よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 歴史に残る悪女になるぞ
2020年06月12日(Fri) 
読書記録:
■歴史に残る悪女になるぞ 〜235
 https://ncode.syosetu.com/n4006fe/

生まれ変わったら、乙女ゲームの悪役令嬢になりたいという願望があった。
ヒロインが嫌いだ。というより苦手だ。特殊能力を持って、特別に平民から貴族の魔法学園入り、笑顔が天使と言われ、いつも綺麗事ばかり言って、王子の心を弄ぶ鈍感なヒロインなど、頭がお花畑だとしか思えない。
綺麗事だけで物事は進まない。上に立つ者はしっかりと現実を見据え、時に情に流されない行動を取ることも必要だ。辛辣な言葉を吐く悪役令嬢の裏の顔は、きっと芯を持った強い女性に違いない。
だから自分は、ヒロインよりも悪役令嬢になりたい。
そう思っていた少女は、交通事故で死亡したのち、気がつけば念願の悪役令嬢に転生していた。
デュルキス国の五大貴族のひとつ、ウィリアムズ家の長女アリシア。前世の記憶を取り戻したのは七歳で、ゲーム開始まではまだあと八年ほどある。
これまでは我儘放題に甘やかされて育っていたが、これからは違う。理想の悪役令嬢 ―― すなわち綺麗事が大嫌いで、志を高く持ち、筋を通す。強者には嫌味をつきつけ、しかし弱い者虐めはせず、思慮深くてどんな時にも損得を計算した冷静な判断を下せる、そんな強く孤高な悪女を目指すのだ。
そうしてそれまでおろそかにしていたマナーなどの勉強はもちろん、剣術に魔法、日に10時間の読書や現実を知るための貧困村通いを始めた彼女は、己の目指す『悪女』の定義が少々ズレている事に気づいていなかった。
そうして努力を続けた彼女は、転生補正だろうか、いつしか異端と呼べるほどの力を身に着け ―― わずか十三歳にして、国王からの呼び出しを受けることとなった。
国王と、父を含めた五大貴族当主からの話とは、実に意外なもので。
「聖女キャザー・リズの監視役をして欲しい」
キャザー・リズとは、この乙女ゲーム世界におけるヒロインである。現在は十八歳で、王太子や兄達を含めた五大貴族の子息らと共に学園へと通っている、平民の少女だ。
そんな彼女は、すべての魔法属性を備え、膨大な魔力を持ち、まさに聖女と呼ぶべき慈愛の心に満ち溢れていると言う。
しかし理想や慈愛だけでは、国を運営することなどできない。そこで学生である今のうちに、彼女がこの国を担える賢さを持っているかを観察、判断し、もしも不足な部分があれば成長できるよう、導いて欲しいのだと。
「君はこの悪役を引き受けてくれるか?」
監視役をするということは、誰にも言ってはいけない。さらに、キャザー・リズの考えを変えるために、厳しくたしなめなければならない場合もある。そうすることは、すでに学園内でかなりの人気を博している『聖女』に敵対する存在として、周囲から反感を買う結果ともなりかねない。
それを聞いてアリシアは……歓喜に目を輝かせた。
これは、千載一遇のチャンス……? 悪女になるため努力をしてきた私に、神様がくれたプレゼントなの!?
国の上層部公認で悪役令嬢たることを求められた彼女は、大喜びでそれを引き受けた。
事情を知るのは上層部を除けば、兄達の友人であり時おり家にも遊びに来ていた王太子デュークと、利用価値があるからと言って、貧困村から拾い上げ助手とした少年ジル、そして貧困村の取りまとめ役である老人の三人のみ。
幼い頃は優しかった兄達も含め、多くの生徒達は『心優しき』ヒロインに感化され、アリシアへと反感の目を向けてくる。しかしアリシアは内心で最高の気分であった。
ああ、いまの私ってすごく悪女らしい!
そうやって歴史に残る世界一の『悪女』を目指し、日々努力し邁進する彼女は、そんな己の姿が一部の者達には『聖女』 ―― いや、英雄のように映っているとは、夢にも思っておらず……


