よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 Doraさんの丸いぐるぐる
2019年07月23日(Tue) 
Dora Young さんの「 No.8 PIN-WHEEL MOTIFS JOINED 」、ひとまずモチーフ1枚形になりました。



中心から糸を切らず、螺旋状に進んでいく、いわゆるぐるぐるパターンです★

■All New Knotless Tatting Designs - あとりえシシカス
 http://shishicass.ocnk.net/product/2373

「 PIN WHEEL 」とは風車のことだそうで、もうひとつの四角いぐるぐる( No.6 SQUARE PINWHEEL MOTIFS )ともども、まさに! というネーミングだと思います。

密度のコントラストスキー&糸始末できるだけ少ないと良いな〜な私としては、本当に好みなデザインなのです。
チェインとジョイントの増減だけでこんな模様を描き出せるのだから、本当にすごいなあ(しみじみ)

また、この書籍に掲載されているDoraさんのデザインは、他のものも「……これ、ほんとにタティングレース?」的な変わった作品が多くて、写真を眺めていると本当に手がワキワキしてきちゃうんですよね(笑)

ただ難点は……レシピの記述が完成写真と英文のみ。しかもあまり見ない表記が入り混じっているというところでしょうか……(遠い目)<気分はほとんど暗号解読

今回も一箇所、どうしても辻褄が合わないというか、ピコの数を書籍に合わせると、総段数が増えてしまいまして(レシピだと12段 → 実際に作ると13段)。
……でもまあそれ以外は、四角いぐるぐるよりもだいぶ解読しやすいシンプルな作りであったかと。

なお、ぐるぐる系の宿命なのでしょう。結び終わった段階ではかなり波打っていて、お碗化もしていました。でも一度濡らして指で伸ばしたら、ちゃんと平らになってくれて一安心♪



タイトルに JOINED とあるように、これは複数モチーフを繋ぐことが前提のデザイン。
繋いでいった時に現れるはずの模様を思えば、少しぐらいは波打っているのもありかも? とも思ってみたり。

まあ今回は試作ですので、とりあえず1枚だけ作って、最後にぐるっと全体に施す縁編みもつけてみました。



密度高めの部分も、光に透かすとちゃんと透かし編みレースになっているのが、また良いんですよねえ (*´Д`)

完成サイズは、セリアの#40(ピンク)で、縁編み込み7.5cmほど。



想像していたよりだいぶ小さかったです。
四角いぐるぐる(15段で一辺10cm)よりもぐっと小さく、1枚ではコースターにするのも厳しいかと。
あと必要なシャトル糸の長さも、四角いぐるぐるの半分以下でした。一応少なめに見積もったのに、それでもめっちゃ余ったよ…… ・゜・(ノД`)・゜・

最低でも7枚は繋ぎたいところですが、この大きさだと両脇に1枚ずつ足して9枚にしても、まだ物足りないかもだなあ(苦笑)
そして縁編み時のチェインは、少し目数増やした方が良いかも?


消費糸長メモ(セリア・#40時)>
 両手×2.75+糸玉 ※モチーフ1枚分


四角いぐるぐるや、生田光子さんの渦潮と異なり、完全にシャトル1個(と糸玉)で作成できるのがありがたいところ。
一段目をモックリングにすれば、全体が完全にチェインオンリーになりますし、巻き戻しの手間がほぼいらない = ボビンシャトル向きのデザインでもありますかね。

そして目数超覚えやすい……整理して略記号で書き直したら、メモ用紙1枚に収まるんじゃないかなこれ……?
No.1376 (創作:: タティングレース)



<< 2019年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 Doraさんの丸いぐる..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41