よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 欠陥品として貴族を追放された文殊使いは最強の希少職でした。
2019年03月01日(Fri) 
読書記録:
■欠陥品として貴族を追放された文殊使いは最強の希少職でした。 〜二三四話 先へ
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/282206009/782211684

代々魔法に秀でていることでその名を知られた名門アルウィン家の次男として生まれたフィガロは、生まれつき魔力を練れないという致命的な欠陥を抱えていた。魔力を練れないということは魔法を使えないと同義であり、一般人の子供ですら扱える、ごく簡単な魔法さえ発動させられないということだ。兄は魔法剣士として剣聖の二つ名を持ち、姉は優秀な魔法研究者として名を馳せている。そんな傑物揃いの名家が出来損ないを輩出したとあっては、家の名折れであり、国からの信頼も失ってしまう結果となる。
数々の手を尽くしても治療が叶わなかった彼の噂が隣の領地まで伝わり、これ以上匿い続けることはできないと、家長である父はフィガロを家から出すことに決めた。そしてアルウィンの家名を名乗ることも禁じる。事実上の勘当であった。
幸いにも、領地の外れに住む老人が、フィガロを引き取ってくれることになっていた。なんでも数十年前に引っ越してきて以来、たった一人森の中で暮らしている変わり者なのだと言う。
かくして成人である十五歳を迎えたばかりの少年は、家名のないただのフィガロとして追放されることとなった。
しかし彼を引き取ってくれた老人のもとで、フィガロは己が尋常ではない体質を持つことを知る。何でも彼は、体内で魔力を練れない代わりに、その原料となる大気中の魔素を大量に取り込み、そして何倍にも増幅して放出しているらしい。
自分で魔力を作ることができないのであれば、道具を使って強制的にまとめてやれば良い。原料となる魔素はいくらでも取り込むことができ、しかも使う端から補充されてゆく。つまりいくら使用しても魔力切れとは無縁となるのだ。
かくして老人 ―― その正体は千年前に英雄と呼ばれた大魔法使い【焔雷帝】その人 ―― の導きにより、フィガロは魔素を各属性の魔力に変換する魔道具 ―― 文珠の作成に成功する。
そうして修業の日々を送っていたフィガロは、ある日、森の中で襲われている一人の少女を助けることとなった。
そのことをきっかけに、彼は森を出て隣国ランチア魔導王朝へ向かうこととなって……


現地主人公の成り上がりモノ。連載中。
追放系でもありますが、追放とか勘当とか言う割には、そこまで陰湿ではないと言うか、家族もそれなりに主役のことを大事にしていて、半ば幽閉状態とは言えちゃんと成人まで育てていたし、身一つで放り出すのではなく、引取先を手配した上での追放なので、恨みつらみとかはほとんどないです。
むしろ主人公、自分が出来損ないであることをカバーするべく、魔法理論とか礼儀作法はしっかり学んでいたようで、態度とかは場違いなほどに礼儀正しいです。
まあ、ほとんど家から出なかったこともあり、ものすっごい世間知らずというか、知識が偏ってますけど。地理とか各国の情勢とかの知識は、平民以下なんじゃないかこれ……?

そしてなんというか、話の進み方が通常と逆な気もします。
普通こういうのって、まず冒険者になってある程度の経験を積んでから、王女様を助けて婚約という流れになりそうなものなのに、森の中で修行してたところをいきなり一国の陰謀に巻き込まれた結果次期国王に内定して、そこから「世間をもっと知るべきかと」って冒険者登録。一番下のレベルから一般冒険者として活動を開始。
……そもそも元引きこもりの世間知らず(自分が居候する = 生活費を負担してもらっているタダ飯ぐらいなことに、長いこと気付かないレベル)を、王様がノリノリでたった一人の王女の婚約者&辺境伯に叙任した挙げ句、帝王学を教えることすらしないってどうなの? とも思わなくもなく。

そんな訳で、個人的には冒険者編(107話)あたりから、ようやく期待した展開になってきました。
主役が最初の頃に瞬殺しまくった下っ端ポジ的キャラ達も、実は過去に色々あったり相当な実力者だったことも、そこらへんから明かされ始めてきています。
No.1064 (読書)


 元獣医の令嬢は婚約破棄されましたが、もふもふたちに大人気です!
2019年02月27日(Wed) 
読書記録:
■元獣医の令嬢は婚約破棄されましたが、もふもふたちに大人気です! 〜42、ローブに隠された顔
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/434275508/322237278