悪役令嬢に転生して、そのまま悪役道を突っ走ろうとしつつ、うっかり信者を増やしちゃう系。書籍化・コミカライズ済・ダイジェスト化なし。連載中。
先に漫画の方を見て、ちょっと原作の雰囲気を確認するだけのつもりが、気がついたら最新話まで読みふけっていましたww
元が乙ゲーにしては、国の成り立ちとか貧困村のあたりがけっこうエグい世界観で、ちょっと予想外。そもそも現在の国王が即位した経緯なんかにも、ゲームでは語られていなかったドロドロや歪みがあるようで、そのあたりも現在のアリシア達へ影響してきていたりとか。
というか、そもそもヒロイン嫌いで悪役令嬢ばかり意識してプレイしていた主役は、ゲームの細かいところをあんまり覚えていないという(苦笑)<ヒロインの名前すら把握していない徹底ぶり
基本的に主役の一人称なので多少フィルターはかかってますけど、身体欠損や殺人とか普通に出てきますし、主役(十三歳の少女)が殴られて奥歯を折ったり(しかも欠損は魔法で治らない)とかもあり、単純なテンプレ無双とはちょっと違う感じです。
現実を見据えて、傷ついても背筋を伸ばし、たとえ泥にまみれようとも凛と立つことを目指す主役は、たとえ努力の方向を間違えていようともやっぱり格好良いと思えました。
あと王太子様もけっこう好き。俺様溺愛拘束系の素養もちょっとあるんですけど、「蝶は飛ぶものだろう?」と、アリシアの無茶苦茶を見守り同じぐらい無茶苦茶なやり方で手助けして、そして戻ってくると信じて手を離すさまには好感度上がりました。
え、最近になって登場した隣国の王子様? 当て馬にもならんとしか思えませんが何かww
ヒロインと取り巻き連中は、うーん……ヒロインがどういうキャラなのかが、まだはっきりしてないのでいまいち判断が。あれ現地ヒロインなのか、そして本当に無意識であのお花畑&洗脳をやっているのか……(悩)
No.2007 (読書)


 あるドロイドのおはなし
2020年06月09日(Tue) 
読書記録:
■加藤拓弐@漫画版ナイツ&マジック最新巻発売中さんはTwitterを使っています
 あるドロイドのおはなし
 https://twitter.com/isiyumi/status/1178603846198673408

ツイッター掲載のマンガ。4Pと短い中に、ぎゅっとドラマが詰まってました。こういうの好き……ものすごく妄想が広がるvv
見失わないようにひとまずメモメモ。


そして今日はあまりにも暑かったので、自室で今シーズン初の冷房を入れたのですが。いま調べてみたら最高気温が35℃あったらしいッスわ(−ー;)
真夏日通り越して猛暑日やん……
No.2004 (読書)


 薄幸の令嬢は幸福基準値が低すぎる
2020年06月08日(Mon) 
読書記録:
■薄幸の令嬢は幸福基準値が低すぎる
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/223267119/644133528

現代日本で早くに両親を失い、施設育ちで貧しくも前向きに生きていた女性が、異世界の公爵令嬢に転生。10歳で記憶を取り戻すも、母は既に亡く父公爵は周囲に進められて後妻を迎えたものの、前の妻が忘れられずに家族を放置して王都で仕事。継母は異母弟ばかりを可愛がり、先妻の面影を持つ少女を虐待する。
しかし食事も衣服も寝るところの苦労もなく、使用人同様の扱いを受けることで自活スキルも身についた! とひたすら前向きな少女。そんな彼女もはや17歳。栄養不良で10歳ぐらいにしか見えないが、年頃なのである。そんな彼女を不憫に思った使用人達が王都の公爵へ注進したことで、ようやく虐待が発覚。父親の元へと引き取られることに決まった彼女を、宰相の子息と強面の騎士が迎えに来て ――

