よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 大きめのものを結っていると
2018年01月31日(Wed) 
たぶん、誰しも一度はこういう感じの写真を撮りたくなるんじゃないでしょうかww



以前白いのでやってみたことあるんですが、黒だとまた一味違いますね(笑)

↓白いのバージョン。



白いレースを昼の光に透かすとすごく上品に見えますが、黒いのを蛍光灯の下で見ると、なんだか大人っぽい印象になると思います。
この白い方のスクエアモチーフ繋ぎ、タティング始めた初期の頃に延々結っていたパターンなのですが……いま作ったらもう少し違った仕上がりになるかなあ?
No.119 (創作:: タティングレース)


 危なかった(汗)
2018年01月29日(Mon) 
ここ数年、病院へ行く時ぐらいにしか乗らなくなっている、私の軽自動車ですが。
週末、久しぶりに遠くのイオンアニメイトへ行こうと、いつもとは違う日に運転したのですよ。で、何の気なしにフロントガラスを見上げたところ……



( ゜д゜) ・・・

(つд⊂)コ゛シコ゛シ

(;゜д゜) ・・・

(つд⊂)コ゛シコ゛シコ゛シ

(;゜Д゜) ・・・!?

え、あれ? いま2017……じゃなくて2018年で、平成だと、あれ、え!?
何か勘違いしてるんじゃないかと不安になって、こうしてスマホで写真撮って、車検証も引っ張り出して、帰宅してからカレンダーと照らし合わせて、やっぱり間違いじゃないと、二重三重に確認して。

車検が切れるまで、あと、5、日……?

ってか、いつも事前に車検のお知らせハガキが来てるよな!? え、なんで今年は来てないの!?
いますぐ整備工場に電話……って、うああ、週末でお休みじゃねえかよぉぉおお (゜д゜;三;゜д゜)

……という感じで、アワアワしておりました(−ー;)

で、週明けを待ちかねた、本日月曜日。
いろいろと所用でばたつきつつも、どうにか整備工場が閉まる三十分ほど前に電話をかけて、明日うちまで車を取りに来てもらえる段取りをつけることができました。
良かった……間に合った……

まだ免許取りたての頃に、やはりお知らせハガキが届かなくって、半年ぐらい気づかずに車検切れた状態で乗り続けていたことがありましてですね……今回はぎりぎり気がついて、本当に良かったです(ため息)

いやもうほんと、たまったま、本当に気紛れかつイレギュラーにアニメイト行こうなんて考えなかったら、次の通院日には確実に車検切れてたよ (((( ;゜Д゜)))) ガクガクブルブル



飾り格子の魔方陣は、第2コーナーを通過して、ようやく半分を超えました。
前回からサブシャトルをさらに1回、さらにメインシャトルも2度目の糸継ぎをして、



現在は全体の8分の4.75といったところ。
サブシャトル側は残り両手×31弱(およそ40m強)、メインシャトル側は×38強(およそ50m)ぐらいで行けそうかなあ?
……とりあえずどちらも一応、ちょい無理気味のMAXこと両手×20を巻いて繋ぎましたが。
どっちみち、確実にあと1回ずつは糸継ぎが必要そうです。

やはり4×4サイズは、必要糸長も多いなあ……


そう言えば、メゾン・ド・クロッシェで結った2×2サイズは、ちょっと試しに額へ入れてみました。



手近のダイソーで100円で買える、一番大きいサイズ(B5)に、ギリギリいっぱい。
下に敷いている「山化粧」や、右にちらっと写り込んでいる花冠〜4×4サイズは、百均なのに300円とかするB4とかA3のフレームでも、ちょっと厳しそうですね……
最近、作るものがどんどん巨大化していっているので、本当に置き場所に困っています(苦笑)
No.111 (創作:: タティングレース)


 まだまだ先は長い
2018年01月25日(Thr) 
「飾り格子の魔方陣」その2の4×4バージョン。
今度はメインシャトルの2度目の糸継ぎ記録です。



Aroma Lace 糸をメインシャトル両手×(15+20)で、全体のほぼ8分の3までいけました。
8分の1を結うのに、だいたい両手×12弱という計算で間違いはなさそうです。となると残りは両手×60か……こちら側は多少無理してでも、やっぱり一回につき×20巻かないと、糸継ぎ回数が一回増えそうだな……
まあメインシャトルとMYルールで決めてるみん100(大)は、いちおう合わせ目をレジン接着してるから、もう多少無理させてもパーツが外れることはなかろうて(^ー^;;)
No.103 (創作:: タティングレース)


