よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 いつまで続くのか&交通誘導はお早めに
2020年10月06日(Tue) 
まさかここまで長引くとは思わなかった、お出かけ時のマスク需要。
もう使い捨てマスクも普通に購入できるようになりましたし、手芸店から姿を消していたガーゼ生地&マスクゴムなども、すっかり入手しやすくなりました。
そうなるとやっぱり、間に合わせ布で作った柄物より、スタンダードな白マスクが落ち着くなあと思ってしまう、チキンなワタクシ(苦笑)
しかし市販の使い捨てマスクはどうにも肌に(物理的な意味で)合わないので、選択肢は手作りマスク一択です。
目指すは一見市販品な、集団に埋没する白マスク。
でも以前最寄り百均にあった白無地手拭いは、以降まったく入荷してくれませんですの(´・ω・`)

そんなこんなでストレス発散を兼ねて、今日は普段あまり足を運ばないリアル手芸品専門店へ行ってみたのですよ★

実はこのマスク騒動が起こってから、足を踏み入れるのは初めてだったりします。
久々に行った店内には、やはりハンドメイドマスク関係のラインナップが多くなっていて、端切れワゴンにも前にはまったくなかったような、白布がたくさん入っていました。

で、いろいろ吟味した結果、



平織りコットン端切れ1枚100円也を、3枚ほど購入。
裏地に別ガーゼを使えば、1枚でマスク4つほど作れそうな大きさです。両面同じにしても、2つはできるかと。
布目は手拭いより詰まり気味ですけれど、これから冬に向かうなら、防寒も兼ねられるし大丈夫かな、と。

……そして、
真っ白マスクが良いとか言いつつ、やっぱりそれでも少しは遊び心がほしいなあという気持ちも捨てきれませんで。



ぱっと見には白いけれど、近くでよく見ると、実は白地に白でプリントしてある布にしちゃったのでしたww





これも数種類あった中で、目移りする中からとりあえず、あまり柄が細かすぎず、かつ適度に密度の変化があるものをチョイス。
……これも普段の手芸や服では、絶対に選ばないタイプの色柄ですねえ。
それに立体物をミシンで作成したり、端ミシンにもだいぶ慣れてきたりと、そういう意味ではこのマスク騒動、私の手芸の幅を広げるひとつの要因にはなってくれたのかも? とも思ってみたり。


なおせっかくだからと駄目元で店員さんに訊いてみたのですが……やはり目打ちは通常サイズ、レース針も店頭には12号、取り寄せでもクロバーの14号までしか扱われていませんでした(しくしくしく)
小売もする問屋さんみたいな、市内では一番品揃えが充実してそうな手芸店なんですけどね……


話は変わりまして。
その手芸店からの帰り道。道路工事で通行止めをしている箇所があって、「回り道こちらです〜」と別の道へ誘導されたのですよ。
で、まあそういうこともあるよねとそこはハンドルを切って、次の角で改めて元の方向へ曲がって進んでいったら……また別の誘導員さんが立っており、「この先の十字路は、右に曲がると別会社の(さっきの)工事、左に曲がるとうちの工事のため、直進しかできません」と。

……私そこ直進したことないんですが……っていうか確か直進すると、山越えて十キロぐらい先まで連れて行かれる道じゃあ(汗)

いや私も元建設業界経験者だから、誘導員さんに文句言っても仕方ないと判ってはいるんですけど……思わず素で「はあ!?」って出ちゃいましたよ。

軽自動車2台がすれ違うのギリギリみたいな道幅で、警告が遅えよ。誘導員立たせるならひとつ前の、まだリカバリーができる曲がり角でしょ?
っていうか、『この先通行規制』看板はどうした!?

いくら違う業者だからって、現場監督さん、もうちょっとお互いで迂回路の打ち合わせぐらいしようよ……

しかも誘導員さんが状況説明で見せてくれた地図が、普通の住宅地図じゃなくて、工事図面に着色したものを、さらに5回ぐらいカラーコピー繰り返したようなやつで……元現場事務員の私の目でも、全く判読ができないと言うね ┐(´〜`;)┌

あれ絶対、誰かから施工業者にクレーム行くぞと、余所事ながら逆に心配になりましたよ……あの工事の事務所では、絶対電話応対したくないッス……(汗)

あ、私は結局、ちょっと通り過ぎた場所にあった駐車場を拝借して、Uターンさせていただきましたです、ハイ。
ああ、あそこにスペース空いてる駐車場があってほんとに助かった……けどこれも頻繁にやる人がいると、駐車場の持ち主から施工業者にクレームが行く案件ですしね……(合掌)
No.2196 (創作)



<< 2020年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :


にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 いつまで続くのか&交通..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41