よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 やっぱり合わない _| ̄|○
2022年09月30日(Fri) 
アズレージョさん別バージョンのサブシャトル。
いろいろ計算機を叩いて、これで行ける! と始めたんですが。



足りませんでした ・゜・(ノД`)・゜・
前回の全穴埋め、両手×11.5から、基礎モチーフ1枚分引いた両手×9巻いたんですが……むしろ余るんじゃないかという予想を裏切り、盛大に足りてません(しくしくしく)

とりあえず、FRはもう全部できているし、余裕を見ても両手×1.5で余るとは思う……でもその長さなら、最初に巻いたぶんと合わせても、大サイズシャトル1回で行けたのになあ……
No.3303 (創作 >> タティングレース)


 こっちも糸計算
2022年09月29日(Thr) 
途中で別アレンジ(PuPuで作成している青い方)を思いついてしまったので、放置してしまっていた、ダルマ#40によるアズレージョさん、3×4の長方形バージョン。
サブシャトルの1個目を使い切ったので、記録メモです。



チェインとFRをもう1個ずつぐらいはできそうですが、この位置で始末するのが(以下略
だんだん全体像が見えてきて、楽しくなってきました^^
長方形アレンジなのに、ちゃんと一筆書きを維持できているあたりも、我ながら面白かったり不思議だったり(笑)

で、サブシャトルは両手×15で開始したのが、



基礎モチーフその1換算で、おおよそ10枚強といったところ。
全体は25枚分ぐらいになる予定なので、40%ぐらい進められたことになるんじゃないかと。で、基礎モチーフ1枚あたりのサブシャトルは両手×1.5、と。メインは両手×2.33弱ってとこでしたっけ。
どちらも既に、両手×15巻いたシャトルを1個ずつ準備済ですけれど、これは余裕で使い切りますね。トータルはサブシャトルが3個、メインシャトルは4個ってところかなあ?

……ただこのデザイン、特にサブシャトル側は、位置によって消費長がかなり違ってきちゃうので、糸計算がぴたっと合ってくれたことなんて、ほとんどないんですけどね……(遠い目)<たいてい盛大な半端糸が出るか、逆にぜんぜん足りないか

糸計算の本番は、ラストシャトルってことでΣG(`・ω・´)
No.3302 (創作 >> タティングレース)


 減ったと思えばまた1本
2022年09月25日(Sun) 
Mystery Doily 5段目。
今回は最難関と言ってもいい、変則的な段ということもあり、当然ながらの試し結いから。



S字チェインの目数は、Patty 版の 4・2・4・2・4 を採用しています。
で、内向きリングが5個・6個・5個・5個・6個……と、だいたい1クールちょい結ったところで、これまで出ていた半端糸を使い切りました。



拡大。
んー、これならまあ、アイロンでぷしゅーすれば収まりますかね?

……とか思いつつリングを数え直してみたら、最後の内向きリングが5個しかない _| ̄|○
うん、まあ試し結いだしね。大丈夫だと思うしかないね!


でもって、
試し結いで、溜まっていた半端糸を使い切ったのは良いのですが。
これなら大丈夫そうだと本番用に糸を巻いていて……出てきました(苦笑)



これぞ百均クォリティww
どうせ途中で繋ぐからと、今回は巻ける量がちょっと少ない代わりに扱いやすい、ちうごく製大サイズにMAXの両手×12を巻き、それに合わせてみん100大サイズにも両手×12を巻こうとしたら、あともう少しで糸玉が尽きることに気が付きまして。測ってみたら両手×13.5。みん100大サイズなら巻ききれるなと、糸端から巻き始めて……両手×1.5まで巻いたところで出てきました。



これは切るしかないですねえ……
そんな訳で、今回もメイン・サブともに同量の両手×12での開始と相成りました。
切った方は、このもこもこした部分を取り除いて、また半端糸として木製ピンチに巻き取り。
まあまたこれも、6段目の試作に使うってことで。