知識皆無で乙ゲー世界のヒロインに転生した無駄に前向きな女性と、人間不信気味だった宰相子息やら、同じく前世の記憶持ちの悪役令嬢(予定)などがわちゃわちゃする話。中編でさらっと完結済。
前世の記憶はあっても、主役は乙ゲーもラノベも存在すら知りません。そして元から施設育ち&貧乏だったこともあり、自分が虐待されてることにもあんまり自覚がないと言うか、いや自覚はあるけれど後妻さんの気持ちも判るし……と甘んじて受け入れちゃってます。洗脳怖い(汗)
最終的には恋した相手と結ばれてめでたしめでたしなんですが、なんというか……ぬるい?
ザマアは一切ありません。虐待してた後妻にはもう少しなにかというか……過剰なザマアは読んでできつくもありますが、それにしたって年単位であれだけしておいて、謝ればそれでいいってもんじゃないだろう!? というもやもや感が微レ存。
っていうか恋のお相手さん……ろ、ロリ……?
No.2003 (読書)


 醜い傷の女とおっしゃいますが、元はあなたの傷ですから、お返しします。 他17編
2020年06月04日(Thr) 
読書記録:
すべて同作者さんの、タイトルがすべてを語っているテンプレ系。
基本は読切短編。

■醜い傷の女とおっしゃいますが、元はあなたの傷ですから、お返しします。
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/210370708

婚約破棄ザマアと見せかけて、実は婚約ではなかった契約。


■婚約破棄され、家の恥だと言われたので、才能あるみんなを連れて家を出ますね。
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/796369559

家族はいろいろ気付いてなかった系。


■婚約者を奪った妹が返そうとしてくるのですが、責任もって添い遂げてください。
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/541371813

勘違いストーカーな婚約者は、返すと言われてもいりません。


■婚約破棄した王子が謝りに来ましたが、まあ……遅かったですね。
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/360370336

謝りに来るのが遅い。


■王子が元聖女と離縁したら城が傾いた。
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/277366101

まさかの物理ww


■本当は怖い婚約破棄
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/80366255

国王夫妻を含めた上級貴族達は、みな相思相愛(怖)


■結界師、パーティ追放されたら五秒でざまぁ
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/208366434

見捨てなかった結界師さんは優しい。


■婚約破棄されたショックで世界をプチッとしてしまいました。
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/589366626

こんな女神は嫌だ(((( ;゜Д゜)))) ガクガクブルブル


■妹にすべてを奪われそうなので、押し付けて私はメイドになります!
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/555366954

これだけ前中後編。ネグレクトにもほどがある。


■婚約破棄ですか? じゃあ、多数決で決めましょうか。
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/501367352

血統で王太子に選ばれた第二王子が、男爵令嬢を妻に望んだら当然こうなる。


■聖なる歌姫は喉を潰され、人間をやめてしまいました。
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/893367550

これはさすがに切ない……


■お飾り王妃? あなたがお飾り王ですよ。
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/796367992

共和国という言葉の意味さえ判ってない国王が怖い(汗)


■婚約破棄をした男のざまぁ或いはハッピーエンド〜不貞の責任は取りましょう〜
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/4368461

文化風俗の違いはよく確認しておきましょう。


■私は本物の聖女ですが、本当に処刑するんですか?
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/953368802

闇を知ってこその聖女かもしれない。


■虐げられ、生贄にされた娘です。水竜様と恩返しに来ました。
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/341369908

恩を返すとは、やってもらったことをお返しすることです。


■愛する君に捧げる婚約破棄
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/451371075

えーと……電波ヒロインがから回ってただけ?


■魔王を倒した手柄を横取りされたけど、俺を処刑するのは無理じゃないかな
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/218371430

復活も第二の魔王も、ゲームではお約束。


■聖女には拳がある
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/611773402/443369233

それでも救ってあげるんだ。
No.1999 (読書)


 捨てられ聖女の異世界ごはん旅 隠れスキルでキャンピングカーを召喚しました
2020年05月19日(Tue) 
読書記録:
■捨てられ聖女の異世界ごはん旅 隠れスキルでキャンピングカーを召喚しました 〜124ドキ☆ワク 感動再会物語♪
 https://ncode.syosetu.com/n1543fp/

