よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 外れスキル「影が薄い」を持つギルド職員が、実は伝説の暗殺者
2018年08月24日(Fri) 
読書記録:
■外れスキル「影が薄い」を持つギルド職員が、実は伝説の暗殺者 〜傷痕1
 https://ncode.syosetu.com/n2713ev/

勇者の父親である国王から依頼を受けた暗殺者ロランは、勇者パーティーの一員として魔王城に乗り込んだ。任務内容は密かに勇者パーティーの護衛をすることと、魔王の暗殺。
事実、魔王城までたどり着きはしたものの、パーティーメンバー達は限界が近く、このまま魔王と対峙すれば、少なからぬ被害を出すだろうことが予想できた。そこでロランは一人パーティーを離脱し、単独で謁見の間へと乗り込んだ。
彼が持つスキルは、外れスキルとされる『影が薄い』だった。しかし外れスキルというのは、誰も使わないスキルということで、すなわち誰も対処法が判らないスキルということでもある。
自在に気配を消し、魔王を相手にしても一瞬で間合いを詰められる。そんなスキルを駆使した彼は、子供でも小遣いを貯めれば買えるような、何の変哲もない短剣を振るった。
任務完了の報告を受けた国王は、満面の笑顔でなんでも好きな報酬を与えようと言った。
しかしロランには、特に欲しいものなど存在しない。
「人の殺し方ならすぐにわかるのに、自分の望みとなるとさっぱりわからん」
考えに考えた彼は、ふと旅の途中で王女たる女勇者が漏らした言葉を思い出した。
「普通の生活をしてみたい」と。
しかしパーティーメンバーの誰一人として、「普通」というものが何なのかは判らなかった。そもそも誰ひとりとして、「普通の生活」とやらを送ったことのある者がいなかったのだ。
「……普通の生活というのを、送ってみたい。暗殺者ではなく、普通の、ただの人間として、ありふれた生活を送ってみたい」
その願いを受けて、国王は彼を送り出してくれた。
国王に渡された当座の資金と、そして一匹の黒猫だけを連れて、ロランはまず都会でも田舎でもない、『普通の町』を目指す。
そうして冒険者ギルドの事務員として就職した彼は、ひたすら『普通』を目指して日々仕事に励んだ。
「ロラン、私はそれほどミスに寛容ではないわ。心するように」
「支部長、同僚から聞いたんですが、失敗しても死ぬことはないとか」
「……? 当たり前でしょう」
それなら十分寛容だろうなどと考えているあたりで、彼の感覚は全く『普通』ではなかったのだが。
かくして、国王、ギルドマスター、騎士団長などなど、誰も頭が上がらない伝説の暗殺者は、下っ端だが冒険者や同僚に頼られる、評判の良いギルド職員という表の顔を持つこととなる ――


普通を知りたい最強暗殺者の、無双なくせにどこか天然の入った、全然スローじゃないスローライフ。連載中。
物心つく前から暗殺者として教育され、自分の本当の名前も年齢も知らない生粋の暗殺者さん。
まず『普通』は仕事をして糧を得なきゃいけないって気付くのに数日かかるところから始まるんですが、本人が阿呆なほどハイスペックなので、一度やることが決まりさえすれば、なんでも(予想の斜め上を行く方向で)あっさりと片付けちゃいます(苦笑)
でも「普通はこうするでしょ?」と言われると全部真に受けちゃうので、たまにいろいろやらかすのがまた楽しいです。
彼女いないなら、普通、こういう飲み会で出会いを求めるだろ! と言われて、それが普通ならしかたないと合コンに参加したりとか。
……なお『彼女』はいませんが、同棲してて普通にベッドを共にして、もし妊娠したらと仮定すると『温かい』気持ちになって、抱きしめたい衝動に駆られる相手は存在してますww
つーかあんた達、なんで正式に結婚しないのさ……嫁の方は「魅力的なオスにメスが惹かれるのは当然」「自分のところに帰ってきてくれるならそれで良い」と上から目線でドンと構えてますが、それを良いことに周囲の女性陣が秋波をかけるのやめないのがちょっともにょる……
そして当の本人は、もともと任務のために女性を籠絡するのが当たり前だったので、ときどき据え膳食っちゃうんですよね……理由がないのに手を出したい相手は一人だけなのが幸いですが。
二人とも『普通』の『愛』を知らないだけに、こうもどかしいんだよなあ……(わきわき)

