よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 チェインの締め具合
2018年08月12日(Sun) 
聖光院有彩さんの「〜新しい世界」掲載「湖の華」、ハイスターバージョン。
とりあえず完成しました。



作っている時に手元を見た人達には、割と好評。
あの母ですら「あら綺麗」と言ってくれました。

今回のこだわりどころとしては、



中央のリングを、海東さん方式で極力丸くしたこと。
そしてすべてのチェインとリングの表裏を統一しました★
この糸だと、白い部分ではダブルステッチが読み取りにくいのですが、まあそこはそれ。
私はどちらかと言うと、リング側で逆編みをするほうが楽なんです。で、それをやるとこれまでリングを閉じる時に最後の目あたりで生じていたねじれが、ほとんどなくなってくれたという副次効果もあったりして。

あ、あと中央部分はシャトル+糸玉を2シャトルに変更してます。8の字にリング作ると、どうにも収まりが悪くなっちゃうんですよねえ。


ただまあ、なんというか……標題の件です。



右はプラチナレース糸だったかダイソー糸だったか。どのみち一般的な国産#40ですよ。そしてハイスターも同様に#40。
いくらなんでも大きさ変わり過ぎだろう!?

……右側を作成した頃は、ちょうど初めてちゃんとしたタティング書籍を購入して、締めすぎ良くないという記述を見て、緩めに緩めに……と心がけていた時期だったんですよね(ため息)
で、現在は巻糸こそ緩めだけど、シャトル糸は相当に締め上げている感じ?

見た目の繊細さ、特に中央部分の波紋や蓮の花を思わせる連なりは、どう見ても昔のもののほうが上だよなあ……くやしいっ(><)

周辺モチーフは今のままでも大丈夫そうだし(むしろ現状、仕上げしないとちょっと波打つ)、期限にはまだ余裕があるから、いっそもう一枚作ろうかなあ。
お盆休み中に、パイナップルさんぐらいは完成させときたかったんだけど……


あ、あと昨日買ってきた25個入り磁石ですが。
さっそくくるみボタンに仕込もうとしたら、27mm用だと厚みがごくわずかに足りなくて、どうしても裏のパーツが嵌まってくれませんでした(´・ω・`)
もう一段階大きいボタンなら大丈夫でしょうけど、それだとかさばるよなあ……


追記:

ユル手推奨、同じ糸・目数変更なしで第二弾。



この段階ですでにこのサイズ差よ……(乾笑)
No.602 (創作:: タティングレース)



<< 2018年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 チェインの締め具合

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41