よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 穏やか貴族の休暇のすすめ。 3巻
2018年12月31日(Mon) 
読書記録:
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

穏やか貴族の休暇のすすめ。(3) [ 岬 ]
価格:1399円(税込、送料無料) (2018/12/31時点)


なんとか年内に読み終わりました。WEB版だと「休暇だと思って楽しみます。」の3巻目。
今回は「30:一人の時に浮かぶ人」〜「45:ぞっとする程に(怖い)」の途中までを収録。リゼルさんが商業国で元凶の支配をわざと食らった結果、お仕置きとして読書禁止を言い渡された、その場面まででした。という事は4巻冒頭で、いきなり禁断症状&限りなくブラックに近いグレイゾーンなリゼルさんとは、これまた濃いな……ww
あと「閑話:憲兵長の真面目な一日」が跳ばされている代わりに、「閑話:その頃元の世界では(33話前後)」で締められていました。
加筆修正はちょこちょこありましたが、一番気になったのは、陛下視点でのリズとの思い出が大幅書き足し&ちょっと変更されてたあたりですかね。あとなにげに、リゼルやジルの目の色が確定されていたりとか。
リゼルのアメジストは高貴さにひれ伏しそうな勢いで納得ですが、ジルはてっきり黒髪黒目だと思っていたので、ちょっと意外でした。でも鋼色だと思うと、一刀の二つ名にぴったりだとも思ったり。
これは挿絵の方に寄せてきたんですかね?<作者様は映像でのイメージをされないタイプらしい
挿絵と言えば、陛下の今の御尊顔がはっきり描かれなかったのがちょっと残念。でもこれはこれで、想像の余地があってまたww あとちび陛下&少年リゼルのイラストが尊いvv
他にも眼鏡リゼルや元凶に操られ中リゼルとか、そして忘れてはならない門をこじ開けるあのシーンとか! 今回はとにかくイラスト!! って感じでございました。
肉食系女子こと薬師のメディさんとエルフ達が、作者御自ら「巨乳で」という指定をしたのにも関わらず、まあ常識の範疇内なレベルの胸部装甲&露出度だったところも好感度大です。 一部のラノベ・コミック界におけるやりすぎなディフォルメは、なんというか流石にちょっと、受け付けがたい気持ちが否めないのですよ……(−ー;)

巻末書き下ろしは、魔鉱国へ出発する前に、ジャッジがイレヴンに対して料理や魔道具の扱いを叩き込んだ時のSSでした。うん、こんな感じだったんだろうなって話でした(笑)
というか、改めて書籍版読んでいて気付いたんですが、イレヴンって、ジャッジのことだけ名前で呼んでますよね? リゼルはリーダーだし、ジルはニィサン、スタッドは氷人間。あとは美中年の暗い方とか、ジャッジの爺さんとかあいつらとか、みんなそんな感じ。そう思うと、WEB版でジャッジ連れて裏オークション行ったりとかしてるのも、意外と微笑ましく思えてきたり……?
No.935 (読書)


 2018年の読了図書
2018年12月31日(Mon) 
「異世界クイーンメーカー 〜わがままプリンセスとの授業日誌〜」1巻 漂月
「 Tatting Patterns and Designs 」Gun Blomqvist、Elwy Persson
「 All New Knotless Tatting Designs 」Dora Young
「 Tatting Theory and Patterns 」Jan Stawasz
「いちばんよくわかるタティングレース」盛本知子
「人狼への転生、魔王の副官 魔王の花嫁」9巻漂月
「穏やか貴族の休暇のすすめ。」1巻 岬
「脇役艦長の異世界航海記 エンヴィランの海賊騎士」1巻 漂月
「人狼への転生、魔王の副官 戦神の王国」10巻 漂月
「異世界クイーンメーカー 〜わがままプリンセスとの授業日誌〜」2巻 漂月
「 Tatted Treasures 」Jan Stawasz
「穏やか貴族の休暇のすすめ。」2巻 岬
「穏やか貴族の休暇のすすめ。」3巻 岬


