博士臨終の奇探偵
 三津木春影
 

 一、キウビヤウ、スグカヘレ……中澤なかざは醫學士いがくし急遽歸京
 二、恐るべき傳染性の熱病……一歩でも近寄るな
 三、枕頭ちんとうの象牙製の小凾こばこ……とらんとすれば大喝だいくわつ一聲
 四、譫妄せんまう容體ようだい益々險惡……訪問はうもん警部の奇なる表情
 五、禿頭はげあたま佝僂せむし老爺おやぢが……黴菌ばいきん毒素の壜中びんちううづまつて居る
 六、あの垂帷カーテンうしろに潜め!……客の跫音が近付いて來た
 七、何といふ慘酷な宣告……さてかれ大惡人よな!
 八、毒殺下手人を拘引するツ!……臨終博士の大成功
 「一括テキスト版 txt形式 未圧縮 42.0KB NEW


 
※この「博士臨終の奇探偵」は、どのファイルもコピー・転載・再配布等を許可・歓迎いたします。その際は入力者名を消さないことと、配布元の記載をお願いします。
 


   底本:「探偵奇譚呉田博士第六篇」中興館書店
       大正四年二月廿日 発行
   作者:三津木春影
   入力:神崎真

※底本の画像データは、国会図書館のデジタルコレクションよりお借りしました。
■呉田博士 : 探偵奇譚. 6編 - 国立国会図書館デジタルコレクション
 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/914197


※誤字脱字が残っている可能性があります。また一部外字などを置き換えている部分があります。
底本は総ルビですが、一部省略しています。
誤字等お気づきの点があれば、お知らせいただければ幸いです。



本を閉じる