よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 更新情報(2019/03/22)
2019年03月22日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、タティングレースのフリーパターン「蔓草模様の魔方陣( Ivy Pattern Magic Square )」をUPしました。
引き続きマジックスクエアの技法を使用した、一筆書きでどんどん大きくしていける四角いデザインです。
広がれマジックスクエアの輪!
……と言うか、どうかもっと増えて下さい、マジックスクエアの日本語パターンっっ(><)



↑基礎モチーフ1〜2と、魔方陣1〜2(2×2サイズ)の一揃い。

今回は装飾ピコを廃し、目数もできるだけ統一した、単調な繰り返しパターンにしてみました。
……おかげで迷子になる度合いがかなり高かったり(^^;;






↑魔方陣その1(4×4サイズ)

いつもは魔方陣その2の方で斜めラインが出ていたのですけれど、今回はその1の方が斜めの印象が強いです。
こちらのほうが、模様もまんべんなく出てくれるので、個人的にはお気に入り。




↑基礎モチーフ1の4枚繋ぎ

モチーフを普通に繋いでいくのも、それはそれで面白いと思います。
2×3の長方形とかにしてみても楽しそう。


以下はいつもの注意書きです。

許可:
 ピコや目数の調整、スタート位置の変更等のアレンジ。
 完成品及び作成途中の写真公開。
 (その際は、パターン配布元へたどり着けるような誘導を希望します)

不可:
 レシピそのものの転載・再配布。
 レシピ及びアレンジを含めた完成品の商用利用。


要するに、どんな形でも商業利用はしないこと。
アレンジ及び写真の公開は自由ですが、写真を公開する時には、できれば配布元を記述しておいてほしいってことです。
別にリンクまではされなくても、検索できるよう作品名とサイト名(私立杜守図書館 or 覚え書き)なり私のHN(神崎真)なりを併記していただければ、それで充分ですので。

……他所様で拝見した作品を、自分も作ってみたいと思っても、どこでレシピを入手できるのか、あるいはそれがフリーパターンなのか有料なのかすら判らなくって、悲しくなることがしばしばありましてですね ・゜・(ノД`)・゜・
No.1112 (更新:: タティング フリーパターン)


 錯視すげえ
2019年03月21日(Thr) 
一時期ネットで話題になった、人によって見え方が変わるというドレスの写真。
……あれ、私はどうやっても白と金にしか見えなくって、ずーーーっと頭を悩ませていたのですよ。
こういう錯覚系のものって、たいてい一度「ああ!」と思ったら、自分で切り替えて両方を見れるようになるじゃないですか?
でもその肝心の「ああ!」が、どうしても来なかったんです。

しかし、とっくにブームも過ぎた今になって、スマホをいじっていたら……当時いろんな人に見せて確認するため、ダウンロードして保存していた画像を掘り出してしまい、またちょっと調べてみたんですよ。

■【画像】青と黒?白と金?ドレスの色の見え方と理由 右脳派左脳派
 https://kininaru-1.blog.so-net.ne.jp/2015-03-06

ほうほう、ふむふむ。
つまり明るい外に向かって逆光で見ていると感じている私は、うす暗い写真だから白と金だろうと解釈しているけれど、むしろ明るい店内でドレスに充分な暖色系の光が当たっていると考えれば良いのか?
……って、

> どうやら、右上(明るいところ)から見始めると“白と金”に見えやすく
> 下(暗いところ)から見始めると“青と黒”に見えやすいようだ。

へえ……そういうもの……って、

ぇぇぇぇぇえええええっっっ( д) ゚ ゚

 見 え た !?



左下に視点を置いたら、確かにこれ、完全に青と黒じゃんっっっ!!
今までは本を読む時の癖からか、右上から視線を下げて行ってたんですよ!



