よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 半分が見えてきた
2018年12月13日(Thr) 
チョコレートなアズレージョさんは、順調にメインシャトルの2個目を使い切って、3個目に入っています(サブシャトルはまだ2個目を消費中)。



4×4サイズを目指しているので、8分の3をちょっと超えたあたり。一辺は28〜29cmぐらいになりそうです。
四角く空ける穴が、ようやく1個出現してくれました。
……これ、斜め方向は連続して空けていくのでも面白かったかなあ。
そしてこのペースだと、4個目のメインシャトルを使い切ったところで、8分の5まで行ける……のでしょうか?
できれば糸処理は、外縁よりも内部の方で行いたいところなんですが<2個目がちょうど8分の2.5位置の外側ロングチェインで終わった

それに脳内シミュレーションによると、最後の8分の1は、四角い穴を埋める作業がそれまでより多くなるので、メインシャトル側の消費量が増えるはずなんですよねえ。それを見越して、最後のシャトルは多めに見積もらないと。


そして話は全然変わりますが。
Jan Stawasz さんの「 Tatting Theory and Patterns 」について、目数記載ミス部分の修正PDFが、作者様の公式サイトに掲載されていたと知って、探してみました。

■E r r a t a “Tatting - theory and patterns”
 http://frywolitka.slupsk.pl/errata.pdf

「 Page(storona)31 」とあるのが47ページなので、+16ページすれば良いのかとも思いつつ、いまいちずれているページもちらりほらり?
手元の書籍と見比べた感じも、現在入手できる版(タイトルバックに黄色い四角がない方)は、既にこの部分修正されているのかもとか思いつつ、一応メモをば。

■Tatting Theory and Patterns - あとりえシシカス
 http://shishicass.ocnk.net/product/1697

公式サイト自体は、現在 About me しか見られなくなっているようで、このPDFもいつ消えてしまうか判りません。

■Frywolitka
 http://www.frywolitka.slupsk.pl/index_en.php

もし古い版の書籍をお持ちでこれが必要な方は、お早めにプリントアウトなりされたほうが良いかも知れません。
No.898 (創作:: タティングレース)


 黒本ドイリーセットII 完成
2018年12月12日(Wed) 
Jan Stawasz さんの黒本こと「 Tatting Theory and Patterns 」掲載、「 Doily Set II 」のミニドイリー、ようやく完成しました★



スクエアモチーフを4枚繋いで縁編みをつけた、ミニドイリータイプ。
書籍では推定DMCの10番糸を使用して、完成サイズは18cm角となっています。かなりもっちりむっちり密集した感じの印象。
私はもう少し繊細さとか透かし感を出したかったので、糸を細めにしつつ、ピコ数や目数も多少調整しました。



特にリングが集まる八弁花部分に装飾ピコを入れるのは、もう私の好みとして外せません(笑)
変形五つ葉の根本にちみっと入るミニリングとか、縁編みを足すことでモチーフの境目が判りにくくなるところとかも、本当に私好みのデザインでvv
……ああ、マジでこれ、なんとかマジックスクエア化できないかなあ……



最終完成形は、ミルフローラ40(白)使用で、一辺が16.5cm。
……そうしてみると、DMCの10番って、そんなに太くないのかも?
そして縁編み部分のメインシャトルで、最後の長めチェイン2本分ほど、SLTで誤魔化して乗り切りました。
それを計算に入れての消費糸長は、ミルフローラ40時で、

モチーフ1枚
 メインシャトル 両手×3.75強
 サブシャトル 両手×3強

縁編み(2×2=4モチーフ時)
 メインシャトル 両手×10.75
 サブシャトル 両手×10.25

縁編みは角の部分で多めにリングを作るせいでしょうか。モチーフよりもサブシャトルの消費割合が多いように思いました。

個々のモチーフはノーマルシャトルで充分足りる長さなのは、ありがたくもあり、いちいち巻き直すのが面倒とも感じちゃったり(苦笑)
一度マジックスクエアに慣れちゃうと、ほんと1枚1枚の糸始末とか、ちまちま繋いでいく作業が面倒になるなあ……(^^;;ゞ
No.897 (創作:: タティングレース)


 おっさん、天才役者になる
2018年12月12日(Wed) 
■おっさん、天才役者になる 〜2章の6
 https://ncode.syosetu.com/n2201eg/

