よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 更新情報(2022/11/27)
2022年11月27日(Sun) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「河底の寶玉」の9話目をUP。
三津木春影さん翻案の、呉田博士シリーズです。
原作はシャーロック・ホームズの長編『四つの署名( The Sign of Four )』。

すみません、10月の更新を(以下略
今回も誤字や、誤字に見える特殊な読み方が多いのですが……注釈いちいちつけると邪魔になりますかね……?
そのあたりの匙加減にいつも悩ませられます。
No.3376 (更新)


 更新情報(2022/11/10)
2022年11月10日(Thr) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」の「DL版」と「シリーズ目次」で、「鵺の集う街で」のダウンロード版を、第八話まで収録したものに差し替えました。
話の区切り的に、ヴァンさんの後日談は続きが溜まってからのほうが良いかなと思ったので、今回は外してあります。

シリーズ目次は↓こちら。
私立杜守図書館

更新頻度がめっきり落ちていて申し訳ないです <( _ _ )>
とりあえず次回九話目は目処がついてきているのですが、十話目以降がどうにもこうにも……腱鞘炎でハンドメイド控え気味の今こそ、進め時だとは思うものの……うーーーん(悩)
著作権切れテキストの入力とか、積読・積録の消化もやっていきたいところなのに、どうにも集中して作業できない&まとまった時間が取れないんですよねえ(´・ω・`)
No.3347 (更新)


 更新情報(2022/10/04)
2022年10月04日(Tue) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」で、鵺の集う街でVIII 後日談 ... pennies from heaven. 」をUPしました。
本編とは少し外れた場所で起きている、でも本編とも関わってくる、そんな一幕。

シリーズ目次は↓こちら。
私立杜守図書館

小説家になろうへの転載は、明日の10時を予定しています。

■鵺の集う街で
 https://ncode.syosetu.com/n3507fx/


以下は恒例、作者の呟きにつき、苦手な方はご注意下さい。
No.3306 (更新)


 更新情報(2022/09/05)
2022年09月05日(Mon) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「河底の寶玉」の9話目をUP。
三津木春影さん翻案の、呉田博士シリーズです。
原作はシャーロック・ホームズの長編『四つの署名( The Sign of Four )』。

すみません、8月の更新を忘れていました(汗)

そしてここまで「梁瀬やなせ茂十もじう」と記載されていた人物は、以降「やなせ茂十もじう」という表記になります。
底本ではそうなっているので、ひとまず境目のここでだけ注釈をつけて、あとはそのままで先を進めることにしました。
どうも漢字を調べたら「簗:やな。川の中に木や竹を並べて水をせきとめ、魚を捕らえるしかけ」とあるので、後者のほうが正しいみたいです。いずれ時間があったら、これまでUPした部分に注釈をつけ直す……日が来るといいなあ(遠い目)

ともあれ、明治大正昭和初期頃の翻案作品って、けっこうちょこちょこ、こういうところがあります。
あるいは当時、『銀河鉄道の夜』でジョバンニがやってたみたいに、文章の内容もあまり判らない子供が、字の形を頼りに一生懸命活字を拾っていたりしたのかなあとか思いを馳せてみたり。


2022/10/02 追記:
既公開部分の「梁瀬茂十」を「簗瀬茂十」に統一し、底本で梁瀬だった部分には注記を書き加えました。
あと「假設」となっていた部分を「假説」とし、こちらにも注記をつけました。
No.3270 (更新)


 更新情報(2022/08/11)
2022年08月11日(Thr) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」で、「鵺の集う街でVIII ―― The past cannot be changed. 」の六章目とエピローグをUPしました。これにて8話目は終了です(※シリーズ自体は終わってません)。

シリーズ目次は↓こちら。
私立杜守図書館

小説家になろうへの転載は、明日の10時を予定しています。

■鵺の集う街で
 https://ncode.syosetu.com/n3507fx/


以下は作者の独り言につき、苦手な方はご注意下さい。
No.3236 (更新)


 更新情報(2022/07/30)
2022年07月30日(Sat) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「河底の寶玉」の8話目をUP。
三津木春影さん翻案の、呉田博士シリーズです。
原作はシャーロック・ホームズの長編『四つの署名( The Sign of Four )』。

犬のトビーは、何故かトビーのままだった今回。
一介の書生にすぎない中澤醫學士さんが、恋に煩悶しております(笑)
このあたりは、開業医として立派に独立している原作ワトソンさんと比べると、まだまだ若いというか、青春だなあって思っちゃいますね。いや考えてることは、原作ワトソンさんとだいたい同じなんですけど。
……あれ、そう考えると原作ワトソンさんが、歳やキャリアの割にヘタレなだけなのか……?
No.3221 (更新)


 更新情報(2022/07/03)
2022年07月03日(Sun) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」で、「鵺の集う街でVIII ―― The past cannot be changed. 」の五章目をUPしました。
次回六章目とエピローグで、8話目を終わる予定です(※ストーリー自体はまだ続きます)。