だから、薄暗い室内で白い部分がブルーグレーっぽくなってて、その他の場所は金がトーン低めになって薄茶色にって見えてたんです。
左下から舐めあげるように見ていったら、ほんとに青と黒に変わった……(呆然)

うっわ〜、すげえ……一度青と黒を経験したら、写真全体を眺めても、今度はむしろ青と黒の方に認識が寄って、最初の白と金に見るには、かなり意識しての切り替えが必要になりました。

錯視って怖いなあ……ってか、私が普段撮影している写真がうまく思った色になってくれないのも、ある程度はこういう、脳味噌の補間作用が影響しているんでしょうねえ……
No.1111 (その他)


 糸繋ぎの重要性
2019年03月20日(Wed) 
タティングレースをやっていると、いずれ現れてくる課題に、糸繋ぎがありますよね。
……某知恵袋などを拝見していると、「糸を繋ぐと汚くなるので、シャトルに残った半端糸は使わずに捨てます」といった御意見などもありますが……私は貧乏性なので、半端糸を捨てるのってもったいないと思っちゃうんですよね。何よりシャトル1個では足りない大きめドイリーや、長めのブレードなどを作成しようとすると、糸を繋ぐという技術は必ず必要になってくる訳で。

そしてまた、あるいは↓こういうことが、起きてきたりもするのですよ。



うわぁん、なんでもっと早くに気付かないんだよ。私の馬鹿ぁぁぁあああっっっ ・゜・(ノД`)・゜・



……ここまで先に進んでからミスに気づくと、もうほどく気力は……この Aroma Lace はまた、特にほどきにくい糸ですし。
っていうかもうこれ、最初からやり直したほうが早いんじゃね? とまで思ったり(−ー;)

でもまあなんとか、ヤケはイクナイと自制しまして。
ひとまず糸を始末できるだけの長さを確保できそうな位置にハサミを入れて、不要部分を切り取り。そして失敗位置まで、リングとチェイン2個ぐらいずつほどきました。



で、ほどいたことで縮れた端糸をアイロンで伸ばしてから、切り離したシャトルのうち、サブシャトル側から少し長めに糸を繰り出してメインシャトルと仮結び。繰り出した糸はメインシャトル側へと巻き取って、結び目がない位置で本体へ糸繋ぎ。さっきアイロンかけた端糸2本を内部に結びこみつつ進むこと、しばし。
メインシャトルから結び目が出てきたら、その結び目をほどいて改めて、今度はメインシャトルを編みかけ本体へ繋いで、糸端2本を以下同文。
そんなこんなで……



リカバー完了っ!!
1個目の三つ葉からここまでの間で、2箇所糸を繋ぎ、4本の糸端を処理しています。
正直、自分でも写真見ながら「ここ、だよな?」って探さないと判りません(ドヤァ)

……っていうか、過去にはあんなミスこんなミスもやらかしていたことを思い出せば、そんなに嘆く必要もなかったかなって(苦笑)

まあ、そんな訳で。
小さいモチーフだけでなく、そこそこの大きさのものを作ろうという方ならば、糸を繋ぐ方法を、それも何パターンか覚えておくことを強くお勧めする次第なのでした。
いやほんと、間違えたら全部ほどくとか、最初からやり直しとか、タティングレースだと苦行以外の何物でもないですからね……(遠い目)<編むよりほどくほうが、何倍も時間がかかる

なお、今回の蔓草模様の魔方陣は、 Aroma Laceのイノセンス(淡めのシルバーグレイ)で、目指せその1・8×8サイズをば。
この色だと、銀の蔦っぽくて格好良いと思うのですww
No.1110 (創作:: タティングレース)


 知らなかったピコ繋ぎの方法メモ2
2019年03月19日(Tue) 
 >>前の記事から

続き。
サブシャトルの糸を締め終えたら、メインシャトル(薄紫)へと持ち替えて、サブシャトルの糸は左手にかけ、モックリングの後半を作っていきます。



↓モックリングを閉じ終えたところ。



これで巻糸を裏側に回せない位置でも、モックリング(チェイン)を繋ぐことができました★
芯糸が固定されることなくちゃんと動かせるので、ジョイント後にもモックリングを締めたり、チェインの長さ調整をすることが可能、と。

よく見ると、ぽこっとした出っ張りがちょっとできてしまっていますが、それでも昨日やっていたように、いちいちシャトルの糸をほどいて巻いてを繰り返すよりも、はるかにずっと楽かつお手軽ですからね!
何より、シャトルに糸がたっぷり残っている状態でもできる方法なので、大きめモチーフやドイリーの中央部付近でも使えるのが良いです。
ふふふふふ、またひとつ新たな技術を覚えられましたぜ♪

……で、これ、いったいなんてジョイント名なんでしょう?