あとちょっと気になるのは、世襲制でもない玉座に自分の意志でついて、自分の意志で侵略戦争仕掛けた割に、魔王様の戦後処理が甘すぎるというか、もうちょっと自国であれこれ政務取らなくて良いんかい、と。戦争で人間だって相当殺して、多くの人の『普通』を奪ってきたはずなのに、そのへんの葛藤とか反省は……どうなのか。
そもそもメイリの境遇がアレになったのだって、完全に魔王様が原因なのに、御礼とか御恩とかそんなものが欲しかった訳じゃとか、そんな話じゃないだろうと。
ロランさんは、初めて依頼関係なしの自分の意志で人殺した時に、いろいろ噛み締めてるっぽいですが、魔王様はやっぱりそのあたり魔王様ってことなんでしょうかね……
No.632 (読書)


 人狼への転生、魔王の副官(10) 戦神の王国
2018年08月19日(Sun) 
読書記録:


321話「対岸の火事」〜345話「人狼たちの追跡」まで収録。
表紙の背景にいる、この黒幕感めっちゃある麗人は誰?? と思っていたのですが……読了してもいまいち判りません(苦笑) たぶん、クォール国王、なんでしょうけど。この人こんなにバーンと出るほどのことしてないからなあ……人虎の巫女さんかとも思ってたら、そこまで話が進みませんでしたし。

初回特典SSは、ヴァイト到着直前にクォール沿岸諸侯達がざわざわしている会議のやりとり。
同時販売記念SSは……これ海賊騎士の方に挟まないと訳判らないんじゃないかという、艦長サイドでシュガーさん(ヴァイトの前世)がどんな人だったかをみなに説明しているもの。
巻末描き下ろしは、ヴァイトがクォールにいる間、ミラルディア側の太守達(一部子息)が、どんなふうに物思い、どんなふうな行動をとっていたのかを順繰りに。
ああ、ようやくフォルネサイドがちょっとだけど出てきた! 今まで南部太守ではフォルネだけが内面を語られていないので、いきなり不穏なことやってて少しだけドキドキしました。いやまあ、WEB版で最後まで読んでるから、ヤバイことにならないのは知ってますけどww
あと目についたのは、パーカーさん行方不明直前の場面が書き足されてたことですねえ。
裏表紙でも闇堕ち寸前みたいな雰囲気を出しているので、相乗効果で思わせぶり感が増してます。
あとはアイリア視点やクメルク視点などもちょこちょこと。
……クォール編は、これまでと違って敵に魅力をまっっったく感じないというか、劣化版ウォーロイと言ったらウォーロイに失礼すぎるぐらいに小物感が半端ないので、早くヴァイトの逆襲〜人虎族登場とかまで進んでほしいところです。
No.617 (読書)


 スライムばかり食べてた俺は、今日から少し優雅な冒険者生活を始めます。 他一編
2018年08月17日(Fri) 
読書記録:
■スライムばかり食べてた俺は、今日から少し優雅な冒険者生活を始めます。 〜第16話
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/833164049/94196987


■氷結の毒華は王弟公爵に囲われる 〜14
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/39271800/45147157

最近読んだもの、ひとまずメモ。
No.614 (読書)


 戦国コミケ
2018年08月15日(Wed) 
読書記録:
■「戦国コミケ」/「横山了一」のシリーズ [pixiv] 〜34話
 https://www.pixiv.net/user/14091666/series/13689?p=2

コミケの最中に戦国時代にタイムスリップしたオタク(29歳♂)が、コミケ知識でいろいろやらかすギャグマンガww 書籍化済なのかな?
本人に歴史知識皆無(関ヶ原も思い出せないレベル)なので、本当に無自覚にやらかしてます。
……現代から持ち込んだもの(食料とか電子機器とか同人誌とか抱き枕カバーとか)が、いつまで保ってるんだって言うか、何をどれだけ持ち込んでるんだというツッコミはしちゃいけないんでしょう。
なんか勢いが面白かったですww
No.609 (読書)


 脇役艦長の異世界航海記 〜エンヴィランの海賊騎士〜
2018年08月14日(Tue) 
読書記録:


「人狼への転生〜」の漂月さんの別シリーズ。
楽天ブックスで注文した同日販売の人狼〜よりも、一日早く届きました♪
内容についてはWEB版を読んだ時に(以下ry
この巻には第4章「最後の海賊」まで収録されています。

まだ第二章の最初の方までしか読んでない頃に感じていたいろいろな疑問が、改めて読むとちゃんと解決されているのがお見事。
書籍版ではまだそこまで話が進んでいない代わりに、七海による艦長の適正審査的な章がちょこちょこと書き足されていて、これもなかなかvv
他に巻末には30ページほど、ポッペン里帰り編が書き下ろされているし、初回特典リーフレットSSも入ってます。
艦長さんの、本来武器じゃないものを利用して戦っちゃう発想は、やっぱり面白いですよねえ(しみじみ)
あ、あと出版社の公式HPにも、同時発売記念SS「悪役と脇役」がPDF公開されているので要チェックかと。

■脇役艦長の異世界航海記 〜エンヴィランの海賊騎士〜|アース・スターノベル
 https://www.es-novel.jp/booktitle/66wakiyakukancho_r.php

……ってか、他にも店舗購入特典とか、同時購入特典とかあったんですが、車が使えなくなったため県内唯一のアニメイトまで行けませなんだ(´・ω・`)
そしてあれだ。両作品を読んでいても、脇役艦長〜のシュガーさん = 人狼〜のヴァイトの前世だと気付いていない人、けっこういると思うんですが……それでこの記念SSとかどうなんでしょうね(苦笑)

挿絵のクォリティに関しては……うん。表紙と口絵は素敵だったとだけ。
ポチった日にも書きましたが、細身の艦長さんもハー□ックだと思うと、なるほど格好良い……vv<けっこうがっちりした無骨系をイメージしていた
そして私、何故かずっとニドネを白い髪の身なりに構わない系研究者だと信じていたので、黒髪セクシー美女だったのにびっくりしました。どっちかというとメレーネ先輩系だったよ……こうなるとレインメーカーさんや死の狩人(笑)さんとかも、どんな感じにイラスト化されるのか楽しみです。
No.607 (読書)


 勇者パーティから追い出された!と、思ったら、土下座で泣きながら謝って来た……何がなんだかわからねぇ
2018年08月13日(Mon) 
読書記録:
■勇者パーティから追い出された!と、思ったら、土下座で泣きながら謝って来た……何がなんだかわからねぇ 〜68 盟約の形
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/7416329/6186118

タイトル通り、イライラしがちで短気な元王族の勇者と、人見知りで勇者の後ろに隠れっぱなしの聖女と、四角四面で融通の効かない元騎士の剣聖と、愛想のない人嫌いの女僧侶(モンク)という勇者パーティーで荷物持ちをしていた、地味だけど経験豊富で有能なベテラン冒険者のおっさん(三十代)が、もうあんたいらねと追放された結果、勇者パーティーはガタガタに系。
ただし単純なザマアで終わりではなく、その後ちゃんと謝罪してきて、真摯に言うことを聞くようになり、改めて成長しつつあるのが良いですね。……勇者とかちょっと依存気味だけど(苦笑) まあベテランなおっさんはそのあたりを嗜めつつ、適度な距離をとって成長を促しているので、そのうちなんとかなるんでしょう。なんと言うか、保護者体質おかん属性な人ですww
……もっとも聖女とかにはもう、完全にパーティーの一員として認識されてるっぽいんだよなあ<戦闘時のバフ魔法に含まれるようになってきてる
あ、勇者パーティーと言っても、魔王的なものは存在しない世界です。レベルとかステータスとかもなし。勇者とはあくまで各地を転戦して、強大な魔物から民を守る象徴的なものらしく。そこらへんに国や宗教関係の思惑とか権力闘争が関わって、結果それまでの努力と夢と未来を潰され意に沿わず勇者にさせられたまだ十代の少年は、すっかりやさぐれて尖りきっていた、と。他のメンバーも過去にいろいろと訳ありっぽく、ほぼ全員コミュ障気味。
でもって、勇者がパーティーメンバーにろくな相談もしないで一方的に物を言っていたのは、リーダーというものは部下に命令を出し、そして結果に責任を持つべき者だという、貴族的にはけして間違っていない思想が空回りしていたからだとか。パーティーメンバー以外とはろくに口もきかないほど人間不信なのに、おっさんに対してだけは暴言吐きまくっていたのも、心の中ではその実力を認めて張り合ってたからだとか。あと、おっさんが「貴族は平民に名前を呼ばれると不機嫌になる」という認識のもと、ビジネスライクに勇者としか呼ばなかったことに不満がとか判明してくると、いやあ若いねえ(・∀・)ニヤニヤ ってなってきてww
そしておっさんはおっさんで、なんか竜と盟約交わしたりとかし始めて、伝説への階段上り始めちゃってる? 的な。
あとヒロインが現れた! 作者様の感想返しによれば嫁に2号はないらしいので、そのあたりも安心して読めそうです(笑)
No.605 (読書)