えー……一度書いた長文あらすじ&感想を操作ミスで消してしまいました _| ̄|○
女子高生と二人で拉致召喚されたら、ゴミスキル呼ばわりからの人っ子一人いない草原へポイ捨てされた鍼灸師兼介護福祉士の女性(趣味アウトドア)が、実はスーパーキャンピングカーを召喚できるレアスキル持ちで。
もうひとつ【生存戦略】という、一種の鑑定と過酷な状況でも精神的な安定をもたらすスキルもあったおかげで、この先も生きていこうとたくましく決意。とりあえず一緒に召喚されていたキャンプ道具を駆使して魚釣りしていたら、川を流れてきた冒険者のおにぃさんを救助。ご飯食べさせてテントを貸してみたところ、料理人兼荷運び役としてパーティーに勧誘されちゃいました系。なお鬼ぃさん達は相当の高ランク実力者。飯テロ率高し。書籍化済、連載中。

書籍の方ではかなり手が入っているようですが、Web版だと「今北産業」とか「あ…ありのまま、さっき起こった事を話すぜ!」「ですしおすし」といったネットスラングがちょこちょこ出てきます。でも主役の人柄か下品な感じはしないので、雰囲気だけで十分楽しめると思います。
両手剣を片手で振り回すようなごつくて強面な鬼竜人さんを、名前判るまでおにぃさんと呼び、黒い眼球に赤い虹彩というなかなか禍々しいカラーリングの目をイチゴ色と表現し続ける。そんな主役の感性にほっこりしました。

■米織@書籍化決定のイラスト・マンガ - pixiv
 https://www.pixiv.net/users/49767361/artworks

パーティーメンバーも良い人揃い。
ラブラブ夫婦な魔法使い(一見チャラ男)と蜘蛛女の斥候さん(ナイスバディ)はあざとかわいいし、肉食系(文字通り)エルフ神官さんは紳士! え、パーティーリーダーの食いしん坊鬼ぃさん? もう主役とけっこ(ry

みなさん「調理」ができないだけなので、片付けや食器運びは率先してやってくれるし、「いただきます」と「美味しい」は忘れない。そして自分達にできないことができる主役をちゃんと尊敬してくれているので、ほのぼのと安心して読めます。

異変の気配もないのに召喚を行った国と、そこで聖女と呼ばれていた女子高生(性格悪そう)に関しては、怪しいから調査をしようという話が出てきましたが、パーティーリーダーが諸事情により乗り気じゃないので、全然話が進んでません(笑)
もうそういうろくでなし共は、主役達と関係のないところでとっとと自己破滅してればいいと思います。
主役達は至高のトンカツ目指してオークキング討伐とか、鍛冶の盛んな国で包丁ゲットぉ! とかやっててほしいですww
No.1972 (読書)


 転生先が残念王子だった件 〜今は腹筋1回もできないけど痩せて異世界救います〜
2020年05月17日(Sun) 
読書記録:
■転生先が残念王子だった件 〜今は腹筋1回もできないけど痩せて異世界救います〜 62話
 https://kakuyomu.jp/works/1177354054892552004

