よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 単純計算でも2.5倍か
2020年04月18日(Sat) 
蜂蜜ドイリーは、数日前から最終18段へ着手しています。



どうしようか迷いましたが、結局「カバーステッチで方向転換」方式を使用して、シャトル+糸玉で始めてみました。
本来ならサブシャトルを手に持って結ぶ内向きのチェインを、スプリットリングなどを作る時の「目を移さない」やり方で作成しているため、そこだけ糸玉に繋がっている側が芯糸になっています。



表裏を合わせているせいで、ただでさえ前の半目・後の半目が逆になるカバーステッチ(スプリットステッチ)を、さらに逆にしなきゃいけないとか。
ピコ繋ぎの時には下から針を入れ……るんじゃなくて、裏編みだから上から針入れるけど、引き出した糸にシャトルを通したあとは、糸玉側を引っ張ってぷちっと裏側にシャトル糸を出してやらなきゃだとか、もう混乱しまくり?(@_@)?

まあ、どうしてもうまく行かないようであれば、糸玉から両手×20ぐらい引き出して、改めてサブシャトルに巻いてやればいいってことで。ひとまずは練習のつもりで進めていこうと思います。

……それにしても、けっこう長い時間やっていたはずなのに、ちっとも先に進んでないんだぜ(遠い目)



確かこの段は全63セットで、1セットに付きリバースワーク入りのリングが5個。
それって126セットあった13段目あたりのぐるぐるターンと比較して、手間だけでも2.5倍ってことですよ……ね?<2分の1の5倍
しかも合間合間にカバーステッチのチェイン……そりゃあ進まないはずですわ、はははははww

まあ楽しい時間がまだまだ続くと思えば、それもまた良しvv
少々波打ち気味なのは仕様で、アイロンをかけたら整うと、レシピにも書いてあるみたいですし ΣG(`・ω・´)

■Frywolitki, Tatting, Chiacchierino: serwetka miodowa rząd 18 OSTATNI...
 http://renulek.blogspot.com/2012/05/
serwetka-miodowa-rzad-18-ostatni.html

……というか、この方のレシピはなんだかんだで私には合っているみたいなんですよね。多少引きつったり余ったりするような段も、ちょっと調整するだけでそれなりに収まって、しかもその次の段は響くことなくレシピ通りに行けたりしますし。

週イチで公開されている今年の春ドイリーも、残るはあと4段。来月には最後まで終わりそうですね……次はそっちに挑戦しちゃうか? しちゃうか??
No.1935 (創作:: タティングレース)



<< 2020年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 単純計算でも2.5倍か

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41