今回の使用糸は、PuPuの Col.17 ウィンターローズと、今年の新色ラス1こと Col.19 ペールラベンダー。
ペールラベンダーの方は落ち着いた藤色で、クロバーシャトル(フローラ)の薄紫とよく似た色合いです。可愛いvv



昨日作ったの(右側)よりも、やはりモックリング部分が自然に見えるし、中央のピコも埋もれてしまわず、ちゃんと隙間が残っているのが良い感じ。
デイジー(ヒナギク)というより、朝顔とかっぽいような。
ちょっと全体を締め過ぎかなあと思いつつ、でもこういう密度高い箇所は、とことんまでみっちりさせたくなっちゃうのが性分なのですww
No.1108 (創作:: タティングレース)


 知らなかったピコ繋ぎの方法メモ1
2019年03月19日(Tue) 
昨日作成した、ケルティックっぽいデイジーモチーフ。

■Free Pattern | ABC Tatting Patterns
 https://abctattingpatterns.com/free-pattern/

に、掲載されている、ピコの向こう側へ巻き糸を回せない状態で、ピコ繋ぎする方法、

> Join A: (Pull (backside to front) Sh1 thread to make a loop, insert (front to backside) Sh1 through loop.)

を、ようやく解読できた気がするので、忘れないうちにメモしておきます。


まずは、ピコで繋ぐモックリングの、前半部分を通常通りに作成。



以下、薄紫の方(芯糸側)をメインシャトル、ピンクの方(巻糸側)をサブシャトルと呼称。

ピコ繋ぎをする位置まで来たら、ピコの裏側からレース針を入れて、サブシャトルの糸を引き出し、さらにそれを表側まで出します。



次に、引き出した糸の輪がねじれないように注意しつつ、表から裏へとサブシャトルを通します。



↓サブシャトルの糸を引っ張って締めたところ。
直前のダブルステッチとの間に隙間ができないよう注意。



写真が多いので、記事を分けます。

 次の記事へ>>
No.1107 (創作:: タティングレース)


 ケルティックっぽいデイジー
2019年03月18日(Mon) 
またもケルティックっぽいデザイン、「 Tatted Daisy by Mrs. W. M. Odum. 」にチャレンジしてみました。
本来はニードルタティング用のレシピだそうで。

■Free Needle Tatting Pattern | ABC Tatting Patterns
 https://abctattingpatterns.com/free-needle-tatting-pattern/

中心部分は、公爵夫人などと同系統。
最初の一段目はピコ付きモックリングからモックピコで立ち上がり、ぐるんぐるんと周囲のチェインで11段。
最後の12段目で最外周のチェインと、上に乗っかるリングを作っていったら……



完成★ …………なのです、が。
どうにかこうにか形にはしたものの、今回はかなりズルと言うか反則技を使用したので、結果的には失敗、ですかねえ(^^;;ゞ



一応見た目的には、多少歪んではいるものの、そうおかしなことにはなっていないとは思いますけれども。

いえね、着手した段階では、最終段のリングを中央部へピコ繋ぎするのに、Lark's Head Join を使えばいけるかなって思ってたんです。
でもよくよくシミュレートしてみたら、巻き糸をピコの向こう側へ持っていけない段階でアウトだったんですよ(汗)
で、次に Catherine Wheel Join を考えてみるも、こちらはリングだと使えない……ならリングをモックリングにすれば……って、やっぱり巻き糸がピコの向こう側に(以下略
Loop Tatted Ring なら、隙間を通して糸をくぐらせ……ってシャトルがこっち側に残る段階で意味がねえ _| ̄|○

で、まあ散々頭を悩ませたあげくの結論が、もうしょうがないから糸玉側(白)の糸を必要量だけ残して切断して、ボビンシャトルに巻き取り。そちらを芯にしてモックリングを作成して、中央へ繋ぐ位置に来るつどボビンからぜんぶほどいてピコ内部に白糸を通す → またボビンに巻き直してモックリングの続きを結うという、完全にズル技だったのでした ┐(´〜`;)┌



……最終段かつ、手持ちにボビンシャトルがなかったら、絶対に途中であきらめてましたね(遠い目)
あと7箇所以上あった場合も以下同文。

ともあれまあ、なんとか形になったということで、今回は良しとします。
うーん……なんかうまいピコ繋ぎのやり方、ありませんかねえ……?

