よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 アロングさん9〜10段目終了
2020年08月23日(Sun) 


終わった段階ではちょっと波打ち気味でしたが、霧吹きして整えたら、だいたい収まってくれました。
一周54セットあるので、6分割の太いライン間に9セットずつ入るように、っと。



直径25cm弱。
このガイドシートを使えるのも、次の11〜12段目までっぽいですね。
……A3用紙に放射線の入った同心円を印刷して、クリアフォルダに挟んで使えば、アイロンは無理でも霧吹きして整えるぐらいには使えるかなあ……すべるから無理か……

消費糸長メモ>

9〜10段目(糸を切らずに連続して作成)
 メインシャトル 両手×2.66
 サブシャトル 両手×8.5+糸玉

サブシャトルの方は、9段目が終わったらあとは糸玉で事足りる&シャトルに巻ける量ではどのみち1度は糸繋ぎが必要なので、最低これぐらいあれば9段目が終わる長さってことで。
素直に9段目と10段目を別に作るなら、

9段目
 メインシャトル 両手×1
 サブシャトル 両手×8.5

 10段目 両手×1.66+糸玉

ぐらいでいけるかと。

そして11段目は9段目とまったく同じ。12段目はチェインオンリーで目数1.1倍ちょいだから、まあ誤差範疇ってとこでしょうか。それでもメインシャトルは、気持ち多めに両手×3弱ぐらいにしておきましょうかね。

……などと計算して次のシャトルを巻いていたら、はい出てきましたww



両手×3ぐらいの位置です。
いやあ、巻いてる途中で気づいて本当に良かった(しみじみ)
13段目が、おそらく両手×2もかからないと思うので、これはそちらで使用してやろうと思います。

そしてうっかりラジオペンチで挟んでしまった、指先の血豆はというと、10日が過ぎた現在こんな感じ。



幸い皮膚が破れることなく固まりまして、まるでマジックか何かで指先が汚れたかのように、くっきりはっきり沈着しております。膨らみもあまりなく、押すと少し痛い程度の色の濃い痣みたいな感じ。
もう何日かすれば、ポロッと取れるんじゃないかと期待しているのですが。
それにしても、時間が経過した血液って、酸素に触れなくてもこんな色になっていく訳ですね。
ミステリードラマで登場する血しぶきとか、発見された凶器に遺された真っ赤な血の痕とか、やっぱり演出だよなあと、なんとはなしに思ってみたり(笑)
No.2117 (創作:: タティングレース)



<< 2020年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 アロングさん9〜10段..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41