よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 更新情報(2018/09/07)
2018年09月07日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「博士臨終の奇探偵」の公開を始めました。
原作はシャーロック・ホームズの『瀕死の探偵( The Adventure of the Dying Detective )』です。


三津木春影さんの呉田博士シリーズに戻りました。
原作「瀕死の探偵」は、ホームズさんの迫真のイッちゃいっぷりと、珍しくワトソンさんを素直に褒めてるあたり、個人的にシリーズ屈指の推し作品です。
呉田博士バージョンの方は、そのあたり……うーん(苦笑)
とりあえず、しょっぱなからいきなり、博士(ホームズさん)に息子がいるという衝撃の事実が発覚します(苦笑) お稻さんとやらが奥様なのかな……

福島から高輪まで、「キウビヤウスグカヘレ」の電報一本で呼びつけられる中澤醫學士とかは、すごくお約束っぽいんですけどねww <「ツゴウガヨケレバ スグコイ、ワルクテモコイ( Come at once if convenient ? if inconvenient come all the same. )」という電報は「這う男」の冒頭
これで怒らない原作ワトソンさんは、本当に人間が出来てるというか、逆に業が深いというか……
No.666 (更新)


 いつもなら諦めて切るけれど
2018年09月07日(Fri) 
このところ他のものにかまけて放置気味だった、Doraさんの四角いぐるぐること「 SQUARE PINWEHEEL MOTIFS 」。
あまりにも久しぶりすぎて……うっかりやらかしてしまいました _| ̄|○



「ピコ4つ・4目」にすべき部分を、逆に「4目・ピコ4つ」にしてしまっていることに、ぐるっと一周してさらに通り過ぎまでした段階で、ようやく気付くなんて(泣)

いくら小さめのモチーフとは言え、丸一周以上ほどくのは……しかもこれ、ベージュのポツポツが全部シャトル繋ぎ(ロックジョイン)なんですよ(泣) どんだけ手間かかるねん!?

せめて一段ごとに糸処理するタイプなら、さくっと糸切って取り除いちゃうのに、こういう時に限って中心から螺旋状に続いていくぐるぐる系。しかも糸はできるだけ無駄にしたくない、PuPuのダスティグリーン。

そんなこんなで……



やり遂げましたーーー( T ▽ T )
リングがひとつもなかったのが、不幸中の幸いでしたか。あと2色使いだったことも<糸が両方同じ色だったら、絶対どこをどっち向きに引っ張ればいいか判らなくなってた
空き時間に少しずつ作業していたので、延べ時間は判りませんが……おそらく一時間半から二時間はかかったものと……

ああもうほんとに、作り慣れたと思っても、こまめなチェックは欠かさないようにしないと……いやでもまあ、むしろこの段階で気づけて良かったと前向きに思うべきか。
さすがにもう一周……いや半周していたら、心が折れていたかも(苦笑)
No.667 (創作:: タティングレース)



<< 2018年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 更新情報(2018/09/07)
 いつもなら諦めて切るけ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41