海外出張帰りで飛行機事故にあった、二十代半ばのサラリーマン。
女神から異世界へ行って邪神を倒してほしいと打診されるものの、最近仕事でお疲れ気味だったので、苦労しそうな勇者召喚に応じるより、そのまま楽な死を選ぼうとする。しかし本来ならば搭乗者全員が死亡するところを、召喚に応じるなら隣の席にいる幼稚園児だけは助けられる方法を教えると言われて渋々承知する。
行く先は地球を参考にして作られた、剣と魔法の世界。鑑識チート・探索チート・倉庫チートの三点セットにナビゲーションAIもつけてくれるということで。そうして爆散寸前の機体から幼稚園児とともに飛び降りた彼は、園児のクッションとなって死んだ次の瞬間 ―― またも上空から落下していた。
その身体を竜が鷲掴みにし、衝撃を殺してくれたものの、完全には速度を殺しきれずに地面に激突。意識を失ってしまう。
目が覚めた時には見知らぬ部屋に寝かされていた。鏡を見れば、かなりぽっちゃり……いやでっぷりとした少年の姿が映っている。え、転移じゃなくて転生なの? これ面倒くさいやつじゃね?
身体に残る記憶を確認してみれば、案の定この身体の持ち主、とんでもない問題児であった。
ルーク・A・ヴォルグ(15歳)、身長168cm・体重135kg。100mを12秒台で走れていた彼にとって、とうてい許容できる体格ではない。さらにはこの国の第三王子として生まれたにも関わらず、悪戯や家出を繰り返してばかりで、勉強など全くしていない馬鹿王子。その悪名は国中に知れ渡っているようで、ついたあだ名が『オークプリンス(豚王子)』ときたものだ。
今回の落下事故も、竜種(ドレイク)を使った騎乗の実技試験中、決められたコースを無視してアクロバット飛行を行おうとしたせいらしい。その結果、ルーク少年は卵から育てた貴重なドレイクを死なせてしまい、自身もまた即死したのだ。そしてその空になった肉体に、彼は転生させられたという顛末なようだ。
女神からすれば、王族という立場にあれば、今後の邪神討伐にいろいろと便利だという思惑があったのかもしれない。しかし問題行動だらけだったルーク少年への周囲からの評価は、既に底辺まで落ちきっていた。自分がやったことでもないのに、状況は針の筵だ。これは辛い。
あげく、騎竜を死なせたことで竜騎士学校は退学。通常の騎士学校へ転入しようにも、決定的に成績と体力が足りない。
そんな中、彼は許嫁との婚約解消を言い渡される。幼馴染の彼女とはそう悪い関係ではなかったようだが、今回の愚行で相手の父親及び父王からは匙を投げられたようだ。
そうして次に命じられたのは、隣国の公爵家への婿入り。ルーク少年の基本スペック自体はけして低くなく、貴重な聖属性を含む五属性の魔法を使える存在でもある。しかもぼんくらとは言え他国の王族。魔法属性目当ての種馬としては、どんな馬鹿者でも問題はないのだろう。
新生ルークとしても、このマイナスを突破した環境を改善していくよりも、誰も己を知らない土地で、一からやり直す方がはるかにマシだと思えた。
翌日、朝食すら与えられぬまま、逃亡防止の魔法手枷を着けられた状態で隣国へと送り出されたルークと護送役の兄は、お約束と言うべきか、盗賊に襲撃されている貴族の馬車に行きあって ――


10年後の邪神復活に向けて、女神に召喚転生させられたらボンクラデブ貴族成り代わりだったよ系。書籍化予定、連載中。
スマホみたいなシステム(通話やメール、画像撮影も可能)が普通にあったり、もちろんステータス表示もあるので、ちょっとVRものっぽいです。
転生先のルーク少年は……うーん、彼にも同情の余地はあると言うか。父王は第一王子ばかりを優遇しているようにしか見えず、祖父からは髪の色で疎まれ、母親からは勉強その他をどれだけ頑張っても、当たり前だとそれ以上を要求される。第三者の大人の目から眺めれば、両親の態度は愛情の裏返しだと見えてくるものの、幼い子供が捻くれるのも……という部分はありますね。王子という立場とやけ食いで太った身体のせいで、噂が肥大してしまった部分もあるっぽい。それに孤児院への寄付とかも実はしてたそうで。
……本当に、死亡までする前に、誰かがフォローなり判りやすい止め方をしてあげられていればと。
で、新生ルークはかなり現実主義かつ、元の世界ではけっこうハイスペックだったんじゃね? 疑惑のある存在。勇者召喚なんて胡散臭いと一度は蹴ったり、ルークの現状から周囲にさっさと見切りをつけるようなドライさと、それでも手の届く範囲の弱者は助けようとする正義感が同居しています。
ルーク少年の記憶に影響されてか、ちょっと食欲とエロ方面に引っ張られてるのがあれですけど(苦笑)
あと国同士の取引の結果、政略での婚約に加えて、子供を10人以上作ることを義務化されている=嫁が一人では無理だから、必然的に第二夫人以降を……という展開になっているのが気になりどころです。
本人は「異世界転生子作りハーレムを喜ぶ奴もいるかもしれないが、俺にとっては面倒なだけだ……本当に好きな娘が見つかれば、その娘1人居ればいい」と言っているので、できるだけ初志貫徹を願いたいですが……既にフラグ立って外堀まで埋められてる女性キャラが、幼女含めて複数名……やはり期待は裏切られるのか……って、よく見たらハーレムタグが付いてたーーー _| ̄|○
No.1970 (読書)


