卷煙草シガーの灰
 三津木春影
 

 一、先生!あの婦人です……助手の臨終に不可解の一言いちごん
 二、死體の握つた金縁眼鏡……意外なる博士の鑑定
 三、鍵穴の周圍の掻痕かききず……殺人犯現場げんぢやうの臨檢
 四、むさぼり吸ふ博士の卷煙草まきたばこ……其眞意しんい果して如何いかん
 五、主人の驚愕と恐怖……博士の推定利劒りけんの如し
 六、本箱より飛出した洋裝婦人……夫は變節革命黨員
 七、もう死にます!死にます!……遲かりし毒藥の瓶
 八、床に落した卷煙草まきたばこの灰……博士の犯罪解釋法



※一括ファイルはすべての入力を終えてから用意します。

※この「卷煙草シガーの灰」は、どのファイルもコピー・転載・再配布等を許可・歓迎いたします。その際は入力者名を消さないことと、配布元の記載をお願いします。
 


   底本:「探偵奇譚呉田博士第六篇」中興館書店
       大正四年二月廿日 発行
   作者:三津木春影
   入力:神崎真

※底本の画像データは、国会図書館の近代デジタルライブラリーよりお借りしました。
■近代デジタルライブラリー - 呉田博士 : 探偵奇譚. 6編
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/914197


※誤字脱字が残っている可能性があります。また一部外字などを置き換えている部分があります。
青空文庫の入力指針に基づき、片仮名の「ケ」のように見える文字の内、文章の流れから「こ」「か」「が」と読むと思われるものを「ヶ」で入力しています。
底本は総ルビですが、一部省略しています。
誤字等お気づきの点があれば、お知らせいただければ幸いです。



本を閉じる