2019/03/19 追記4:
糸をピコの向こう側へ持っていけない状況でのジョイント方法、見つけられました!


今回はPuPuのマリンブルーとホワイトを使用して、完成サイズが直径6cm弱。



1〜11段目
 メインシャトル(青) 両手×4+糸玉(白)

12段目
 メインシャトル 前段からそのまま続き
 サブシャトル 白糸を両手×2繰り出して糸玉から切断し、ボビンシャトルへ

手持ちの色とダブルステッチの綺麗さでPuPuを選びましたけど、柔らかいこの糸で40目のモックリングはちょっと厳しかったッス……


追記:

同じ系統の派生デザインを見つけたんですが、こっちだと two shuttles begin ってなってますね?

■Tatted Daisy by Mrs. Odum - Tatting
 https://www.bellaonline.com/articles/art61288.asp

やはりモックリングで作るっぽいですけど、「 join it to the first picot on the round center ring 」って、だからどうやってそのジョイントをするかが知りたいんだよぉぉぉおお ・゜・(ノД`)・゜・
ってか、こっちのバージョン、さらにケルティックなことになってるのに、そっちの説明もないし〜〜〜(泣)


追記2:

さらに詳しい説明ページもなんとか見っけ。

■Free Pattern | ABC Tatting Patterns
 https://abctattingpatterns.com/free-pattern/

だから Join A とか Join B ってなんだよ、説明が全然理解できない(しくしくしく)


追記3:

あ……できた、かも……!?

No.1106 (創作:: タティングレース)


 知ったからには
2019年03月17日(Sun) 
昨日の記事で、これどうなってんの?? と紹介させていただいていた、深夜の手芸日記@エビチリ様のところの電動糸巻き機。
なんとさらに詳しい記事を公開して下さっていました!

■続・糸巻き - 深夜の手芸日記
 http://ebitatt.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

ほうほう、ポイントは「キッチンマットの下等に敷く滑り止め」ですか。
ならばさっそく……(ごそごそ)……<何故か机から手の届く位置にある滑り止めシート

いきなりシャトルワインダーに貼るのはちょっと気がひけるので、ひとまず割り箸側に巻きつけて、と。
あとはシャトルをセットしたワインダーをクリップで広げつつ固定してから、ダイソーの電動字消しにセッティンぐー。

では、ポチッとな。

ダイソーの電動字消し+シャトルワインダー 
 mp4形式 12.04MB 16秒



おおっ
ものすごいブレまくってるけど、それでも吹っ飛んでいかず、ほんとにちゃんと回転してるww
へー、なるほど、面白いなあ。って言うか、世の中にはいろいろなやり方を考える方がいらっしゃるんですねえ(しみじみ)

実際問題として、私は糸の長さを測りながら巻くのがデフォルトですし、シャトルワインダーを広げられるほどの強さでクリップを摘まむと、親指が真っ赤になってヒリヒリしちゃうようなので、あまり活用することはないかと思います。でもこれ、性に合う人にはすごく便利な技だと★
糸巻き時にシャトル側を回転させることで、糸のねじれとかも抑えられるんじゃないでしょうか。

っていうか、面白げなやり方を見つけると、つい一度は試してみずにいられないこのサガが……ww


本日の作業BGMは、昨日読み終えた「悪夢の棲む家」に引きずられて、アニメ版ゴーストハントをば。
……ほんっと、容赦なく怖いんだよなこのシリーズ……(−_卅 )

あと、自室の蛍光灯が1本点かなくなったので交換しました。
前回交換したの、いつだったっけ……?
No.1103 (創作:: タティングレース)


 悪夢の棲む家 ゴーストハント(マンガ版)3巻
2019年03月16日(Sat) 
読書記録:


積みっぱなしにもほどがありましたが。
ゴーストハントシリーズ、コミカライズの最終巻、ついに読了いたしました。
いやあ……なんというか、感無量ですね。
原作旧版(ティーンズハート、ホワイトハート文庫)をリアルタイムで読んでいた身としては、ラジオドラマ化もマンガ化もアニメ化もリライト版の発行も驚きの連続だったものです。
アニメの方はマンガが追いつかずに途中で終わってしまいましたけど……せっかくマンガ版もめでたく終了したのだから、悪霊シリーズのラストとこの悪夢〜の二つを第二部としてアニメ化してくれまいか!? と思うぐらいには満足な仕上がりでした! それで全12話ぐらいいけるっしょ??

