よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 こうして積んでるものが増えてゆく
2019年01月16日(Wed) 
先日、積録(録音したけど聴かずに積んでいるもの)の中から、NHKのラジオドラマ「青春アドベンチャー」の「ゼンダ城の虜(全10回)」及び「ゼンダ城の虜〜完結編〜ヘンツォ伯爵(全10回)」の二つを消化したのですが。

……そんな私の手元に、現在こんなものがあったりしましてww



いえね、最初は国会図書館のHPで古い翻訳や翻案を漁ってみていたのですよ。
本編の方はウィキさんでほぼ完全なあらすじを読めたのですが、完結編の最後の部分がどうなるかを知ってからじゃないと、怖くて聴き始めることができなかったので……<唐突な鬱展開が辛いお年頃

■ゼンダ城の虜 - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/ゼンダ城の虜

そしたらこれが、けっこういろいろと見つかったのですよね。

■ゼンダ城の虜 - 国立国会図書館デジタルコレクション
 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1016904

こちらにはあいにく続編の「ヘンツォ伯爵」は収蔵されていないようですが、裁定による公開(著作者不明で著作権が切れてはいないもの)で、↓こんな作品も。

■黒と赤 - 国立国会図書館デジタルコレクション
 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/907639

■歎きの王妃 - 国立国会図書館デジタルコレクション
 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/912038

他にも何作かあるようですが、とりあえず冒頭と末尾を確認してみた感じ、これの文章が私好みっぽくかつ、続編の「ヘンツォ伯爵」も合わせて最後まで読めるものなようでした<「黒と赤」が本編、「嘆きの王妃」が続編でワンセット

うっわー、えらいもん見つけてもーたー(棒)
ただでさえ積読(買ったは良いけど読まずにry)が溜まっているのに、スキャナした画像のPDFじゃあ、読み上げアプリで作業BGMにすることもできないじゃない……とか思いながら、せっせと50ページずつDLしては、いったんJPGにバラして余白のトリミング&再PDF化とかしていたのですよ。

していたのです、が。

ふと気になって、現在入手できる物を探してみたら……みた、ら。
まさにこのラジオドラマの原作になったという、井上勇訳の文庫版で、送料込202円という出物を発見してしまったのですよ。
某所で1円出品(送料が最低350円)されるよりも安いじゃん!? ってことで、速攻ポチってしまったのでしたww

ゼンダ城の虜 (創元推理文庫 F ホ 4-1 Sogen Classics)
アンソニー・ホープ
東京創元社
売り上げランキング: 503,570

しかもいざ届いてみれば、状態「可」で「使用感・擦れ・折れ・書き込み・色焼け・シミ等がある商品となります」とあった割には、びっくりするぐらい良い状態。きっと丁寧に扱われていた……のか、あるいはこれも、誰かの積読だったのかww

いやはや、先日の八犬伝DVDといい、このところ中古品の引きが良いです(嬉)

ちなみに本編と続編の両方が収録されていて、トータルで600ページぐらいあります。背表紙で立ちますぜ★
それでいざページを開いたら、けっこう活字に親しんできたと自負する私でさえ、思わず「字ぃちっさ!?」って叫んでしまったその密度<43字×18行(メディアワークス文庫だと38×16行)

最近だいぶ紙書籍での読書……しかも文庫サイズから離れていたこともあるでしょうが……もう私も良い歳ということでしょうか(^ー^;;)

ただでさえ積読も積録(TV・ラジオ共)も溜まっているというのに、これ読み切れる日が来るんだろうか……と、今さらながらに思ったりとか。

とりあえず、母は喜んでいます(笑)
何でも子供の頃に楽しく読んだんだそうで。そして「そっくりな王様と入れ替わるのよね?」「でも話は綺麗に忘れた!」だとかww
私よりも先に、じっくり楽しんでくれそうです。
No.973 (読書)


 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 他一編
2019年01月14日(Mon) 
読書記録:
■夢のまた夢 〜第五章 石田三也(1)
 https://ncode.syosetu.com/n7420y/

■乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 〜おまけ お茶会を明日にひかえて
 https://ncode.syosetu.com/n5040ce/

ここしばらくの読了メモ
No.971 (読書)


 2018年の読了図書
2018年12月31日(Mon) 
「異世界クイーンメーカー 〜わがままプリンセスとの授業日誌〜」1巻 漂月
「 Tatting Patterns and Designs 」Gun Blomqvist、Elwy Persson
「 All New Knotless Tatting Designs 」Dora Young
「 Tatting Theory and Patterns 」Jan Stawasz
「いちばんよくわかるタティングレース」盛本知子
「人狼への転生、魔王の副官 魔王の花嫁」9巻漂月
「穏やか貴族の休暇のすすめ。」1巻 岬
「脇役艦長の異世界航海記 エンヴィランの海賊騎士」1巻 漂月
「人狼への転生、魔王の副官 戦神の王国」10巻 漂月
「異世界クイーンメーカー 〜わがままプリンセスとの授業日誌〜」2巻 漂月
「 Tatted Treasures 」Jan Stawasz
「穏やか貴族の休暇のすすめ。」2巻 岬
「穏やか貴族の休暇のすすめ。」3巻 岬


……一年間の読書数(商業出版されたことがあるもので、マンガ以外限定)が、13冊。
2005年から、かれこれ十ウン年記録を取り続けていますが、ここしばらく下降の一途を辿っていますわ。
しかも今年は完全に、WEBで一度読んだものと、レース編み関係の本しかねえ(汗)
いやまあ、たくさん読めばいいって話でもないのでしょうが。
以前は空き時間のほぼすべてを読書に振り分けていたのが、そのままレース編みにスライドしてしまったのが原因ですね……
あと、商業出版物よりも、オンライン小説の長めのものを、読み上げアプリで作業BGMにしているのが増えたというのもあります。
数メガあるテキストとか、文章量ならそれだけで数〜数十冊分になりますからね(苦笑)

……ああ、読み上げアプリの精度がもう少し上がって、時代物とか明治大正頃の作品もきちんと読み上げてくれるようになったら、最近青空文庫で充実しつつある銭形平次とか、あと今度またディーン・フジオカでドラマ化されるらしい、レ・ミゼラブルこと「噫無情」の黒岩涙香版とか聴けるのに(><)
特に涙香さんは、巌窟王とか幽霊塔とかも読み返したいけど時間が取れないので、ほんと読み上げアプリを活用したいのに〜〜っっっ(泣)
No.936 (読書)


 穏やか貴族の休暇のすすめ。 3巻
2018年12月31日(Mon) 
読書記録:
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

穏やか貴族の休暇のすすめ。(3) [ 岬 ]
価格:1399円(税込、送料無料) (2018/12/31時点)


なんとか年内に読み終わりました。WEB版だと「休暇だと思って楽しみます。」の3巻目。
今回は「30:一人の時に浮かぶ人」〜「45:ぞっとする程に(怖い)」の途中までを収録。リゼルさんが商業国で元凶の支配をわざと食らった結果、お仕置きとして読書禁止を言い渡された、その場面まででした。という事は4巻冒頭で、いきなり禁断症状&限りなくブラックに近いグレイゾーンなリゼルさんとは、これまた濃いな……ww
あと「閑話:憲兵長の真面目な一日」が跳ばされている代わりに、「閑話:その頃元の世界では(33話前後)」で締められていました。
加筆修正はちょこちょこありましたが、一番気になったのは、陛下視点でのリズとの思い出が大幅書き足し&ちょっと変更されてたあたりですかね。あとなにげに、リゼルやジルの目の色が確定されていたりとか。
リゼルのアメジストは高貴さにひれ伏しそうな勢いで納得ですが、ジルはてっきり黒髪黒目だと思っていたので、ちょっと意外でした。でも鋼色だと思うと、一刀の二つ名にぴったりだとも思ったり。
これは挿絵の方に寄せてきたんですかね?<作者様は映像でのイメージをされないタイプらしい
挿絵と言えば、陛下の今の御尊顔がはっきり描かれなかったのがちょっと残念。でもこれはこれで、想像の余地があってまたww あとちび陛下&少年リゼルのイラストが尊いvv
他にも眼鏡リゼルや元凶に操られ中リゼルとか、そして忘れてはならない門をこじ開けるあのシーンとか! 今回はとにかくイラスト!! って感じでございました。
肉食系女子こと薬師のメディさんとエルフ達が、作者御自ら「巨乳で」という指定をしたのにも関わらず、まあ常識の範疇内なレベルの胸部装甲&露出度だったところも好感度大です。 一部のラノベ・コミック界におけるやりすぎなディフォルメは、なんというか流石にちょっと、受け付けがたい気持ちが否めないのですよ……(−ー;)

