただ糸玉のほうが……最後のシャトルを巻く時に、何を思ったか残量概算して糸を切断してしまったんですよ、私(汗)
それで案の定、残りモチーフ1枚半ぐらいで足りなくなって、継ぎ足す羽目になりました。あの時の自分は何を考えていたんだろう……(遠い目)

ともあれまあ、シャトル側とともに糸玉側もいちおう計測はしていた結果、

消費糸長メモ(セリア・旧コットンレース糸)>

 シャトル 両手×42≒54.6m
 糸玉 両手×24.5≒31.85m

※本来は2シャトルで作るタイプのデザインですが、「カバーステッチで方向転換」を使用して、シャトル+糸玉で作成しています。

ダイソーのダークレッドで作成した時と比較すると、シャトル糸が1.05倍ぐらいになりました。多分糸玉も同じぐらいなんでしょう。
トータルでざっくり86.5m消費したとすると、糸玉の残りは133−86.5=46.5m。

コースターサイズの7枚分バージョンが、余裕を見てあと2枚、ぎりぎり3枚ぐらいは作れそうな計算、ですかねえ?
揃いのテーブルセンター&コースターのセットとか、可愛くないです?(そわそわ)


本日の作業BGMは、ロウドクソウコさんの「北極星号の船長」前後編。
コナン・ドイル作、岡本綺堂翻訳というので心惹かれたのですが……うーーん(苦笑)
尻切れトンボ感を味と思えるかどうかが、評価の分かれ目でしょうか。


そして昨日書き忘れてましたが、電子レンジが壊れました(−ー;)
さすがにないと困るので、帰宅したらもう新しいオーブンレンジが鎮座してましたが……ここ一年ぐらいで、洗濯機、乾燥機、瞬間湯沸かし器、トースター、風呂のボイラーに昨日の扇風機と、立て続けに家電関係が壊れていってます。
私の部屋のクーラーとオイルヒーターも、タイマー機能なんかはとっくに使えなくなってますし、たまんないなあ……(ため息)
No.2763 (創作 >> タティングレース)



<< 2021年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 ワンストロークヘキサゴ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41