……一年間の読書数(商業出版されたことがあるもので、マンガ以外限定)が、13冊。
2005年から、かれこれ十ウン年記録を取り続けていますが、ここしばらく下降の一途を辿っていますわ。
しかも今年は完全に、WEBで一度読んだものと、レース編み関係の本しかねえ(汗)
いやまあ、たくさん読めばいいって話でもないのでしょうが。
以前は空き時間のほぼすべてを読書に振り分けていたのが、そのままレース編みにスライドしてしまったのが原因ですね……
あと、商業出版物よりも、オンライン小説の長めのものを、読み上げアプリで作業BGMにしているのが増えたというのもあります。
数メガあるテキストとか、文章量ならそれだけで数〜数十冊分になりますからね(苦笑)

……ああ、読み上げアプリの精度がもう少し上がって、時代物とか明治大正頃の作品もきちんと読み上げてくれるようになったら、最近青空文庫で充実しつつある銭形平次とか、あと今度またディーン・フジオカでドラマ化されるらしい、レ・ミゼラブルこと「噫無情」の黒岩涙香版とか聴けるのに(><)
特に涙香さんは、巌窟王とか幽霊塔とかも読み返したいけど時間が取れないので、ほんと読み上げアプリを活用したいのに〜〜っっっ(泣)
No.936 (読書)


 糸始末時あるある
2018年12月31日(Mon) 
引き続き赤本ドイリーXIIの最終段。



半端糸両手×3で開始してみたものの、途中糸玉側を繋ぐ際、うっかりリングの装飾ピコをハサミで切ってしまいまして(−ー;)
しょうがないのでシャトル糸側もある程度ほどいて、再度繋ぎ直す羽目になりました<結果的にこの写真内の最終段だけで、6本の糸端が処理されている
その時のロスも鑑みた結果、おおよそ両手×2.5あれば、1セット結べるのではないかと予想。
残りは7セットなので、2.5×7セットで、両手×17.5……どのみち大サイズシャトルでも1回では無理な長さですね。
なのでまあ、またMAX(両手×13)巻いた状態で、ここからどれだけ進めるかを検証すれば、最後のシャトル糸長を、もう少し現実に近付けられるのではないかと。

ああしかし、ほんとに注意して注意してハサミを入れたのに、なんでピコ切っちゃうかなあ・゜・(ノД`)・゜・

……前の段のピコではなかったのが、まだ不幸中の幸いですか(遠い目)
ありがちなミスではあるのでしょうが、皆様も本当に気をつけましょうね……

今年最後の本日は、ひとまず自室の掃除に着手。
かなり長いことを放置していたので、パソコンの裏に綿ボコリとか溜まり始めてましたが、まあなんとかどうにか。昨日のうちに床とか机の上を、ある程度片付けていたこともあり、午前中のうちに窓拭きまで終えることができました。
ふむ、なんとか人心地。

で、今年は天候が微妙だったこともあり、年末恒例の家中窓掃除は取りやめ。
先日途中まで見ていた、何度目かの「バスカヴィルの獣犬」と、TVアニメ版「レンズマン(ダイジェストで6話分のみ販売されたビデオ)」をBGMに、赤本ドイリー最終段を進めておりました。

なお夕食は、大晦日なのに(仕事上の付き合いで買わざるを得ない)いつものおせち料理ではなく、パーティー用の大皿お寿司とお吸い物だったので、実に美味しくいただけました。
そして海苔いっぱいのお吸い物食べると、ああ年末だって気になってきます(しみじみ)

そんなこんなでほぼほぼ年末年始関係なく通常運転な我が家ですが、皆々様におかれましては、今年も何かと大変お世話になりました。どうぞ良いお年をお過ごし下さいませ〜(^ー^)ノ~~
No.937 (創作:: タティングレース)



<< 2018年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 穏やか貴族の休暇のすす..
 2018年の読了図書
 糸始末時あるある

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41