巻末書き下ろしは、魔鉱国へ出発する前に、ジャッジがイレヴンに対して料理や魔道具の扱いを叩き込んだ時のSSでした。うん、こんな感じだったんだろうなって話でした(笑)
というか、改めて書籍版読んでいて気付いたんですが、イレヴンって、ジャッジのことだけ名前で呼んでますよね? リゼルはリーダーだし、ジルはニィサン、スタッドは氷人間。あとは美中年の暗い方とか、ジャッジの爺さんとかあいつらとか、みんなそんな感じ。そう思うと、WEB版でジャッジ連れて裏オークション行ったりとかしてるのも、意外と微笑ましく思えてきたり……?
No.935 (読書)


 辺境の老騎士 バルド・ローエン 4巻
2018年12月29日(Sat) 
読書記録:

なろうで連載され、書籍化もされたスーパー爺ちゃんの食い倒れ珍道中(母談ww)の、コミカライズ。4巻目です。なお小説家になろうの原作は完結済で、ダイジェスト化もされずに全文ちゃんと読めます。
今回収録されているのは、鉈剣の購入から三つ目熊の魔獣との戦い、騎士志願の少年に騎士の現実を語りながらの過去回想。そしてゴドンと出会って一人旅が二人旅に変わったところまででした。
巻末書き下ろしSSは、バルドがスタボロスを乗馬にすると決めて、初めて一緒に戦った時のエピソード。
……そうだよね、アイドラ様が輿入れする寸前に贈られた馬なんだから、複雑な想いを抱いてて当然だよね若バルド…… ・゜・(ノД`)・゜・

そして毎回言ってますが、このコミカライズは本当に作画が素晴らしくて(しみじみ)
特に子バルドに剣の稽古をつけてくれた、流れの騎士様が……脱ぐとすごいんです系、ナイスミドルなオジサマなことは判るんですが、顔はほぼ出てこないんです。でもね、髪型とか肌の色とか……そしてほんの1コマだけ描かれている、耳の形が!
もーーーー、絵師さん判ってらっしゃる〜〜《o(>▽<)o》
あ、でも意外と快活な話し方してたのには、ちょっとびっくりしました(笑)
ってか、この人の後継者(ネタバレ配慮)とバルドって、確か実年齢同じぐらいですよね。そう思うと、いろいろ重ねわせてたのかなあとか思ってみたり。


2018/12/30 追記:

この「辺境の老騎士」、作者様の活動報告によれば、カクヨムの方にも転載されるそうです。

■辺境の老騎士(支援BIS) - カクヨム
 https://kakuyomu.jp/works/1177354054887903142

それだけならば、まあふーんという話なのですが。

>  「カクヨム」では、まず「辺境の老騎士」を投稿し、外伝を順次投稿します。この外伝は、「小説家になろう」ではばらばらの状態で投稿したものや、小説版の特典付録として刊行したSSなども含めて一かたまりにして公開するものです。
>
>  小説の第一巻、第二巻、第三巻にそれぞれ特典SSがあり、特に第二巻は四種類のSSがありましたが、相当に時間も経過し、今なら無償で公開しても、購入したかたが不満に思われることもないだろうと、編集とも相談のうえ判断した次第です。

