よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 領民0人スタートの辺境領主様
2019年03月09日(Sat) 
読書記録:
■領民0人スタートの辺境領主様 〜結婚の祝宴 その2
 https://ncode.syosetu.com/n1980en/

■領民0人スタートの辺境領主様 外伝集 〜コミカライズ第三話公開予告SS
 https://ncode.syosetu.com/n2259es/

10歳で両親を亡くした孤児の少年が、両親の遺言 ―― 「人の役に立つ仕事をするように」「弱い者を守れる男になれ」 ―― をひたすら愚直に守り続けて25年。
戦争が起き、街の近くまで押し寄せてきた敵から皆を守るため志願兵となった彼は、延々と戦い続けた結果、いつの間にか救国の英雄と呼ばれる存在になっていた、らしい。
20年にわたる戦争が終わった時には、国王より直々に領地が与えられることとなった。
無学な彼にはよく判らなかったが、とにかく領地に住んで領民達を守り、金を集めて王様に渡せば良いのだと教えられ、馬車へと押し込まれる。
そうしてそのまま王都を出て……馬車に揺られること延々一ヶ月。
連れて行かれた先は、領民の姿どころか人工物すら一切見当たらない、見渡す限りの草原のただ中であった。
「孤児の成り上がりモンにはお似合いの領地だな、精々頑張るが良い」
そんな一言だけを最後に、彼 ―― 救国の英雄ディアスは、身一つで草原へ置き去りにされたのだった。
領民も、家も、食料すらも無い、ただ広いだけの草原で、領主生活とはいったい何をどうすれば良いのか。
ひとまず見つけた水場の傍で思案しつつ眠りについたディアスは、一人の少女によって叩き起こされる。
褐色の肌に炎を思わせる赤い模様を描いたその少女は、額に青く輝く角を持っていて ――


平民のくせに活躍しやがってと、一部の馬鹿貴族や王子連中に妬まれて、報奨金とか全部横取りされた上で放り出された男が、そこに隠れ住んでいた遊牧民の亜人種らと交流を深めつつ、村を作って少しずつ発展させていくスローライフ系。書籍化・コミカライズ済、ダイジェスト化なし、連載中。
主人公は本当に馬鹿ですww
自分が疎まれていたことも、ほぼほぼ死んで来いと言われたに等しい状況な自覚もまったくなし。そもそも領地を与えられた=貴族になったということすら理解してません。っていうか、王族の面々の名前すら覚えてないしww
故に彼は誰も恨んでいないし、ひがんだりとかもしてません。ひたすら前向きに、平穏と領民を増やすことを目指して、日々実直に生活しています。
しかも自分が馬鹿で無学という自覚は持っているので、他人の助言は素直に受け入れるし、できないことは素直に任せて悪びれない。
何より、本当に大事なことは、ちゃんと判っているんですよね。
途中、領民を増やしたいなら奴隷を買えば良い。奴隷を虐げるのが嫌いなら、優しく扱ってやれば良いじゃないかと助言されて、きっぱり断るのですよ。それが単に感情的な理由だけでなく、ここで安易に奴隷を買うことにしたら、こちらの意図と関係なく需要が生まれてしまい、結果的に違法な奴隷狩りも増えてしまうだろうって……なんだよぅ、最近の知識チートで俺TUEEEE系トリップ主人公に聞かせてやりてえよ ・゜・(ノД`)・゜・
あと、種族や地方によってそれぞれの価値観があるのだから、お互いに尊重し合わなきゃなって普通に考えてるのもすごいよ。
……って言うか、55話でディアスけっこう達筆で、手紙の文章も読みやすいって評されてるし。71話では聖句の暗唱とかもしてるし……実はけっこう教養あるんじゃ疑惑が……?
単純に亜人種とばかり交流するのではなく、かつての部下とか、姥捨て的に故郷から追い出された老人達など、同じ人間だってどんどん受け入れてるのも、文字通りの意味でこだわらない、バランス良い人だなあと思ったり。
さらには出生の秘密っぽいものまでちらほら垣間見えてきているので、今後どう展開していくのか楽しみです。
ひとまずコメント返しなどを読む限り、ハーレム展開にはならないそうなので、そのへんは安心ですね。
……いや、他にハーレムキャラ、いるんですけどね。あの次男は次男で、巷の噂とか読む感じ、もしかして転生者とかなんじゃねえか疑惑が……
No.1083 (読書)


