よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 2017年のタティングを振り返ってみる その8
2017年12月15日(Fri) 
5月ラスト。



maimai こと海東麻井さんのフリーパターン。
PuPuのオパールグリーンとダスティグリーンを使用。
30目の大きいリング練習用にデザインされたものだそうです。

■〈A〉 a ring by 30 stitches 〈B〉 a ring in 30 st...|Instagram
 http://pikore.co/media.php?id=1518546344393221444_2447275901

他にもロングチェインやモックリングなどの要素が盛り沢山で、シンプルな見た目の割になかなか形が整えられない、難しいデザインでした。


ここから6月です。



盛本知子著「3ステップでここまでできる すてきなタティングレース」に掲載されている、「ブロードウェイ・チャイナのドイリー」用モチーフを繋いで、人形のカーディガンを作成。依頼人は母。
ダイソーの2017年新色、#20ミントグリーンを3玉消費。最終的なモチーフ枚数は37枚。
身長70cmある人形に着せるこれを、二週間足らずで完成させたのは、けっこう誇って良いと思うんだ……






藤重すみ著「やさしくタティングレース」に掲載の「マーガレットのスカーフ」……の、繋ぎ方を変えてテーブルセンターに。
使用糸は天使のクロッシェレース糸、クラシックベージュ。完成サイズは縦41cm×横53cmほど。
合間合間にちまちま作っていたので、二ヶ月ちょっとかかりました。
No.12 (創作:: タティングレース)


 2017年のタティングを振り返ってみる その7
2017年12月15日(Fri) 
ここから5月。




藤戸禎子著「モチーフ&エジング101」より、36番モチーフ。
使用糸はダイソーの#40、ホワイトと生成り。
なんというか、うん……一応記録として残しましたが、我ながらひどすぎました(−ー;)




聖光院有彩著「NHKおしゃれ工房 タティングレース」より、小さなモティーフ「ダイアナ」。
使用糸はダイソーの#40ホワイト。
中央の花弁が奇数なのと、そこから出るリングが二つずつというのが、なかなか見かけないデザインなのではないかと思いました。




ホビーショー期間限定販売だった、あみものOTOKOさんちの「願い鶴」。
具象モチーフは(以下略)ですが、折り鶴とタティングレースという取り合わせの妙に魅せられて、レシピを通販してしまいました。
もうひとつ、ワイヤーを使用したバージョンの方は、まだ作成できていません(しょぼん)
かなり難易度高いんですよね、この方の描かれるレシピって……




上記に同じく「願い鶴」二羽目。
最初に作った大きい方は、ダイソーの#40ホワイトを使用。右の小さい方は、Aroma Lace のジャスミンです。
糸だけでこんなふうに立体化して自立するのだから、本当にすごいデザインです。
No.11 (創作:: タティングレース)


 2017年のタティングを振り返ってみる その6
2017年12月15日(Fri) 
4月の続き。




藤重すみ著「優雅なタティングレース」より、「8 円形ドイリー」。
使用糸はハイスターの#40ミックス156番。
糸と私の手癖の相性がいまいち&目数が合わずにうねりまくり&実生活のストレスが重なった結果、ここまで結うのに二ヶ月ぐらいかかりました。
本当はもう二段プラスして「11 円形ドイリー」にまでするつもりでしたが、あえなくここで挫折。
これのおかげですっかり、中心から結うタイプのドイリーが苦手になってしまいました……




アンソロジー「タティングレース 花」より、照沼育子さんデザイン「76 レースボールのイヤリング」……を参考に、ビー玉を包んだもの。
書籍ではTピンに通したクリスタルビーズ6ミリ玉を、160番の糸で包む仕様でした。




アンソロジー「タティングレース 花」より、後藤智子さんデザイン「30 モティーフつなぎのセンター」のモチーフ。
使用糸は、大量にシャトルに残ってしまった、ハイスターの段染め#40。
ブロックタティングによるコントラストが面白かったです。




アンソロジー「タティングレース 花」より、広瀬史子さんデザイン「105 ネックレス」のヘッド部分。
Le Cotton の#50ホワイト使用。
ピコ割れしまくる糸を逆手に取って、ふっさふさに仕上げてみました。
あとピコゲージの使い方を覚えたのが、この作品からだったような。
No.10 (創作:: タティングレース)


 2017年のタティングを振り返ってみる その5
2017年12月15日(Fri) 
ここから4月。




藤戸禎子著「華麗なクラシックレース」より4番のドイリー。
3月最後に作成したものの、糸や細かい部分を調整してリベンジしてました。




Annes Nuperellenett さんのフリーパターン「 Norske minidrager 」。
日本語訳するとノルウェーのドラゴン。糸はPuPuを使用。
具象モチーフにはあまり手を出さないのですが、これは面白そうだったので挑戦してみました。

レシピ配布元は↓こちら。海外サイトさんです。

■Annes Nuperellenett
 http://nuperelle.net/




聖光院有彩著「タティングレース ―― 新しい世界」より、「湖の華」の周辺モチーフ。
古い糸箱から絹穴カガリ糸が出てきたので、サンプルにしているモチーフを試し結いしてみました。
恐ろしいほど結いやすく、色艶も素晴らしいです。さすが絹。
しかし私のようななんちゃってタッターが、手を出してはいかんやつだと思い知りました。
だってこれ、たった20mで300円とかするんですよ……?