冴えない役者だったおっさんがTS転生して、天才子役を経て、生きる伝説とさえ言われる女優に成り上がっていくお話。連載中。
……うーん、元が冴えない役者だったのに、なんで転生しただけで天才女優になれるのかが、いまいち納得いきませなんだ?
No.895 (読書)


 シン・ゴジラ
2018年12月11日(Tue) 
本日の作業BGMは、今さらながらの映画「シン・ゴジラ」。
いや数日後にまた放送すると聞いて、前回の録画が失敗していた場合の録画し直しのチャンスだなと、ディスクの状態確認を兼ねましてですね。

で、正直に言いましょう。

私はゴジラシリーズ、ひとつもまともに見たことありません。でも面白かった!
これが噂の蒲田行進曲か! とか、おお内閣総辞職ビーム! テロップのフォントが妙に昭和臭えww とかいろいろあったし、八塩折(ヤシオリ)作戦とか天羽々斬(アマノハハキリ)とかのネーミングにも心躍りましたが、何よりこの作品は、1人のスーパーな主人公が、特別な超兵器を操縦して怪獣と戦う「のではない」、という所が好みでした。
それぞれの分野の専門家達が、会議を繰り返し知恵を出し合い、力を振り絞ってゴジラと相対する。それが良い。
会議会議で子供には退屈かもしれないし、私も正直あまり何がどうなってるのかとかよく判りませんでしたけど。でもこれは社会人こそが楽しめる、紛れもない現代のゴジラだと思いました。
そしてラストシーンの尾の部分。実は意味が判らなくてググってみたんですが……こ、こぇぇぇええ(汗)

■シン・ゴジラ 最後の尻尾のシーンが怖いと話題 - NAVER まとめ
 https://matome.naver.jp/odai/2151049673944047601

いや最後の最後まで、凍結状態のゴジラが背景で動き出すんじゃ……ってドキドキしながら「終」の文字見てひとまず胸を撫で下ろしたんですが。
なんで凍結状態のところへミサイル打ち込んで粉砕しないんだよ。うっかり解凍しちゃう恐れがあるからか……(泣)
No.890 (映像)


 Butterfly Picot(バタフライ・ピコット)
2018年12月11日(Tue) 
いつものようにハンドメイド関係のブログを徘徊していたところ、とっても可愛らしい飾りピコットが紹介されていました。

■butterfly picot | さちん日記
 https://ameblo.jp/satin27/entry-12424867832.html

ピコット同士が出たり入ったりしている、いわばピコのケルティック版? みたいな感じ。
さっそく記事に貼られている動画を拝見したところ……うん、今までに何度もお世話になっている、すごくたくさんのテクニックを動画で公開して下さっている、海外のお方ですね。
……動きがめっちゃ早いうえに、シャトルの持ち方・動かし方が一般的な日本のやり方と異なったり、素敵ネイルのおかげ(笑)で、けっこう理解に苦労したりするのですがww

それはさておき。
ふむふむなるほど……つまりこうですね!



シャトルに残っていた、半端糸のPuPuで作ってみました。
いやあこれ、すごいです! 面白い! 可愛い! そして難易度意外と低い!?

以前に挑戦した、「生田光子のシャトルレース」に掲載されている飾りリングと、外見的には似ています。
しかしマルチーズリング(パールタティング)の一種だろうそちらは、シャトルを最低でも2個必要としました。おかげで作成中は、からまりまくりの、混乱しまくり。

■あーるのシカゴ生活記 & タティングレース マルチーズリング(タティングレース)
 http://rinchicago.blog113.fc2.com/blog-entry-607.html

しかしこのバタフライ・ピコットは、シャトル1個でできちゃうんですよvv



これなら大きなモチーフの一部に取り入れるのも、チェインの上に乗っけるのも思うがままです♪
詳しいやり方については、↓こちらの動画で紹介されています。



■Frivolite Tatting Lesson 171 Picot Mariposa Butterfly Picot
 https://youtu.be/1IHi3Pz9cQA

ざっくりまとめると、

1.ピコを大きめに作る(この時点でピコ後にダブルステッチが1目)
2.ダブルステッチをもう1目 ※最初のみ
3.大きめピコを巻き込んで Lark's Head Join 作成
  LHJも1目と数えると、ピコ糸が出てる場所から3目になる
4.大きめピコ作成(前のLHJ+ピコ後のダブルステッチで2目になる)
5.3と同様 Lark's Head Join 作成
  LHJも1目と数えて、ピコ糸が出てる場所から3目になる
6.以下、繰り返し