 舞台も見てみたい
2020年05月16日(Sat) 
五段ドイリー、2段目は両手×11+糸玉で開始。

■Daniela Mendola: Tatting sharing: round 2 - Chiacchierino condiviso: giro 2
 http://danielamendola.blogspot.com/2020/01/
tatting-sharing-round-2-chiacchierino.html



双葉の間へリングを繋ぐというデザインが面白いと思います★

そして今回も強度を増すために、本来なら繋がない箇所でのピコ繋ぎを試みているのですが……さてこれが吉と出るか凶と出るか……

あとこれ、どう見ても巻いた糸の長さが多かったですね^^;;
うーん、これでもけっこういろいろ考えて計算機叩いたのに……まあ4段目がモチーフ繋ぎデザインですから、半端糸が出たらそこで消費できるか、な?


今日の作業BGMは、You Tube の朗読で、オー・ヘンリーの「罪と覚悟」、それから泉鏡花の「海神別荘」をば。








海神別荘の方はプロの方がUP主さんだそうで、さすがのクォリティでした。
鏡花の三大戯曲と呼ばれる「天守物語」「夜叉ヶ池」「海神別荘」の中では、海神別荘が一番好きです。
人間の見栄とあやかしの理不尽な純粋さが、独特な文体で表現されている。そんなこの作品は、戯曲だけあって音で聴いても本当に美しいです。
……次に好きなのが「天守物語」なのですが、こちらは朗読が見つからなくて残念(´・ω・`)
こーこはどーこの細道じゃ、細道じゃ〜♪ が音で聴いてみたい〜〜<文体が美しすぎて読み上げアプリでは誤読まみれになる

私が泉鏡花に触れたのは、波津彬子さんのコミカライズが最初だったのですが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鏡花夢幻【電子書籍】[ 波津彬子 ]
価格:660円 (2020/5/16時点)



未だに原作の文章を読んだり朗読を聴いていても、この方の絵柄で情景を思い浮かべてしまうぐらいには、素晴ら美しいメディアミックスだと思います。富姫も若様もなんて清しく格好良い……っ

……惜しむらくは、最高傑作と呼ばれる三作品を最初にそのクォリティで読んでしまったために、他の鏡花作品を物足りなく感じてしまうようになったことでしょうか^^;;


夕方からは、ふと思いついて、フリーゲームのジグゾーパズルで遊んでみたりとか。

■無料オンラインジグソーパズル
 https://www.jigsawplanet.com/?lang=ja

うわー、こういうサイトもあるんですね。
途中でプレイを止めて他のサイトへ移っても作業状況を覚えてくれているようですし、難易度(ピース数)を初期設定から変更することもできるようで、なかなか面白いです。
ピースが回転しないのはありがたいと思うべきかどうなのか……あと最初の頃は作業スペースが足りなくて、まずピースを仕分けするのがなかなか難しいかな。
個人的には動物系の画像が好みですねえ。cat とか wolf で検索すると、写真だけじゃなく美麗イラストなんかもいろいろ出てくる……vv
No.1969 (読書)


 黒い聖女
2020年05月12日(Tue) 
読書記録:
■黒い聖女
 https://ncode.syosetu.com/n5700ef/

金髪碧眼の人間ばかりが住む世界へ召喚された、黒髪黒目の聖女。
「こんな不気味で薄汚く黒いのが聖女なのか?」
「何だ? 聖女とやらはカーテシーも知らんのか?」
口々にぶつけられる蔑みの言葉の中、一年後に行われる武神召喚の準備として、国内巡礼に向かわされた彼女を待っていたのは……

因果応報極まれりな短編でした。
……聖女様はちゃんと帰ることができたんだろうか……?
No.1960 (読書)


 異世界初心者セット(防御特化)を貰ったので、ステキな虎さんと家族になります!
2020年05月11日(Mon) 
読書記録:
■異世界初心者セット(防御特化)を貰ったので、ステキな虎さんと家族になります! 〜112:決戦2
 https://ncode.syosetu.com/n7938fe/