 保冷バッグでヤーンホルダー
2018年01月23日(Tue) 
糸玉やコーン巻き糸の持ち運びに試行錯誤するのが、編み物を趣味に選んだ者の宿命なのでしょうが。
最近、買う糸がどんどん大玉化してきていて、これまで使ってきたスリット入りタッパーに入りきらないものが増えています(^ー^;;)ゞ
その筆頭が、縦横11cm近くもある、ミルフローラ80g玉。

レース糸は毛糸と違い外側から糸を取るため、ただサイズ的に収まるだけではなく、内部で無理なくスムーズに転がってくれなければならないという条件がつくんですよね。
さらに、汚れやホコリ防止として蓋は閉めたいが、同時に作成途中のものを糸玉と繋がったままの状態で出し入れしたいという条件を加味すると、ハードルが大幅UP。

そんなこんなで、百均などに足を運んだ際は、何か使えるものはないだろうか……と、いつもそんなことを考えながらうろうろしてしまいます。

で、今日も病院帰りに立ち寄ったダイソーで目に止まったのが、↓これでした。



お弁当などを入れる用の、保冷バッグです。
縦と横は22〜3cm、そしてマチが13cmほどのちょい大きめサイズ。これなら行けるかも……?と、駄目元で買ってみました。百均なのに216円ですよ、まったく油断も隙もない(苦笑)

で、手持ちで一番大きなミルフローラ40の生成りを入れてみたところ……



おお、ジャストフィットな大きさじゃん! シャトルやかぎ針を入れているポーチも、入れるだけなら問題なく収まってくれます。
そして実際に使用する時は、こう、



マチ部分から糸を引っ張り出せば、ファスナーに擦れて糸が傷む心配もなし。それでもいちおう使用時は、ファスナー部分との間をクリップ留めするとか、いっそスナップボタンでも縫いつけておくのが良いかもしれません。
ともあれ試しに糸を引っ張ってみれば、ちゃんと内部で糸玉が転がり、どんどん繰り出されてくれました★

手持ちの巾着袋とかで試してみた時は、内部の布と糸玉が擦れて、いまいちうまく引っ張れなかったんですよね……保冷バッグだと、マチ付きで内部空間に余裕があるうえ、アルミ箔でコーティングされているおかげですべりが良く、糸玉が転がりやすいようです。

足元の床に置いてもOK。持ち手をどこか目の高さあたりに引っ掛けておいて使うのにも良さそうです。
さすがに糸を引き出す際は、小物入れポーチは出しておかないと無理そうですが。まあそれは問題ないでしょう。

試してみたら、コーン巻きの Aroma Lace でも、ほぼストレスなく使えそう。
内部が見えないぶん、残り糸の量とかは確認しにくいですけど、その代わり日焼けとか水分の多いものによる汚れの心配はしなくて良さそうですし。
取っ手がついているから、携帯時の持ち運びしやすさも文句なし。
しばらくはこれで様子見ですかね。

なにより、ほぼ改造しなくても良いのが、一番のメリットかもしれませんww


飾り格子〜4×4は、サブシャトル側も一度目の糸継ぎを通過しました。



サブシャトルは、両手×15で、全体の8分の1.75ちょい過ぎぐらい。
残念ながら四分の一には少し届きませんでした(´・ω・`)
この調子だと、ざっと概算で両手×68.5ぐらいが必要ってところでしょうか。
そして次のシャトルは両手×20を巻いたものの、さすがにちょっと無理がある感じでした(汗)<はみ出しまくりで、手から取り落とすとばららららーーーってなる
どのみちさらに2シャトル分は必要そうなので、あとの二回はもう少し控えめに巻いたほうが良さそうかも……
No.96 (創作:: タティングレース)