シリーズ目次は↓こちら。
私立杜守図書館

すみません、6月中に更新できませんでした。
小説家になろうへの転載は、今日の10時です。

■鵺の集う街で
 https://ncode.syosetu.com/n3507fx/


ザマア……ではありませんが、ようやく一段落つきました。
リュウの会心の一撃は、私のストレス発散でもあったりとか(笑)
そして本来ならこの章で終わるつもりだったのに一部収まりきらなかったのは……何故かジグ視点にすると、話が伸びるからですね^^;;
なんでだろう。書きやすいんですけど、文章量が増えるんですよ、ジグのターン。会話はむしろ少なめなのに。
Love is 〜が、当初拍手SSか短編程度を想定していたのに、蓋を開ければ文庫一冊レベルになったのが良い証拠ww
あと今回登場のジグの同僚、ヴァンさんは、閑話の「 All's right with the world. 」で、ちらっと顔出ししていたり。イメージ的には、やる時はやるけど普段はぐうたら、かつ遊び心のあるちょい悪オヤジです(笑)
No.3186 (更新)


 更新情報(2022/06/12)
2022年06月12日(Sun) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「河底の寶玉」の7話目をUP。
三津木春影さん翻案の、呉田博士シリーズです。
原作はシャーロック・ホームズの長編『四つの署名( The Sign of Four )』。

今回登場の阿瀬田讓作(あせだじやうさく)警部は、原作だとアセルニー・ジョーンズ。
築地の濠田瀬尾子(ほりたせおこ)婦人は、ローワ・キャンバーウェルのセシル・フォレスター夫人。
城邊河岸(しろべかし)の呉服町三番地に住む仙助さんは、ピンチン小路三番地のシャーマン老人(トビーの飼い主)です。

あと面白どころは、やはり「護謨ゴム」や「亞爾加魯乙土アルカロイド(植物中に含める鹽基性化合物)」、「斯篤里規尼涅ストリキニー子」といった表記ですかね。
特にふりがなの「ネ」が十二支の「子(ね)」になっているのが、二重に時代を感じさせます(笑)
No.3149 (更新)


 更新情報(2022/05/23)
2022年05月23日(Mon) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」で、「鵺の集う街でVIII ―― The past cannot be changed. 」の四章目をUPしました。

シリーズ目次は↓こちら。
私立杜守図書館

小説家になろうへの転載は、例によって明日の10時です。

■鵺の集う街で
 https://ncode.syosetu.com/n3507fx/


引き続き非人道的表現ありですが、今回で終わります。
……終わるんだったらっっ<そろそろ書いている方も辛い

そして露天売りのクムティさんにも、実はこういう設定があったのでした。
初登場話(III後日談)の初稿を書いていたのが2018年の1月でしたから、実に四年半ごしでようやく出すことができましたですよ。
彼の種族名とか、額のビンディー的な赤い点についてをどう表現するか、四苦八苦するのもようやく終わってくれますわあ(苦笑)

……って、設定を出せていないといえば……日月堂シリーズの譲さんは、4年どころじゃないですな(汗)
実は彼も、それなりの異能持ちという設定なんですけど、どうにも出す機会がなくって。ただの秘書というかお付きというか、そんな感じのまま幾星霜……(遠い目)
晴明くんとは、外見的にはほぼ同年代というか、良い感じの年の差で常識人な先輩ポジションなので、そっち方面でも活躍させてみたいんですけどねえ。
No.3108 (更新)


 更新情報(2022/05/14)
2022年05月14日(Sat) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「河底の寶玉」の6話目をUP。
三津木春影さん翻案の、呉田博士シリーズです。
原作はシャーロック・ホームズの長編『四つの署名( The Sign of Four )』。

今回は、結列阿曹篤と書いてケレオソート(クレオソート)と読むのがまた、翻案の面白さかと。
No.3095 (更新)


[1][2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]

<< 2022年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 更新情報(2022/11/27)
 更新情報(2022/11/10)
 更新情報(2022/10/04)
 更新情報(2022/09/05)
 更新情報(2022/08/11)
 更新情報(2022/07/30)
 更新情報(2022/07/03)
 更新情報(2022/06/12)
 更新情報(2022/05/23)
 更新情報(2022/05/14)

 最新のコメント
 けろぴさん、こんにちは..
 by 神崎真
 at 2022/12/01 13:16:45
 病院まで送っていただけ..
 by けろぴ
 at 2022/11/30 23:59:55
 ありがとう、いつもの方..
 by 神崎真
 at 2022/11/20 20:10:58
 もうどこに書けばいいや..
 by 纏めて読むと
 at 2022/11/20 13:22:13
 こんばんは、sakura さ..
 by 神崎真
 at 2022/11/18 21:22:25
 捻挫したことがないので..
 by sakura
 at 2022/11/18 21:05:19
 コメントの方も投稿テス..
 by 神崎真
 at 2022/11/17 15:41:00
 けろぴさんも、おはよう..
 by 神崎真
 at 2022/11/17 10:42:20

 カテゴリー一覧
 更新(122)
  タティング フリーパターン(8)
  タティング 技法(5)
 創作(1005)
  タティングレース(866)
  小説(40)
 読書(380)
 電脳(131)
 映像(58)
 日常(272)
 その他(10)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41