よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 メインシャトルの消費量確定
2019年03月30日(Sat) 
Aroma Lace のイノセンスでアイビーさん、2個目のメインシャトルを使い切りました。



今回は目指せ8×8サイズ。クリップの付いてる場所が中心となる予定です。
その1バージョンで、基礎モチーフひとつひとつも小さいため、一辺はそこまで長くなりませんが。
……もしも糸が足りそうなら、16×16サイズにしても……いや待て、だから落ち着けww<いろいろと触発されているらしい

で、2個目は切り取る必要があるようなミスは犯さなかったので、やっとシャトル1個でどれだけ進めるのかの確認もできました。



前回メイン側の糸を繋いだのが、中心よりちょっと前の三つ葉部分。
両手×18を繋いでそこから進み、4分の1に少し足りない位置へ到達したので、おおよそ全体の8分の1の、さらに16分の15(8分の0.9375)結えた計算に……なるんじゃないかと。

……って、細かすぎるわww

いやでもやっぱり、備えあれば憂いなし。
特にこの糸はすでに廃盤で買い足しができないので、できるだけ無駄にはしたくない……って、それで間違えて切り取ってれば世話ないですか、そうですか ┐(´〜`;)┌

サブシャトルももうちょっとしたら使い切りそうなので、そちらも忘れずにメモしておかないと……


本日の作業BGMは、名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」で。
ああ、やっぱりこの話好きだわ……
No.1131 (創作:: タティングレース)


 ’joy’アレンジ版 コースターサイズ
2019年03月27日(Wed) 
maimai さんのデザイン’joy’のアレンジバージョンが公開されていたので、三段目まで作ってみました。



■I think this ...|maimai kaito
 https://www.instagram.com/p/BvZNEaYFZTR/

1段目で、モックリングの上にちょい隙間を空けて作ったミニフローティングリングを、2段目でアリゲーター・ジョインのバリエーション? を使って、チェインの内側中央に配置しているようです。
↓の写真では、ちょっと違うやり方のアリゲーター・ジョインで繋いでいます。







使用糸は、ロワール・コットンの col.035 ウィスタリアブルー。
PuPuのペールラベンダーより青が強めの、きれいな薄藤色です。



ちょっと太めでパサついている、毛羽も多い糸ですが、少々固めなだけにロングチェインが安定しやすいし、リングもそれなりに閉じやすく。カラバリも豊富で、しかもセール時にはすごく安くなるのですが……すでに在庫限りで廃盤が決定 _| ̄|○
もうかなりの色が売り切れになっているので、入手するならそろそろラストチャンスが近いかと……

消費糸長(ロワール・コットン時)>

 1段目 メイン 両手×0.75、サブ 両手×2強
 2段目 両手×2+糸玉
 3段目 両手×5+糸玉

完成直径は9cmほど。
前回の糸に比べてちょっと太いなことや増量ピコ分、必要な長さは全体的に少ーし多めでした。
あと1段目が、リング+チェインからモックリング+フローティングリング+チェインになった結果、シャトルも1個から2個に変わり、配分も大きく変化しています。
No.1125 (創作:: タティングレース)


 糸計算用メモ
2019年03月24日(Sun) 
Aroma Lace で作り始めた、蔓草模様の魔方陣、大きめサイズ。
ひとまずサブシャトル1個目を使い切りました。



途中で盛大に失敗して一部を切り取ったり、糸始末位置をずらすため長めに引き出してメインシャトル側へ回したりしたので、今回はMAX巻きでどれだけ進めるかの参考にはなりませなんだ(´・ω・`)

なので次のシャトルを使い切った時に、今度こそシャトル1個でどれだけ結えるのか計算できるよう、どこで糸を繋いだのかの記録撮影をば。

……これをやっておかないと、終盤に入ってから、まだMAX巻きで良いのか、あるいは減らして巻いて充分なのか。減らすなら一体どれぐらい? という見積もりができないので、記録は大事なのです(しみじみ)

