よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 更新情報(2018/07/13)
2018年07月13日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「まだらの蛇」の一括テキストファイルをUPしました。
原作はシャーロック・ホームズの『まだらの紐( The Adventure of the Speckled Band )』です。

さて、次はどれにしましょうかね……そろそろ読了済がなくなってきたのですが(苦笑)
個人的に原作が好きな「瀕死の探偵」も良いんですけど、呉田博士版だと中澤醫學士さんの活躍が少ないしなあ……
No.517 (更新)


 異世界酒場のおっさんと美女
2018年07月13日(Fri) 
■【web版】異世界酒場のおっさんと美女 〜リグドと、祭り本番前
 https://ncode.syosetu.com/n7325ei/

書籍化済・ダイジェスト化なし。
「異世界コンビニおもてなし繁盛記」、「フロンティアダイアリー 〜元貴族の異世界辺境生活日記」などとリンクしている、 world of Palma シリーズのひとつ。
今度は有名傭兵団のトップがバカ息子に代替わりしたことをきっかけに追い出されたベテラン傭兵が、遠くの街で引退後の夢だった酒場経営を始めつつ、追いかけてきたやはり凄腕傭兵の美人と結婚。以下同文なイケメン弟分らと共に、チンピラどもを更生させたり襲ってきた魔獣を撃退したりなお話。
元傭兵団の面々はもう無双レベルで強いです。この世界、規格外の強者多すぎだろう……
そしてシリーズ3つをまとめて読むと、定期的に各地を行商しているドンタコスゥコが、かなりのキーキャラになってるのが判りますね。

ただ書籍の表紙見てから本文を読むと、ちょっとあれ? ってなりました<表紙にはケモミミ獣人で描かれてますが、文章を読む限り獣8割人2割の、二足歩行する獣レベルの亜人のはず
あと話は、今までの2つがどちらかと言うと頭脳派主役(コンビニおもてなしの主役も、本人平凡だって言ってるけど充分すぎるほど頭良い)だったのに比べて、体育会系というかぶっちゃけ脳筋主役なので、だいぶ雰囲気が違う感じがしました。だって酒場経営してるのに帳簿つけられないレベルなんですもん(苦笑)
それと……主人公夫婦がラブラブなのは良いんですが……正直脇の女性キャラがちょっと。
前の二作と異なり、主役がはっきりお断りしても強引に割り込もうとしたり、恋人でもない相手に照れ隠しと称して命に関わるレベルの暴力を振るい続けるのが日常とか……それがギャグやネタだと判っていても、なんかこうもやもやしてしまって(−ー;)
そんなこんなで、ちょっと読む人を選ぶタイプのお話だと思いました。
No.518 (読書)



<< 2018年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 更新情報(2018/07/13)
 異世界酒場のおっさんと..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41