仕事帰りに調味料をまとめ買いした谷山麻衣(29歳)は、横断歩道で信号待ちしていたところでふざけていた高校生達に車道へ押し出され ―― かろうじて同様に押し出されたベビーカーを歩道の母親へ突き戻した瞬間、真っ白い部屋へと移動していた。
そこにいたのは幼い幼女の姿をした神様と ―― ふざけていた高校生男女2人の、計3人。
困惑する一同へと、幼女神は告げる。
「そう怯えてくれるな。ワシはただ、お主らにある世界を救って欲しいのじゃ。勇者に賢者、それに……聖女の手によってな?」、と。
神様いわく、その世界では一定周期ごとにモンスターが凶暴化し悪さをするのだという。そして勇者一行にはその世界の住人達と共にその原因を突き止め、正常に戻してほしいらしい。なお原因は毎回変わるそうで、神様自身はうすうす原因を知ってはいるが、そこは神様のルールとして過干渉が禁じられているとのこと。
「……それって自分勝手過ぎません?」
「お主が怒るのも無理はない。確かに、今回はあの子供2人だけの予定だったのだが……己の命と赤子の命、天秤にもかけず迷わなかったお主だからこそ、ワシは連れて来たのじゃ」
幼女のうるうる瞳に……麻衣は負けた。
「……まあ。世界の異常はヤル気になった子供らに任せ、お主はのんびり過ごしたら良いよ」
いわば巻き込まれた、イレギュラーな存在である彼女に無理は求めないと。
実際、人を殺しかけておいて詫びのひとつも言わなければ、勇者としてノリノリでスキルを選びつつ、回復魔法を使えるのはババアだけなんだから、一緒に行くのが当然だろ!? と好き勝手ほざくお子ちゃまになど、付き合う気はさらさらなかった。
そうしてただ一人彼らと違う場所へ送ってもらった麻衣は ―― 気がつくと夜の森の上空にいた。
え、いきなり夜の森って、初心者には厳しくないですか!?
ゆっくり降下しながら慌てる麻衣だったが、そんな彼女を梢の上から見つめる存在と視線が合う。
金色の猫目に青みがかった灰色の髪を持つ、身長は190センチを超えるだろう筋肉質な青年。強面系の面差しによく似合う、黒の縞模様が浮かび上がる獣の耳と長い尾 ―― 虎の獣人だ。
樹上に立つ彼とちょうど同じ高さまで来たあたりで、いきなり重力が通常に戻った。
当然落下する彼女を、青年は素早く受け止め着地してくれる。そうしてこてんと首を傾げてみせた。
男らしい背の高い男性の、どこか幼さを感じさせるその仕草。擦りむいた彼女の傷を治す、呪文を唱えた低く甘い声。
何から何まで、すべてが麻衣のツボをつきまくっていた。
「あ、あの! 助けてくれて有難うございます! 私……マイって言います。異世界から来たんですけど、……恩人の貴方のお名前、聞いても良いですか?」
せいじょは ひとめぼれ した ――