と、いう感じでしょうか。
Lark's Head Join については、やはり以前にもこの方の動画で挑戦していました。

レッスン番号が新しい動画が公開されていたので、そちらもペタリとな。
うん、確かにこちらのほうが、やり方さえ把握できれば、形を整えやすそうです。……って言うか、前回やった手順、完っ全に忘れてました(苦笑)



■Frivolite-Tatting lesson 101 - Union de boca de lobo 2 - Larks Head Join 2 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=V6Nv7JE0AAs

Lark's Head Join のコツメモ>

1.ピコから引き出した輪を「手前に」半ねじりする
2.シャトルを「上から下へ」くぐらせて締める
3.再びピコから引き出した輪を、今度は「奥へ」半ねじりする
4.シャトルを「下から上へ」くぐらせて締める

LHJ部分は、ダブルステッチの後ろをピコ糸が渡っているので、裏から見るとどうなのかなあと、ちょっと心配もしたのですが。



ん、同じ色の糸なら、全然問題ないですね(^^
せっかくだから、これを活かしたデザインなりアレンジなり、してみたいところです♪
No.889 (創作:: タティングレース)


 北海道の現役ハンターが異世界に放り込まれてみた
2018年12月10日(Mon) 
読書記録:
■北海道の現役ハンターが異世界に放り込まれてみた
 https://ncode.syosetu.com/n7280en/

祖父の跡を継いで、北海道で猟友会のハンターをやっていた二十一歳の役場職員が、ヒグマから小学生を守って死亡 → 異世界へ神様転生。もらったチートはマジックバッグ(いわゆるアイテムボックス)と、あとそのバッグに現金を入れると、アメリカかどこかのアウトドアショップから商品を購入できる(ただしアメリカでも許可制の拳銃とか軍用銃は不可)という能力。そして神様と会話できる無線の3つのみという始まり。完結済で書籍化済。
……読んでいて、猟友会という存在への印象が、だいぶ変わったお話でした。

そもそも神様が転生させてくれた理由というのが、百年後ぐらいに現れる魔王の為に、異世界から勇者を送り込む……その予行練習だったというあたり、主人公にはほとんど何も求められていません。主人公が生きている間には、まず魔王復活しないと太鼓判押されてますし。
むしろ下手な日本人を送り込むと、現代知識で内政だの、チートで俺TUEEEEをやらかして面倒なことになりがちで……と神様から愚痴を言われるような、そんな立場。
第一村人であるエルフ女性の狩人と良い感じに友好を結んで、エルフ村へ行き、そのままそこで地に足つけた平穏な生活を楽しむことを最優先事項としています。
ただ、銃弾などを買うのにどうしても現金が必要となるため、ときどき最寄りの人間の町へ足を運んでハンター(この世界では冒険者的な存在。でも主人公と嫁は文字通り狩人)として働くうちに、いろいろなことに巻き込まれてしまうという流れ。
でも早々に決めた嫁さんは一人だけで、ハーレムなんてもってのほか。ある程度話が進むと、現地人のハーレム勇者とか、宗教勢力が呼び出したミリオタの召喚勇者とかも出てきますが、まあそちらの末路は推して知るべし。
足ることを知っている主人公と、その周囲を取り巻く心優しい人達とで、ゆるっとのんびり読んでいけました。
……世界観自体は、けっこうヘヴィなんですけどね(苦笑)
山賊・盗賊なんかは基本殲滅がルール。連行する手間と逃げられるリスク、逃げられた先でまた人が殺されることを思えば、殺す以外にどういう選択肢が? という、ある意味そりゃそうだよな、な法がまかり通ってます。主人公自身、意識がさっさと盗賊=害獣になって、あっさりどんどん撃ち殺してます。元がプロの害獣駆除員なので、そこらへんの切り替えが非常にドライです。殺さないで生け捕りしないとかわいそうなんて、甘いことは言いません。こちらも自分と善良な人々の生命がかかってますから、というスタンスです。