さらにメインシャトルの方も、と。



うん、ここから2個目に入ったのね φ(..)メモメモ

2個目のシャトルは、メイン・サブとも両手を広げた長さ×18(推定23.5m前後)を巻いて繋ぎました。
クロバーLやみん100の大サイズを使うと、どちらも Aroma Lace をMAXで×18巻けるんですよ。でもピンクの中国製シャトルだと、頑張っても×16がギリギリ。なのでそのあたりもちゃんとメモしておかないと、これまたややこしく。

さて、今回のアイビーさん・イノセンスは、果たしてどこまで行けるやら?
No.1115 (創作:: タティングレース)


 これで二分の一
2019年03月23日(Sat) 
ついうっかり、無謀な挑戦へと足を踏み入れてしまった、ダイソー・ネイビーで「装飾タイルアズレージョの魔方陣( Azulejo Magic Square )」その2(アレンジ版)の8×8サイズ。
やっと半分まで到達しました〜〜♪



ふはははははは(乾笑)
改めて広げてみると、我ながら笑いしか出てこないww
っていうかもう、撮影スペース確保するのに一苦労ですわ<まず部屋の片付けから

とりあえずの比較対象に、30cm物差しと岩波文庫をば。

今回は思い切って、このぐらいのサイズじゃなきゃ形が見えてこないぐらいに、四角い穴を残す箇所を減らしてみています。
完成時には、アーガイルっぽいラインが現れてくれる、はず?

……途中で一度、残すべき穴を埋めてしまって、後戻りする羽目になったりとかもしましたけどね……ダイソー・ネイビーは、これで意外にほどきやすいのがありがたいッス(^^;;ゞ

ってか、あれ……もしかしてこれ、途中で気を変えて反転版(魔方陣その1)に進路変更したら、模様が途切れ、ますね。その2のまま、16×16サイズに大きくしようとしても……うん、斜めにクロスする四角い穴のラインの交点が、どうしても空けられない位置に来ちゃいますわ。



そういう、微妙に規則性を崩してくるところがマジックスクエアの「あれ、モチーフの繋ぎ目どこ?」という魅力ポイントのひとつではあるのですが。
ううむ、我がデザインながら、実際に作ってみないと判らないものです。マジックスクエア、奥が深い(しみじみ)

現段階での重さは、おおよそ44グラム。



ダイソーの20g玉、2個をすでに超えていますね。
……廃盤になっちゃったパステルで始めてなくて、本っ当ーーに良かったです(汗)<手持ちが4玉ちょっとなので、足りるかどうかが本当に賭けになる

本日の作業BGMは、昨日放送された名探偵コナン「世紀末の魔術師」と、キッド繋がりで「集められた名探偵」をば。
……世紀末〜の方、録画持ってるから別に録らなくても良いやって思って、今まで再放送されても無視してたんですが……今回ふと気がついて確認してみたら、アナログ放送時代のだった(苦笑)
しかもこれ、VHSビデオで録画したやつをDVDデッキ買った時にダビングしたやつだよww

そんな訳で、ちょうど良い機会だと録画し直してみました。
コナンはもう全然見なくなってて、黒の組織関係の情報とか登場人物とかまったく知らないんですけど、初期の頃の劇場版とかKID登場回はけっこう好きでして。
……改めてディスク入れ見た感じ、かなりのやつがアナログ時代に録ったやつっぽいなこれ……集められた〜もそうだったし。そのうちまた、放送してくれないかなあ(´・ω・`)
No.1114 (創作:: タティングレース)


 糸繋ぎの重要性
2019年03月20日(Wed) 
タティングレースをやっていると、いずれ現れてくる課題に、糸繋ぎがありますよね。
……某知恵袋などを拝見していると、「糸を繋ぐと汚くなるので、シャトルに残った半端糸は使わずに捨てます」といった御意見などもありますが……私は貧乏性なので、半端糸を捨てるのってもったいないと思っちゃうんですよね。何よりシャトル1個では足りない大きめドイリーや、長めのブレードなどを作成しようとすると、糸を繋ぐという技術は必ず必要になってくる訳で。

