よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 シャトルのツノカバー
2019年07月16日(Tue) 
以前にも書きましたが、コメントなどで時おりご質問をいただく、シャトルのツノ防護について。
私の場合は、シャトルの先端にゴムキャップを被せています。



シャトルだけでなく、レース針があちこちに引っかかるのを防止したり、ハサミの尖った刃がどこかに刺さったり、あるいは知らなういちに開いていたりしないよう、カバーする用途としてもなかなか有用です。
モバイルタティングで道具類を持ち歩く時、あるいは保管用ケースの中などで互いにぶつかり合ったりすることを想像すると、やはりこうやっておけば安心度合いが段違いでして。

では、それに何を使っているのかと言うと……



自転車のパンク修理用の、虫ゴムという細いチューブです。
ダイソー以外の小規模な百均でも見かけるもので、1mぐらい(↑だと40cm×3本)入って108円と、とってもリーズナブル★

ハサミで適当な長さに切って、それぞれの先端に被せるだけで、お手軽キャップの出来上がりです。



これの何が良いって、レース針やハサミの大きさ・形状に合わせて、好きなサイズに調整できること。
そして紛失しても、まったく惜しげがないということ(笑)

なにせ40cm1本で、25個ぐらいは取れる計算ですからねww
強度はそれなりで、嵌めたまま長期間放置していると固くなってきたり、逆にあまり頻繁に付け外ししていても裂けてきたりしますが……それでも惜しくないお値段ですからして。

シャトルの先端、それもほとんど使ってないお高めのとか、あるいは限定カラーのが欠けちゃったりすると、一気にテンション下がりますからねえ。

何事にも、予防処置って大切だと思うのです(しみじみ)
No.1359 (創作:: タティングレース)



<< 2019年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 シャトルのツノカバー

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41