よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 作りかけの保管方法
2018年10月02日(Tue) 
赤本ドイリーXIV、三段目が終了しました。
ちょっと周辺チェインが丸まり気味ですが、まあこれぐらいならアイロンでなんとかなるかと。



毛糸ZAKKAストアーズさんのPuPu(ウィンターローズ)使用で、すでに直径19cm。
レシピでは推定DMCの20番糸で diameter 18cm となっているので、三段目がまるっとサイズオーバーすることになりました(苦笑)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PuPu(ププ)【綿100%/約40g玉巻(約288m)/超極細】Z182/ZAKKA
価格:450円(税込、送料別) (2018/10/2時点)

楽天で購入


でもまあそれぐらいの方が使い勝手もいいし、ざくざく進んでいくので、作っていて達成感がありますよねww
……っていうか、花びら一枚につきリング15個ですから、三段目は全部でリング180個あった計算……数え間違えてないよな? それって下手なドイリーのぐるぐるターンより多いじゃん(汗)<黒本ドイリーIIで72個、山化粧で96個のはず
道理で達成感もあるはずですわ(^ー^;;)

三段目の消費糸長>
 両手×(13+11)=24+糸玉

ノーマルサイズのシャトルだと、ちょっと無理して巻いても糸継ぎ2回(シャトル3つ分)になりそうですね……場合によってはぎりぎり足りないって事態になるかも?
みん100さんのおかげで、大サイズシャトルが気軽に入手できるようになったのが、本当にありがたいです。

そしてこういう糸玉と繋がっているデザインの時は、相変わらず自作のヤーンボウル(と言い張る)が役に立っております。



蓋が立つタイプのタッパーに、重石を兼ねて糸玉が転がりやすい形状の皿を仕込み、脇へ糸を出すスリットを切り込んだもの。
長時間放置していてもゴミや液体から守ってくれるし、それでも糸くずとかホコリが溜まったら、それはそれで中の皿出してささっと拭けばすむし。内部が透けて見えるから、いちいち蓋開けなくても残量とか今どれ入れてるのかすぐに判るし。
何より作成途中のものと、シャトルや糸玉が繋がったままの状態で出し入れできるのが個人的ポイントです★

……既成品やあるいは自作・代用ヤーンボウル(急須とか土鍋とかストロー穴付きタンブラーとか)は様々に見かけますが、この最後の点(糸切らないで出し入れできる)をクリアするものがなかなか見つからないんですよねえ(´・ω・`)
金票10g玉+小さめモチーフとかなら、調味料入れなどが使えそうですけど、私基本的に大きめの玉買っちゃうタイプだから、たまに良さげなものを店頭で見つけても、確実に入らないことが目に見えていて。




理想は↑こういうので、新品のPuPuやロワールコットン40g玉が無理なく出し入れでき、かつ中でスムーズに転がってくれるサイズ。そしてもちろん、お値段がリーズナブルなこと前提(苦笑)

うーん、百均でよく売ってる大きめガラス瓶の蓋に、ネジ溝を壊さないまま、うまくスリットを切り込めたら良いんですけど……ああ、単純に穴を開けるだけなら、ドリルと紙やすりでどうとでもなるのに〜〜(><)
No.738 (創作:: タティングレース)



<< 2018年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 作りかけの保管方法

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41