タイトル通りの元日本人女性が、ゲームのスキルを持って異世界転生。アバスレヒロインに陥れられて婚約破棄、国外追放されたところから始まるお話。
ヒロインと王太子は、3話目にして主人公に肩入れしている国の守護神獣の怒りを買って、主人公を連れ戻さないと許さない呪い? を押し付けられ、身分剥奪のうえ国外追放……されてますが、ヒロインは懲りずにいろいろ画策している模様。
主人公は隣の獣人の国で、密猟者倒したついでに王子様達と知り合って、気が付けば聖女とか呼ばれています。
隣国の王子様は最初傲慢なオレ様野郎っぽかったですが、一応あれは国を憂えて苛ついてたからかな……と。でもいきなり初対面の平民女性を犯罪者扱いして連行しようとしたのは……まあ、ちゃんと頭下げたからよしとするか、ぐらいな?
主人公が動物と話できるのは良いんですが、彼女この世界でお肉とか食べられるんだろうか……?
No.1062 (読書)


 食事処の付加魔法師
2019年02月25日(Mon) 
読書記録:
■食事処の付加魔法師
 https://ncode.syosetu.com/n1310em/

前世の知識をうっすら思い出してしまったが故に、いまいち貴族生活に馴染むことができなかった公爵令嬢エレン。
そんな彼女は学園の後輩である勇者の妹を虐めたという、いわれのない罪を着せられ、王太子から婚約破棄を言い渡される。エレンは思わず目を見開き、わなわなと震える右手を握りしめた。
「マジかよ、やったぜ!」
高らかに叫んだ彼女は、嬉々として王都追放を受け入れ、一平民として市井へと降り立った。そうして二年が過ぎた現在、食事処「金獅子亭」で生き生きと働いている。
趣味は筋トレ、ウエイトレスから薪割りまで幅広くこなす彼女は、店の看板娘として評判になっていた。
ちなみに店の客には、『勇者一行』と呼ばれる人達もいる。彼女が王都を追放される原因となった件に関わる少女の兄と、その相棒である凄腕の冒険者の二人組である。
十年ほど前に現れた、一夜にして一国を滅ぼしたという邪竜を討伐した彼らは、金獅子亭の常連であり、そして常連しか注文することができないとある特別メニューのお得意様でもあった。
その特別メニューとは、「付加魔法(エンチャント)」。
武器防具に属性を付加したり、人間の身体強化に使えるエンチャントは、本来であればそこまで使い勝手の良い魔法ではない。同レベルの使い手なら簡単に解除できてしまうし、そもそも時間経過で効果を失うというデメリットもあるものだ。
しかしエレンが施すそれは、一味違っていたのだ。
うっすら残る前世の知識を元に、対象へ魔法文字を刻み込むという方法を編み出した彼女の施すそれは、半永久的な効力を持ち、かつエレン以外の魔法師では解除できないほど高度なものになっていたのだ。
故に彼女は、こう呼ばれている。「食事処レストラン付加魔法師エンチャンター」と。
これはそんな元公爵令嬢が、お得意様である冒険者たちの武器にエンチャントしてみたり、『勇者一行』と評判のパーティの一人に恋したりするお話である……

悪役令嬢追放系。完結済。
あんまり前世の知識とか関係ないし、エンチャント自体もあらすじ読んで期待したほどには出てきていませんでした。
もっぱらちょっとズレた元令嬢(十八歳)と、いい年(三十代前半)なのに奥手すぎる男(勇者の相棒)の両片思いな初々しいジレジレ恋愛がメインです。
男の正体は、かなり早いうちから読者にはバレバレ。
そして貴族の義務を早々に放棄しちゃった、ある意味無責任な元令嬢が、持つべき覚悟に気がつくお話でもあり、やはり無責任に権力を行使しちゃった王太子様が、単純にザマアされるのではなくちゃんと反省して更生するところなどは、ちょっと好感度上がりました。
ただ一番ことの元凶である、濡れ衣着せた犯人が、特に悔恨するほどもないまま幸せになっちゃったっぽいのが、少々引っかかるかなあ……
No.1060 (読書)