あと本文や章末に、銃器や狩猟許可などについてのうんちくが結構たくさん載っているので、そういうの面倒な方はさらーーっとスルーで(笑)
それでもストーリーを把握するのにはほぼ問題ありませんのでww
No.887 (読書)


 縁編み開始
2018年12月09日(Sun) 
黒本のスクエアドイリーセットII、ミルフローラ40(白)で作り直し版、ようやく縁編みに着手しました。



当初はもっと大きく繋ごうと考えていたのですけれど、アズレージョさんが思いのほか楽しくて、そちらに集中したいので、こちらはひとまず一段落つけることにしました。

まあ、私の手癖と好みに合わせた目数&1モチーフに必要な糸長も、だいたい決められましたしね。
いずれそのうちリベンジするかもです。

ってか、飾り格子〜の方も、別バージョンを作ってみたくなってるんだよなあ……
No.885 (創作:: タティングレース)


 裁縫スキルももう少し磨かないと……
2018年12月08日(Sat) 
先日購入した、座敷椅子ですが。
同じ場所に置いていた先代座椅子が、わずか数年で↓こんな事になってしまったので、劣化防用の布カバーを作ろうと思っていたのですよ。



もうね、掃除の時に動かそうと背凭れを掴むだけで、布がパリパリと割れるように破れていって、指が中にめり込んじゃうんです。
おそらくは、午前中に窓から差し込む直射日光が原因なのだと思います。後ろに位置してるタンスとかも、上側だけすっかり色が変わっちゃってますし。同じ材質の座面(こちらにはクッションを置いていた)と見比べても、完全に色あせちゃってます。
なので新しい座敷椅子には、日除けカバーをしようと考えた訳なのですが。

……背凭れに合わせて縫ってボタン留めするタイプとか、あるいは巾着みたいなのにして上から逆さに被せて紐で結ぶかとか……いろいろ考えた挙げ句、なんかもう、一周回ってややこしいことするのが面倒になりました(笑)

そんなこんなで結局、百均で買ってきたデニム布を端処理したのみのものを、被せておくだけにww



この状態なら座る時にもいちいち外さずにすむし、座面の方はこれまで通り、クッション乗ってるから大丈夫でしょう。
……たぶん。
そもそも、私の裁縫スキルで、そんな凝ったものが作れる訳ないやいww
しょせん三つ折りしての端始末がやっとさ!

それでも一応頑張って、コーナーのところは額縁仕立てにしてみました。



■簡単きれい! 布の角をスッキリ仕上げる「額縁仕立て」の方法 | tetote-note
 https://tetote-market.jp/note/23966

……これが一番、きれいにできた角だっていうね(遠い目)
いきなり厚地の布、しかも妙に伸びるタイプで暗い色ついでに大判とか、私には荷が重かったよ ┐(´〜`;)┌ <たまたま行った百均には、伸びる系のデニム生地しかなかった

でもまあこれでも用は足せるだろうし、あと大きめのドイリーの写真撮る時に、下に敷くのとかにも使えるかも? なんてことも考えてみたり。

こういのも、やっぱり数をこなすしかないんだろうなあ……
No.883 (創作)


 人殺しが神父さんに一目惚れ
2018年12月08日(Sat) 
読書記録:
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人殺しが神父さんに一目惚れ (RuelleCOMICS) [ 白崎 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2018/12/8時点)


ピクシブからコミカライズされたらしいBLマンガ。
たまたま古本で見かけてめくってみたら、面白そうだったので手にとっちゃいました。
……こういう本読んだの、久しぶりかもしれないww

