よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 ようこそ『追放者ギルド』へ 〜無能なSランクパーティがどんどん有能な冒険者を追放するので、最弱を集めて最強ギルドを創ります〜
2022年11月24日(Thr) 
読書記録:
■ようこそ『追放者ギルド』へ 〜無能なSランクパーティがどんどん有能な冒険者を追放するので、最弱を集めて最強ギルドを創ります〜 第3章
 https://ncode.syosetu.com/n1105gk/

1年ほど前、ステータスを数値化するアイテムが売り出されたことで、高ランク冒険者のパーティを中心に、ステータスが低い仲間を追放するのが流行となっている昨今。
ギルドマスター養成学校を卒業したばかりの青年アイゼン・テスラーは、冒険者ギルドの採用面接に、十回目連続で不採用となっていた。
理由は彼の信念、『冒険者の価値は、数値(ステータス)では決まらない』というものだ。
これを口にすると、試験官達は決まって怪訝な顔をし、そうしてアイゼンを頭がおかしいと判断して、不採用を言い渡すのだ。
しかしアイゼンには昔から、不思議な能力があった。それは『隠しスキルを見抜くスキル』とでも言うべきか。その人物の潜在的な能力(スキル)を鑑定することができるもので、ステータスが低いものほど、この隠しスキルは強かったり特殊だったりする傾向にあるのだ。
無能と呼ばれ追放されるような冒険者達も、彼の目で見ればその多くが有用なスキルを持っており、ただそれを自覚していなかったり、うまく活用できていないだけ。
そして今日も、Sランクパーティーから追放されようとする少女を目の当たりにした彼は、思わずそこへ割って入っていた。
「その子を追放するんですか? じゃあウチが貰いますね」
どこのギルドにも採用されないのなら、いっそ自分で作ってしまおう。追放された者達を集め、その才能をいかんなく発揮できる環境を提供する、ホワイトなギルドを。
それが後に世へその名を轟かせる、『追放者ギルド』の始まりで ――


コミカライズ済、ダイジェスト化なし。ただし中途半端なところで連載が止まってます。
昨今のステータス表示系、追放系に一石を投じる感じではありますが、要は隠しステータスを見ている訳ですから、結局はステータスで判断しているんですよね。ただ途中、隠しスキルさえ持たない入団希望者が現れたあたりから、どう言う展開にするのかなあというワクワク感が。
展開といえば、コミカライズとはだいぶ異なるっぽいですね。問題となるステータスを数値化するアイテムの開発者とか、少なくとも第三章まででは全く出てきてませんし。
あと意外なキャラが意外な形で再登場してまして……なんかもうね。良いよねこう言うのもと思いました。
単純なザマアで消えていくのではなく、ちゃんと己を見つめ直し、できることを精一杯やって、でもやってきたことを許されるとは思わず、そして……と。
感想欄でも賛否両論だったようですけど、私はありだなあと思いました。
No.3372 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
https://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/202211243372


No. PASS

<< 2022年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 ようこそ『追放者ギルド..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41