 マジックスクエアの弱点
2018年01月21日(Sun) 
「飾り格子の魔方陣」その2の4×4バージョン。
メインシャトル最初の糸継ぎに到達しました。



意外と糸食うな……ミルフローラで花冠〜4×4サイズの時は、同じ長さでもう少し先までいけたんですが。
ええと、Aroma Lace 糸を両手を広げた幅×15で、全体の8分の1とその4分の1強だから、8分の1.25強。
つまり8分の1が両手×12で結えるとして、メインシャトルは全体で概算×96が必要。
サブシャトルはまだある程度残ってますが、仮に4分の1に届くとしても、ざっと×60必要。合わせて156とすると、メートル換算で202m……?
いま手持ちのブラックペッパー、実はそれなりに消費しているんですが……た、足りる、よな?<新品1コーンで450mらしい

一筆書きのマジックスクエアは、モチーフ繋ぎと違って、ちょっとだけ小さ目に中途変更することができないというのが難点なんですよね……
まあ、いざとなったら最後はミルフローラで誤魔化す方向で(苦笑)
他人の手に渡す訳でなし、多少質感違っても気にしない気にしないww

で、本日の作業BGMは、ルパン三世・the Last Job 。
手持ちのDVDを再生してみたら、アナログ放送版だったので笑っちゃいました。ついこの間の放送だった気がしてたんだけどなあ(苦笑)
個人的にとっつぁんや五エ門が活躍する話が好きなので、ルパンTVスペシャルの中ではけっこう好みな方です(というか、一時期ほぼ見ていなかったのを、このあたりから再視聴し始めた記憶が)。

しかし、うーん……やはりカリ城と立て続けに見ると、カリ城が別格すぎるなとしみじみ思っちゃいます。
……画面内の情報量やアクションのスピード感は、こっちの方がむしろ多すぎるほど多いのに、なんでこう伝わってくる背景とか雰囲気が違ってくるのかなあ。



そしてこれは完全にチラ裏な話なんですが。
現在うちで連載中の話に出てくる某キャラさん、あえて背景作らない正体不明の謎キャラで押し通す予定でいたのに、何故かいきなり過去設定が降ってきてどうしてくれようかと(苦笑)
そいつが何でこんな言動取ってるのかの理由とか思いついたら、それに付随してずるずると外見や普段の生活設定まで出てきちゃったよ……どうしてくれよう(悩)
他の脇キャラ達にもそれぞれ生い立ちとかの設定あるんですが、これ全部入れこんだら、話がとっちらかっていくばっかりだよなあ……
No.94 (創作:: タティングレース)


 間違えまくったじゃないかww
2018年01月20日(Sat) 
既に何度見たかも判らない、ルパン三世・カリオストロの城。
いい加減台詞とか展開とかほぼ頭に入っているから、ながら作業のBGMにはちょうど良いよねと、例によってタティングシャトルを動かしながら見始めたのですが。

……どのシーンもどのシーンも魅力的過ぎるというか、緩急のリズムが絶妙で、どこで目を離しても確実に巻き戻したくなる。そして見るたびに新たな発見があるというか。
よく考えたら、最近はポータブルプレイヤーの小さな画面でしか見れてなかったんですよね……パソコンの19インチモニターでデジタルリマスター版を見始めたら、ええ!? ここにこんなことが? とか、おおこれが噂のアレか! とかなって、まったく画面から目が離せません(笑)

挙句気がつけば、しっかり目数や進む方向を間違えていて、かなりの時間かけてほどくこと複数回 _| ̄|○

おのれ、それもこれもカリ城が面白すぎるのが悪いんじゃーーー!<八つ当たり

いやでもほんと、無駄なシーンがなにひとつ存在しないと言うか、ものすっごく密度が濃いんですよね。
なんてことない遠景シーンでも、画面の隅に後々の伏線が映っていたり。ちょっとした会話をしながら、後で使うアイテムを作ってたり。
そして今回は、いままで噂では聞いていたけれどとんと確認できずにいた、「冒頭カジノのシーンで、実は五エ門が車の中にいる」をはっきり見ることができました! なんで微動だにせず札束ん中、埋まってんだよww そしていつの間にかいなくなってんだよww