朝とお昼とに、先日ダイソーで購入してきた、レンジで炊ける1合炊き用の器を試してみたんですよ。
結果は……うーん(苦笑)
朝は水に30分ひたすのを省略した結果、かなり固めの仕上がりに。昼はしっかり30分以上ひたしてからやったら、ちょっとはましになりましたけど……やっぱりまだちょっと固いです。安い古米使ってるし、水の量を少し増やすべきでしょうか。
っていうか、研いでから30分水につけて、レンジで600W・5分+200W・12分からの10分蒸らしって……炊飯器使ったほうが、むしろ早くて手間がかからないっすよこれ(苦笑)

コンロの調子が微妙で、ちょっとご飯が足りない時に追加で1〜3合ほどオート鍋炊きできる機能がうまく使えなくなってきてるため、買ってみたんですけど……結果は微妙?
ただ、お米を減らしておかゆを炊くという方法には使えるかもしれません。それこそ父が、最近やたらとおかゆを食べたがるのでね……母が鍋で「初めちょろちょろ中ぱっぱ……」とか言いながら作っているのが、少しは楽になると良いんですけど……でもレトルトおかゆどころか「ご飯から作ったのは不味い。米から炊いて」とか言う人だから、たぶん駄目なんだろうなあ……(ため息)
No.3295 (創作 >> タティングレース)


 小学生レベルの算数なはずなのに
2022年09月23日(Fri) 
さらに別バージョンを作っているアズレージョさん。
メインシャトルが尽きたので、残りの必要量を計算です。
今度こそ慎重に……



両手×12で開始して、全体から中心を除いて7枚強のところを、5枚強まで進められて、残りは2枚強といったところ。
なので両手×12÷5枚×2枚≒4.8で、両手×5。トータル18分巻けば足りる……はず ΣG(`・ω・´)

……前回のみっちりバージョンがトータルで両手×20.5だったから、その1基礎モチーフ1枚分の両手×2.25を引くと18.25だし、たぶん行けると思うんですが……またどこかでミスってたらどうしよう……(遠い目)
No.3292 (創作 >> タティングレース)


 もはや偶然の産物というか
2022年09月19日(Mon) 
どうデザインすれば、この進み方を可能にできるのか、その条件が自分でも判らないww



そんなアズレージョさん変則魔方陣を分解した……いわばその3基礎モチーフと、さらに分解した最小単位となる0.5モチーフです。



0.5モチーフの方は、マジックスクエア本で触れられていたものに似てはいるんですが……でもこれを中心に入れても、うまく形にならないんですよね……そしてその3モチーフの方は、これ一段構成じゃないんですよ。実質2段でできています。なのになんでマジックスクエアにできるのやら??

もともとアズレージョさんの基礎モチーフ自体が、きっちり半分や四分割にできないものなうえに、モチーフを移動する部分のデザインが、通常のモチーフ繋ぎから変更するのではなく、そのままチェインを追加するというやり方でして。
それらのイレギュラーの、どれがどう作用してこうなったのか、自分でもさっぱりなのでした(苦笑)

まあ、楽しめるのならそれで良いのよ^^
……再現できれば、さらに楽しめる別デザインが作れるかもという話でもあるのですけれど。

ひとまず変則バージョン・ワンセット。



このバージョンだと、ひと筆書きした2×2サイズは、元のモチーフを四枚繋いだものと同じデザインになっちゃってます。メリットは、糸始末が4回(8本)から2回(4本)に減らせることだけですか。
でもこれ、糸始末を3回(6本)にする代わりにちょっといじれば、また違った雰囲気にできそうなんですよねえ(わくわくわく)

消費糸長メモ(PuPuミニ時)>

 その3モチーフ
  メイン 両手×5.66強
  サブ 両手×3.33

 0.5モチーフ
  メイン 両手×1.66
  サブ 両手×0.66


その2モチーフだと、1枚につきメインシャトル両手×5.66のサブシャトル両手×3.66ですから、ほとんど変わらない感じですね。ちょっと配分が異なっているぐらい?
……そして0.5モチーフの方は、やはり単純にその3モチーフの4分の1ではないあたり、アズレージョさんの糸長計算はほんと難しい……