そしてまた、あるいは↓こういうことが、起きてきたりもするのですよ。



うわぁん、なんでもっと早くに気付かないんだよ。私の馬鹿ぁぁぁあああっっっ ・゜・(ノД`)・゜・



……ここまで先に進んでからミスに気づくと、もうほどく気力は……この Aroma Lace はまた、特にほどきにくい糸ですし。
っていうかもうこれ、最初からやり直したほうが早いんじゃね? とまで思ったり(−ー;)

でもまあなんとか、ヤケはイクナイと自制しまして。
ひとまず糸を始末できるだけの長さを確保できそうな位置にハサミを入れて、不要部分を切り取り。そして失敗位置まで、リングとチェイン2個ぐらいずつほどきました。



で、ほどいたことで縮れた端糸をアイロンで伸ばしてから、切り離したシャトルのうち、サブシャトル側から少し長めに糸を繰り出してメインシャトルと仮結び。繰り出した糸はメインシャトル側へと巻き取って、結び目がない位置で本体へ糸繋ぎ。さっきアイロンかけた端糸2本を内部に結びこみつつ進むこと、しばし。
メインシャトルから結び目が出てきたら、その結び目をほどいて改めて、今度はメインシャトルを編みかけ本体へ繋いで、糸端2本を以下同文。
そんなこんなで……



リカバー完了っ!!
1個目の三つ葉からここまでの間で、2箇所糸を繋ぎ、4本の糸端を処理しています。
正直、自分でも写真見ながら「ここ、だよな?」って探さないと判りません(ドヤァ)

……っていうか、過去にはあんなミスこんなミスもやらかしていたことを思い出せば、そんなに嘆く必要もなかったかなって(苦笑)

まあ、そんな訳で。
小さいモチーフだけでなく、そこそこの大きさのものを作ろうという方ならば、糸を繋ぐ方法を、それも何パターンか覚えておくことを強くお勧めする次第なのでした。
いやほんと、間違えたら全部ほどくとか、最初からやり直しとか、タティングレースだと苦行以外の何物でもないですからね……(遠い目)<編むよりほどくほうが、何倍も時間がかかる

なお、今回の蔓草模様の魔方陣は、 Aroma Laceのイノセンス(淡めのシルバーグレイ)で、目指せその1・8×8サイズをば。
この色だと、銀の蔦っぽくて格好良いと思うのですww
No.1110 (創作:: タティングレース)


 知らなかったピコ繋ぎの方法メモ2
2019年03月19日(Tue) 
 >>前の記事から

続き。
サブシャトルの糸を締め終えたら、メインシャトル(薄紫)へと持ち替えて、サブシャトルの糸は左手にかけ、モックリングの後半を作っていきます。



↓モックリングを閉じ終えたところ。



これで巻糸を裏側に回せない位置でも、モックリング(チェイン)を繋ぐことができました★
芯糸が固定されることなくちゃんと動かせるので、ジョイント後にもモックリングを締めたり、チェインの長さ調整をすることが可能、と。

よく見ると、ぽこっとした出っ張りがちょっとできてしまっていますが、それでも昨日やっていたように、いちいちシャトルの糸をほどいて巻いてを繰り返すよりも、はるかにずっと楽かつお手軽ですからね!
何より、シャトルに糸がたっぷり残っている状態でもできる方法なので、大きめモチーフやドイリーの中央部付近でも使えるのが良いです。
ふふふふふ、またひとつ新たな技術を覚えられましたぜ♪

……で、これ、いったいなんてジョイント名なんでしょう?




