よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 最終段……のはずが
2019年10月14日(Mon) 
maimai さんのベーシックドイリー、最終段を開始していたのですよ。



多角形気味だった5段目が良い感じに引っ張られて、自然なカーブになってくれそうな気配に安堵しつつ先を進めていたのですが。

■Work in progress. Wait for a while..|maimai kaito Instagram
 https://www.instagram.com/p/B3YyWbiFk-G/

あれ、なんか海東さん、続きも考え中でいらっさる……?
Wait for a while ってことは、こちらも目数を公開して下さるのだとしたら……ちょっとペース落としてお待ちしようかしら(どきどき)

話は変わりまして。
先日の台風関連でちょこちょこツイートされていた、ストームグラス(天気筒)というやつ。
ちょっと欲しいかもと思って調べていたら、ドラマ「シャーロック」で画面に写り込んでいるのに気がついて、なんか得した気分になったりとか(笑)



こんな大きいのはさすがに無理だけど、ちっちゃいやつなら手が届くかな……?




と、いろいろ見比べていて我に返る。
待てこら落ち着け、これひとつで単行本2冊買えるぞ、レース糸だってマグネットシャトルだって。
どうせすぐに飽きるんだろうから、突っ走るな〜落ち着け〜〜っっ(^^;;
No.1526 (創作:: タティングレース)


 辺境の老騎士 バルド・ローエン(マンガ版) 5巻 
2019年10月14日(Mon) 
読書記録:


今回の収録は、三色の干しぶどう、月魚の踊り食い、ノゥレのプディング煮からジャミーンの勇者と出会って青豹の魔獣との戦い。クラースクに着いて再会したジュルチャガと炊きプランや焼き鳥を山盛り食って、革職人ボルボが殺人の罪を問われて捕まったところで以下次巻。
巻末書き下ろしSSは、遠い南でのリンツ伯視点。リンツ伯が元盗賊のジュルチャガに、平気で大金預けてたその裏には……? みたいな感じ。
……そりゃそうだ。いきなり懐に入れちゃうバルドがおかしいんだよなあ(笑)
そして裏表紙にいる、干しぶどうを喜んだ三人の後ろ姿とかほんと切ない……死灰病についての説明もしっかりされていて、これ後の武闘会での思い出話とかに繋がるんだと思うともう……
ほんとに毎回言ってますけど、このコミカライズは良い絵師さん引いたなあ(しみじみ)
新しい革鎧着たバルドさんがどんな姿になるのか、今から楽しみです★

そして次の巻あたりで、そろそろ赤い鴉さん再登場するかな(わっくわっく)
No.1527 (読書)



<< 2019年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 最終段……のはずが
 辺境の老騎士 バルド・..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41