夕食後の20時頃、明日の左目手術に備えて洗髪した母のピンカールを巻いていたところ……いきなり電気が落ちました(汗)
……停電なんて、めっちゃ久しぶりって気がします。昔は台所の引き出しにマッチとロウソク常備してたものですけどねえ。
私はちょうど最後のカールを手で支えて、1本目のピンを刺したところだったので、とっさに動くに動けずワタワタしちゃいました。
でもまあしょうがないから、いったん手を離して、棚から懐中電灯を発掘。自室に戻って乾電池式のLEDミニスタンドとスマホを持ってリビングに取って返しました。で、薄暗い中で最後のピンを刺していたら、やはり明かりを持った次兄がリビングにやってきた……ところで照明復活。
「あー、久々だったねえ」とか笑いながら、それぞれ自室に戻ろうとしたところで、またもブラックアウトする視界。
えー……LEDスタンドとかスマホケースとかは白っぽいやつ選んだほうが、本当に暗い中では探しやすいですね(しみじみ)
結局その後、同じことがもう一度あり、もう大丈夫そうだと自室に戻るまで、30分ぐらいエリザベス女王様の国葬の様子をTVで眺めておりました。
夜の間にデッキからDVDへの録画ダビング仕掛けてるんですけど、途中でまた停電しないことを祈りつつ……
No.3286 (創作 >> タティングレース)


 ニューアレンジ成功!
2022年09月18日(Sun) 
長方形にアレンジした、その2魔方陣の3×4サイズを作成途中。手元で出来上がっていくいつもとは異なる形を見て、「あれ? これもしかしたら行けるんじゃね?」と、さらなるアレンジを思いついたのが数日前のこと。
我慢しきれず、3×4はちょっと保留して、シャトルに糸を巻いてしまいました(笑)
で、結いやすいPuPuミニなおかげか、さくさくと手が進んだ結果、



形にすることができましたー^^

拙デザイン「 装飾タイルアズレージョの魔方陣( Azulejo Magic Square )」の、変則……その3魔方陣の2×2サイズとでも言いましょうか。
もちろん今回も、ちゃんとマジックスクエアとして、一筆書きで作成されております♪

公開しているレシピ通りの作り方をすると、その1魔方陣もその2魔方陣も、中央が四角いデザインになるのですけれども、今回のこれは中央が、その1基礎モチーフの丸い穴になります。



左が今回のその3魔方陣。右がレシピ通りに作成した、その2魔方陣。
左の方は、四つ角の部分がチェインではなくリングが4つの、その1基礎モチーフの4分の1の形状になりました。
一辺の構成要素は、その2基礎モチーフ2枚分と変わらないので、微妙に小さくなっているのは締め具合の差か、あるいはノーマルPuPu(100mあたり13.9g)とPuPuミニ(100mあたり13.45g)の違いなのでしょう。



みっちりで可愛いvv

ただまあ……ちょっと進み順が変則的すぎて、他のかたに説明できる自信がないのが玉に瑕です^^;;ゞ

あと、どうもこのやり方だと、もっと大きくしなければ四角い穴は出現させられず、全部チェインで埋まってしまうっぽいです。
四角い穴を出現させ、かつ規則的に綺麗な配置にしようと思うと、かなり大きめに作成するか、糸始末を一回増やして一筆書きではなく二筆書きにするしかない気配がしますね。

それでもまた、新しいアレンジの方向を見つけられて楽しかったです♪

あ、「誤差も出ないと思う」とか言っていた、消費糸長ですが……改めて過去ログを確認したところ、両手×13で開始していたのに、2個目のシャトル糸を決める時に、両手×15で計算していたことが判明しました。

そりゃ盛大に余るはずだよ(遠い目)<かなり半端糸が出た



とまあ、そんな次第で、PuPuミニで作成した今回のサイズは、一辺が13.5cmと相成りました。

消費糸長メモ(PuPuミニ時)>

 メインシャトル 両手×20.5
 サブシャトル 両手×11.5

消費した長さも、ノーマルPuPuによるその2魔方陣ノーマルタイプとそこまで変わらなかったです。メインがちょっと多めで、サブは気持ち少なめと、配分がいくらか異なるぐらい?
……っていうか、メインシャトルを両手×13で計算し直すと、トータルが余裕を見て両手×21.5になるので、残量は両手×1ぐらいと、やっぱりちょうど良かったんぢゃんっ。
なんでそこを計算ミスするかなあ ・゜・(ノД`)・゜・


残った糸は、さらにこれを分解した、基礎モチーフその3とでも言うべきものの試作に使うとします。両手×1以下なら廃棄というMYルールを決めているのに、それにしたって余らせ過ぎた(しくしくしく)

