よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 更新情報(2020/02/21)
2020年02月21日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「外交の危機」の八話目をUPしました。
原作はシャーロック・ホームズの『海軍条約文書事件( The Naval Treaty )』、著者は高等探偵協會です。

この話で一番の面白どころかもしれない、緒方(ホームズ)さんがバラの花を手にとって、いきなり賛美し始める場面がありますww
今回は多少削って整えられていたせいか、まだ何言ってるのかは判りやすいですが、それでもその脈絡のなさ感には、依頼人ともどもまさに「ぽかん」です^^;;
ときどきこういう場面が挟まるから、「空き家の冒険」以降の帰ってきたホームズさんは、実は別人だった説があるんだろうなあ(苦笑)<最初の頃のワトソンメモでは、園芸植物などには一切興味がないはず
No.1838 (更新)


 スペースが足りない
2020年02月21日(Fri) 
蜂蜜ドイリー、9段目はオニオンリングによるぐるぐるターンです。



全体の表裏を合わせて結っているのですが、まず最初の内側リングをどちら向きに、そもそもどっちのシャトルで編み始めれば……を判断するのに、レシピの写真を睨みながら相当に悩みました(苦笑)
結論はメインシャトル(クリアカラー側)の裏編みで開始すると、オニオン外側の装飾ピコつきチェインを、そのままメインシャトルの表編みで作れるという形に。

■Frywolitki, Tatting, Chiacchierino: serwetka miodowa rzad 9
 http://renulek.blogspot.com/2011/11/
serwetka-miodowa-rzad-9.html

……そもそもこっち向きの写真に目数が書いてあると、どうにも判りづらく(−ー;)
しょうがないので次の段のレシピ写真(逆向き)に、消せるボールペンで目数とか進行方向の矢印を書き込みつつ、なんとか方針を決定。

■Frywolitki, Tatting, Chiacchierino: serwetka miodowa rzad 10
 http://renulek.blogspot.com/2011/12/
serwetka-miodowa-rzad-10.html

2015春で、一度はほぼ同じデザインの段を結っているのに、やっぱり忘れちゃってますねえ(´・ω・`)

とはいえ一度始めることさえできれば、シャトルの持ち替えタイミングとかは身体が覚えているようで、今のところはスムーズに進んでいます。この調子なら波打ちもお椀化もなく、きれいに収まってくれそう……かな?
むしろ前の段の、横向き大リングのヨレ&不揃いっぷりが気になる……(汗)


そして気がつけば、またも辞書アイロン2冊からとっくにはみ出していた現状がww



いままで辞書を横に並べていたので、奥側が死角になって見えていませんでした。
肝心のフチ部分の重石に、まるでなってないっていうね ┐(´〜`;)┌
……これ確実に、この広げた状態で最後まで行くの、無理ですね……むしろ飾れる場所があるんだろうか(汗)
No.1839 (創作:: タティングレース)



<< 2020年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 更新情報(2020/02/21)
 スペースが足りない

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41