よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! 〜辺境開拓? よし、俺に任せとけ!
2019年08月08日(Thr) 
読書記録:
■冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! 〜辺境開拓? よし、俺に任せとけ! 〜96:やっぱり兄弟は、助けたいって話
 https://ncode.syosetu.com/n2199ex/

才能のある人間は、どこまでも強くなることができ、個が数を圧倒することも珍しくない世界。
人よりも高い魔力を持ち、十六歳で迎える成人の儀で魔術師の紋章を得ることができたクラフトは、それから冒険者として四年間を過ごしてきた。
パーティーに入っては、役立たずとして追い出される事を繰り返しながら。
魔力は人並み以上に持っている。魔術師の紋章もある。なのに彼が覚えられたのは初級魔法ばかりで、しかもどれだけ力を振り絞っても、ゴブリン一匹倒せないほどの威力しか出せないのだ。
使えない魔術を補うために様々な技術を磨いてはみたが、しかしそれにも限度がある。
すでにいくつ目になるかも判らないパーティーから、またもクビを言い渡された彼は、トボトボと冒険者ギルドへ戻っていった。そうして新しいパーティーを探そうとするが、受付嬢からもすでにげんなりとした目を向けられてしまう。
そうして紹介されたのは、ひとつの新しい仕事であった。
それは辺境で新たに作られることになった開拓村への、長期滞在者の募集であった。依頼元は生産ギルドで、ある程度は戦いもできる人材を生産ギルドに引き抜きたいとのことである。
……引き抜きと言えば聞こえは良いが、要は冒険者ギルドからいなくなっても痛くない人材と、そう認識されている良い証拠であった。
しかしこのまままともに冒険者を続けられないのであれば、食べていくことすらおぼつかない。
そうして冒険者を辞め、生産ギルドへ登録しに向かったクラフトだったが、そこでたまたま居合わせた紋章官によって、衝撃の事実が明らかになる。
彼が今まで左手に刻んでいた魔術師の紋章は、クラフトにとってもっとも相性の悪い ―― それこそ生命にすら関わるレベルで不適合なものだったというのだ。紋章を刻む際には事前に相性を調べることも可能だが、金銭もかかる上に通常あまり相性が悪い紋章は刻むこと自体できないため、めったに起こらない事例だと言う。
そうして改めて刻み直された、クラフトにもっとも適合した紋章とは ―― 黄昏の錬金術師。
錬金術師の中でも更に上位クラスの、これまで実在が確認されたことのなかった伝説のそれであった。その紋章が刻まれた途端、これまで蓋でもされたかのように滞っていた魔力が、奔流のごとく溢れ出す。そして紋章から流れ込んでくる、様々な錬金の知識とスキル ――
強力な魔物が多数出没し、何度も失敗している地の開拓指導者となるのは、辺境伯の三男で、未だ12歳という若さかつ病弱な少年カイルであった。腹違いの兄である次男からあからさまに見下されている彼に、かつての己を重ねたクラフトは、新たに得た力を惜しみなく使い、全力で開拓に協力することを決意する……


追い出されからの辺境で開拓チート、書籍化・コミカライズ済、ダイジェスト化なしで連載中。
えー……かなり緩めのお話です。次男が阿呆阿呆でヘイトを溜めまくっている他は、割とみんなお人好しばかりで優しい世界観。
そもそも追い出されたこと自体も、本人は仲間の生命に関わる事情だから当然だと納得しているし、途中で一部の冒険者達からは『ベテラン冒険者育成請負人』と呼ばれ感謝されていたことが明らかに。そして以前組んでいたパーティーのひとつも改めて開拓村所属になって、お互いに良好な関係を築くしと、鬱展開はほとんどありません。
ってか、過酷な辺境開拓のはずなのに、クラフト印のポーションは少ない材料で大量生産できるうえがぶ飲みしても中毒出ないから、村人全員完全ドーピングで超スピード進行。ドラゴンが相手でも死者0かつ、足元を見る商人や裏切るような身内もおらず、やることなすこと失敗なしで、ひたすら自重なく無双してます。
……副作用なしのスタミナポーションを住民に毎日配給とか、国宝クラスの魔道具ホイホイ作っちゃったりとか、これ主役がいなくなったり世代交代したら、開拓都市(すでに村なんてレベルではない)あっさり瓦解するような状況だけど、本人にそのあたりまったく自覚がないから、対策とか周囲に丸投げなんですが(苦笑)
そして主役が色恋でも周囲への配慮的な面でも難聴系鈍感。女性陣も一部が相当にアレなので、読む人を選ぶかもです。
なんかもうこれ、それなりに周囲が見えてて腹黒面もほのかに垣間見える、カイル(※少年)がメインヒロインで良かったんじゃないかな……(苦笑)
No.1398 (読書)



<< 2019年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 冒険者をクビになったの..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41