 影にて候
2019年02月22日(Fri) 
読書記録:
■影にて候
 https://novel18.syosetu.com/n6750bl/

書籍化・コミカライズ済の「ダィテス領攻防記」スピンオフ。変態の防衛長官と、彼に目をつけられたアニメ声の密偵くんのお話。14話で完結済。そしてR18なBL注意。
セイくん、ずいぶんと順応力高いと思ったら、なるほど最初からそういう訓練受けてたからなのね……なんかもういろいろ気の毒過ぎる。
何が哀れって、そこに愛がまったく存在しないあたりがもう ┐(´〜`;)┌
なんでこの関係で、この話はこんなにのどかな雰囲気を保っているのかが、心底不思議過ぎますわ……
No.1054 (読書)


 悪役令嬢の取り巻きやめようと思います
2019年02月18日(Mon) 
読書記録:
■悪役令嬢の取り巻きやめようと思います 〜第4章11
 https://ncode.syosetu.com/n7005dc/

娘をかばって交通事故で死んだ四十代主婦が、乙ゲーの世界に転生。
記憶を取り戻した段階で未だ10歳の彼女は、悪役令嬢……の、取り巻きAだった。
ゲーム知識は娘から聞かされたものしかなかったが、丸々と太ったこのキャラクターは、後に悪役令嬢となる公爵家令嬢レミーエやヒロイン達が勝負をする、その前段階のチュートリアル(練習)モードでさっさと退場させられた、名もなきモブだったはず。
勝負で負けた令嬢は、貴族として失格の烙印を押され、結婚もできずに修道院送りになるという。そんな未来はごめんだと、ひとまずはダイエットから始めていろいろ奮闘した彼女は、前世で培ったおばちゃんスキルでグイグイ周りを巻き込んで、気が付けば学園入学前の段階で攻略キャラ達ほとんどと親しくなっていた。
しかも勢いでダイエットグッズのブランドを立ち上げた影響からか、学園内で行われる令嬢達の勝負内容やその結果も、ゲームとは異なってきていて……

書籍化・コミカライズ済み、ダイジェスト化なし。
書籍の方は全4巻で完結しているようですが、WEB版はまだ連載中です。とりあえず63話で第一部が終わっているので、そこが書籍のラストなのかも?
主人公が割と本当におばちゃん的な言動を取り、ギャグ要素も多い中でシリアス展開もありと、なかなか緩急あって面白いです。
ただ書籍化の影響か、WEB版更新がだいぶスローペースになっているっぽいのが惜しまれます。
No.1049 (読書)


 【安価】JKだけど学校でいじめにあってます
2019年02月11日(Mon) 
読書記録:
■【安価】JKだけど学校でいじめにあってます
 https://ncode.syosetu.com/n9251bp/

掲示板形式で、イジメにあっている女子高生が、スレ民に助言を受けながらそれに立ち向かっていくお話。
全三話で完結。
女子高生のメンタル強さと、悪ふざけしながらも相談に乗ってあげる住民にほっこりできました。
鬱々しい展開じゃないのも吉。
No.1028 (読書)


 転生賢者の異世界ライフ 〜第二の職業を得て、世界最強になりました〜
2019年02月10日(Sun) 
読書記録:
■転生賢者の異世界ライフ 〜第二の職業を得て、世界最強になりました〜第103話 素材不足みたいだった
 https://ncode.syosetu.com/n1793ei/

三徹四徹は当たり前のブラック企業で酷使されていたサラリーマンが、ステータスのある異世界へトリップ。
不遇職であるテイマーになったものの、何故か得られた2つ目の職業『賢者』によって強力な魔法がばんばん使えるようになり、テイムしたスライム達もどんどん強化。でも本人は無自覚。
一日徹夜で依頼達成したら、次の日は休んでいいうえ報酬に特別手当まで出るって、異世界はなんてホワイトなんだ! とか感動しつつ、あちこち放浪しては、人知れず世界の危機を救ったりする俺TUEEE系。
トリップした理由は一応あるみたいですが、それやMPマイナスまでほとんどデメリットなく使える理由なども、103話目段階でまだはっきりしていないので、そろそろ話が進んで欲しいところです。
連載中、書籍化&コミカライズ済、ダイジェスト化なし。
No.1023 (読書)


 翼の帰る処 番外編 ―君に捧ぐ、花の冠―
2019年02月09日(Sat) 
読書記録:
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

翼の帰る処番外編 君に捧ぐ、花の冠 [ 妹尾ゆふ子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/2/9時点)