ところでこれを測ってみたところ、だいたい5グラムとなったんですが。
2×2=4枚相当で5グラムということは、3×4=12枚相当だと15グラムで行ける計算になりますよね?
手つかず玉なら、PuPuミニ25g巻きで、充分足りる計算(どきどきどき)
……まあアズレージョさんは、隣り合うモチーフで一部を共有してたり、逆に重複していたりするので、厳密に何倍という消費にはならないんですけど。さすがに10gもずれることはないでしょうし。

あああ、すぐにでも大きめ長方形サイズに着手したい〜〜〜《o(><)o》<まずは3×4アレンジと Mystery Doily と赤本VIIのどれかを片付けなさい


話はがらっと変わりまして。
8月23日に落下させてパーツが外れて紛失したのを、翌日なんとか見つけ出してはめ直し、事なきを得たネックスピーカーですが。

……どうやら事は、やはり「あった」ようで(泣)

最近誤作動が頻発します。
音量ボタンがほとんど反応しなくなったのも致命的なんですが、他にも音量ボタンを押してるのに10秒送り/戻しになることもあったりとかしてですね。
さらに電源スイッチをオフにすると、同時に実行キーも動作しちゃう場合があって……どう言うことかというと、スマホで朗読を聴いているのを実行キーで停止させて、ネックスピーカーの電源を切ったら、それでまた再生が始まっちゃうことがしばしば。しかも既にイヤホンには繋がっていない状態だから、本体スピーカーで響き渡るんですよ(−ー;)
さらに場合によっては、アプリの画面が読み上げではなく閲覧モードに戻っていて、読み上げ停止ボタンが表示されていないうえに、読み上げ中はモードの切り替えができない仕様だというね ┐(´〜`;)┌ <最初になった時は、パニクった挙げ句にスマホの電源ごと切った

結局そうなった時は、スマホを置いてある場所まで行くかカバンなどから取り出して、アプリ本体を強制終了させる、もしくはもう一度ネックスピーカーのスイッチを入れて Bluetooth が繋がるのを待ってから操作して再度読み上げを停止。スマホ本体でアプリを終了させてから、ネックスピーカーの電源を切るという手順になります。しかもその間、ラノベの朗読が流れっぱなし。

ワイヤレスの意味ないぢゃん ・゜・(ノД`)・゜・

実行キー(再生・停止)と、10秒送り/戻しだけは、なんとか異常なく動作しているのが、せめてもの幸いですが……電源のオン・オフ自体も反応が怪しくなってきたし、これはもう、本当に買い替えるしかないかあ。
ああもう、なんであの時、ネックスピーカー装着したまま髪の毛いじったんだ私(泣)<後悔先立たずとはまさにこのこと
「使っていることを忘れる軽さ!」というのも、よし悪しですねえ……
No.3283 (創作 >> タティングレース)


 行けそうな感じ〜♪&ワクチン接種4回目終了
2022年09月16日(Fri) 
先日思いついて開始した、アズレージョさん変則バージョン。



メインシャトル1個目を使い切りました。

うふふふふー、楽しい^^
ぱっと見は「今までと何が違うの?」という感じでしょうが、結って下さったことのあるかた、あるいは写真見たら目コピーできるかたなら、お判りいただけますでしょうか?
角の部分がチェインではなく、リング4つ、基礎モチーフ4分の1の形になっているのですよ。

そして今回も目指すは、「あれ? 進み順どうなってんの?」ですvv

ここまでちゃんと、一筆書きで進められているし、対角位置で曲がる方向を変えることで、さらに大きくしていける、マジックスクエア特性を保ててもいそうな感じです。
しかもここで右向きに曲がると、基礎モチーフ5×5サイズという、これまで無理だった奇数×奇数というバージョンもできるのでは……ないかとか。
いやそっちはまだ、シミュレートもしてみてないんですけど! 今の段階を見た感じでは、行けそうな感じですよね?