……まあそんなこんなで、昨日〜本日の進捗はこの程度でした。



オリジナルデザイン「飾り格子の魔方陣( Iron Work Magic Square )」。
魔方陣その2の、4×4サイズの開始です★
まだようやく、八分の一に届くかどうかというところ。先は長いですが、それだけ楽しみでもありますvv
使用糸はミルフローラ40の黒……と行きたかったのですが。衝動注文した時にはもうシャトルへ糸を巻いてしまっていたので、今回は Aroma Lace のブラックペッパーでのスタートです。
良いんだ、この際だからブラックペッパーを使い切るくらいの気持ちで行ってやんぜ!<少しでも在庫を減らしていかないと

とは言え今回は、比較的少ない消費で行けるかもしれません。
なにしろ、前回メゾン・ド・クロッシェ#40で作成した、2×2サイズと比較すると……



既にこれだけのサイズ差が出ていますから。
メゾン・ド・クロッシェが国産#40としてはちょい太めなことを差し引いても、これはかなりの違いでしょう。
先日の花冠〜4×4と同程度の完成サイズを覚悟していましたが、この調子なら一辺26cmぐらいになりそうですかね。……それでも保管場所には困りそうですけど(苦笑)

ともあれ今回は、3種類すべての模様が現れてくるはずなので、先を進めるのが楽しみですvv
さて、明日は何を作業BGMにしながら進めようかな♪


ああ、それと2006年10月に購入して、ずっと使用していたLED時計が壊れてしまいました。
……理由はまたも落下ってあたりがなんともはや ┐(´〜`;)┌
いえ、置き場所をロフトベッドの枕元に移動させていたのですが、一昨日の夜中に半分寝ぼけながら時刻を確認しようとして、手探りしていたらうっかり床まで↓させてしまいまして。
あ、なんかすごい音したけど……ハシゴ降りるのめんどくさい……いいや、朝拾えば……とそのまま再沈没。
で、起きてから回収したら時間表示がおかしなことになっていたので、とりあえず時刻合わせをしたのですが……止まっている訳ではないものの、あっという間に狂うというか、遅れているというレベルではない勢いで妙な時刻を示すようになっちゃってました。
でもまあ、これも11年半も使ってたんですから、元は充分取りましたかね(苦笑)
夜中の時刻確認はもう、スマホでいっか……
No.89 (創作:: タティングレース)


 金票大玉なら、原価500円分ぐらい?
2018年01月19日(Fri) 
メガネ型ルーペ、父用に頼んだ二つ目が届いたので、確認してみました。
うむ、こっちもレンズのフチの鼻下部分がざらざらになってる……どうもこの部分に磨き残しがあるのは、この商品の仕様なようですね。
でも使い心地に問題はないので良し!
硬めのメガネケースを買ったので、安心してカバンに放り込み、お昼休みにはこれ使って黒糸結ってました。私の作業部屋は、絨毯もテーブルも暗色なので、ますます黒糸が見えにくくて。
……というか、作業部屋でお一人ご飯 → そのままレース編みもしくは読書にいそしめる環境を心底幸せだと思ってしまう私は、きっとモヴィちゃん師匠の弟子になれると思う(苦笑)


一昨日の記事で完成写真をUPした、ミルフローラ40で「花冠の魔方陣」その2の4×4バージョン。
あの時はまだ、アイロン仕上げの影響で湿っていましたが、すっかり乾燥してくれたのを見計らったところで、重さを計測してみました。



全体で16g。
最小単位が1gの秤なので、いささかざっくりですけど。ミルフローラ40がおおよそ100mあたり9.09gと考えると、まあこんなものなんじゃないでしょうか。

※糸の長さと重さの関係については、以前↓こちらにまとめています。

■糸の太さ考察|覚え書き(2017年以前の記事です)
 http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary.cgi?
action=article&year=2017&month=05&day=14&mynum=8163


※こちらのブログへ移動させました。

■糸の太さ考察(移動)|覚え書き
 http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary.cgi?
action=article&year=2018&month=09&day=13&mynum=683

単純に長さ・重さ(メーカー公称)で比較するなら、ミルフローラ40とDMCコルドネ40番が同じぐらいの数値。コルドネは1玉20gですから、糸始末とかミスった時のロスも考えて、余裕を持って作業するのにちょうどぐらいの大きさですかね?
……通販で買うしかないから、これ一枚作るのに材料費だけでも1000円オーバー……やっぱり私には高嶺の糸ですなあ(苦笑)