神様系巻き込まれ召喚かと思いきや、実はそうではなかったかもしれない、胃袋掴んでらぶいちゃほのぼの……と思わせてかなりヘヴィな展開になってきた、異世界メシウマ疑似家族的な? 連載中。
最初に神様から《異世界初心者セット》として、かなりの反則スキルをプレゼントされてまして。しかも他の二人が見た目判りやすい「攻撃特化」「魔法特化」を選んだ結果、残り物の「防御特化」をもらったところ、状態異常無効とか消費MP半減とか、即死級のダメージを10回まで防げる結界(他者にもかけられる)などを得ており、まさに「防御特化」。
70話ぐらいまでは、自分も仲間達もほとんどノーダメージでいっちゃってます。
身体は大人・頭脳は子供のイケメン虎獣人な旦那と、異世界基準だと12歳ぐらいに見えちゃうらしいアラサーな嫁(可愛いもの好き関西人)、長年眠りについていたおかげでタイムスリップ状態なダークエルフ幼女を義娘とし、ペット兼義息枠のテイムモンスターらとわちゃわちゃ楽しくやっています。53話から登場する頼れるアニキは、さっさと名実ともに旦那の義兄となって、にいねえちゃんといっしょに家族に加わればいいよ!
もうね、このアニキ(自分への好意に鈍感かつ変な方向に勘違い)とにいねえちゃん(ツンデレ思いつめ系)の両片思いがめっちゃもだもだしてたんですが、105話らへんでようやく相互理解に達したので、早いところ今の修羅場が収まってほしいです。いやほんとマジで、いま掲載されている対モンスター防衛戦が長くて長くてしかも展開に辛い部分が多すぎて、そろそろ読んでて辛くなってきた ・゜・(ノД`)・゜・
マイ達が呼ばれた理由とか世界の秘密とか義娘の過去とかとか、少しずつ明らかにされてくる重要なターンであり、そして要所要所でラブイチャが混じるおかげでなんとか保ってますが……むしろあの凄惨な戦場で、それでもイチャイチャできるってという気持ちもあったりして^^;;
異世界なのに中途半端に日本文化が混じってるとか、何故召喚者が日本人ばかりなのかとかは、そもそもの世界の成り立ち自体に日本の神様が深く関わっているからなど、いろいろ納得できる部分があるのは良い感じ。
ディルムッド(旦那)の精神的成長が明らかにおかしいことを、かつての同僚などが不思議に思っていなかった理由も途中でちゃんと語られているので、そういう突っ込みどころは少なかったと思いました。
……ディルムッドの言動がもはや完全ににゃんこなので、脳内イメージがどうしても強面マッチョになってくれないのは困りものですがww
あとショータ(男子高校生・勇者)が、どれだけフォロー入れられようと、どうしても私には受け入れられないです(−ー;) なまじ中途半端にフォローが入るだけに、かえってヘイトが貯まる……
No.1959 (読書)


 転生幼女。神獣と王子と、最強のおじさん傭兵団の中で生きる。
2020年05月09日(Sat) 
読書記録:
■転生幼女。神獣と王子と、最強のおじさん傭兵団の中で生きる。 〜79 へんな人が来た
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/761693105/571330821

気がつくと何故か異世界で才能抜群な幼女になっていた成人女性が、たまたま出会った弱った神獣と会話ができて、その神獣を捕獲していた傭兵団(世界最強レベルでチート揃いのおっさん連中)に保護されつつ、神獣とおっさん達に溺愛されながら最高の訓練を受けさせてもらって、料理で周囲をオトしたり、精霊たちに懐かれたりしているという……まあなんと言うかお約束テンプレです(苦笑)
うーん……既に80話近くにもなるのに、未だにトリップ&幼女化の理由が語られる気配の欠片もなかったり、日本に未練がある様子も特になく、名前と父がマッチョだったこととおばあちゃんっ子だった事以外はこれといった説明もなし。
主役の性格が割と独特ではあるので、そのあたり何かしら理由があってあえて触れていないのかもしれませんが、そろそろ匂わせるぐらいはしてほしいところです。
No.1957 (読書)


[1] [2][3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]

<< 2020年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 歴史に残る悪女になるぞ
 あるドロイドのおはなし
 薄幸の令嬢は幸福基準値..
 醜い傷の女とおっしゃい..
 捨てられ聖女の異世界ご..
 転生先が残念王子だった..
 舞台も見てみたい
 黒い聖女
 異世界初心者セット(防..
 転生幼女。神獣と王子と..

 最新のコメント
 sakura さん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2020/08/04 17:40:49
 「優雅な額縁」ってタイ..
 by sakura
 at 2020/08/04 00:07:37
 エビチリさん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2020/08/01 21:09:04
 Janさんの指定糸がKordo..
 by エビチリ
 at 2020/08/01 09:52:19
 次兄が家の書類ひっくり..
 by 神崎真
 at 2020/07/28 12:32:37
 契約内容がわからんのは..
 by ちなつとも
 at 2020/07/28 11:05:56
 エビチリ様>
 by 神崎真
 at 2020/07/23 09:37:42
 黒本の表紙はいつかは〜..
 by sakura
 at 2020/07/23 06:54:08

 カテゴリー一覧
 更新(81)
  タティング フリーパターン(7)
  タティング 技法(4)
 創作(607)
  タティングレース(522)
  小説(26)
 読書(232)
 電脳(66)
 映像(41)
 日常(102)
 その他(3)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41