 わがままでごめんあそばせ
2019年03月06日(Wed) 
読書記録:
■わがままでごめんあそばせ 〜054 オキニスという人は・・・
 https://ncode.syosetu.com/n8306ey/

ぼんやりと、なんとなくだけ前世? の知識が蘇った悪役令嬢と、しっかり記憶が蘇った前世持ちの令嬢と、現地ヒロインだけどどうしようもなく人の話を聞かない電波ちゃんとの、乙ゲー世界であれやこれや。完結済。
主役の悪役令嬢オキニスさんは、自分の幸せのためになら国の未来をも踏み台にしてやろうと周囲を振り回しまくる、ある意味とっても正しい悪役令嬢ですが、貴族としての義務をしっかりと心得て、人の上に立つ者としてきっちりやっていってます。6歳にして34歳の侯爵様に逆プロポーズして年の差婚とか、別の意味でものすごいこともしてます(苦笑)
そして前世持ちの令嬢さんはその親友ポジ。電波ヒロインは異母妹。
やはり人の話を聞かない元婚約者……にすらならなかった第二王子に、実は凄まじく業が深い裏事情が存在していたり、それを言うなら王家の有り様自体がけっこうアレだったりと、けっこう一筋縄ではいかない展開でした。
とりあえず第一章と、その後の閑話まで読了。
No.1078 (読書)


 闇に葬られし歴史
2019年03月05日(Tue) 
■闇に葬られし歴史
 https://novel18.syosetu.com/n2480bo/

読書記録書こうと思っていろいろ確認していたら、見落としていたのを発見。
ダィテス領〜の番外編集で、表や書籍には乗せられなかったらしいR18系BLエピソードが、お月さまに残っていました。
……トウザとソウマはまあ想定内だったんですが、ナシェル×ケイシはびっくりした……てっきり逆だとばかり(苦笑)
いや私、たくましい方や体育会系が受けなの大好物なんですけど。さすがにこれは想像してなかったww
もちろんアリです ΣG(`・ω・´)
って言うか、包容力抜群なところといい、でかい図体していろいろ気配りできるところ(しかも東洋系っぽい容姿)といい、ケイシめっちゃ好みなんですよね……本編でもっと活躍してほしかったので、この番外編は嬉しいッス。
……もう続きが「絶対に」出ないのが悲しい……
No.1076 (読書)


 ダィテス領攻防記
2019年03月04日(Mon) 
読書記録:
■ダィテス領攻防記 〜将軍と苛烈姫
 http://ncode.syosetu.com/n1899bl/