これは試作なので、ひとまずはここを対角として左に曲がり、2×2サイズを目指す予定ですが……次は3×3サイズを目指してみるのも良いかも……

なおこの状態、対角の位置ではありますが、面積的には半分ではないんですよね……なので2個目のシャトルは、ここまで使用した両手×15よりも少なくて済むと思われます。

ええと……



全体は基礎モチーフその1換算で、8枚+αで9枚分ぐらいになるはず。で、現在できているのがざっと5枚半ちょい。余裕を見て5枚半で計算すると、5.5÷9≒61%ほど。
残りは39%として、両手×15÷61%×39%≒両手×9.59だから、両手×10を繋いでみますかね。
すでに作ってあるFRの分が少なくなるはずのサブシャトルほどは、誤差も出ないと思うんですよ。


午後にコロナワクチン4回目も接種してきました。特筆することもなく、これまで通りにスムーズな進行で終了。
20時半現在、ちょっと右上腕が痛くなってきてるかな……? といった感じ。今回もこの程度で収まってくれると良いんですけど。
No.3282 (創作 >> タティングレース)


 やっぱりPuPuが一番好き
2022年09月13日(Tue) 
一昨日糸を巻いておいた、PuPuミニの col.02 アクアマリンですが。
何故この色を選んだのかというと……



やっぱりアズレージョ(ボルトガルの装飾タイル)さんは、青系が一番映えるよなあってことで★

今回のアレンジの予定は、基礎モチーフその1換算で8枚強。余裕を見て9枚分として……あれ? 通常のその2魔方陣も基礎モチーフ換算すると、だいたい同じ枚数になりますね??
以前、横繋ぎを作成した時の記録を見ると、2×2サイズのノーマルPuPuで、メインが両手×19、サブが両手×12となってますから……ちょっと余裕を見て、メインもサブもMAXの両手×13で開始してみました。
ノーマルPuPuだとぱっつんぱっつんになるところを、ミニだとどうにか「ちょっと巻きすぎ」レベルぐらいってことで^^;;

……それにしても、このところセリア糸やダルマ#40、良くてダイソー#40とかばっかり扱っていたので、久々のPuPu(ミニですけど)が、ものすごく結いやすく、ダブルステッチも視認しやすくって。もう、楽しいったらありませんや♪


母の白内障手術は、ひとまず右目を受けてきました。
明日また病院へ行って、経過観察だそうです。ひとまず術中に水晶体の膜が破れたりといった事態にはならなくて、ほっと一安心。
しかも手術室入ってから出てくるまで、わずか25分。痛い痛いと言いつつも、よろけたりすることもなく、ちゃんと一人で歩いてきたので良かったです。
……顔の下半分が白いマスクで隠れ、上半分の右側はガーゼと眼帯で覆われ、某カカシ先生みたいになってましたが(笑)

むしろ手術直前に、瞳孔開いたり麻酔をするためにと、目薬を30分で18回点眼するというのが大変でした……<基本的に自分か付添人がやる
3種類を6回ずつなんですけど、次はこれ、次はこれ……と間違えないように確認しつつ、2分おきに立って座って、しかも他人の目をいじるのってめっちゃ疲れるッス……

そんなこんなで、来院から帰宅まで2時間ぐらいかかるそうだからと、時間潰し用に用意していた↑のアズレージョさんは、ケースから出すことさえしませんでしたww
念のため持って行った紙書籍も、数ページしか読めなかったよ……まあ、暇を持て余さなかっただけ良かったってことで(苦笑)

そして私は、明日の検診に向けて、現在絶食中。
うっかり忘れて朝食べたりしないように気をつけなければ……
No.3279 (創作 >> タティングレース)


 Mystery Doily 4段目終了
2022年09月11日(Sun) 
しました〜〜♪



な、長かった……オフラインの日記によると、着手したのは3段目を終えたその日で、8月半ば頃。
慣れてしまえば結び図を見る必要もない、シンプル黙々系だったのにも関わらず、なかなかシャトルを持つ時間が取れなかったりで、一周に一ヶ月近くかかってしまいました。



よっしゃ、いい感じにぺったんこ^^
……しかしこうして眺めてみると、やっぱりチェインの長さが揃ってませんねえ(´・ω・`)
私の場合だと、変則で作ってる方が緩くなっちゃってるっぽいです。次からは通常チェインの方を締めすぎないように注意したほうが良いかもしれません。

