よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 屋外なら割と平気
2018年09月12日(Wed) 
朝、バスを降りたところで、かなり大きめの蛾が壁に止まっていまして。
おお、写真撮ろうかな? とか思いつつ、まあいっかとそのまま通り過ぎたのですが。
夕方帰りのバスに乗ろうとしたら、全く同じ場所にまだいやがりました。
屋根もない場所で雨も降ってたのに、ずっとそこにいたのか……これも縁だろうかと、今度こそパチリ。



こういうのを手のひらサイズっていうんでしょうか。
都会の子供が田舎のお祖母ちゃんちで遭遇して、トラウマになる的なww
私もさすがに、家の中でこの大きさのには遭遇したくないなあ(苦笑)

……そういえば昔、夜間作業メインの現場事務所に通っていた頃は、朝出勤すると夜の間に窓明かりに引き寄せられたあれやこれやがいっぱいで、これぐらいはザラだったっけ。でも最近はとんと見なくなった気がします。
その事務所では、隣県のちょっと都会から出向してきていた若い兄ちゃんが、興奮してカブトムシ何匹も捕まえては、机の上に並べてました……(懐)
カブトもほんと見かけなくなったものです。


全然話は違いますが、ずいぶん……二年ぐらいかな? 前から少しずつ大きくなっていた、胼胝? 魚の目? があったんですよ。左足の小指と薬指の間という変な位置に。
地面と接触する訳じゃないから、歩く時の痛みはほとんどない。けれど地味に痛みが続く、そんな気になる存在だったんですが。
これが少し前から急に痛みだしたというか、赤く腫れて傷になったりとかしてて、そろそろ病院行ったほうが良いかなあ……とか思ってたんです。
しかし傷がかさぶたになって数日。厚くなった皮ごと剥がれて、それからまだしばらく痛かったのがようやくふさがった結果……ほとんど治ってくれました!
うわあ、足指の間に違和感がないの、どれぐらいぶりだろう(喜)
まだちょっと盛り上がりが残っているので、再発する可能性もありますけれど、当分の間は安心していられそうです。

……以前、右手の人差し指に同じような出来物ができた時は、ときどき爪切りで厚くなった皮を切り取っていたら、ある日突然、濡れタオルを絞った瞬間、そこから大量出血して風呂場の床を血まみれにしたことがありましてね (−_卅 )
あの時はさすがに悲鳴あげて、家族が何事かって駆けつけてきたよなあ……(汗)
No.682 (日常)



<< 2018年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 屋外なら割と平気

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41