はあ……なんというかですね、もう不満に思う点が一個もなかったです(笑)
欲しかったシーン、押さえておいて欲しかったセリフほぼ全て入っていて、おそらく削られていただろう部分は、ほぼ印象薄くて削っても大丈夫な場所ばかりだったというか。
鏡越しに再会を告げる双子……表紙では一目でどちらがどちらか判るのに、そのシーンではそっくりで。ああこの二人って本当に双子だったんだなあって……
あと最後の女の子が帰ってくるシーンとか、もうほんと泣きそう( T ^ T )

正直を言うと、私は小野先生御本人が加筆修正されたリライト版より、このマンガ版の雰囲気のが好きなんですよね。
特にリライト版では、旧悪霊シリーズ最終巻でのぼーさん謎解き場面が削られちゃったりとかしたのが残念で……その点このコミカライズシリーズでの、ぼーさんの格好いいことといったら……っ
前にも書きましたが、誰かが悲鳴あげたり不審な物音が聞こえるたびにすっ飛んでくるし、それを負担に思わせない軽快な言動。ナルと対等に討論できるあたり頭もいいうえ、コミュニケーション能力も抜群。そしてここぞというところで皆を守り切る。
最後の「よし、終わった。帰ろーぜ」の頼もしいこと!
昔はリンさんの寡黙なミステリアスぶりが一番好きだったんですけど、年取ってみるとぼーさんの甲斐性と世渡りの上手さに痺れますわ〜〜
No.1095 (読書)


 飛び起きた
2019年03月16日(Sat) 
病院など、時間が決まっている外出がある日は、いつもかなり余裕を持った時間と、「もうこの時間には出ないとさすがに遅刻するぞ」って時間にスマホのアラームをセットしている私なのですが。

今朝がた、ピコッという音で目が覚めて、「え……なんだっ……け……?」と枕元のスマホを手にとって、思わず三度見。
歯医者の予約時間まで残り二十分(汗)
ちなみに歯医者さんへは、普通に歩いて十五分ぐらいの距離です。

1時間前にもスマホが鳴ってるはずで、さらに言うなら二時間ぐらい前には充電が完了したってメッセージでしばらく鳴動してたはずなのに、全く気づかず熟睡してました(汗)

とにかく即行で着替えて歯を磨いて……って、うわあ、雨降ってて自転車使えねえっ
しょうがないから傘ひっつかんで家を飛び出し……なんとかギリギリ、予約時間2分後ぐらいにたどり着けました(−ー;)
また今回は何年ぶりかで、定期検診じゃなく治療の方だったんですよ……起きて二十分後には麻酔かけてきゅっぃーーーんっって歯を削られているという、その落差がもう ┐(´〜`;)┌

さらに言うなら行きつけの歯医者さんが先日、よそと統合? 合併? されて全く新しい建物に変わっており、スタッフさんの顔触れもだいぶ変化があったものだから、今回担当してくれた歯医者さんも看護師さんも、全くお初の人で。
……だから右側から小声で「口開けてー」とか指示されても聞こえないんだったら。

なんかもう、治療が終わって家帰った頃に、ようやく目が覚めてきた感じでした(苦笑)

しかし最近の歯医者さんの麻酔ってほんと優秀ですよねえ。
昔は麻酔注射それ自体が痛いわ、治療終わってから何時間も顔面四分の一ぐらいが感覚無くなるわで非常に憂鬱だったのに、最近は注射針刺す前にまず表層麻酔かけてくれるし、麻痺するのもほんとに患部周辺だけなので、帰宅後すぐにご飯食べれるしで実にありがたいです。
あとはもう一本、右下の半埋没した親知らずを治療する必要があるとのことで、また二週間後に行かねばなりません。でも1本につき治療一回で終わるってのも、昔からは考えられないよなあ(しみじみ)