実の母である王妃に疎まれ、その裏工作により廃嫡されることとなった元王太子マティサは、貧しい辺境にあるダィテス公爵家の婿養子として、王都から半ば追放される形となった。配下も全て取り上げられ、付き従うのは幼い頃からの忠臣であり、地位も爵位も弟に譲ってきた副官、『銀の守り刀』ことコシス・カティラただ一人だ。
とは言え、その知略や武勇から『戦神の寵児』『黒の魔将軍』と呼ばれ、王級の加護 ―― キレれば素手で城をも半壊させる、高い戦闘能力 ―― をも備えたマティサは、常に領土拡張の野望を持つ周辺諸国への押さえとして、失うことなどできない存在だった。故に国王は、いつでも離縁させて呼び戻せるよう、いわば彼を『取っておく』ために、身分だけは高いが権力を持たない辺境の公爵家へと送り込んだのだ。
この先どうなるかは判らないが、いずれ中央で必要とされる日が必ずやって来る。さてその時に、いったいどう動くべきか。
そんなことを考えていたマティサ達だったが、ダィテス領と ―― そして妻となる領主の一人娘ミリアーナは、彼らの想像をはるかに超えてくる代物であった。
今年18歳になるというミリアーナは、けして美しいという訳ではなかった。年齢より3つは幼く……もとい若く見える彼女は、貴族女性としてはごく平凡な、いちおう美少女と呼べなくもない程度の見た目をしていた。しかし女だてらにマティサを取り巻く状況や各国の情勢、国王の思惑などをしっかり理解している聡明さがまず目を引いた。
そしてそれ以上に驚かされたのが、ダィテス領内の豊かさであった。製鉄、通信、製紙に印刷技術と、王都をはるかに超える ―― どころか、どこの国でも聞いたことのないような、発達した文明がそこには存在していたのだ。それらすべてをもたらしたのが、ミリアーナその人なのだという。
実は彼女は、前世の記憶を持って生まれてきた、異世界の日本という国からの ―― 転生者であった。
毎年多数餓死者が出るほど貧しい領地の様子を見かねた彼女は、快適な暮らしと、そしてもう一つの野望を持って、領内の文化レベルをひそかに数百年単位で発展させてしまったのである。
その、野望とは……

書籍化&コミカライズ済。第一部完まで。WEB版は書籍の4巻までの内容だったっぽいです。
元腐女子な女子大生だった令嬢が、自分以外の書いたBL本を読みたい一心で産業革命(作者様いわく中世世界にシャーロック・ホームズの時代レベルの近代化)を起こしている真っ最中のところへ、現地チートの旦那が政略結婚でやってきて、なんだかんだでラブラブ化。チート+チートでハチャメチャやらかすお話です。互いの呼び名は嫁&婿様。
旦那と忠実なる副官を見て「主従カップル萌える!」とかやっていたら、その二人が本当にデキていて……しかも嫁、それを喜んで容認。むしろ自分ひとりではとても身体が保たないし、戦場にもついていけないからどんどんどうぞと背中押しまくってます。ある意味、両刀ハーレム?
他にも衆道カップルが山ほど出てくるわ、嫁は狂喜乱舞で、侍女達といろんなカップリング妄想してはBL談義に励んだり同人誌書きまくるしで、そういうの苦手な方は要注意。
嫁が元日本人なので、基本的に人殺しは避ける方向にあり、旦那もそれに影響を受けていきます。でもどちらも殺るときは容赦も葛藤もなくばっさり殺る感じ。あと加護持ちは、感情の沸点を超えると『キレる』すなわちバーサークして、一人で文字通り国ひとつ(物理的に)滅ぼすこともある爆弾なので、たまにかなり危ない時もあります。嫁も実は、戦闘能力とは別の方向で加護を持ってますし。
そして途中で仲間に加わる密偵さんとか、隣国の王様達とか、その他諸々みな相当エグい経験してきている割に……何故かほのぼのした空気を保ち続けているのがすごいです。
ご都合主義でもなんでもハッピーエンド万歳主義には、なかなか楽しめるお話でした。
No.1072 (読書)


 欠陥品として貴族を追放された文殊使いは最強の希少職でした。
2019年03月01日(Fri) 
読書記録:
■欠陥品として貴族を追放された文殊使いは最強の希少職でした。 〜二三四話 先へ
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/282206009/782211684