そして某所で作成を始めたというデザインが途中ながらすごく素敵だったので、完成形はどんなかしら、そしてどこに載っているレシピなのかと調べてみたら、またも Etsy のダウンロード販売でした。

■Garland: Tatting Lace PDF Pattern Frivolite
 https://www.etsy.com/listing/552352269/

中と外を繋ぐ部分の強度に不安はありつつも、内側だけでも充分素敵というか、面白い構造だと思います。

ああ、 tattingbythebay さんのマジックスクエア系レシピと言い、 Etsy のダウンロード販売は誘惑が多すぎる……っっ(><)

■Tatting Pattern - "Magic Square (Triangles Variation)"
 https://www.etsy.com/jp/listing/495262331/
No.88 (創作:: タティングレース)


 メガネ型ルーペとアームライトと黒糸と
2018年01月18日(Thr) 
誘惑に負けてポチってしまい、昨日の夕方に届いた、格安メガネ型ルーペ。
送料無料で税込880円。ただし簡易包装なので、多少の箱潰れなどはご容赦下さいという注意書きがあった通り、まんまと箱が変形していましたが……この価格にこの速さで届いた上、本体には別状なかったので気にしません★



入っていたのはメガネ本体、及びメガネ拭きと簡易ポーチ。レンズには最初、保護用の透明フィルムが貼られていました。
はっきり言うと、作りはかなりちゃちいです。ポーチなんてペラペラの布巾着だから、これに入れてカバンに放り込んだりとかしてたら、すぐに壊れちゃいそうですし。
あとこれは不良品なのか、あるいはこういうものなのか。よく見るとレンズのフチになど、一部ザラザラした磨き残しとかも見受けられました。



ですが……ねえ?
何と言っても880円! 倍率1.6倍で、眼鏡の上から重ね掛けできるタイプのルーペが、880円ですよ!?
幸いこの位置は、一見すれば外部から見えない上に、シリコン製鼻パッドのお陰で皮膚に触れることもありません。なので気にしない気にしないww

でもって、肝心の使い心地ですが。

 すっごいよく見えます!

Aroma Lace の黒糸で結った目数が、ちゃんと数えられるんですよ。普通の国産40番手を使っているのと、ほぼ変わらない感覚です。
通常メガネのみだった時は、うっかり目数が判らなくなった時など、いっそひとつ前の区切りまでほどいてやり直したほうが、早かったぐらいなのに。

それには、7日に購入したスイング式アームライトも大いに貢献しているかと。



まだ軽く使ってみただけですが、自由に角度を変えられる昼光色の全方位式LED電球と、1.6倍のルーペ。この取り合わせはかなり強力だと断言いたします!

……ただまあもちろん、難点もあります。
まず、おそらく推定ですが、これ目にかかってる負担がかなり大きいと思います。かけたり外したりした時の違和感がすごいというか、目が一生懸命になって、変化した環境に順応しようとピントを合わせてます感が。
着脱直後はくらくらするぐらいなので、事前に目を閉じたほうが楽だと私は結論しました。つまり「目を閉じる」→「かける」→「目を開ける」→「作業」→「目を閉じる」→「外す」→「目を開け直す」という流れ。
それぐらい周囲の見え方が変わります(汗)
ってか、ちょっと試しに基礎モチーフ1の四分の一ぐらい結ってみただけなのに、心なしか目が重だるい……

そして第二点として、ピントの合う範囲がかなり限定されているため、手元から他へ視線を移すと、やはりくらくらします。テレビ見ながら作業とかは完全に無理だし、結び図などを確認する際もかなり厳しいです。これだけをかけている人はまだ良いのでしょうが、通常メガネとの重ね装備だと、やはり持ち上げる時に引っかかったりするので。
そういう点ではやはり、クロバー社などの跳ね上げ式タイプの方が便利なんだろうなあと実感しました。

これを使う場合は、あらかじめ目数を頭に入れておくか、あるいは手元と同じぐらいの距離に結び図を立てたり貼ったりしておくと良いんじゃないかと思います。
……そういう意味では、もう少しレンズが小さめでも良かったかも(苦笑)<横目とか上目遣いで結び図が確認できそう


ちなみに、試しにかけてみた父が、あちこちを眺めてから値段を訊いて、その場で速攻「ワシのも注文してくれ!」と言ったので、現在2個目をポチり中です(笑)