今回の使用糸は、PuPuの Col.17 ウィンターローズと、今年の新色ラス1こと Col.19 ペールラベンダー。
ペールラベンダーの方は落ち着いた藤色で、クロバーシャトル(フローラ)の薄紫とよく似た色合いです。可愛いvv



昨日作ったの(右側)よりも、やはりモックリング部分が自然に見えるし、中央のピコも埋もれてしまわず、ちゃんと隙間が残っているのが良い感じ。
デイジー(ヒナギク)というより、朝顔とかっぽいような。
ちょっと全体を締め過ぎかなあと思いつつ、でもこういう密度高い箇所は、とことんまでみっちりさせたくなっちゃうのが性分なのですww
No.1108 (創作:: タティングレース)


 知らなかったピコ繋ぎの方法メモ1
2019年03月19日(Tue) 
昨日作成した、ケルティックっぽいデイジーモチーフ。

■Free Pattern | ABC Tatting Patterns
 https://abctattingpatterns.com/free-pattern/

に、掲載されている、ピコの向こう側へ巻き糸を回せない状態で、ピコ繋ぎする方法、

> Join A: (Pull (backside to front) Sh1 thread to make a loop, insert (front to backside) Sh1 through loop.)

を、ようやく解読できた気がするので、忘れないうちにメモしておきます。


まずは、ピコで繋ぐモックリングの、前半部分を通常通りに作成。



以下、薄紫の方(芯糸側)をメインシャトル、ピンクの方(巻糸側)をサブシャトルと呼称。

ピコ繋ぎをする位置まで来たら、ピコの裏側からレース針を入れて、サブシャトルの糸を引き出し、さらにそれを表側まで出します。



次に、引き出した糸の輪がねじれないように注意しつつ、表から裏へとサブシャトルを通します。



↓サブシャトルの糸を引っ張って締めたところ。
直前のダブルステッチとの間に隙間ができないよう注意。



写真が多いので、記事を分けます。

 次の記事へ>>
No.1107 (創作:: タティングレース)


 ケルティックっぽいデイジー
2019年03月18日(Mon) 
またもケルティックっぽいデザイン、「 Tatted Daisy by Mrs. W. M. Odum. 」にチャレンジしてみました。
本来はニードルタティング用のレシピだそうで。

■Free Needle Tatting Pattern | ABC Tatting Patterns
 https://abctattingpatterns.com/free-needle-tatting-pattern/

中心部分は、公爵夫人などと同系統。
最初の一段目はピコ付きモックリングからモックピコで立ち上がり、ぐるんぐるんと周囲のチェインで11段。
最後の12段目で最外周のチェインと、上に乗っかるリングを作っていったら……



完成★ …………なのです、が。
どうにかこうにか形にはしたものの、今回はかなりズルと言うか反則技を使用したので、結果的には失敗、ですかねえ(^^;;ゞ



一応見た目的には、多少歪んではいるものの、そうおかしなことにはなっていないとは思いますけれども。

いえね、着手した段階では、最終段のリングを中央部へピコ繋ぎするのに、Lark's Head Join を使えばいけるかなって思ってたんです。
でもよくよくシミュレートしてみたら、巻き糸をピコの向こう側へ持っていけない段階でアウトだったんですよ(汗)
で、次に Catherine Wheel Join を考えてみるも、こちらはリングだと使えない……ならリングをモックリングにすれば……って、やっぱり巻き糸がピコの向こう側に(以下略
Loop Tatted Ring なら、隙間を通して糸をくぐらせ……ってシャトルがこっち側に残る段階で意味がねえ _| ̄|○

で、まあ散々頭を悩ませたあげくの結論が、もうしょうがないから糸玉側(白)の糸を必要量だけ残して切断して、ボビンシャトルに巻き取り。そちらを芯にしてモックリングを作成して、中央へ繋ぐ位置に来るつどボビンからぜんぶほどいてピコ内部に白糸を通す → またボビンに巻き直してモックリングの続きを結うという、完全にズル技だったのでした ┐(´〜`;)┌



……最終段かつ、手持ちにボビンシャトルがなかったら、絶対に途中であきらめてましたね(遠い目)
あと7箇所以上あった場合も以下同文。

ともあれまあ、なんとか形になったということで、今回は良しとします。
うーん……なんかうまいピコ繋ぎのやり方、ありませんかねえ……?

2019/03/19 追記4:
糸をピコの向こう側へ持っていけない状況でのジョイント方法、見つけられました!


