よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 割れた本の補修と入院手術
2020年09月28日(Mon) 
ここしばらくのストレス解消を兼ねてポチった絶版本が、数日前からちょこちょこと届いているのですが。
割と古めの書籍しかも安いものを選んでいるせいか、けっこうな状態の代物が複数届いてしまい、いささかしょぼんとする羽目になっております。

焼けや歪み、小さいシミとかページの折れぐらいまではまだ、状態に明記してあれば許容範囲なんですが……



こんな感じで背が覗いて見えるほどの割れが、連続して見開きいくつ分も存在している書籍がですね…… ・゜・(ノД`)・゜・
※↑の写真は、けして一番ひどいページではない

ページ割れだけは、軽度な……持つとそこがパカッと開くという開き癖レベルでも途端にテンションが下がるタイプの人間なので、非常に、非常に残念です……

と、そこでですね。
この状態をなんていうんだっけ? のど割れ? 背割れ? ページ割れ?? とか思って検索していたら、ふとこんなページを見かけまして。

■パッカリ割れた本は直せる!自分で簡単にできる修復方法を紹介 - ブックオフオンラインコラム
 http://pro.bookoffonline.co.jp/book-enjoy/
use-book/20181026-wareta-hon-naosu.html

半ばヤケもあって、駄目で元々と試してみることにしたんですよ。

↑のページで紹介されている通り、まずはカバーを外した書籍の割れ目部分に、木工用ボンドを爪楊枝で塗り塗り。



ページ部分にはみ出したところはティッシュで拭き取りつつ、割れ目を埋めるような気持ちで、少しずつボンドを入れ込んでいきました。
そして塗り終わったらいったん本全体を閉じて強く押さえ、天と地にはみ出したボンドもきれいに拭き取り。
それを割れ目がある見開き、7〜8箇所ぐらい繰り返したら、圧力がかかるように目玉クリップで固定。



紹介されていた滑り止めシートだと、なんだか跡が残ってしまいそうだったので、それなりに硬さのあるカッターマットとプラスチック定規を挟んで、大型クリップで挟むこと丸2日。

結果……



おおおおお!?
なんか、予想以上に違和感なく仕上がって……ないですか!?
少なくとも、写真撮影するのに指で広げておく必要がある = パカッと開かなくなってます!!

外れる寸前だったのが微妙にズレてくっついてしまったページとか、見開きが本来より狭くなってる箇所もありますけれど、文字部分までくっつけて読めなくなったような箇所はありません。
これなら、しばらく経ったらどこを直したか判らなくなってそうですっっ(喜)

わー、試してみるもんだなあ……そして素晴らしい情報を公開して下さっているブックオフさんに、超絶感謝でっす!

……ああでもさすがに、↓これはどうしようもないですよねえ(´・ω・`)



状態「良好」を信じて購入したら、ページが数枚重なって折れ曲がった状態で、見開きに挟まってるのが届いたんです。これって明らかに製本ミスですよね……これが検品すり抜けて出荷され、購入した人が返品もせず、古本屋に売られたあげくにそこでもハネられないで、出版から実に23年を経て私の手元に来たと思うと……逆に感心すると言うか、感慨深いと言うか(苦笑)

とりあえず出品店舗に別のと交換できないかのお問い合わせをしてみてますけど、絶版本だから期待は薄いなあ……


でもって。
今日は昼過ぎから総合病院を受診してきた訳ですが。
まあ諸々ありまして、来週末に手術を受けてくることになりました。腰椎麻酔のポリープ切除で、一泊か二泊の入院になるそうです。

……前にも書きましたが、本当に病院が苦手なんです。
どれだけ苦手かって、今日病院に行かなきゃってだけで、明け方からもう目が合わずに居ても立っても居られない。お腹もガチで痛くなって、何度もトイレへ駆け込む羽目になるぐらいでして(−ー;)
ううう、帰宅したのにまだぐるぐる言ってる……明後日にはまた入院前説明聞きに行かなきゃだもんなあ……・゜・(ノД`)・゜・
No.2181 (読書)



<< 2020年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 割れた本の補修と入院手..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41