よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 新元号決まりましたね!
2019年04月02日(Tue) 
遅ればせながらの話題ですが、昨日は昼過ぎまでテレビもパソコンもない部屋に籠もって作業していたこともあり、夕方帰宅してニュース見るまでころっと忘れていました(苦笑)
あと基本、このブログ記事は少し前倒しで下書きしていることもあって、話題が微妙に遅れがちww

そして新元号は令和、ですか。
和の字が昭和とかぶってるじゃんと思ったら、今まで20回も使われてると聞いて、じゃあしょうがないのかとか。
こういうことを書くと歳がバレますが、平成に変わった時も最初は「えー……」って違和感バリバリだったのに、気がつけばすっかり馴染んでいたので、令和もすぐに慣れることでしょう。
我が家は自営業なので、大量にあった未使用の請求書とか納品書の類の「昭和」の文字を、家族総出で二重線入り平成スタンプで消していったのも懐かしい思い出です。
そうか、事務屋さん達はこれからあの作業に追われるのだなあと、ニュース映像で登場する二重線スタンプを見ながら思ってみたり。


しかし平成の時は、こんなに大騒ぎになったっけ? と思ったんですが。
そう言えば昭和天皇は闘病がお長かったから……世間が自粛自粛で、あれはあれでいろいろとしんどかった……(−ー;)<学校行事まで影響を受けた
ちなみに4月1日はうちの祖父の命日だったりもするんですが、その話題も我が家では完全に忘れられてたな……(苦笑)


話は変わりまして、
2015春こと WIOSNA2015 二段目は、どうやらレシピ通りで大丈夫そうでした。



……ミルフローラは糸玉が大きいので、ダイソーで買った200円の保冷バッグをヤーンホルダー代わりに。
マチがあるぶん内部空間が広いし、アルミ箔で内張りされているので、ほとんど減っていない80g大玉でも、ちゃんと中で転がってくれます。
取っ手がついているから、持ち運びしやすいのも一石二鳥★

次の段がぐるぐるターンなので、そこでの収まりを心配しつつも、とりあえずフィニッシュ。



消費糸長メモ(ミルフローラ40・生成り時)>
 2段目 両手×4.25+糸玉 ※要SLT

普通に結び図を追うと、シャトル2個仕様。でもサブシャトルは5P5のチェインを作成することにしか使わないようだったので、SLT(シューレーストリック・糸の交差)を導入して、シャトル+糸玉で作成してみました。



多少の歪みというか違和感はあるものの、進んでいけば埋没して目立たなくなるレベルかと。



そして今回ちょっと糸が余ったので、次のぐるぐるターンの最初で使用すれば、尽きた位置から残りの必要長を概算できますかね。
まあミルフローラは多少無駄にしても惜しげがない糸なので、そこまで神経質になる必要もないとは思いますが。
でも半端な糸がいつまでも残ってるのって、なんか気になるんですもん……
No.1134 (創作:: タティングレース)


 サブシャトルも確定
2019年04月01日(Mon) 
イノセンスなアイビーさん、サブシャトル側も2個目を使い切りました。



ちょうど四分の一までいけましたね。
前回糸を繋いだのが、メインシャトルよりもちょっと前の位置だったので……



両手×18で、8分の1.125ちょいってところです。
8分の1を超えてくれると、多少は計算がしやすくてありがたいです(苦笑)

3個目のサブシャトルは、例の中国製ピンク色。



先日ダイソーで可愛いシールを見つけたので、今度は海洋生物で攻めてみましたvv
ウミウシが可愛いvv アメーバーは透明シャトルに貼ったほうが映えるかな……って、よく考えたらアメーバーとかウーパールーパーは、淡水の生き物なような……?

