よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 7段目終了
2020年02月13日(Thr) 
このところ花菱さんの方へ集中していましたが、蜂蜜ドイリーの方もそれなりに進んでいます。
7段目でこの状態。



■Frywolitki, Tatting, Chiacchierino: serwetka miodowa - on line
 http://renulek.blogspot.com/search/label/
serwetka%20miodowa%20-%20on%20line

相変わらず、ここで止めてもそれはそれで……な可愛さですvv



2段目の進行方向変更をSLT(糸の交差)で乗り切ったので、この段が初のシャトル2個仕様。
リングとフローティングリングの表裏を合わせつつ、作業も楽にするにはどっちを裏編みにすればとか、最初はだいぶ混乱しました。
どうも私の手癖では、多少ピコが多めでもフローティングリング側を裏編みにしたほうがきれいに仕上がりそうだと判明したので、次の段は気をつけたいと思います、ハイ。

あとはフローティングリングの装飾ピコが、リング2個おきになくなっているのと、そのピコなし位置が、4段目(三つ葉の段)と5段目(ぐるぐるターン)の接続箇所と一致しているのが、この段の要注意ポイントかと。

現在のサイズは、ミルフローラ40使用で22cmちょっとの直径。



8段目からは、B4カッターマットでははみ出しそうですね。

消費糸長メモ>

 7段目 メインシャトル 両手×11強 ・ サブシャトル 両手×13.25

メイン側が、最後大リング2個分ぐらい足りなくなったので、困った時のSLTで乗り切った結果を反映したメモです。
一色で作成していると、これができるから助かるんですよね(苦笑)

そして次の段は、デザインほぼ同じだけど目数が少し多く……糸の長さ、どれぐらい増やせばいいんだろう……(計算機ポチポチ)


そうそう、昨日書き忘れていましたが、仕事場で一足早いバレンタインチョコをいただきましたのですよ。



っていうかバレンタインチョコなんて、もらったの人生初ですわ(笑)
これまではいつも、みなで男性陣へあげる分を金額徴収される側かつ、ホワイトデー当日にはたいてい本社にいないため、お返しにありつけないのがデフォルトww
今回は、週イチで事務の手伝いに行っている部署から、「本当は男の人にだけなんだけど、いつもお世話になってるから」と、わざわざ手渡されました。

中身はチョコボンボンが6つ。
ひとつずつ大事に味あわせていただいてます。チョコレートって、目の前にあればあるだけ食べちゃうんですよね(苦笑)
……うむ、自制自制。残り3粒は明日以降にしよう<箱のリボンを留め直しつつ
No.1823 (創作:: タティングレース)



<< 2020年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 7段目終了

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41