よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 立体交差の基礎モチーフその2
2019年09月29日(Sun) 
魔方陣化に成功した段階で目数はほぼ決定しているので、あとは実際に結んでいくだけ。
そんな訳で「ひっくり返し」たその2の基礎モチーフも、まずは1枚作ってみました。



んー、繋がない状態だと、やはり四隅のロングチェインがかなり余り気味になっちゃいますね。
今回はピコ繋ぎではなくチェイン本体を絡めているぶん、余計に長さが必要になってますし。



正十字……と言うにもちょっと無理がww



右上から基礎モチーフその1と2、左下が魔方陣その1の2×2サイズ。
あとはその2モチーフを4枚繋いだ状態で中央を差し替えた、魔方陣その2の2×2サイズを作成できたら、見本がワンセット揃いますね。
……できれば魔方陣のどちらかで4×4サイズも作ってからにしたいですし、レシピを編集できるのは当分先ですか。

まあとりあえず、自分用メモに線画だけは作図してみました。
……未だにメモ用紙1枚に、基礎モチーフの4分の1をボールペン書きしただけで作っていたので(苦笑)



でも目数はまだ、手書きってあたり。
……今回は密集部分の隙間が特に小さいので、目数を書きめる余地が限られていて……これ画像ソフトで入れ込んでいくの、手間掛かりそう……(汗)

基礎モチーフその2の消費糸長メモ(ロワール・コットン時)>
 メインシャトル 両手×6.5
 サブシャトル 両手×4.5弱

これだと2×2サイズ魔方陣 ≒ 4枚分は、メイン・サブとも両手×13のMAX巻きで開始になりますねえ。
そしてその次の4×4サイズは、その1でもその2でも、きっとこの玉だと残りが足りない<同じく40g玉のPuPuでギリギリだった、アズレージョさんより消費量が多い

……うーん、PuPuだと柔らかくてロングチェイン部分が心もとないし、あまり濃い色や淡すぎる色は、ケルティック部分が視認しにくくなる。さりとて細い糸だと、今度は大サイズシャトルが使えなくなるしなあ。
ああ、こんなことならロワールコットン、もう少し確保しておくべきだったか……(こらこらこら)
No.1499 (創作:: タティングレース)



<< 2019年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 立体交差の基礎モチーフ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41