代々魔法に秀でていることでその名を知られた名門アルウィン家の次男として生まれたフィガロは、生まれつき魔力を練れないという致命的な欠陥を抱えていた。魔力を練れないということは魔法を使えないと同義であり、一般人の子供ですら扱える、ごく簡単な魔法さえ発動させられないということだ。兄は魔法剣士として剣聖の二つ名を持ち、姉は優秀な魔法研究者として名を馳せている。そんな傑物揃いの名家が出来損ないを輩出したとあっては、家の名折れであり、国からの信頼も失ってしまう結果となる。
数々の手を尽くしても治療が叶わなかった彼の噂が隣の領地まで伝わり、これ以上匿い続けることはできないと、家長である父はフィガロを家から出すことに決めた。そしてアルウィンの家名を名乗ることも禁じる。事実上の勘当であった。
幸いにも、領地の外れに住む老人が、フィガロを引き取ってくれることになっていた。なんでも数十年前に引っ越してきて以来、たった一人森の中で暮らしている変わり者なのだと言う。
かくして成人である十五歳を迎えたばかりの少年は、家名のないただのフィガロとして追放されることとなった。
しかし彼を引き取ってくれた老人のもとで、フィガロは己が尋常ではない体質を持つことを知る。何でも彼は、体内で魔力を練れない代わりに、その原料となる大気中の魔素を大量に取り込み、そして何倍にも増幅して放出しているらしい。
自分で魔力を作ることができないのであれば、道具を使って強制的にまとめてやれば良い。原料となる魔素はいくらでも取り込むことができ、しかも使う端から補充されてゆく。つまりいくら使用しても魔力切れとは無縁となるのだ。
かくして老人 ―― その正体は千年前に英雄と呼ばれた大魔法使い【焔雷帝】その人 ―― の導きにより、フィガロは魔素を各属性の魔力に変換する魔道具 ―― 文珠の作成に成功する。
そうして修業の日々を送っていたフィガロは、ある日、森の中で襲われている一人の少女を助けることとなった。
そのことをきっかけに、彼は森を出て隣国ランチア魔導王朝へ向かうこととなって……


現地主人公の成り上がりモノ。連載中。
追放系でもありますが、追放とか勘当とか言う割には、そこまで陰湿ではないと言うか、家族もそれなりに主役のことを大事にしていて、半ば幽閉状態とは言えちゃんと成人まで育てていたし、身一つで放り出すのではなく、引取先を手配した上での追放なので、恨みつらみとかはほとんどないです。
むしろ主人公、自分が出来損ないであることをカバーするべく、魔法理論とか礼儀作法はしっかり学んでいたようで、態度とかは場違いなほどに礼儀正しいです。
まあ、ほとんど家から出なかったこともあり、ものすっごい世間知らずというか、知識が偏ってますけど。地理とか各国の情勢とかの知識は、平民以下なんじゃないかこれ……?

そしてなんというか、話の進み方が通常と逆な気もします。
普通こういうのって、まず冒険者になってある程度の経験を積んでから、王女様を助けて婚約という流れになりそうなものなのに、森の中で修行してたところをいきなり一国の陰謀に巻き込まれた結果次期国王に内定して、そこから「世間をもっと知るべきかと」って冒険者登録。一番下のレベルから一般冒険者として活動を開始。
……そもそも元引きこもりの世間知らず(自分が居候する = 生活費を負担してもらっているタダ飯ぐらいなことに、長いこと気付かないレベル)を、王様がノリノリでたった一人の王女の婚約者&辺境伯に叙任した挙げ句、帝王学を教えることすらしないってどうなの? とも思わなくもなく。

そんな訳で、個人的には冒険者編(107話)あたりから、ようやく期待した展開になってきました。
主役が最初の頃に瞬殺しまくった下っ端ポジ的キャラ達も、実は過去に色々あったり相当な実力者だったことも、そこらへんから明かされ始めてきています。
No.1064 (読書)


 元獣医の令嬢は婚約破棄されましたが、もふもふたちに大人気です!
2019年02月27日(Wed) 
読書記録:
■元獣医の令嬢は婚約破棄されましたが、もふもふたちに大人気です! 〜42、ローブに隠された顔
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/434275508/322237278

