よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 北海道の現役ハンターが異世界に放り込まれてみた
2018年12月10日(Mon) 
読書記録:
■北海道の現役ハンターが異世界に放り込まれてみた
 https://ncode.syosetu.com/n7280en/

祖父の跡を継いで、北海道で猟友会のハンターをやっていた二十一歳の役場職員が、ヒグマから小学生を守って死亡 → 異世界へ神様転生。もらったチートはマジックバッグ(いわゆるアイテムボックス)と、あとそのバッグに現金を入れると、アメリカかどこかのアウトドアショップから商品を購入できる(ただしアメリカでも許可制の拳銃とか軍用銃は不可)という能力。そして神様と会話できる無線の3つのみという始まり。完結済で書籍化済。
……読んでいて、猟友会という存在への印象が、だいぶ変わったお話でした。

そもそも神様が転生させてくれた理由というのが、百年後ぐらいに現れる魔王の為に、異世界から勇者を送り込む……その予行練習だったというあたり、主人公にはほとんど何も求められていません。主人公が生きている間には、まず魔王復活しないと太鼓判押されてますし。
むしろ下手な日本人を送り込むと、現代知識で内政だの、チートで俺TUEEEEをやらかして面倒なことになりがちで……と神様から愚痴を言われるような、そんな立場。
第一村人であるエルフ女性の狩人と良い感じに友好を結んで、エルフ村へ行き、そのままそこで地に足つけた平穏な生活を楽しむことを最優先事項としています。
ただ、銃弾などを買うのにどうしても現金が必要となるため、ときどき最寄りの人間の町へ足を運んでハンター(この世界では冒険者的な存在。でも主人公と嫁は文字通り狩人)として働くうちに、いろいろなことに巻き込まれてしまうという流れ。
でも早々に決めた嫁さんは一人だけで、ハーレムなんてもってのほか。ある程度話が進むと、現地人のハーレム勇者とか、宗教勢力が呼び出したミリオタの召喚勇者とかも出てきますが、まあそちらの末路は推して知るべし。
足ることを知っている主人公と、その周囲を取り巻く心優しい人達とで、ゆるっとのんびり読んでいけました。
……世界観自体は、けっこうヘヴィなんですけどね(苦笑)
山賊・盗賊なんかは基本殲滅がルール。連行する手間と逃げられるリスク、逃げられた先でまた人が殺されることを思えば、殺す以外にどういう選択肢が? という、ある意味そりゃそうだよな、な法がまかり通ってます。主人公自身、意識がさっさと盗賊=害獣になって、あっさりどんどん撃ち殺してます。元がプロの害獣駆除員なので、そこらへんの切り替えが非常にドライです。殺さないで生け捕りしないとかわいそうなんて、甘いことは言いません。こちらも自分と善良な人々の生命がかかってますから、というスタンスです。

あと本文や章末に、銃器や狩猟許可などについてのうんちくが結構たくさん載っているので、そういうの面倒な方はさらーーっとスルーで(笑)
それでもストーリーを把握するのにはほぼ問題ありませんのでww
No.887 (読書)



<< 2018年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 北海道の現役ハンターが..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41