よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 隣の芝は青く見える、というけれど
2020年11月25日(Wed) 
読書記録:
■隣の芝は青く見える、というけれど
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/980225952/224405946

姉のものを何でも欲しがるわがままな異母妹を持った伯爵令嬢カルラは、甘やかされて育ったろくでもない大公家の子息と婚約をさせられることになった。しかも「妹を王太子の婚約者にするよう、大公家の口添えをもらうため」という噴飯ものの理由からである。
母の死後まもなく、自分と三ヶ月しか誕生日の違わない異母妹と元愛人の後妻を引き込んだ婿養子の父に、カルラは完全に愛想を尽かしていたが、さすがにこれは腹に据えかねた。
そうして彼女がとった、その手段は……

まずは婚約破棄場面から始まり、その裏側についてが複数視点で語られていくザマアもの。中編で完結済。
実はふたつ前の世代、先代国王がまた盛大にやらかしていて、その負の遺産の集大成とも言える大公家が、孫世代でまた再度やらかした感じです。……いやひとつ前の世代も大概ですが。
とりあえず、そんな三世代にわたる醜聞まみれのゴタゴタを、どうにかさばいて乗り切ってきた当代国王(現王太子の父親かつ、大公家当主の異母兄)、マジお疲れ様としか。
そんな当代国王様や宰相様は、だからこそカルラや王太子の計画に非常に協力的。これで溜まっていた膿が出し切れていたら良いですね(しみじみ)
この話で一番気の毒なのは、そんな大公家に政略で嫁がざるを得なかった上に、周囲の思惑のせいで人生めちゃくちゃにされた奥方様ですね……あと先代国王が過去にやらかした時の元婚約者さまは、どうなったか語られていないんですけど、どうか幸せになっていてほしいです。
No.2286 (読書)


 声を出さないと、決めました!!
2020年11月24日(Tue) 
読書記録:
■声を出さないと、決めました!! 〜クッキーに愛を込めて
 https://ncode.syosetu.com/n1289ez/

コミカライズから続きが気になって原作を検索、一気に最新話まで読了。
転生でもトリップでも乙ゲー関係でもない、現地キャラのみの恋愛ファンタジー。二部の途中で半年以上更新が止まってます。
両片思いに、地味な文官タイプと見せかけて文武とも超有能ちょい腹黒系(でも恋愛ヘタレ)な男性側、周囲がほぼ全部味方で外堀埋められまくるじれじれ甘々カップル。ごちそうさまでした(笑)
主人公(女性側)の最初の選択その他が、ちょっと軽率なんじゃ……と思ったりもしたんですけど、14歳なら中二の反抗期真っ盛りですしね。両親が長期不在で兄や姉とも歳が離れてて、しかも全然会話が噛み合わなくてすれ違ってたら、極端に走るのも無理ないかな、とも思えなくもなく<第二部で登場した父親を見て、初期の特に兄がアレの劣化版だったとしたら、確かに辛いと心底思った
途中、ヒーローな司書さんのフォローも入って、さらに想定外トラブルにより反省もしたようですし、まあその点は良しとするってことで。
……実際、そうやって兄の余計なお世話に抵抗してなかったら、将来はわがまま王子と結婚させられてたか、そうでなくとも王太子を婚約破棄させるルートに入ってた可能性も考えると、なんだかんだでできる範囲でよく行動した! とも思えますしね。
あとまあ、ひとこと言いたいのは……シジャル(司書)さん……ろ、ろり?
No.2285 (読書)


 じいさんばあさん若返る
2020年11月23日(Mon) 
読書記録:
■「じいさんばあさん若返る」/「新挑限」のシリーズ [pixiv]〜56
 https://www.pixiv.net/user/14499092/series/66844

長年連れ添って、もう身体のあちこちにガタの来ていた田舎の農家の老夫婦が、何故かある日突然若返って……というギャグ(?)漫画。連載中。
商業化もされていて、現在2巻まで刊行されているそうです。
なんかもう、じいさまめっちゃイケメンマッチョだし、若返ったばあさまは最強説ww
二人三脚とかカッコ良すぎるわ。
そして世界観がとても優しくて、本当にムカつく相手が誰ひとりいないあたりも安心して読めます。で、随所で泣けるし尊いと。
気になるのは、46話で起きた出来事が、果たしてどういう形で解決されるのか。
どちらの方向に舵を切ったとしても、それはそれで納得できると思います。
ただ、じいさまとばあさまにはどんな形であれ、これからも末永く仲良く過ごしていってほしいですねえ。
No.2283 (読書)


 消える薬 〜世紀の大発明と盗人の一夜〜
2020年11月12日(Thr) 
読書記録:
■消える薬 〜世紀の大発明と盗人の一夜〜
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/409404883/840260490

星新一的なブラックショートショート。
こういうのを書ける人を尊敬します。
No.2268 (読書)


