よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 シャトルと糸玉で一筆書き
2019年11月14日(Thr) 
(仮称)もしゃふわ魔方陣その1の、2×2サイズ。
ひとまず形になりました。



なんと今回は珍しく、魔方陣マジックスクエア(一筆書き)化しても2シャトルになってません。シャトル1個+糸玉仕様のままです。
うちのレシピでは初めてですね。なんとなく快挙ww
あれ、よく考えたら大きくした場合外に持って出られない、かも?

ただこうなんと言うか……個人的にいろいろとまだ、納得行かない部分が残っちゃってましてね。



ちょっと思うところがあって、今回、四隅のチェイン(基礎モチーフその2では中央になる部分)の目数やピコを増やしちゃったんですよ。
でもいざ魔方陣化してみたら、そこは元の目数のままのほうが良かったかなあっていう。
角のチェインがこの目数だと、繋いだ時の境目の隙間が小さくなる分、遠目から見た時に今回一筆書きにした部分との差(コントラスト)が少なくなっちゃうと思う……



左が元の目数で、モチーフを4枚繋いだ状態(中心と角のピコが4つ)。右が今回魔方陣化したもの(角のピコが5つ)。
左側の中央に現れている穴の空いた十字みたいな模様と、右側の中央にあるその穴が埋まっている模様とが、4×4サイズ以上の魔方陣を作成した時に混在するのが、マジックスクエアの楽しいところじゃないですかね?
だからそこの部分は、ひと目でぱっと見分けがつくようにしておきたいのです。
あとやっぱり少し余り気味になる分、波打つ感じもしますし。

なら目数を戻せば良いんですが、そうするとレシピ用の見本写真のために、もう一回2×2サイズ結うのか……? って話でして(苦笑)
しかも実際に編んでみたら、思ったほどパステル段染め楽しくなかった(´・ω・`)

いや可愛いよ? 可愛いけど、でもきみにはきっともっと似合うデザインがあると思うんだ! って感じで。むしろそのために、貴重な手持ちパステル(廃盤色)はやっぱり温存しておきたい気持ちがひしひしと……

そんなこんなで、



ダイソー きなり がもう廃盤なら、せめて純白。そしてキシキシ引っかかってストレスにならない糸を! と。
……せっかく罪庫減らしたのになあ、ふふふ(遠い目)

その1魔方陣2×2サイズの消費糸長メモ(ダイソー#40時)>

 両手×12+糸玉

基礎モチーフその2は、2×2サイズの半分プラスαとして、両手×6.5+糸玉で始めてみますか。まだそれぐらいは きなり が残ってますし。

さてそして、今回は何という名称をつけようかも思案中。
いやもしゃふわってのも、呼びやすくて良いんですけどww
うーん……斜め(その2魔方陣)にすると、花菱模様みたいな感じになるかな……(画像検索中)……あ、英訳はそのまま Hanabishi pattern で良いっぽいな……(ごそごそごそ)
No.1601 (創作:: タティングレース)



<< 2019年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 シャトルと糸玉で一筆書..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41