よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 黒糸を使い始めたから
2018年01月07日(Sun) 
トータル原稿用紙69枚と17行。
インフル騒動でいったんはお帰りになりかけたモノ書きの神様をどうにかひっつかんで、最後まで下書きを上げることができました〜〜 へ(^○^へ)(ノ^○^)ノ

……昨日の記事にも書いてますが、本編が89枚で、後日談が70枚って、その配分はどうなんだと我ながら思うんですが……しかも本編はプロローグ・エピローグに四章構成なのに、後日談は前後編……ううむ(汗)
もうちょっと読み返して手を入れたら、また変わってくるかもしれませんが。それでもまあなんだ。とにかく一区切りはついた! これでまたレース編みとか他のことに気持ちを向けられますvv


と、思った、まだ連休中の本日。



てへ?
前々からほしいなあと思っていた、可動式のアームライト。ついに買ってきちゃったww
いやうん、あれだ。
インフル保菌者と同じ屋根の下にいるぐらいなら、ちょっとぐらいしんどくても外出て新鮮な空気吸ったほうが良いかなとか思いまして。で、出かけるなら手芸店か図書館かホームセンターか……とか考えていてですね。

そう言えば黒糸で結っていると、さすがに手元がよく見えなくて辛いんだよな……とか考えていたら、こうなりました(苦笑)
ちなみに次兄と母は、既に同じようなものを自室の机と、ベッド脇に備え付けています。兄はプラモデル作成作業用。母は読書用に。

聞いてみれば、近くのホームセンターで1500円ぐらいだったと言うので行ってみたら……ちょっと予想以上に高かったですけど、まあこういうものにはある程度ちゃんとお金かけたほうが良いってことで。

帰宅して速攻で設置作業ですよvv



お店の人に相談して、電球は全方位式とかいう、昼光色のLEDを選択。
写真ではあまり明るくなっているように見えないかもしれませんが、でもめちゃめちゃ手元が見やすくなったんですよ、これでも。なにせライトの明かりの範囲外、薄暗く見えますけどこれ、昼間にちゃんと部屋の蛍光灯つけた状態なんですよ? それがこれだけ変わるんだから、雲泥の差です。

で、黒糸で結った作品を比べてみると……

びふぉー




あふたー



あえてのトリミング以外は未加工画像です。
撮影時にフラッシュを使わない状態だと、これまでの作業環境ではカメラのピントすらなかなか合ってくれません(−ー;)
それがスタンドライトの下では、ばっちりくっきりですよ(嬉)

っしゃー、これで黒の細糸も怖くないぜ★


あ、そうだ。
今日下書きができた話をサイトにUPするのは、おそらく数ヶ月先……下手すると来年の話になります(^ー^;;)ゞ
私は月単位かけて推敲してすら、まだUP後にミスが見つかるタイプなので……UP直前になってワンシーンまるまる書き直したりとかもザラですし。
……っていうか、今回の話の元にした拍手お礼用に書いたSSも、そうやって寝かせているうちに本編との齟齬ができちゃって、公開できずにお蔵入りになってたやつで……そっちの元ファイルの日付が 2015/08/16 ってあたり、推敲に時間かけるのも程々にしろって話ですね……
No.51 (創作:: 小説)



<< 2018年01月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 黒糸を使い始めたから

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41