よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 配色って大事
2018年06月05日(Tue) 
四角いぐるぐる、試作第三段は結局、シャトル側 フラックス エクリュベージュ・糸玉側ダスティグリーンで開始してみました。



た、楽しいvv

やはり手元で模様ができてゆくのがはっきり見て取れる、濃い色を外に出した2色の方が、このデザイン@私には合っているようです。
あ、あとやっぱりボビンシャトルを使いたかったので、かなり強引にですが、PuPuを両手×6.5(おおよそ8.45m)巻いてやりました。7段目に入ったところで、まだ見た目ほぼMAX状態です(^ー^;;)
巻き戻しがほぼ必要ないからこそできる荒業……ww


そしてケルティックっぽい立体交差のブレードを見かけたので、見失わないようにメモメモ。

■muskaan's T*I*P*S: Interlaced Rings - II
 https://tipsaroundthehome.blogspot.com/
2014/06/interlaced-split-rings-ii.html

シャトル4つを使用して作成する、互いに絡み合った2本のスプリットリングという点では、以前作成したものと似通っている感じがします。
スプリットリングを縦方向に絡ませるか、横方向に絡ませるかの違いですよね? これ。
面白そうだから試してみたくはあるんですけど、シャトル4個同時使用はけっこう面倒で……SSSRでは……駄目か。アンカー糸が根本に回せない……ですよね?
あ、Doraさん方式の r km(スプリットチェインを使ったモックリング)なら行けるかも!
……これだけの量カバーステッチするぐらいなら、シャトル4つの方がまだマシか(苦笑)
やはりケルティックタティングは難しそうです。

盛本さんの本に載っている、ブリッジ交差とかダブルフラワーのモチーフとかもやってみたいんですけど、読んでいるだけでもう何が何だか…… ┐(´〜`;)┌


執事西園寺〜の7話目をようやく視聴。
……次でもう最終話なんですか!? 早くね!?
刑事さんとの共闘とか面白そうですけどさ。最終エピソードには2話ぐらい取ってくれてもいいのよ?
そして公式動画サイトのコメントで、西園寺の過去が調べられないのはハイスペックニートだったからではとか言うコメントが付いていて笑っちゃいました。
やっぱ、そういう可能性も面白いですよねww<実は中二病拗らせた黒歴史持ち故のハイスペック説に一票入れたい私
No.423 (創作:: タティングレース)



<< 2018年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 配色って大事

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41