よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 人殺しが神父さんに一目惚れ
2018年12月08日(Sat) 
読書記録:
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人殺しが神父さんに一目惚れ (RuelleCOMICS) [ 白崎 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2018/12/8時点)


ピクシブからコミカライズされたらしいBLマンガ。
たまたま古本で見かけてめくってみたら、面白そうだったので手にとっちゃいました。
……こういう本読んだの、久しぶりかもしれないww

タイトル通り、人が死んでいく時の、光を失っていく目を見たくて殺人を繰り返すぶっ壊れた高校生が、殺そうとした神父さんの綺麗な眼差しに一目惚れ。表情筋が壊滅している鉄面皮かつ天然ボケな神父さんと、初めてのときめきにワタワタする少年との、ドタバタラブコメ的な?
4コマの連続っぽく、1ページ1ページ落ちがついているギャグのターンと、徐々に人間性を取り戻していって苦悩する少年や、それを観察して楽しむ人の悪い情報屋さん、神父さんの親友で悪人面だけど超いい人な警察官との、シリアスシーンが入り混じりながら進んでいきます。とりあえず神父さんと少年の話はこの巻でおしまい。
続きに情報屋さんと警察官さんの話があるみたいです。悪人面の警察官さんが、もうめっちゃ良い人で……っっ《o(><)o》
単純に正義感があるとかそういうのじゃなくて、自分の信念は曲げないけれど、でも柔軟に話の判る人で、そして一度友人と認めた相手の為に懸命に心を砕く、実は涙もろい有能さんかつ自分のことには鈍感って……もう完璧じゃないですかww
まあ、いろいろと突っ込みどころはあるのですが、どうもこの話、舞台が日本じゃないっぽいんですよね。キャラの名前は日本語なんですけど、書類に書かれてる住所とかが聞いたことないカタカナだし、お金や警官・神父服のデザインも明らかに現実とは異なる、それっぽい雰囲気のナニかなので。神父さんも別にキリスト教じゃないみたい。
だからファンタジーものとしてふわっと読むと、ご都合主義でもなんでもやっぱり幸せが読んでて心安らかになれるよね、という私の趣味に合致ってことで。

……しかし最近、少しずつ読み返しているせいでしょうか。黒いズルズル服着た背の高い鉄面皮の黒髪神父さんが、どうにも「翼の帰る処」の尚書卿に重なってしまうww
もっとも尚書卿が神父さんの百万分の1でも体力があれば、あの物語ももっと違う結末だったんだろうなあ……(苦笑)
No.882 (読書)


 裁縫スキルももう少し磨かないと……
2018年12月08日(Sat) 
先日購入した、座敷椅子ですが。
同じ場所に置いていた先代座椅子が、わずか数年で↓こんな事になってしまったので、劣化防用の布カバーを作ろうと思っていたのですよ。



もうね、掃除の時に動かそうと背凭れを掴むだけで、布がパリパリと割れるように破れていって、指が中にめり込んじゃうんです。
おそらくは、午前中に窓から差し込む直射日光が原因なのだと思います。後ろに位置してるタンスとかも、上側だけすっかり色が変わっちゃってますし。同じ材質の座面(こちらにはクッションを置いていた)と見比べても、完全に色あせちゃってます。
なので新しい座敷椅子には、日除けカバーをしようと考えた訳なのですが。

……背凭れに合わせて縫ってボタン留めするタイプとか、あるいは巾着みたいなのにして上から逆さに被せて紐で結ぶかとか……いろいろ考えた挙げ句、なんかもう、一周回ってややこしいことするのが面倒になりました(笑)

そんなこんなで結局、百均で買ってきたデニム布を端処理したのみのものを、被せておくだけにww



この状態なら座る時にもいちいち外さずにすむし、座面の方はこれまで通り、クッション乗ってるから大丈夫でしょう。
……たぶん。
そもそも、私の裁縫スキルで、そんな凝ったものが作れる訳ないやいww
しょせん三つ折りしての端始末がやっとさ!

それでも一応頑張って、コーナーのところは額縁仕立てにしてみました。



■簡単きれい! 布の角をスッキリ仕上げる「額縁仕立て」の方法 | tetote-note
 https://tetote-market.jp/note/23966

……これが一番、きれいにできた角だっていうね(遠い目)
いきなり厚地の布、しかも妙に伸びるタイプで暗い色ついでに大判とか、私には荷が重かったよ ┐(´〜`;)┌ <たまたま行った百均には、伸びる系のデニム生地しかなかった

でもまあこれでも用は足せるだろうし、あと大きめのドイリーの写真撮る時に、下に敷くのとかにも使えるかも? なんてことも考えてみたり。

こういのも、やっぱり数をこなすしかないんだろうなあ……
No.883 (創作)



<< 2018年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 人殺しが神父さんに一目..
 裁縫スキルももう少し磨..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41