よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 蔓草模様の魔方陣( Ivy Pattern Magic Square )
2019年02月05日(Tue) 
その1のマジックスクエアバージョン、ひとまず形になりました〜♪



基礎モチーフその1を4枚繋いだものを元に、全体を一筆書きできるように、中央部のデザインを変更しています。



今回は蔓草イメージなので、中心部分は実とか蕾(つぼみ)っぽく、かつちょっと密度高めになる三つ葉の集合体にしてみました<花鞠〜のパーツ流用とも言うww
近くで見ると違いが判りにくいですけど、遠目から眺めると、普通に四枚繋ぎしたものよりも、多少は密度にメリハリが出ているのではないかと。



通常モチーフ繋ぎとの比較。
右の普通に4枚を繋いだものだと、毎回シャトル2個が繋がった状態で開始しても、糸始末回数最低4回=8本の糸端を処理しなければなりません。
しかし左側だと、このサイズでも1回の糸始末=2本でOK★

この手間の差は、けっこう大きいのですよねえ(しみじみ)

なお、モチーフ繋ぎ(右)の状態で中央に現れている小さな4弁花は、この魔方陣を4×4サイズで一筆書きすると、上下左右に4箇所現れてくるはずです。
その場合、三つ葉が集合した丸い部分は、サイコロの5のような配置で5箇所に。
で、中心にリングが4つ集まった◇が、まんべんなく16箇所かな?

うん、なかなか良い配分なんじゃないですかね。

現在のサイズは、Aroma Lace 使用で一辺が9cm弱。



4枚繋ぎを作成したあとで、波打ち防止に接続位置を調整した結果、全体がわずかに小さくなっているようです。

消費糸長メモ( Aroma Lace 時)>
 メインシャトル 両手×9.25
 サブシャトル 両手×8

メインは基礎モチーフを単純に4倍ちょっと。
サブシャトルは4倍の8割ぐらい。
……さて、「ひっくり返し」た基礎モチーフその2は、どれぐらいの分量が必要になりますかね……?
No.1014 (創作:: タティングレース)



<< 2019年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 蔓草模様の魔方陣( Ivy..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41