タイトル通りの元日本人女性が、ゲームのスキルを持って異世界転生。アバスレヒロインに陥れられて婚約破棄、国外追放されたところから始まるお話。
ヒロインと王太子は、3話目にして主人公に肩入れしている国の守護神獣の怒りを買って、主人公を連れ戻さないと許さない呪い? を押し付けられ、身分剥奪のうえ国外追放……されてますが、ヒロインは懲りずにいろいろ画策している模様。
主人公は隣の獣人の国で、密猟者倒したついでに王子様達と知り合って、気が付けば聖女とか呼ばれています。
隣国の王子様は最初傲慢なオレ様野郎っぽかったですが、一応あれは国を憂えて苛ついてたからかな……と。でもいきなり初対面の平民女性を犯罪者扱いして連行しようとしたのは……まあ、ちゃんと頭下げたからよしとするか、ぐらいな?
主人公が動物と話できるのは良いんですが、彼女この世界でお肉とか食べられるんだろうか……?
No.1062 (読書)


 食事処の付加魔法師
2019年02月25日(Mon) 
読書記録:
■食事処の付加魔法師
 https://ncode.syosetu.com/n1310em/

前世の知識をうっすら思い出してしまったが故に、いまいち貴族生活に馴染むことができなかった公爵令嬢エレン。
そんな彼女は学園の後輩である勇者の妹を虐めたという、いわれのない罪を着せられ、王太子から婚約破棄を言い渡される。エレンは思わず目を見開き、わなわなと震える右手を握りしめた。
「マジかよ、やったぜ!」
高らかに叫んだ彼女は、嬉々として王都追放を受け入れ、一平民として市井へと降り立った。そうして二年が過ぎた現在、食事処「金獅子亭」で生き生きと働いている。
趣味は筋トレ、ウエイトレスから薪割りまで幅広くこなす彼女は、店の看板娘として評判になっていた。
ちなみに店の客には、『勇者一行』と呼ばれる人達もいる。彼女が王都を追放される原因となった件に関わる少女の兄と、その相棒である凄腕の冒険者の二人組である。
十年ほど前に現れた、一夜にして一国を滅ぼしたという邪竜を討伐した彼らは、金獅子亭の常連であり、そして常連しか注文することができないとある特別メニューのお得意様でもあった。
その特別メニューとは、「付加魔法(エンチャント)」。
武器防具に属性を付加したり、人間の身体強化に使えるエンチャントは、本来であればそこまで使い勝手の良い魔法ではない。同レベルの使い手なら簡単に解除できてしまうし、そもそも時間経過で効果を失うというデメリットもあるものだ。
しかしエレンが施すそれは、一味違っていたのだ。
うっすら残る前世の知識を元に、対象へ魔法文字を刻み込むという方法を編み出した彼女の施すそれは、半永久的な効力を持ち、かつエレン以外の魔法師では解除できないほど高度なものになっていたのだ。
故に彼女は、こう呼ばれている。「食事処レストラン付加魔法師エンチャンター」と。
これはそんな元公爵令嬢が、お得意様である冒険者たちの武器にエンチャントしてみたり、『勇者一行』と評判のパーティの一人に恋したりするお話である……

悪役令嬢追放系。完結済。
あんまり前世の知識とか関係ないし、エンチャント自体もあらすじ読んで期待したほどには出てきていませんでした。
もっぱらちょっとズレた元令嬢(十八歳)と、いい年(三十代前半)なのに奥手すぎる男(勇者の相棒)の両片思いな初々しいジレジレ恋愛がメインです。
男の正体は、かなり早いうちから読者にはバレバレ。
そして貴族の義務を早々に放棄しちゃった、ある意味無責任な元令嬢が、持つべき覚悟に気がつくお話でもあり、やはり無責任に権力を行使しちゃった王太子様が、単純にザマアされるのではなくちゃんと反省して更生するところなどは、ちょっと好感度上がりました。
ただ一番ことの元凶である、濡れ衣着せた犯人が、特に悔恨するほどもないまま幸せになっちゃったっぽいのが、少々引っかかるかなあ……
No.1060 (読書)


 影にて候
2019年02月22日(Fri) 
読書記録:
■影にて候
 https://novel18.syosetu.com/n6750bl/

書籍化・コミカライズ済の「ダィテス領攻防記」スピンオフ。変態の防衛長官と、彼に目をつけられたアニメ声の密偵くんのお話。14話で完結済。そしてR18なBL注意。
セイくん、ずいぶんと順応力高いと思ったら、なるほど最初からそういう訓練受けてたからなのね……なんかもういろいろ気の毒過ぎる。
何が哀れって、そこに愛がまったく存在しないあたりがもう ┐(´〜`;)┌
なんでこの関係で、この話はこんなにのどかな雰囲気を保っているのかが、心底不思議過ぎますわ……
No.1054 (読書)