左:盛本知子著「優しいタティングレース」より「小さな菱形ドイリー」。
右:藤重すみ著「やさしくタティングレース」より「マーガレット」のモチーフ。

50gで108円の、クロッシェレース糸で遊んでみた。第二弾と第三弾。
マーガレットの方は、まんまとリングをひとつ作り忘れています(−ー;)
No.9 (創作:: タティングレース)


 2017年のタティングを振り返ってみる その4
2017年12月14日(Thr) 
3月に完成したものは少なめ。



超極細PuPu糸で遊んでみよう第一弾。
藤戸禎子著「タッチングレース 華麗なクラシックレース」より6番ドイリー……の、中心部分のみ。
しかも波打ちそうになったので、本来は12回繰り返すものを11回で止めてます。
あと一応、チェインとオニオンリングの裏表を合わせる、なんちゃってJan’sメソッドにも挑戦していたりとか。




超極細PuPu糸で遊んでみよう第二弾。
藤重すみ著「やさしくタティングレース」より、花のモチーフb「ガーベラ」……をアレンジしまくった結果、ほぼ原型をとどめてない何かに(苦笑)




盛本知子著「すてきなタティングレース 3ステップでここまでできる」から、「湘南ラインのテーブルセンター」。
これには三週間ぐらいかかりました。
白糸部分はオリムパスのプラチナレース糸、薄緑の四つ葉部分はPuPuを使用しています。




藤戸禎子著「華麗なクラシックレース」より4番のドイリー。
50gで108円という脅威のコスパを誇る、百均の天使のクロッシェレース糸を使用しました。
けっこう太めで毛羽立ちもありますけれど、意外に結いやすい糸です。
白やベージュがもう品切れっぽいのが惜しまれますね……

■100円均一 ヨーストア
 http://yoo-store.com/cgi/item_list.cgi?
GENRE=8&CAT=2#07:クロッシェ


3月はこれだけです……
No.8 (創作:: タティングレース)


 2017年のタティングを振り返ってみる その3
2017年12月14日(Thr) 
引き続き2月。



藤重すみ著「優雅なタティングレース」より「2 ドイリー」。
前回の糸渡しモチーフの発展形。




藤重すみ著「優雅なタティングレース」より、「9 ミニドイリー」。
ただし中央部分だけ「10 円形ドイリー」と差し替えてあります。そちらのほうがデザイン的に好みだったので。




ケルティックタティングをやってみたくて、洋書「Celtic Tatting Knots & Patterns」のサンプルページを拝見して作成。

■書籍 Celtic Tatting Knots & Patterns (英語)
 http://www.ilovesmart.com/moreinfo.cfm?Product_ID=19758

どちらかと言うとアジアンノットっぽい作り方でした。




藤重すみ著「優雅なタティングレース」より「8 円形ドイリー」……まで、もうあと一歩というところ。
このあたりからいろいろあって、作成ペースががくっと落ちたように記憶しています。
No.7 (創作:: タティングレース)


 2017年のタティングを振り返ってみる その2
2017年12月14日(Thr) 
引き続き1月です。



藤戸禎子著「華麗なクラシックレース」より「8 クッションカバー」をアレンジしたスクエアモチーフ。
DMC コルドネスペシャル 80番バージョン。




聖光院有彩著「タティングレース ―― 新しい世界」より「湖の華」。
これの周辺モチーフが気に入って、以後新しい糸を買うとこのモチーフでサンプル作成しています。


ここからは2月。



藤重すみ著「優雅なタティングレース」より「7 ミニドイリー」。
上が試作第一号、ダイソー#40ホワイト。左下が試作第二号、糸は同じ。右の緑色のは、母の糸箱から出てきた謎の段染めカセ糸です。#20よりちょっと細めでした。




藤重すみ著「優雅なタティングレース」の「1 ミニドイリー a」。
初めて糸渡しに挑戦。
No.6 (創作:: タティングレース)


 2017年のタティングを振り返ってみる その1
2017年12月14日(Thr) 
ブログの投稿テストも兼ねて、今年作成したものを振り返ってみようかと。

ちなみにこのブログは、基本、ひとつの記事に4枚しか画像を載せられませんん。

2016年の6月にタティングレースという存在を知り、ネットと書籍を頼りに挑戦し始めてからおおよそ半年経過した、翌1月の段階がこれ。



聖光院有彩著「タティングレース ―― 新しい世界」より「公爵夫人」。
ダイソー#40バージョン。




藤戸禎子著「華麗なクラシックレース」より「8 クッションカバー」をアレンジしたコースター5枚セット。




聖光院有彩著「タティングレース ―― 新しい世界」より「花筐(はながたみ)」。




聖光院有彩著「タティングレース ―― 新しい世界」より「公爵夫人」。
DMC コルドネスペシャル 80番バージョン。
No.5 (創作:: タティングレース)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

<< 2019年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 2017年のタティング..
 2017年のタティング..
 2017年のタティング..
 2017年のタティング..
 2017年のタティング..
 2017年のタティング..
 2017年のタティング..
 2017年のタティング..

 最新のコメント
 エビチリさん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2019/06/19 18:46:09
 おはようございます。体..
 by エビチリ
 at 2019/06/19 10:30:32
 こんばんは、タカコ様。
 by 神崎真
 at 2019/06/17 18:05:10
 おはようございます、
 by タカコ
 at 2019/06/17 07:45:04
 タカコ様>
 by 神崎真
 at 2019/06/15 07:35:52
 サイズ感覚おかしくなり..
 by sakura
 at 2019/06/14 23:11:43
 8×8って、やっぱり見ご..
 by タカコ
 at 2019/06/14 16:11:52
 タカコ様>
 by 神崎真
 at 2019/06/13 04:04:08

 カテゴリー一覧
 更新(48)
  タティング フリーパターン(5)
 創作(393)
  タティングレース(358)
  小説(15)
 読書(139)
 電脳(31)
 映像(19)
 日常(32)
 その他(2)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41