な、な、な、なんですとーーーーー!?
刊行当時、どうしても揃えることはできないからと、泣く泣くあきらめた各特典SSを、公開してくださるですって Σ(゜ロ゜ノ)ノ

まだそこまでは到達していないようですが、これは要チェック! ですぜ ΣG(`・ω・´)
……いや私はその前に、まず最後の二章を読まねばならぬのでしょうが。
なんで書籍版、3巻以降がなかなか出ないんだろう(´・ω・`)<できれば完成度の高い書籍版の方で、結末を知りたい
No.931 (読書)


 神子姫様()シリーズ
2018年12月28日(Fri) 
読書記録:
■神子姫様()シリーズ
 https://ncode.syosetu.com/s5312c/

テンプレ召喚されて、逆ハー状態で溺愛されまくって国を傾けていた、ゆるふわで脳味噌お花畑ないわゆる乙ゲーヒロイン系神子姫さんの、その心に秘めた真意は……? という短編と、そんな彼女を観察していた、転生者で第一王子の婚約者の、いわゆる悪役令嬢フラグ立っちゃったポジションの人視点の短編。
神子姫さんの、いっそ突き抜けたまでの自己分析と、その純粋さがすごいと思いました。こういう子は嫌いじゃないです。
No.930 (読書)


 コミカライズが始まってた!
2018年12月19日(Wed) 
小説家になろうから書籍化された、WEBタイトル「休暇だと思って楽しみます。」、書籍版「穏やか貴族の休暇のすすめ。」。
マンガになることは知っていたのですが、一向に公開日がお知らせされないので、いつなんだろう……? と悠長に思っていたら、もう始まってました!?

■穏やか貴族の休暇のすすめ。@COMIC - ニコニコ静画 (マンガ)
 http://seiga.nicovideo.jp/comic/38686

作画は百地さんとやら。キャラクターのデザインは、書籍版挿絵の さんど さんのそれに準拠しています。
なので絵柄自体は悪くない。むしろ小説挿絵より、リゼルの外見年齢上がってるのと、ジルが本当に全力でガラ悪いのが、個人的には非常にGOOD!
……ただ、シナリオが(苦笑)
一話ラストをあの台詞で終わらせたいが故に一気に詰め込んだのでしょうが、いろいろ削られすぎていて、原作知らない人にはよく判らないだろう構成に。
特にリゼルの状況が異世界 → 異世界の転移だとか、それでも恐ろしいほどに冷静に現状を分析し、時に大胆に行動しているように見せて、でも実際はすべてが計算ずくなんじゃ? という凄まじい情報処理を行っているのが、全然表現されきっていません(´・ω・`)
そもそもリゼルの素性だとか、世界の異なる部分(空間魔法と転移魔術や、傭兵と冒険者のこととか)がバサッと切られているので、本当にこれだけ読むと何がなんだか?
絵柄は好みだけに、次回以降に期待したいところです。
No.910 (読書)


 スライムと異世界冒険〜追い出されたが実は強かった
2018年12月17日(Mon) 
読書記録:
■スライムと異世界冒険〜追い出されたが実は強かった 〜第39話
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/479463403/315220672

お約束の、複数人同時召喚されて、ステータスがしょぼいからと放り出された主人公が、実は一番伸び代がありつつ、パーティーメンバーの成長にも役立つ存在だったけれど、気づいた頃には後の祭り的なお話。連載中。
最初にテイムしたスライムが有能すぎます(笑)
そして召喚された面子が、主人公含めてあっさり現状に順応して、誰も元の世界に戻りたいとか思ってないあたりが、ちょっと気になりどころ。
ただ王様自体は、もし役に立たない存在だったとしても、その時はちゃんと転移で戻すつもりでいたのを、宰相が勝手にやらかしちゃったというあたり、まだ同情の余地はありますかね……?
No.907 (読書)