今回はPuPuのマリンブルーとホワイトを使用して、完成サイズが直径6cm弱。



1〜11段目
 メインシャトル(青) 両手×4+糸玉(白)

12段目
 メインシャトル 前段からそのまま続き
 サブシャトル 白糸を両手×2繰り出して糸玉から切断し、ボビンシャトルへ

手持ちの色とダブルステッチの綺麗さでPuPuを選びましたけど、柔らかいこの糸で40目のモックリングはちょっと厳しかったッス……


追記:

同じ系統の派生デザインを見つけたんですが、こっちだと two shuttles begin ってなってますね?

■Tatted Daisy by Mrs. Odum - Tatting
 https://www.bellaonline.com/articles/art61288.asp

やはりモックリングで作るっぽいですけど、「 join it to the first picot on the round center ring 」って、だからどうやってそのジョイントをするかが知りたいんだよぉぉぉおお ・゜・(ノД`)・゜・
ってか、こっちのバージョン、さらにケルティックなことになってるのに、そっちの説明もないし〜〜〜(泣)


追記2:

さらに詳しい説明ページもなんとか見っけ。

■Free Pattern | ABC Tatting Patterns
 https://abctattingpatterns.com/free-pattern/

だから Join A とか Join B ってなんだよ、説明が全然理解できない(しくしくしく)


追記3:

あ……できた、かも……!?

No.1106 (創作:: タティングレース)


 知ったからには
2019年03月17日(Sun) 
昨日の記事で、これどうなってんの?? と紹介させていただいていた、深夜の手芸日記@エビチリ様のところの電動糸巻き機。
なんとさらに詳しい記事を公開して下さっていました!

■続・糸巻き - 深夜の手芸日記
 http://ebitatt.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

ほうほう、ポイントは「キッチンマットの下等に敷く滑り止め」ですか。
ならばさっそく……(ごそごそ)……<何故か机から手の届く位置にある滑り止めシート

いきなりシャトルワインダーに貼るのはちょっと気がひけるので、ひとまず割り箸側に巻きつけて、と。
あとはシャトルをセットしたワインダーをクリップで広げつつ固定してから、ダイソーの電動字消しにセッティンぐー。

では、ポチッとな。

ダイソーの電動字消し+シャトルワインダー 
 mp4形式 12.04MB 16秒



おおっ
ものすごいブレまくってるけど、それでも吹っ飛んでいかず、ほんとにちゃんと回転してるww
へー、なるほど、面白いなあ。って言うか、世の中にはいろいろなやり方を考える方がいらっしゃるんですねえ(しみじみ)

実際問題として、私は糸の長さを測りながら巻くのがデフォルトですし、シャトルワインダーを広げられるほどの強さでクリップを摘まむと、親指が真っ赤になってヒリヒリしちゃうようなので、あまり活用することはないかと思います。でもこれ、性に合う人にはすごく便利な技だと★
糸巻き時にシャトル側を回転させることで、糸のねじれとかも抑えられるんじゃないでしょうか。

っていうか、面白げなやり方を見つけると、つい一度は試してみずにいられないこのサガが……ww


本日の作業BGMは、昨日読み終えた「悪夢の棲む家」に引きずられて、アニメ版ゴーストハントをば。
……ほんっと、容赦なく怖いんだよなこのシリーズ……(−_卅 )

あと、自室の蛍光灯が1本点かなくなったので交換しました。
前回交換したの、いつだったっけ……?
No.1103 (創作:: タティングレース)


 ビーズタティングならぬ……
2019年03月14日(Thr) 
日頃マジックスクエアでお世話になっている海外サイト Tatting by the Bay さんは、他にも多くのパターンを公開して下さっています。

■Tatting by the Bay: Free Patterns
 http://tattingbythebay.blogspot.com/p/free-patterns.html

今回挑戦したのは、Woodland Medallion 、直訳すると「森の勲章」とでもなるのでしょうか?