 ちゃんと届くか!?
2018年08月09日(Thr) 
人狼への転生〜の漂月さんの新刊「脇役艦長の異世界航海記」が、16日発売予定なのに何故かもう「当日〜3日で発送予定」になっているショップがあったので、ポチッとな。



最初表紙を見た時は、艦長さんが意外と細身だなあと思ったんですが、作者様のツイッターでハー■ックのイメージがと言及されていて、めっちゃ納得しました(笑)

■漂月@人狼への転生、魔王の副官さんのツイート:
 https://twitter.com/Hyougetsudou/status/1023930774045700096

実はアニメも漫画もほとんど見たことなくて、コバルト文庫から出てたノベライズしか知らないんですけど、当時はものすごい何度も読み込んだっけなあ……(懐)
No.589 (読書)


 ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!
2018年07月31日(Tue) 
読書記録:
■ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた! 〜冒険者デビュー
 https://ncode.syosetu.com/n3382ee/

伯爵家三男のリュシアン・オビーニュは、何故か物心付く前から頻繁に命を狙われていた。もともと身体が弱かったこともあり、また外出時には大げさなほどの護衛がつくこともあって、昏い諦めと共に引きこもりがちな少年に育っていた。
そして五歳の誕生日を迎えたその日、またもスープに盛られた毒によって昏倒した彼は、三日三晩生死の境を彷徨い ―― そうして前世の記憶を思い出した。
かつて日本人として生き、下手に仕事ができたため会社にいいように使われ、恋愛においても「良い人」で終わった日々。天涯孤独で四十半ばになっても恋人一人おらず、急な病に倒れた結果、一人暮らし故に誰にも助けられず死んでしまった。そんな、無為に失った命の記憶を。
だからこそ、彼は思った。今度は訳も判らず死ぬのはごめんだ。何としても生き延び、精いっぱい生きることを楽しんでやる! と。
幾度も暗殺の脅威にさらされ、どこか諦めてしまっていた少年は、ここにおいて開き直ったのだ。
そうして目を覚ましたリュシアンの枕元で、両親が何かを話していた。朦朧としながらそれを聞いた彼は、自分がなぜ狙われていたのかを、おおむね察することができた。
どうやらリュシアンの本当の母親は、今まで母だと思っていた人の姉妹で、そして現国王の側室だったらしい。王太子の母である正妃はすでに亡く、第二王子の母である第二妃イザベラに続く第三妃だったのだと。つまりすべては、お家騒動と言うやつだ。
リュシアンにとっては、そんなものなど果てしなくどうでも良い。むしろ大切な両親と兄妹達とひっそり幸せに暮らしていきたいが、向こうはそっとしておいてくれないのだろう。
ならば、力をつけるしかない。対抗する力を。
そう決意したリュシアンは、自分の生死がかかっているというのにどこか楽しげだった。
ブラック企業のサラリーマンなめるなよ。年中無休、昼も夜もぶっ通しで働ける自信があるぜ。
……恐らくそれが過労死の原因だったのであろうが、今回はもっとうまくやってみせる。
そうして人が変わったように勉強や訓練に力を入れ始めたリュシアンだったが、相変わらず命は狙われるし、王都からは国王(実父)の呼び出しがやってくる。
やがて十歳になったリュシアンは、勉強と王族から距離を取ることを兼ねて、隣国の学園都市へ留学を決めた。だがいざ入学式に参加してみると、そこには問題の第二妃の子エドガーがいて……


