よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 こんなアレンジも可能なのかな?
2019年05月30日(Thr) 
Aroma Lace のイノセンスカラーで挑戦中の、8×8サイズ魔方陣その1なアイビーさん。


ようやく8分の5が見えてきています。



その1魔方陣をここまで大きくするのは初めてのことで、へ〜この場合はこういう順番で模様が出るんだ〜〜と、我ながら新たな発見をしていたり。

中央を通る縦横のラインには、ひとつも三つ葉の丸が現われてこないんですねえ。
そういう規則性から外れてくるところが、「あれ、モチーフの境目どこ?」となってくるマジックスクエアの面白さでもあり、逆に言えば模様が出現する数に差が現れてくる寂しいところでもあり。

……そんなところで、先日、sakura さんがされていた、スプリットリングによる三つ葉でモチーフ移動をするアレンジなんですが。

■パターン共有の醍醐味|覚え書き
 http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary.cgi/
201905291262

これを組み込んでいったら、もしかして三つ葉の丸とミニ四つ葉のクロス模様が現れる位置を、自由に選べるんじゃないですかね?
たとえば、↓こんなふうに、



本来ならミニ四つ葉で曲がる部分のうち幾つかを、スプリットリングを使用した三つ葉に差し替えてみたら……?

えっと多分、理論上は可能だと思うんですよ。
ものすっごいややこしいことになって、今以上に迷子必至なのは想像に難くないんですが。
あ、完成時の外周四隅は通常三つ葉かミニリングにしておかないと駄目だから、作成開始時に完成サイズは決めておかないと駄目か。……同じ理由で、途中でその1からその2への変更も厳しいっぽい?

あとこれやると、模様の出方が変則的になるという、マジックスックエアの面白味をひとつ減らすことにもなってしまうのでしょうが。

ああでも、面白そうではあるよなあ……(脳内シミュレーター稼働中)

魔方陣その1の2×2サイズなら、メイン・サブともちょうどノーマルシャトルMAX巻きぐらいで作れる。なら角をスプリットリングの三つ葉にしたそれを最小単位として、モチーフ繋ぎ。そうすれば糸始末回数は最小限のままで、三つ葉の丸の出現数を増やせ、なおかつミニ四つ葉も繋ぎ目部分に残しつつ、スクエア(真四角)という縛りを取り払った長方形にもできるかなあとか。

考え始めると手がワキワキしてきつつ、既に作りかけのものが多すぎて、まったく追いつけない〜〜(><)
No.1265 (創作:: タティングレース)



<< 2019年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 こんなアレンジも可能な..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41