全5巻(10冊)で完結したシリーズの、番外編集。長らく積んでいましたが、本編のラスト四冊ほどをようやく読み返し終えて、満を持しての読了です★
後書き冒頭ではっきり明言されている通り、ヤエトの「その後」は出てきません。
5話収録されているうち最初の1話は、砂漠越えが出立した直後、すなわち20年以上前の時系列でヤエトの妹視点のSSでしたが、残りの4話 ―― 特に終盤の3話は、最終巻のラストでヤエトがいよいよ本格的に隠居かと長期療養していた「大乱」の時期に、他の場所で起きていたあれこれを別視点で綴ったもので、つまり「その後」どころか本編終了以前のお話ばかりです。
唯一、時期がはっきり確定できない2話目も、北方のルシル達のお話なので、ヤエトのことは思い出すだけ。
……でもどの話でもおおむね皆がヤエトのことを考えているあたり、さすがは愛され主人公vv<ちょっと違う

3話目は、二の君とその伝達官のちょっとした会話という、まあ普通の番外短編。
で、4話目にして表題作である「君に捧ぐ、花の冠」は、本編でいつの間にかフェードアウトしていて消化不良が残った、タナーギン(声の大きい、貴族出身の尚書官)がメインのお話でした。174ページとボリュームもたっぷり。
皇妹や華の騎士様ことルーギン、初登場時には一発ゲストキャラで終わるだろうと思っていたスーリヤなども活躍していて面白かったです。
もともとヤエトの知らないところで、さまざまな事件が起き、絡み合っているこのシリーズ。
本当に重要なことが、あちこちでいろいろ起きていたんだなあと、しみじみと。
本編ではあれだけ悪巧みをやらかしておいて、結局お咎めなしでしれっと逃げ切りかとモヤるものがあった三の君についても、ちゃんと皇妹が手を打ってくれてましたしvv ざまあみやがれ、三の君ww
最後の5話目は、ほぼ4話目の続き。なんと皇妹殿下視点です。びっくり!
本編ではあれだけ「何を考えているか判らない人」と連呼されていた彼女ですが、そんな皇妹殿下をして「 ―― わたしだって、疲れているのだから」と言わしめる状況があるなんて!? と。
……そしてそんな状況にあって、ひとり浮き世離れ(文字通り)していた尚書卿がまた(苦笑)
っていうか、本編ラストのヤエト視点を読んでいる段階では「いつもよりちょっと重態かな」ぐらいの印象だったんですが、周囲から見るとめっちゃ重篤だったと言うか、むしろ一部の親しい面子を除いては、もう再起不能の廃人って認識になってたんですね……(汗)
むしろ姫様が訪ねてきた時には最初から会話が成立していたあたり、あの段階では相当回復していたのだと判って、そりゃ周囲が気を揉むはずだと大いに納得してみたり。

あとは赤犬家のギスケルさんもフェードアウトしてましたけど、この人は出てきませんでした。
いったいどうなったんでしょうね、あの人……
No.1022 (読書)


 華の巫女 ファンディスクタイム
2019年02月07日(Thr) 
読書記録:
■華の巫女 ファンディスクタイム 〜ハッピーエンドはまっくろにおまかせ☆
 https://novel18.syosetu.com/n3740ce/

完結済みのものを、とりあえず本編と後日談が一段落つくあたりまでと、間を飛ばして最後の方を十話ぐらい。作者いわく恋愛なしの逆ハーレム。R18。
記憶喪失で死にかけていたトリップ少女(発見者命名まっくろ)を、スペックがめちゃめちゃ高い、でも壊滅的にデリカシーのない無神経男(三十代半ばで元騎士団長)が拾って面倒見ているうちに、ヤンデレ風味に溺愛しだす感じなんですが……全体的に残念感漂ってます。
主役の女の子が、記憶喪失差し引いてもかなり頭がアレなのは……異世界転移時のあれこれが関わっているにしても、ちょっとさすがに(汗)
曲者ぞろいの連中を、無自覚にどんどん懐柔していくあたりは元祖ヒロインと言えなくもないですし、根本的にはすごくいい子なんですけどね。血の繋がらない姉を無条件に命がけで守るとか……でも、うーん(^^;;
なお、国を挙げて巫女を異世界召喚する、召喚された巫女は前世の乙ゲーの記憶を持つ、という伝統あり。そしてその背景としてけっこうエグい裏事情もあり。
国の暗部や人の心の闇とかもガンガン出てきますし、下品なシモネタや特殊性癖系描写も多いので、苦手な人はかなり注意です。
No.1020 (読書)