たまたま画像検索で見かけて、これ一体どうなってんの?? と公開サイトに行ってみたら、お馴染み Tatting by the Bay さんだったという、もう運命みたいな出会い方をしたデザインでした(笑)

使用糸はロワールコットン。
最初(右側)は残り糸で作成したので、内側がココアブラウン。しかしそれだと中央がいまいち映えなかったので、改めて内側をアイビーグリーンにした逆配色も作ってみました★



……最初に見本写真を拝見していた時は、本当に中央部がどうなっているのか判らなくて、頭を悩ませておりました。そして拡大して何度も眺めているうちに、ようやく気が付きました。で、レシピの Filigree という単語を検索してみて、確信も持てました。

これ、真ん中は透かしパーツを編み込むデザインなんですね。
そりゃいくら頭ひねっても判らないはずですよww

で、パーツ置き場をあさってみたところ、以前セリアで購入したチャームが使えそうだったので、試してみた次第だったのでした。



いやあ、よくぞまあ大きさと言い穴の位置と言い、ここまでジャストフィットなパーツが手持ちにあったものです(苦笑)
それでも二個目(内側がグリーンの方)は、ちょっとだけ目数を調整しています(双葉の内側の接続を3目→2目に減)。

見本写真では6箇所穴のあるパーツを使用されていますが、レシピを見た感じだと8箇所穴があり、かつそれが2個ずつセットで上下左右を向いている、四角いタイプが向いているようですね。

完成サイズは一辺が6.5cm、対角ならば9cmちょい。



もっと明るいシルバーやゴールドのパーツを使用して、白やパステルトーンの糸にしてみても可愛くなりそうですし、あるいは外向きリングの目数をちょっと調整すれば、モチーフ繋ぎにもできる、かも?
ああ、ロングピコを織物のように交差させるあれで、まさに見本写真と同じような雰囲気にしてみるのも……(わっくわっく)

消費糸長メモ(ロワールコットン時)>
 一段目 両手×2+糸玉
 二段目 メイン(レシピ赤線)両手×1.5  サブ(青線) 両手×2.5
 使用パーツサイズ 1.2cm四方

なんか使えそうなパーツを見かけたら、うっかり買ってきちゃいそうです。
同じように、今度は円形パーツを中心に編み込むデザインにしてみたら、それはそれでヒナギク(マーガレット)みたいなイメージになって楽しそうですvv

本日の作業BGMも、藤田版剣客商売で。
若先生@若かりし渡部篤郎が、浪人に扮して乱れ髪で立ち回ってるのが色っぽ過ぎる……ww

追記:
今日行った、市内で二番目に大きいダイソーで、#40レース糸を白しか置いてなかったんですが……まさかパステルだけでなく、きなりとネイビーも廃盤、とか……ナイデスヨネ(汗)
No.1092 (創作:: タティングレース)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10][11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42]

<< 2019年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 メインシャトルの消費量..
 ’joy’アレンジ版 ..
 糸計算用メモ
 これで二分の一
 糸繋ぎの重要性
 知らなかったピコ繋ぎの..
 知らなかったピコ繋ぎの..
 ケルティックっぽいデイ..
 知ったからには
 ビーズタティングならぬ..

 最新のコメント
 何度か挑戦(練習)して..
 by タカコ
 at 2019/10/13 19:35:32
 こんにちは、いつもの方..
 by 神崎真
 at 2019/10/13 16:28:37
 録画予約時(番組追跡が..
 by その時間すらないなら無理ですが
 at 2019/10/13 13:54:40
 タカコ様>
 by 神崎真
 at 2019/10/06 22:20:36
 こんばんはっ。アーガイ..
 by 萵苣
 at 2019/10/06 21:34:26
 おはようございます。
 by タカコ
 at 2019/10/06 09:23:10
 こんばんは、タカコ様。
 by 神崎真
 at 2019/10/02 18:20:46
 こんなに昔から、タティ..
 by タカコ
 at 2019/10/02 17:45:29

 カテゴリー一覧
 更新(56)
  タティング フリーパターン(5)
 創作(458)
  タティングレース(413)
  小説(17)
 読書(159)
 電脳(35)
 映像(23)
 日常(36)
 その他(2)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41