よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 Dランク水魔法使いが実家を追い出された後、真理を手に入れて死神と呼ばれる冒険者となる話
2018年10月31日(Wed) 
■Dランク水魔法使いが実家を追い出された後、真理を手に入れて死神と呼ばれる冒険者となる話 〜二人目の聖女
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/160304824/148202840

優秀な魔法使いを輩出する伯爵家の三男に産まれたルクス。しかし両親の期待を背負って受けた魔法適性検査の結果は、下から二番目のランクD。しかもほぼ攻撃力のない水属性。彼はその瞬間から、家族全てに疎まれる存在となった。学園でもいじめを受け続け、十五で卒業すると同時に追い出されるように家を出た彼は、ひとまず冒険者登録するもろくに魔物に対抗することすらできず、大道芸人として糊口をしのぐこととなる。
そんな彼を変えたのは、ある日おひねりの中に混じっていた、謎の木の実とひとつの出逢い。
けして経済的に豊かではない彼はその木の実を食料と認識し、口にした瞬間……真理を得たのだ。わずかな水を生み出すことしかできない、水魔法。それをどのように利用すれば、敵を倒すことが出来るのかを知った。そして森で出逢った、怪しげな男達に追われる少女は ―― ルクスを認め、感謝してくれた。彼女を守りたい、必要とされたいと願ったルクスは、得た真理を利用し、男達を、そして街を襲う魔物の群れへと立ち向かう。
それが死神の二つ名を持つ凄腕冒険者の、伝説の始まりだった ――

現地主人公、不遇職の成り上がり系。連載中。
……最近もう、タイトルがあらすじをすべて語ってる話が多い(苦笑)
承認欲求強めかつ自己評価の低い少年が、一目惚れした事情持ち少女のためにいろいろやらかす話とも言えますかね。途中で再会した兄は、嫌なヤツなりにちょっとは見直せる部分もあったけど……でもあれ、ルクスがそれなりに使える魔法持ちになってなかったら、絶対態度変わってなかっただろうなと思うと、あれやっぱりムカつく。
プロローグを見る感じ、なんだか鬱展開と言うか、人を玩具としか思っていない超越存在による理不尽なお遊びが絡まってるっぽいです。謎の木の実もそのあたりの関係ですかね。
まだまだ話は序盤っぽいので、ここからどう展開するか?

どうもなろう版とは第二章からストーリーが分岐しているようです。

■真理の実と最強の水魔法使い
 https://ncode.syosetu.com/n0877dx/

こっちは更新止まってるみたいですし、やっぱり追うならアルファポリス版ですか……
No.814 (読書)



<< 2018年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 Dランク水魔法使いが実..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41