 ツンデレ情報屋は、とある警官を殺したい
2018年12月14日(Fri) 
読書記録:

人殺しが神父さんに一目惚れ」の続編で、悪人面だけどめっちゃ良い人(でもある意味めっちゃお馬鹿)な警察官と、イケメンでツンデレで人の悪い情報屋さんのお話。あ、BLもの注意。
一巻目は、何を考えてるのか正直よく判らない物静かな鉄面皮神父さんが、最後の最後で見せる感情の発露が見せ場な感じでしたが、今回は警官も情報屋も感情豊かに言いたいこと言いまくる感じでした。そしてお互いすんごい奥手……一巻目は神父さん相手だから判らなくもないけど、でもハグとかはけっこうしてるってのに、良い年した大人二人が憎まれ口叩きながら手を重ねるのがやっとって……ww
畜生、可愛いじゃねえか!

とまあ、そんなこんなで、こちらの方が感情移入はしやすかったです。情報屋さんも、前作主人公ほど致命的な犯罪は……少なくとも表向きはしていないし。
あと、前半は情報屋さんが理解できない感情にワタワタしてますが、後半はいろいろ自覚した警官のほうがあたふたしているので、どっちもどっちでお似合いですね爆発しろ感すごいと言うかww
そして警官さんの意外にヘヴィな過去にびっくりと言うか、アンタそんな過去持ってて、よく姫くん(前作主人公)に肩入れできたな……ほんとに心底良い人や……

あ、あと実は、二巻目読み始めてしばらくしてから、ようやく情報屋さんにオッドアイ属性が付いてるのに気がついたんですが。



表紙カラーとか、目の陰影が細かく描き込まれてるシーンではむしろはっきりしないのに、シンプルなコマだとほぼ全て同じ方向(右目)にだけトーンが貼られてないので、一部の貼り忘れとか光の具合って訳じゃあないんでしょう。でも話の中では特に理由(視力に異常とか)も、目の色変わってんな? みたいなやり取りすら存在しない……どういうことなんでしょうね?
No.899 (読書)


 おっさん、天才役者になる
2018年12月12日(Wed) 
読書記録:
■おっさん、天才役者になる 〜2章の6
 https://ncode.syosetu.com/n2201eg/

冴えない役者だったおっさんがTS転生して、天才子役を経て、生きる伝説とさえ言われる女優に成り上がっていくお話。連載中。
……うーん、元が冴えない役者だったのに、なんで転生しただけで天才女優になれるのかが、いまいち納得いきませなんだ?
No.895 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9][10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18]

<< 2019年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 こうして積んでるものが..
 乙女ゲームの破滅フラグ..
 2018年の読了図書
 穏やか貴族の休暇のすす..
 辺境の老騎士 バルド・..
 神子姫様()シリーズ
 コミカライズが始まって..
 スライムと異世界冒険〜..
 ツンデレ情報屋は、とあ..
 おっさん、天才役者にな..

 最新のコメント
 こんばんは、sakura さ..
 by 神崎真
 at 2019/12/15 22:36:01
 ふさふさピコが可愛い〜..
 by sakura
 at 2019/12/15 16:50:30
 ういーす。
 by 神崎真
 at 2019/12/09 20:30:46
 裏蓋の開け方やら分解の..
 by ちなつとも
 at 2019/12/09 13:11:42
 こんにちは、いつもの方..
 by 神崎真
 at 2019/12/08 15:00:24
 メモリ増設でデータが消..
 by お疲れ様でした
 at 2019/12/08 14:49:13
 誤字脱字変換ミスはお約..
 by 神崎真
 at 2019/12/06 23:27:13
 おはようございます、自..
 by タカコ
 at 2019/12/06 08:14:20

 カテゴリー一覧
 更新(61)
  タティング フリーパターン(6)
 創作(488)
  タティングレース(440)
  小説(18)
 読書(172)
 電脳(42)
 映像(30)
 日常(55)
 その他(3)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41