前世知識で魔法を魔改造研究してあれこれしつつ、固有スキルや規格外の魔力量・使い魔を入手したり、実は希少なエルフの血を非常に濃く引いててそのエルフなどが姿を消しつつある謎に迫ってみたりと、そんな感じ。連載中。
王太子は謎の行方不明中。この人も(というか王族自体が)うっすらとエルフの血を引いているので、エルフ全体の失踪問題にも関係あるかも? みたいな。
で、第二王子さんはけっこう普通の子供で、リュシアンを弟として扱いつつ、強烈な母親から離れられたおかげでのびのび留学生活を満喫。母親のやってたことを知らなかったので、途中いろいろありますが……というか、これ第二妃さえまともな人なら……って。
あと、かなり話が進むまでイラッとさせられた、粗暴でやかましいイジメっ子が、実はいろいろ事情があったことが判明して仲間になったりとかもしてます。
No.568 (読書)


 異世界でのおれへの評価がおかしい
2018年07月29日(Sun) 
読書記録:
■異世界でのおれへの評価がおかしい 〜 SIDE:黒騎士団軍師イーリス
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/84296488/508193571

怪しげな老婆が経営する店で、絶版限定プラモデルを手に入れて御機嫌だった青年 川島タクミは、その帰り道でバイクに撥ねられ ―― 気がつくとガラクタだらけの見知らぬ部屋に転がっていた。近くにあった格好いい模擬刀を手に外へ出てみると ―― そこで行われているのは、海賊と騎士団の激しい戦闘。
あれ、これって映画の撮影か? いきなり迷い込んじゃってすみません。さすがアドリブすごいですね。エキストラらしく噛ませっぽいこと言って、適当にやられて自然退場しますから。
そんな感じで首領っぽい男へつっかかってみた彼は、途中でズボンの裾を踏み、転ぶはずみで刀の柄を相手の顎へと叩き込んでしまう。一撃で昏倒した男を前に「やべ」と青ざめるタクミを、騎士団役の者達は口々に称賛し、そのまま宿へ連れ帰って酒宴へともつれこんだ。
……っていうかこれ、映画じゃなくない? 海とか船とか、セットじゃなくて本物すぎるだろう。撮影機材もスタッフもいないんだし、もっと早く気付けよ自分!
内心で焦りまくるタクミは、かわされる会話を聞いているうちに気がついた。出てくる単語、地名や人名が、さんざんやりこんだRPGゲーム「チェンジ・ザ・ワールド」のものと一致することに。
魔王が勇者に封印されて、三百年。その封印が解ける今年、異世界から勇者が召喚される ―― という設定のそのゲームでは、勇者である主人公を男女どちらにもキャラメイクでき、タクミはいつも男主人公を選択して、女性キャラとのエンドを楽しんでいたのだ。そして彼ら「黒翼騎士団」の面々は、途中のイベントで一人を残して壊滅する存在だった。その生き残りの一人が、勇者の仲間になるのである。
いやいや、ゲーム世界にトリップするとしても、なんでこんな死亡フラグ立ちまくりの情勢不安定な世界になんだよ? もっと普通の学園モノとか、生産系のとか、穏やかな世界観のゲームもあったじゃん。なんでよりによってここなの!? 
いま、目の前にいる気の良い面々は、ゲームが始まればみな死んでしまうのだ。しかし、自分などに何ができる? 戦うことなどとてもできないし……ってか、別に見ないふりをしたって良いんじゃね?
そんなことを考えている彼だったが、しかしその珍しい容姿とあまり動かない表情、そして教養はあるのに基本的な常識がすっぽりと抜けている上に腕が立つという、客観的に見ると非常にアンバランスかつミステリアスな風情から、周囲は誤解を深めていっていて……