話は変わりまして。
嬉し恥ずかしくも、うちのレシピをご利用下さっているブログさんを発見して、小躍りしていたわたくし。過去の記事も拝見していて……

■糸巻き - 深夜の手芸日記
 http://ebitatt.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

え……ちょっと待って、これどうなってんの?
シャトルワインダー(ω型の金属パーツ)に長めの棒をクリップで装着。電動字消しに差し込んでいるように……見えるのですが。え、これスイッチ入れたら思い切り回転軸がブレない?
ちょっと試しに丸い割り箸を5cmぐらいに切断して、手持ちのダイソー字消しにセット、ボタン押してみたんですけど……一瞬ですっ飛んでった(汗)
これに左右非対称のシャトルワインダー+クリップなんかつけたら、さらに重心がずれると思うんですが、何かコツとかあるのかしら……?

糸の染色とかも面白そう……(検索中)……ああ、鍋で煮なくても筆で塗って電子レンジって方法があるのか。段染めならムラも愛嬌になるし……って、それやり始めるとますます沼と言うか、コスト面でも既成品の金票なりリズベスなり買えって話になりますよね(^^;;

ああでも、買ったは良いけどキシキシして使いにくいエルベレース糸とかダルマ無印、柔軟仕上げしたら結びやすくなるんでしょうか(どきどき)
……いやカセくり機も玉巻き機も持ってないし、やらないけどさ……やらないんだったらっっ
No.1094 (日常)


 てへ?
2019年03月15日(Fri) 
金色のスクエア透かしパーツと恐竜シール。



透かしパーツは前回のよりちょっと大きめなので、編み込むなら目数を調整するか、新しいデザインを考えたほうが良さそうです。穴も小さいから、細めの糸じゃないと厳しそうですし。

恐竜シールは、可愛かったから! 可愛いは正義!!



1シートだけだと思っていたら、同じものが2枚重なって入っていたので、得した気分ww
透かしパーツの方も、3個入りだとばかり思っていたら、良く見たら6個って書いてあるし<やっぱり重なってた

……ともあれ。
シャトルに貼れるサイズで、トップコートやレジンでの保護が必要なく、デザインが可愛くかつ糸が引っかからないデザインのシールって、最近あんまり見かけないんですよねえ。
特にこの中国製シャトルは、ほんの数ミリレベルですがみん100大サイズより小さいうえ、真ん中にくぼみまであるからさらに選択肢が狭まるし。

……母があんなことさえ言わなければ、別にデコらなくても良かったのに〜〜 ・゜・(ノД`)・゜・
No.1093 (創作)



<< 2019年03月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 更新情報(2019/03/22)
 錯視すげえ
 糸繋ぎの重要性
 知らなかったピコ繋ぎの..
 知らなかったピコ繋ぎの..
 ケルティックっぽいデイ..
 知ったからには
 悪夢の棲む家 ゴースト..
 飛び起きた
 てへ?

 最新のコメント
 エビチリさん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2019/03/18 20:12:33
 わーー試して下さったん..
 by エビチリ
 at 2019/03/18 11:02:13
 エビチリ様>
 by 神崎真
 at 2019/03/17 21:55:01
 <神崎さん
 by 萵苣
 at 2019/03/17 19:39:05
 こちらこそ素敵レシピを..
 by エビチリ
 at 2019/03/17 15:33:09
 エビチリ様、こんばんは..
 by 神崎真
 at 2019/03/17 01:29:37
 こんばんは〜。
 by エビチリ
 at 2019/03/17 01:03:02
 萵苣さん、こんばんわで..
 by 神崎真
 at 2019/03/17 00:36:29

 カテゴリー一覧
 更新(43)
  タティング フリーパターン(5)
 創作(347)
  タティングレース(319)
  小説(12)
 読書(111)
 電脳(17)
 映像(18)
 日常(26)
 その他(2)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

 最近記事のRSS  

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 
 2019年 / 01月 / 02月 / 03月

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41