ともあれ、数千円レベルのものに手を出す前に、まずこういうものが自分に合っているかどうかを確認してみるのには、手頃な品だと思いました。

そしてペラい巾着ポーチではなにかと不安なので、百均で硬めのメガネケースを購入。 ……いや、うちの引き出しにゴロゴロしている、家族の誰かがメガネ新調するたび増えていく三城や眼鏡市場のケース達では、どれも小さすぎて入らなかったので……



よっしゃバッチリ!
ちょっとツルが片方はみ出ているように見えますが、そこまでガチガチのハードケースではないので、普通にファスナー閉まってくれます。
これは父も同様に欲しがるかなあと、裏側のラベルを確認したところ……

> みん100
> http://min-100.com/
>
> 品名/ファスナー式メガネケース 2
> 品番/MC-17
>
> 発売元 ワールドアトラス(株)

みん100! しかもワールドアトラスだとぅ!?
あのクリアカラーなタティングシャトルを、商品化にこぎつけて下さったコンビですよねこれ。
一気に好感度上がっちゃったじゃないかww
……っていうか、この商品仕入れているのなら、タティングシャトルも入荷してくれないかな……>セリア系列じゃないスーパーのテナント百均さん

でもって、
昨日、届いたこれをさっそく装着して、そこらへんにあった説明書などの小さい文字で、見え具合を確認していた私。
「おお、読める! 読めるぞ!!」とかム●カごっこをしつつ、「でもやっぱり、外すとちょいクラクラするわ」とか感想を漏らしていたところ……横で見ていた長兄が、

「長時間かけてた後で外して、『目が、目がぁあ!』ってなるなよ」と。

はい、ツッコミならぬボケ返しをありがとうございました(笑)

って言うか、このやり取りをした後にコメントでも目がーネタを頂いて、考えることは皆さん同じなのかとww
No.87 (創作:: タティングレース)


 「花冠の魔方陣」完成
2018年01月17日(Wed) 
先月18日あたりから作り始めていた、オリジナルデザイン「花冠の魔方陣( Flower Crown Magic Square )」、その2タイプの(4×4)サイズ。
なんとか完成いたしました〜〜 へ(^○^へ)(ノ^○^)ノ



国産40番手にしては細めのミルフローラ40(白)使用で、大きさは一辺が31cmほどの正方形。

使用糸長:
 メインシャトル:両手×(15+15+20+19)=69
 サブシャトル:両手×(15+18+20+3.5)=56.5

途中でミスった部分を切り取り → 別糸で結ってはめ込んだところは、計算に入れてません。
合計で、概算163m強(両手を広げた幅≒1.3m換算)……ダイソー糸とかオリ金あたりを使うと、たぶんさらに1〜2割増になると思うので、20gでも足りそうにない、ですかね。

前作「花鞠の魔方陣」のほうが、いささかみっちりしすぎでアジアンノットっぽかったかも……という反省に基づき、今回は密度薄めを心がけてみました。



多少なりとは、レースらしい「透かし」感が、増したんじゃないかなあと思いたいです。
双葉の集合を花芯とした四弁花・8個のリングによる花・花芯がピコのみのすっきり四弁花と、どこを見ても花だらけ。かつ、じ〜〜〜っと凝視しているとなんとなく、あちらこちらに円が見えてくる気がするので、花冠(かかん)シリーズという命名vv
個人的にはダイソーのパステル糸で作ると、よく映えると思うのですが……その場合だと恐らく、完成サイズが35cmオーバー。さすがにかさばりすぎるッス(苦笑)
モチーフ繋ぎではないため、畳む時にどこで折るかも悩みどころで<既に持ち歩く時、二つ折りにしてもA4用書類ケースにギリギリだった



……そしてロングチェインの連続は、我ながらきつかった……何しろ一番短いチェインでも12目、一番長いのは40目あるんですよこれ。
密度を薄くするにしても、さすがにちょっとやりすぎたかと、途中でかなり後悔も(^ー^;;)ゞ

今回の反省点は、チェインを長くしすぎたことと、あと全体的な印象がちょっとのっぺり気味なところですかねえ。これは人それぞれの好みなのでしょうけど、個人的に詰まるところはギュッと詰まりつつ、空くところは思い切った空間がという、コントラストの感じられるデザインが好きなので。