 亡国の貴族は思った。貧乏貴族って立派なスローライフだったと………。 他一作
2019年02月06日(Wed) 
読書記録:
■亡国の貴族は思った。貧乏貴族って立派なスローライフだったと………。〜040
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/803397747/91172512

某国僻地の貧乏貴族に転生した推定元日本人青年(物語開始時15歳)が、駄目駄目な父親を余所にスローライフ目指して頑張っていたら、実家が没落……ではなく国それ自体が他国に攻め滅ぼされてしまったため、領地家財没収の上で平民として放逐されることに。
とは言え最低限の資産は残してもらえたし、国民達にとってはむしろ腐った上層部がいなくなって税が安くなるぶん、願ったりな状態。派遣された侵略国の代官と話し合い、平穏に引き継ぎを終えた彼は、母と娘と使用人二人とともに、隣国を目指すことにした。父親? 降伏の使者が来た翌日に失踪したので、逃亡生活を満喫していることでしょう。
と、そういう感じで始まる、スローライフを目指して隣国へ引っ越したはずの元貴族な転生者が、本人の認識とは裏腹にいろいろ評価されまくったあげくに、最重要人物として王家や公爵家や教会勢力から籠絡要員を送り込まれたり、その国の馬鹿王子をなんとか廃嫡したいという企てに一枚噛んで、乙ゲーを再現した作戦を立案、進行状況の確認も兼ねて学園に入学したりと言ったところで……半年ばかりエタっています(苦笑)
そもそもの、隣国へ引っ越すという選択肢が持てた根底となる、主役だけが栽培に成功した貴重な薬草の存在があるのですが、それが「あんな理由で成功するとは」とだけ最初に語られていて、その「あんな理由」がまだ明らかになっていないままの更新停止で、正直ちょっと消化不良。
籠絡要員やハーレム候補は出没しまくりますが、そのことに主役がちゃんと気付いていて、「元日本人としての倫理観が」とか思いつつ「やりすぎると……判ってますね?」みたいな感じですべて断りつつ釘を差しているのは好感度高いです。
更新再開……ありうるのかなあ……


■TS転生して勇者の母親やってます☆シリーズ
 https://ncode.syosetu.com/s5641a/

タイトル通りですが、主役の境遇がかなりエグいです。
一人称文体で本人がのほほんとしているのでアレですがが、これちょっと書き方変えたら普通にトラウマレベルの展開です(汗)
しかも正真正銘鬼畜野郎が、後世には悲恋に引き裂かれた美談の主になってるのがまた……いやそこがこの話のミソなんでしょうが。
短編版と、それを10話ぐらいに書き換えた連載版が存在しています。
No.1017 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7][8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]

<< 2019年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 欠陥品として貴族を追放..
 元獣医の令嬢は婚約破棄..
 食事処の付加魔法師
 影にて候
 悪役令嬢の取り巻きやめ..
 【安価】JKだけど学校で..
 転生賢者の異世界ライフ..
 翼の帰る処 番外編 ―..
 華の巫女 ファンディス..
 亡国の貴族は思った。貧..

 最新のコメント
 うふふ、可愛いですよ、..
 by 神崎真
 at 2019/11/11 00:47:17
 再度失礼しますよ〜。
 by 萵苣
 at 2019/11/10 22:28:30
 こんばんわ〜、萵苣さん..
 by 神崎真
 at 2019/11/10 18:51:15
 こんばんは〜。そうそう..
 by 萵苣
 at 2019/11/10 17:46:58
 sakura さん、おはよう..
 by 神崎真
 at 2019/11/09 08:20:23
 以前、作ったドイリーは..
 by タカコ
 at 2019/11/08 06:58:26
 >持ち上げたら布の形..
 by sakura
 at 2019/11/07 22:20:49
 タカコ様、こんばんは。
 by 神崎真
 at 2019/11/06 21:43:51

 カテゴリー一覧
 更新(58)
  タティング フリーパターン(5)
 創作(476)
  タティングレース(429)
  小説(18)
 読書(165)
 電脳(37)
 映像(26)
 日常(44)
 その他(2)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41