異世界トリップで総愛され系勘違いモノ。BLでR18。大事なことなので二度言います。BLでR18! 連載中。
……いや、うっかりBLタグ見落として読み始めていて、あー、なんかそっち方面に勘違いされてるww と思っていたら、いきなりがっつり最後まで行っちゃってて(苦笑)
私は同人系読み慣れてるから平気でしたけど、これ全然知らない人、特に男性が読んでたらやべえんじゃと。ってかあらすじにもBLな注意書きと、あとR18タグつけとこうよ作者さん!
内容的には、黒髪黒目に象牙色の肌が珍しい(日本人は若く見られるも入ってるのかな? タクミの実年齢描写がないのでイマイチ曖昧)的な世界で、高い教育を受けているっぽいのに常識は知らない、しかも特殊な環境(異世界をボカシて表現してみた)で育ったという主張から、奴隷商人のもとで高級性奴隷として監禁生活させられていたのだと勘違いされーの。
その国では同性間の恋愛が普通に認められているのをタクミだけが知らないで、騎士団の面々から見ると無防備この上なしだったり。
さらに模擬刀だと思って海賊船から持ってきた刀が、実はゲーム内で呪いつきの武器とされていたもので、抜くと自動的に身体が動いて敵を倒すが、持ち主の身を守るより敵を倒すこと優先で動く上に、戦闘後はバッドステータス(発情)付与 = 己が身を顧みずに他人を守って闘い、倒れたあとは見舞いに来た相手に潤んだ目で……という感じで勘違いがどんどんてんこ盛り(笑)
主役は基本、中2病入った脳天気な鈍感難聴お馬鹿さん。騎士団の面々は下心もちゃんとある、良い意味で人間らしく善良な過保護揃い。数話ごとに周囲の視点が入るので、どんな勘違いされてるのかがよく判って楽しいです。
17話あたりでようやく騎士団壊滅の未来を変えるべく、腹を括ったようで。そして1話目を読む限り、トリップの理由もちゃんとあるし、呪い付き武器を得たのも偶然ではない模様。
前作もそこそこのペースで完結させているようなので、続きを楽しみに待ちたいところです。
No.556 (読書)


 追い出された万能職に新しい人生が始まりました 他一遍
2018年07月25日(Wed) 
読書記録:
■追い出された万能職に新しい人生が始まりました 〜従魔たちは、ご機嫌になってます
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/214383141/166189345

器用貧乏の最底辺職ゆえに勇者パーティーから追い出された青年が、生産者ギルドの大商人に拾われて新しい人生を始めるお話。まだ始まったばかり。
冒険者がやたら威張り散らしつつ、途中で職業を変えるのは人生の落伍者みたいな風潮がある国で虐待され続けていたせいで自己評価最底辺の主人公が、いろんな国を知っている大商人や、平民もすべてが子供の頃に義務教育を受けるため、専門特化ではなく基礎能力は万遍なくて転職も普通な国の冒険者と知り合って価値観が変わっていく感じ?
元パーティーの優秀な従魔達が、ろくに世話してくれないテイマーを見限って、これまで面倒見てくれた主役のもとに来てくれそうなフラグが立っているので、ザマアが楽しみです。


■転生令息は攻略拒否!?〜前世の記憶要りません!〜(仮) 〜全員そろって
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/43295338/62189549

攻略対象に転生した男子高校生が、なんかのんびり過ごしてるライトな感じのお話。
特に知識チートでやらかすわけでもなく、陰湿などろどろがある訳でもなく、ヒロインは多少困ったちゃんだけど、和解してからは普通に転生生活をエンジョイしてる感じです。
No.548 (読書)


[1] [2] [3][4] [5] [6] [7] [8]

<< 2018年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 外れスキル「影が薄い」..
 人狼への転生、魔王の副..
 スライムばかり食べてた..
 戦国コミケ
 脇役艦長の異世界航海記..
 勇者パーティから追い出..
 ちゃんと届くか!?
 ご落胤王子は異世界を楽..
 異世界でのおれへの評価..
 追い出された万能職に新..

 最新のコメント
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2018/11/12 23:19:09
 モチーフ一枚編むのも大..
 by 胡蝶蘭
 at 2018/11/12 21:51:22
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2018/11/06 23:35:17
 着々と進んでいますね。
 by 胡蝶蘭
 at 2018/11/06 23:18:30
 萵苣さん、こんにちは。
 by 神崎真
 at 2018/11/03 12:31:53
 こんばんは。Janさんド..
 by 萵苣
 at 2018/11/02 23:02:20
 こんばんは、kamemama ..
 by 神崎真
 at 2018/11/02 18:39:49
 こんにちは。いつもブロ..
 by kamemama
 at 2018/11/02 09:23:40

 カテゴリー一覧
 更新(31)
  タティング フリーパターン(3)
 創作(260)
  タティングレース(243)
 読書(75)
 電脳(12)
 映像(14)
 日常(23)
 その他(0)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41