 葉月しのぶの「幻羽」が!!
2020年11月03日(Tue) 
うわわわわ!?
続き出ないよなあ、もしかして知らないだけで出てるのかなあ……と、なんとなーく検索してみた、2004年の9巻発売を最後にぷっつりと止まっていたコミック作品。



なんと、

■幻羽世界〜羽を愛でられし者〜
 https://ncode.syosetu.com/n7864dh/

■幻羽世界〜羽を愛でられし者〜 未発表分
 https://ncode.syosetu.com/n8984gn/

なろうで小説として掲載が始まってた! しかも4年以上も前にっ(驚)
というか、マンガの掲載分から1話ぐらい進んだところでまた連載が止まっていたのを、一ヶ月ほど前に再稼働に着手されたの……かな?
マンガでは描写されなかった設定なども、いろいろ追記されている模様。

まだちゃんとは読んでいないのですが、それでも続きが知れる希望が出てきたことがすごく嬉しいので、ここで喜びを叫ぼうと思います(笑)

葉月先生っ、応援してます!
なので今度こそ、今度こそこの物語の最後までお見せして下さい〜〜〜っっっ 《o(><)o》


2020/11/05 追記:
そうじゃないかなーとは思ってましたが、グランのおおよその実年齢が過去編(の後書き)にて発覚!
微妙に現実的な歳なのがじわりましたww
というか、幻羽人の寿命が意外と短い……いわゆる普通の人間の位置づけとして、80年ぐらいは生きるのかと思ってました。
No.2259 (読書)


 芋くさ令嬢ですが悪役令息を助けたら気に入られました
2020年10月31日(Sat) 
読書記録:
■芋くさ令嬢ですが悪役令息を助けたら気に入られました 〜22
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/704144570/56424668

古い価値観に固執する家族から、数世代前の衣服や化粧、しかも曾祖母などのお下がりという微妙にサイズの合わないものを強要され、社交界の笑いものになっていた侯爵令嬢アニエス。
彼女は王女の婚約パーティーでも遠巻きにされていたが、重いドレスを引っ掛けてしまった際にたった一人だけ助けてくれた青年貴族がいた。
その直後、パーティーの場で行われる婚約破棄劇。次期女王である王女が、婚約者とは別の人物の子供を宿したと発言し、そしてその相手を婚約者が虐めていたとして、婚約の破棄を宣言する。
そうして兵達によって突き倒されたのは、先程アニエスを助けてくれた、礼儀正しい青年貴族 ―― ナゼルバード公爵令息であった。
とっさに彼が立ち上がれるよう手を差し伸べてしまったアニエスを見た王女は、意地の悪い笑みとともに口を開く。
「ちょうどいいわ。ナゼルバートへの罰を言い渡しましょう。彼への処分は、辺境への追放。そして、醜い芋くさ令嬢との結婚よ!」
それを聞いたアニエスの両親は、罪人との結婚を命じられるとはと大激怒。恥さらし呼ばわりしたあげく、まだドレスを着たままのアニエスを、身一つで夜の王都へ追い出してしまい ――

男性側が婚約破棄されて、しかも主役はそれを見ていたモブ女性という、なかなか新し目の婚約破棄もの。連載中
「悪役令息」のタグが新鮮ですね。そしてハッピーエンドは付いてるけれど、ザマアはついてないのは気になりますか。
逆境に潰されず、客観的に状況を判断できているいるようでいて、その実はかなりひどい虐待で価値観が微妙にズレているアニエスを、早く幸せにしてあげてほしいです。
No.2240 (読書)


 C.M.B.森羅博物館の事件目録 39巻
2020年10月23日(Fri) 
読書記録:


4年前に美大を卒業し、念願のデザイン会社へ就職するも、デザインではなく営業に回されてしまった青年。いったいどこで間違えたのか。どこかで選択肢を代えていれば、もっと素晴らしい人生が待っていたはずなのに。そう思っていた彼が偶然再会したのは、高校時代に別れた元恋人だった。彼女は夫からのDVに苦しめられているようで……「想像の殺人」
大学まで行って勉強することに、何の意味があるのか。大人は答えてくれない。子供に嘘をついてもいいと思っている。そんな不安を抱えた男子高校生は、夏休みの間、妹とともに叔父の家へ預けられることになった。叔父の住む山奥は店もろくになく、風呂の使い方もよく判らない古い家だ。そんな場所で、毎日ひとりで山奥に向かう叔父が探していたのは……「パレオパラドキシア」
マウが経営する店へと、一冊の古書が持ち込まれた。たいして珍しくもない90年代のファンタジー小説だが、ある殺人事件の現場にあった証拠品だという。参考までにと本の内容を聞いてみたマウは、ツッコミどころが多すぎることに憤慨して……「ミグラスの冒険」
立樹と森羅のクラスメートが、海外にいる父へと定期的に手紙を出すことになった。家から一番近いポストは、人通りの少ない場所の空き地にぽつんと立っている。書き慣れない手紙に文句を言いつつ投函しに行った彼女が、手紙を投函して戻ろうとした途端、それまで誰もいなかった道の向こうに、突然人影が出現して……「空き地の幽霊」