タイトル通り、人が死んでいく時の、光を失っていく目を見たくて殺人を繰り返すぶっ壊れた高校生が、殺そうとした神父さんの綺麗な眼差しに一目惚れ。表情筋が壊滅している鉄面皮かつ天然ボケな神父さんと、初めてのときめきにワタワタする少年との、ドタバタラブコメ的な?
4コマの連続っぽく、1ページ1ページ落ちがついているギャグのターンと、徐々に人間性を取り戻していって苦悩する少年や、それを観察して楽しむ人の悪い情報屋さん、神父さんの親友で悪人面だけど超いい人な警察官との、シリアスシーンが入り混じりながら進んでいきます。とりあえず神父さんと少年の話はこの巻でおしまい。
続きに情報屋さんと警察官さんの話があるみたいです。悪人面の警察官さんが、もうめっちゃ良い人で……っっ《o(><)o》
単純に正義感があるとかそういうのじゃなくて、自分の信念は曲げないけれど、でも柔軟に話の判る人で、そして一度友人と認めた相手の為に懸命に心を砕く、実は涙もろい有能さんかつ自分のことには鈍感って……もう完璧じゃないですかww
まあ、いろいろと突っ込みどころはあるのですが、どうもこの話、舞台が日本じゃないっぽいんですよね。キャラの名前は日本語なんですけど、書類に書かれてる住所とかが聞いたことないカタカナだし、お金や警官・神父服のデザインも明らかに現実とは異なる、それっぽい雰囲気のナニかなので。神父さんも別にキリスト教じゃないみたい。
だからファンタジーものとしてふわっと読むと、ご都合主義でもなんでもやっぱり幸せが読んでて心安らかになれるよね、という私の趣味に合致ってことで。

……しかし最近、少しずつ読み返しているせいでしょうか。黒いズルズル服着た背の高い鉄面皮の黒髪神父さんが、どうにも「翼の帰る処」の尚書卿に重なってしまうww
もっとも尚書卿が神父さんの百万分の1でも体力があれば、あの物語ももっと違う結末だったんだろうなあ……(苦笑)
No.882 (読書)


 ローテーブルも欲しくなってきたww
2018年12月07日(Fri) 
座敷椅子の使い心地を試しながら、ひとまずサブシャトルを使い切ったチョコレートなアズレージョさんは、だいたい四分の一弱あたりでした。
そこからもうちょっと進んで、ひとまずは最初のコーナーを通過。
……作業中にちょっと脇へ置いたり、ちょっとした飲み物とか結び図とかスマホを乗せておけるような、小卓もあると便利だよなあとか思い始めてきたりして。邪魔すぎるだろうがよ、この狭い部屋じゃあ(−ー;)



今回は四角い穴を対角方向へひとつ置きに空けていく予定なので、今の段階ではまだ、出現した4つ全部が埋まっています。わあ、みっちり(笑)
そして十字部分のピコ繋ぎをダウンジョイン+後の半目にしたおかげか、だいぶ歪みが押さえられて……いると思いたい。
……しかしこの位置でMAX巻き1個目がなくなるということは……残りあと本当にもう少しというところで、サブシャトルの4個目が終わる未来が見える(汗)

さらに気がつけば、アズレージョさん(改)が楽しすぎて、Janさんの黒本スクエアがすっかり放置されている……
赤本ドイリーXIIも、なかなか手を伸ばせず……やっぱり自分好みに自分で目数決めたのが、一番自分向きなんだなあと実感したりとか。
まだまだ、2色バージョン(配色位置もいろいろ変えられる)とか、8×8サイズとか、あるいは細めの糸で作ったらどうなるのかとか、残す穴の位置とか、試したいバリエーションがいっぱいあるんですよねえ……ははは……(遠い目)
No.881 (創作:: タティングレース)



<< 2018年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 半分が見えてきた
 黒本ドイリーセットII ..
 おっさん、天才役者にな..
 シン・ゴジラ
 Butterfly Picot(バタ..
 北海道の現役ハンターが..
 縁編み開始
 裁縫スキルももう少し磨..
 人殺しが神父さんに一目..
 ローテーブルも欲しくな..

 最新のコメント
 ちっす!
 by 神崎真
 at 2018/12/12 21:32:58
 でーすーよーねー!!
 by ちなつとも
 at 2018/12/12 08:39:21
 おはようございます、萵..
 by 神崎真
 at 2018/12/12 07:11:00
 こんばんは〜。
 by 萵苣
 at 2018/12/12 01:18:26
 keropi 様、こんばんは..
 by 神崎真
 at 2018/12/11 21:53:32
 デニム生地は気を付けな..
 by keropi
 at 2018/12/11 13:42:06
 背凭れにそのまま服着せ..
 by 神崎真
 at 2018/12/09 20:40:10
 自分そういうのほぼ古着..
 by マメですねぇ
 at 2018/12/09 13:20:37

 カテゴリー一覧
 更新(33)
  タティング フリーパターン(4)
 創作(278)
  タティングレース(256)
  小説(10)
 読書(83)
 電脳(14)
 映像(16)
 日常(25)
 その他(0)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

 最近記事のRSS  

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41