よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 オリエント急行殺人事件とメールフォームお返事
2020年10月08日(Thr) 
先日放送された、2017年の劇場版「オリエント急行殺人事件」を視聴したのですよ。
いちおう原作は読了済、かつ2015年の三谷幸喜版も視聴済です。というか三谷幸喜版を見て原作をチェックしました。お約束ネタとして、犯人が誰かは前々から知っていましたが。
正直を言うとあまり原作に思い入れはなく、内容もうろ覚え程度な視聴者です。

でもって、今回。
映像美はさすがでしたね! 車内の様子もすごく雰囲気があるし、列車が立ち往生するのが橋の上という、実に絵になる光景も見栄えがありました。
そしてポアロさんのキャラクターは……アクが少なかったと思います(笑)
私のイメージするポアロさんは、独特な(訛った?)喋り方をする、気取り屋で鼻につく人という感じなんですけど、今回のポアロさんはそういう意味では変人度が低めで、逆に言えばとっつきやすかったと思います。
探偵側のお医者さんがいない代わりに、原作では大佐だったアーバスノットさんがお医者さんになっていて、しかも黒人キャスティングだったので、少々混乱しました。
……ただでさえこの作品、登場人物が多くて、どれが誰だか……ですし(苦笑)
そしてTV放送な結果、カットシーンもあったようで、推理部分についてはさくさく進んでいきましたね。それぞれの動きや過去、ミスリードの内容といった情報がかなり少なかったように感じられました。
というか、番宣などでやたら流れていた、「赤いガウンを来た女の後ろ姿を目撃」と言うシーン、本編にはなかった……ような??

そして終盤の独自路線っぷりもすごかったですね。
イメージとしては嵐の山荘パターンだったのに、早々と救援が到着したと思ったら、電車の外を散策したりトンネルの中で謎解きをしたり、果ては橋の骨組み内で追跡劇ww そしてまさかの格闘ww
いやあ、この作品でアクションシーンがあるとは思いもしませんでした。道理で随所で銃がちらほらと映っていた訳です。
そしてポアロさん、腕撃たれてるのにろくな治療もしてないけど大丈夫なのか……

ともあれ、
世の中には善と悪しかないと冒頭で語り、謎を解いたあとには犯人へ黒(探偵を殺して真相を隠蔽)か白(罪を認めて償う)かを迫ったポアロさんが、結果として、灰色の存在を知る。
そして長い時間と葛藤の末にあの解決を選ぶというのは、原作とは異なる展開だけれど、それでもひとつの作品としては面白いまとめ方だと思いました。

……まあ、あの状態でポアロさんが殺された場合、さすがにブックさんも口添えしないだろうし、救助隊もすでに到着してるから真相隠蔽は難しかったと思うんですけどww
それとポアロさんがアームストロング大佐と知り合いだったという設定はいらなかったと思うんですが……原作にありましたっけ?
あれだとポアロさんが目を瞑ったのではなく、単に共犯者になっただけという解釈もできてしまう気が……


ああ、三谷幸喜版もまた見返したくなってきたなあvv


そして以下はメールフォームへのお返事につき、記事を畳む&要スクロールでお願いします。
No.2200 (映像)



<< 2020年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :


にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 オリエント急行殺人事件..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41