 悪役令嬢の取り巻きやめようと思います
2019年02月18日(Mon) 
読書記録:
■悪役令嬢の取り巻きやめようと思います 〜第4章11
 https://ncode.syosetu.com/n7005dc/

娘をかばって交通事故で死んだ四十代主婦が、乙ゲーの世界に転生。
記憶を取り戻した段階で未だ10歳の彼女は、悪役令嬢……の、取り巻きAだった。
ゲーム知識は娘から聞かされたものしかなかったが、丸々と太ったこのキャラクターは、後に悪役令嬢となる公爵家令嬢レミーエやヒロイン達が勝負をする、その前段階のチュートリアル(練習)モードでさっさと退場させられた、名もなきモブだったはず。
勝負で負けた令嬢は、貴族として失格の烙印を押され、結婚もできずに修道院送りになるという。そんな未来はごめんだと、ひとまずはダイエットから始めていろいろ奮闘した彼女は、前世で培ったおばちゃんスキルでグイグイ周りを巻き込んで、気が付けば学園入学前の段階で攻略キャラ達ほとんどと親しくなっていた。
しかも勢いでダイエットグッズのブランドを立ち上げた影響からか、学園内で行われる令嬢達の勝負内容やその結果も、ゲームとは異なってきていて……

書籍化・コミカライズ済み、ダイジェスト化なし。
書籍の方は全4巻で完結しているようですが、WEB版はまだ連載中です。とりあえず63話で第一部が終わっているので、そこが書籍のラストなのかも?
主人公が割と本当におばちゃん的な言動を取り、ギャグ要素も多い中でシリアス展開もありと、なかなか緩急あって面白いです。
ただ書籍化の影響か、WEB版更新がだいぶスローペースになっているっぽいのが惜しまれます。
No.1049 (読書)


 【安価】JKだけど学校でいじめにあってます
2019年02月11日(Mon) 
読書記録:
■【安価】JKだけど学校でいじめにあってます
 https://ncode.syosetu.com/n9251bp/

掲示板形式で、イジメにあっている女子高生が、スレ民に助言を受けながらそれに立ち向かっていくお話。
全三話で完結。
女子高生のメンタル強さと、悪ふざけしながらも相談に乗ってあげる住民にほっこりできました。
鬱々しい展開じゃないのも吉。
No.1028 (読書)


[1] [2] [3] [4][5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]

<< 2019年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 領民0人スタートの辺境..
 わがままでごめんあそば..
 闇に葬られし歴史
 ダィテス領攻防記
 欠陥品として貴族を追放..
 元獣医の令嬢は婚約破棄..
 食事処の付加魔法師
 影にて候
 悪役令嬢の取り巻きやめ..
 【安価】JKだけど学校で..

 最新のコメント
 エビチリさん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2019/06/19 18:46:09
 おはようございます。体..
 by エビチリ
 at 2019/06/19 10:30:32
 こんばんは、タカコ様。
 by 神崎真
 at 2019/06/17 18:05:10
 おはようございます、
 by タカコ
 at 2019/06/17 07:45:04
 タカコ様>
 by 神崎真
 at 2019/06/15 07:35:52
 サイズ感覚おかしくなり..
 by sakura
 at 2019/06/14 23:11:43
 8×8って、やっぱり見ご..
 by タカコ
 at 2019/06/14 16:11:52
 タカコ様>
 by 神崎真
 at 2019/06/13 04:04:08

 カテゴリー一覧
 更新(48)
  タティング フリーパターン(5)
 創作(393)
  タティングレース(358)
  小説(15)
 読書(139)
 電脳(31)
 映像(19)
 日常(32)
 その他(2)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41