なにしろ……



アイロン掛ける前は、こんなでしたからww

奇数段はうねり、偶数段は突っ張り気味になる。ただしアイロンかければなんとかなる!
……という情報を信じて進めていましたが、本当に何とかなってくれて、胸を撫で下ろしましたよ^^;;ゞ
通常S字チェインを少し緩めにすれば、多少なりとも平面に近くなってくれないかなあと思う次第なのでした。

4段目終了時点でのサイズは、ダイソー#40(チャコールグレー)で半径12cmの直径24cm。



3段目と比較すると、1段で2.5cm幅ってところでしょうか。
次の段は、上下左右でガイドシートからはみ出ちゃいそうです。

消費糸長メモ(ダイソー#40時)>

 4段目
  メインシャトル 15−1+5−0.66≒両手×18.33
  サブシャトル 15+5−0.5≒両手×19.5

んー……私のやり方だと、1セットごとにワーキングシャトルが入れ替わるので、理論上はメインとサブが同じ量になるはずなんですが。
サブが尽きる寸前に1セットほどSLTで入れ替えてもなお、メインがちょっと余ってましたし、その状態(残り7セット)で同じ長さを繋いでも、やっぱりメインのほうが残った量が多い……不思議な話です。違いなんて、メインの方を先にワーキングシャトルにしたぐらいのことなのになあ?

で、次はいよいよ最難関の5段目。
いちおう結び図は確認したんですが、これはまた落ち着いて時間がある時に始めないと……と、いったん保留。
結いかけのアズレージョさん3×4アレンジを進めていたのですが。

……手元で出来上がっていく形を見て、ふと思いついてしまったことがありまして。またフォトショップを起動してしまったりとかww
それに関してはまた、別の記事にて★
No.3277 (創作 >> タティングレース)


 Mystery Doily 4段目は
2022年09月06日(Tue) 
サブシャトル側を使い切りました。



予定ならほぼ同じタイミングで無くなるはずだったのに、だいぶ差が出てしまう結果に。
これでも最後の方でSLT入れて調整を試みたですけど、ちょっと遅かったようで、メインシャトル側は両手×1弱余っています。
でもまあ、糸始末は2本まとめてやったほうが楽なので、ここで両方とも切り離すことにしました。



メイン・サブともに両手×15で開始して、ぐるっと32セットのうち25セットまで終了。残りは7セットだから……両手×15÷25セット×7セット≒両手×4.2で、少し余裕を見てメイン・サブ共に両手×5を繋ぐことに。

今回はメインとサブのシャトルが繋がった形に糸を巻いて、これまでの糸端2本はS字チェインの中に結び込んでいく方法で始末しています。
Mystery Doily はS字チェイン以外、チェインもリングも目数が少ないため、糸始末をしやすい場所が限られてくるのも難しいところです。

そしてそろそろ4段目の終りが見えてきた訳ですが。
次の5段目は変則パターンですし、週末にでもゆっくり時間が取れる時に始めたいですねえ。
No.3272 (創作 >> タティングレース)


[1][2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86]

<< 2022年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 やっぱり合わない _| ̄..
 こっちも糸計算
 減ったと思えばまた1本
 小学生レベルの算数なは..
 もはや偶然の産物という..
 ニューアレンジ成功!
 行けそうな感じ〜♪&ワ..
 やっぱりPuPuが一番..
 Mystery Doily 4段目..
 Mystery Doily 4段目は

 最新のコメント
 なるほど、keropi さん..
 by 神崎真
 at 2022/09/29 15:24:16
 私は双子だったのですが..
 by keropi
 at 2022/09/26 22:00:32
 ですよね〜
 by 神崎真
 at 2022/09/26 21:25:20
 今でも平均は3000g前後..
 by keropi
 at 2022/09/25 22:32:06
 keropi さん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2022/09/24 21:15:52
 ニットピンは編み物用の..
 by keropi
 at 2022/09/22 23:12:17
 keropi さん、ありがと..
 by 神崎真
 at 2022/09/19 08:37:38
 変則バージョンの完成お..
 by keropi
 at 2022/09/19 00:09:06

 カテゴリー一覧
 更新(119)
  タティング フリーパターン(8)
  タティング 技法(5)
 創作(990)
  タティングレース(852)
  小説(39)
 読書(365)
 電脳(126)
 映像(57)
 日常(253)
 その他(9)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41