今回は4編を収録。うち一編はマオ主体で森羅や立樹は登場しません。最初の二編もその他の人物視点で、最後の一編は横槍たちクラスメートがメインの日常謎解きと、ちょっと二人の印象が薄かったですかね。
内容的にはお約束の加藤さん節といったところ。
「パレオパラドキシア」の最後は30年後の場面で語られているのですけれど、最後のコマ、あれは軌道エレベーターかなにかなんですかね?
中途半端に近い未来の描写って、ほんと難しいなあと思います。
あと「ミグラスの冒険」ってタイトルのファンタジー小説は実在するんでしょうか。
検索してみたら、この作品の感想しか出てこなかったんですよね。あらすじだけ見るとよくあるファンタジー小説なのですけれど、マオのツッコミが秀逸すぎます。
No.2223 (読書)


 剣の才能がないと侯爵家を廃嫡され追放された少年。破壊神の加護を手に入れ無双する。
2020年10月21日(Wed) 
読書記録:
■剣の才能がないと侯爵家を廃嫡され追放された少年。破壊神の加護を手に入れ無双する。
 https://ncode.syosetu.com/n1691gd/

「ひざに矢〜」や「ここは俺に任せて〜」のえぞぎんぎつねさんの作品。中編で完結済。
タイトル通り、父の死後当主代行となった浪費家で無能な義母や異母弟に虐げられつつ、なんとか領地を回していた14歳の跡取りエクスが、成人間際に廃嫡され追放の憂き目に。どうしようかと思案しつつ宿に泊まったその夜、夢に破壊神を名乗る女神が登場、加護を与えてもらった結果、いろいろとできるようになって、冒険者になり無双する系。
かなりさくさく進んで、あっさり終わります(苦笑)
破壊神が何故エクスに加護を与えたのかも、とうとう最後まで詳しくは語られませんでした。
感想返しによると、どうも「ひざに矢〜」とリンクしていて、そちらの方で今後出てくるらしいんですが……あっちも既に400話を超えていて、追いかけきれてないからなあ^^;;
あと、途中に仕込まれていたミスリードと言うか、叙述トリック的なアレは、必要だったのか? という思いはありましたね……ハーレム系じゃなかったのは良いんですけど、いきなり過ぎてちょっと消化不良感が……
No.2220 (読書)


 Aランクパーティを離脱した俺は、元教え子たちと迷宮深部を目指す〜「パーティにもどれ」なんて言われてももう遅い。お前らの事なんて知ったことか〜
2020年10月20日(Tue) 
読書記録:
■Aランクパーティを離脱した俺は、元教え子たちと迷宮深部を目指す〜「パーティにもどれ」なんて言われてももう遅い。お前らの事なんて知ったことか〜 第29話
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/799347763/442422887

落ちこぼれ☆1魔法使い〜の右薙さんの作品。連載中。
パーティ追放系ならぬ自ら離脱系。元パーティーがひたすら上から目線のクズです。
ハーレムタグはないですが、新しいパーティが女性ばかりなのと「H」タグがちょっと不安要素、かな。
No.2219 (読書)


 嫌われ者の俺はやり直しの世界で義弟達にごまをする
2020年10月15日(Thr) 
読書記録:
■嫌われ者の俺はやり直しの世界で義弟達にごまをする 〜二度目の人生 ー15歳ー 
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/494528477/381421002

やり直し人生系BLもの。総愛され? 連載中。
No.2214 (読書)


[1][2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]

<< 2020年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 隣の芝は青く見える、と..
 声を出さないと、決めま..
 じいさんばあさん若返る
 消える薬 〜世紀の大発..
 葉月しのぶの「幻羽」が..
 芋くさ令嬢ですが悪役令..
 C.M.B.森羅博物館..
 剣の才能がないと侯爵家..
 Aランクパーティを離脱..
 嫌われ者の俺はやり直し..

 最新のコメント
 その後どうなっているの..
 by タカコ
 at 2020/11/28 08:36:09
 はじめまして、lapisと..
 by lapis
 at 2020/11/28 02:45:26
 エビチリさん、おはよう..
 by 神崎真
 at 2020/11/27 09:31:11
 完成おめでとうございま..
 by エビチリ
 at 2020/11/27 00:00:04
 こんばんは、タカコ様。
 by 神崎真
 at 2020/11/19 18:01:09
 お疲れさま、
 by タカコ
 at 2020/11/18 21:02:10
 こんばんは、エビチリさ..
 by 神崎真
 at 2020/11/16 20:04:17
 完成おめでとうございま..
 by エビチリ
 at 2020/11/16 08:52:35

 カテゴリー一覧
 更新(89)
  タティング フリーパターン(7)
  タティング 技法(4)
 創作(664)
  タティングレース(572)
  小説(26)
 読書(261)
 電脳(72)
 映像(43)
 日常(119)
 その他(3)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41