各要素はそこまで長く(大きく)しないまま、かつ強度も保ちつつ空間を確保……これからの課題ですねえ。

ともあれこれで、花冠シリーズは基礎モチーフ・2×2魔方陣・4×4魔方陣とひと通り作り終えました。
次は年末年始にデザインしていた飾り格子シリーズで、念願の細め黒糸による4×4魔方陣に着手しようと思うのですが……



て、てへ?
いやあ、届くのが早いなあ……はははww
No.83 (創作:: タティングレース)


 もうあとちょっとだったのに
2018年01月16日(Tue) 
花冠〜のサブシャトル、やはり最後にもう一回、糸継ぎが必要でした。



残り四分の一の、さらに四分の一弱。
最初にサブシャトルの糸を継ぎ足した時は、両手×15で四分の一強まで行けてましたから、かなり余裕を見積もっても両手×4あれば充分ですかね。
くぅぅっ、あともうほんのちょっとだったのに《o(><)o》

……とか思ったんですが。
よくよく考えたら、両手を広げた幅×4≒5.2mしかも細めの#40って、けっこうそこそこの長さですよね(苦笑)
ここのところ、みん100大とかLサイズシャトルMAX巻きばかりしていたせいか、ちょっと感覚がずれていたかもしれません(^ー^;;)ゞ

そして本来であれば、今日のうちに完成するかもというペースで進んでいたのに……またもやらかしてしまいまして。
全部で四つしか現れない、ロングチェインの四弁花。その最後のひとつで、1本目のチェインを40目 → 36目に間違えているという致命的なミスを、ぐるーっと回ってきて4本目のチェインを繋ぐ段階で、ようやく気がついたんですよ……(遠い目)<せめて2本目を繋ぐ時に気付け
ええと、判りやすく例えるなら……モチーフの9枚繋ぎを作っていたら、8枚目の途中で中央のモチーフにミスを見つけた、みたいな?

もちろん今さら戻りようもないので、例によってハサミを入れて、糸始末ができる長さが確保できるだけ前後をほどきほどき。そこへ新しい糸を足して正しい目数のものをはめ込んでから、びろっと出た6本を、どうにか誤魔化して糸始末しました。
……マジックスクエアって、その部分でどっちに向かって進んでたのかがややこしい上に、今回はシャトルの持ち替えもしまくっているから、いったいどこを切ったらどちら側をほどくことができて、そしてどっちのシャトル糸がどれぐらい確保できるか、予想するのがめっちゃ厳しくて(泣)

まあ、こういう手直しのスキルを学んでいるのだと思えば!

…………これからは今まで以上に気を付けて、もっとこまめに広げて、遠目からチェックします…… ・゜・(ノД`)・゜・
No.80 (創作:: タティングレース)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40][41] [42] [43] [44]

<< 2019年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 大きめのものを結ってい..
 危なかった(汗)
 まだまだ先は長い
 保冷バッグでヤーンホル..
 マジックスクエアの弱点
 間違えまくったじゃない..
 金票大玉なら、原価50..
 メガネ型ルーペとアーム..
 「花冠の魔方陣」完成
 もうあとちょっとだった..

 最新のコメント
 りゅうはつうこんのいち..
 by 神崎真
 at 2019/11/15 19:10:37
 orz ←リューさん
 by ちなつとも
 at 2019/11/15 10:37:59
 なんというかな……本に..
 by 神崎真
 at 2019/11/13 17:31:16
 本に対する愛の違いっす..
 by ちなつとも
 at 2019/11/13 10:01:45
 うふふ、可愛いですよ、..
 by 神崎真
 at 2019/11/11 00:47:17
 再度失礼しますよ〜。
 by 萵苣
 at 2019/11/10 22:28:30
 こんばんわ〜、萵苣さん..
 by 神崎真
 at 2019/11/10 18:51:15
 こんばんは〜。そうそう..
 by 萵苣
 at 2019/11/10 17:46:58

 カテゴリー一覧
 更新(59)
  タティング フリーパターン(5)
 創作(478)
  タティングレース(431)
  小説(18)
 読書(167)
 電脳(37)
 映像(26)
 日常(45)
 その他(2)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41