よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 美空ひばりの映画「雪之丞変化」
2020年04月23日(Thr) 
ロウドクソウコさんで、大好き作品「雪之丞変化」の朗読公開が始まったのに刺激され、積録になっていた「ひばりの三役 競艶雪之丞変化」及び「ひばりの三役 続競艶雪之丞変化」を視聴しました。

競艶雪之丞変化 [DVD]
美空ひばり, 沼田曜一, 若杉嘉津子, 丹波哲郎, 渡辺邦男

1957年の作品。主演の雪之丞及びその母親と闇太郎の三役を、タイトル通り美空ひばりさんが演じています。

……思ったより面白かった(笑)

雪之丞を女性が演じているというので今まで敬遠していたんですよね。でも当時二十歳だという美空ひばりさんの女形姿 ―― ただ女性らしいと言うだけでなく、ちょっと男性っぽさも感じさせる、浮世離れしたところがあって、なかなかに見事でした。……闇太郎役はさすがにちょっと……でしたが(苦笑)<15歳ぐらいの少年に見える
浪路との一途かつプラトニックな恋模様は(設定上当然ですが)浪路の片思いとなり、どちらかと言うと原作では投げっぱなし感のあった、お初さんの方の株が上がっていたのも、これはまあこれで。
……少なくともあっさり浪路と一線を越えちゃうような、あの作品よりはっっっ(泣)<雪さんと浪路は、あくまでプラトニックな純愛なのがミソだと信じている
あ、浪路さんも、とても可憐でおきれいでした(北沢典子さん当時19歳)。

お初が立ち聞き時にお高祖頭巾かぶってないのに「お高祖頭巾の女より」って手紙書いてたりする構成の甘さとか、孤軒先生がいないとか、そもそも闇の親分が土部に気に入られる下りがざっくりカットなど、省略や説明不足な部分は多くとも、台詞回しの忠実さと言い、浪路が盃持ち帰ってるとか土部が赤い酒飲んでるとか宝玉マニアーーwwといった細かい部分と言い、なかなかツボを押されたりvv
あと周囲がちゃんと仇討ちに肯定的なのも良し!
これは仇討物なんだから、「復讐なんて虚しいものだ」なんて言っちゃ駄目なんですよぅ<モンテ・クリスト伯とか和田慎二作品とかの復讐物が大好き

かなり早めに土部から敵認定されちゃったとか、最後の一人である土部相手にはやっぱりチャンバラで挑むのかなど、どこまでも怪しまれずに潜入とか裏で糸引く情報戦的な要素が少なかったのはちとアレですが。それでもまあ、今まで見てきた旧長谷川一夫(1935〜36年松竹版総集編)、新長谷川一夫(1963年大映版)、丸山(三輪)明宏(1970年TVシリーズ版全13話)、滝沢秀明(2008年TVスペシャル版)と比較して、映像・脚本ともそこそこ上位にランクインする出来だったと思います。
お初じゃなく闇太郎のほうが短銃使いだったのにはちょっとびっくりしつつ、少年に見える闇太郎が大人数相手に無理なチャンバラするよりは、まだ自然な流れですし。
なおお初と闇の親分がちょっといい雰囲気なのは、今では入手がかなり難しい原作続編にて、実はちょっと匂わされていたりするので、これもまあ。

■雪之丞後日|私立杜守図書館
 http://plant.mints.ne.jp/takara/yukinojo_gojitu.htm

ともあれ今回の一番は、画面を見ていての美しさ、華やかさだったかと。
流血その他いろんな意味での露骨なシーンはカメラ外に出してある、アングルの妙も良いんですよ。チラリズムの美ってやつですね、うん。

……しかしこれ、「雪之丞は実は女形に身をやつした女であった(ネタバレにつき要反転)」って設定、入れる必要あったのか? と言う疑問が少々(苦笑)
まあ原作を知らない、あるいは知っていてもさほど思い入れのない人からすれば、面白いアレンジ&演出だったとは思いますが。

そして朗読を聴き、この映画を見て改めて気付いたこと……雪さんの父親、いくらなんでも子供にいろいろ押し付けて大人気なさすぎるだろうと正直思っていたんですよ。でも雪さん当時8歳ってことは、父親あの時代だと二十代半ばでもおかしくない訳で。
今まで見た映画などだと、俳優さんたちがみんな軒並み年配の人揃いだったので失念していました。
代々裕福な大店の、苦労知らずな若旦那だったのかと思うと、ちょっと印象が変わった次第です。

あと手持ちで見ていないのは、東千代之介(1954年松竹版)と大川橋蔵(1959年東映版)かな……ウィキを見る感じ、他に坂東好太郎(1939年松竹版)と江畑絢子(1959年TVシリーズ版)がある模様。

……なんだかんだで原作厨な私としては、やはり原作の文章をそのまま読み上げて下さる朗読が、一番満足できるんですけどね(苦笑)

■プレイリスト:武葉槌朗読「雪之丞変化」(三上於菟吉) | ロウドクソウコ
 https://audiobook-edo.com/?p=6814

■図書カード:雪之丞変化|青空文庫
 https://www.aozora.gr.jp/cards/000310/card1911.html

ああもう、サムネイル画像からして美しい……管理人さま、判ってらっしゃるっΣG(`・ω・´)
もうね、これから毎週火曜日が楽しみでなりませんです♪ 管理人様にはまったくもって感謝感謝。
とりあえず4月分も、ご支援させていただきましたです、はい <( _ _ )>
No.1939 (映像)



<< 2020年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 美空ひばりの映画「雪之..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41