あ、ダイソーと言えば、レース糸、今年の新色出たらしいですね!
……いろいろ検索してみた感じ、#40細はダークレッド1色ですか(´・ω・`)<赤系あんまり使わない
とりあえず見かけたら1玉は買ってみる予定ですけど、うーん……なんでダイソーさんは、基本の黒とかベージュあたりをまず揃えないんだろう……?<今回廃盤になった「きなり」はどちらかと言うと薄黄色だった
そして#20(太)がこれまた、昨年に引き続き魅力的な色ばっかりで!
ああもう、#20と同じカラーラインナップで#40も出してくれたら、ダイソー糸だけで十分楽しめそうなのに〜〜〜《o(><)o》


あと、4月に入った訳ですが、リニューアル後のブログ村では相変わらず記事を拾ってもらえていません(´・ω・`)
これもう、いったん退会して新しく入会し直したほうが良いのか、うちのRSS記述は対応外になっちゃったのか、どっちだろう……
No.1133 (創作:: タティングレース)


 こっちのが好みだったんだもんww
2019年03月31日(Sun) 
毎年この時期になると、大型多段ドイリーのレシピを1〜2段ずつ公開して下さっているらしい、海外ブログ Frywolitki, Tatting, Chiacchierino さん。
今年も WIOSNA2019 を、現在6段目まで公開されていて、あちこちのブログやインスタなどで、作成報告が上がっているのだそうで。

そこで……



何故かうっかり、今年の新作ではなく、2015年に公開されたものへ手を付けてしまった私がww

■Frywolitki, Tatting, Chiacchierino: serwetka WIOSNA2015 on-line
 http://renulek.blogspot.com/search/label/
serwetka%20WIOSNA2015%20on-line

いや2019年バージョンもすごく素敵なんですけど、どうせなら全部公開されてから、まとめてプリントアウトしたいかなって……
っていうかこの方のドイリー、どれもこれも大物すぎて、なかなか手を出す勇気が(汗)<これで同時進行はすべて大物が3つ

しかもこの2015年版も、一段目からいきなりお椀化してくれやがりましてですね……(−ー;)



まだ最初の最初だから、目数調整してやり直しする気力もありましたけれど、これが途中で起きたら……一段まるまる切り取ってやり直しとか、想像するだけで _| ̄|○

今後は、お椀化や波打ちの傾向が見られたら、一周はせず早めに何らかの手を打ったほうが良さそうです。

ああでもやっぱり、一段目だけですら可愛いなあ(*´Д`)



2段目は、この方のデザインでよく見られるっぽい、横向きリングが入ったデザイン。私あまり横向きリングって、作ったことないんですよね。
今度はうまく行ってくれると良いなあ。

消費糸長メモ(ミルフローラ40・生成り時)>
 メインシャトル 両手×2.75
 サブシャトル 両手×2.5

本日の作業BGMは「天空の難破船」で。
ここまで来るともはや同人誌……ww
No.1132 (創作:: タティングレース)


 メインシャトルの消費量確定
2019年03月30日(Sat) 
Aroma Lace のイノセンスでアイビーさん、2個目のメインシャトルを使い切りました。



今回は目指せ8×8サイズ。クリップの付いてる場所が中心となる予定です。
その1バージョンで、基礎モチーフひとつひとつも小さいため、一辺はそこまで長くなりませんが。
……もしも糸が足りそうなら、16×16サイズにしても……いや待て、だから落ち着けww<いろいろと触発されているらしい

で、2個目は切り取る必要があるようなミスは犯さなかったので、やっとシャトル1個でどれだけ進めるのかの確認もできました。



前回メイン側の糸を繋いだのが、中心よりちょっと前の三つ葉部分。
両手×18を繋いでそこから進み、4分の1に少し足りない位置へ到達したので、おおよそ全体の8分の1の、さらに16分の15(8分の0.9375)結えた計算に……なるんじゃないかと。

……って、細かすぎるわww

いやでもやっぱり、備えあれば憂いなし。
特にこの糸はすでに廃盤で買い足しができないので、できるだけ無駄にはしたくない……って、それで間違えて切り取ってれば世話ないですか、そうですか ┐(´〜`;)┌

サブシャトルももうちょっとしたら使い切りそうなので、そちらも忘れずにメモしておかないと……


本日の作業BGMは、名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」で。
ああ、やっぱりこの話好きだわ……
No.1131 (創作:: タティングレース)


 ’joy’アレンジ版 コースターサイズ
2019年03月27日(Wed) 
maimai さんのデザイン’joy’のアレンジバージョンが公開されていたので、三段目まで作ってみました。



■I think this ...|maimai kaito
 https://www.instagram.com/p/BvZNEaYFZTR/

1段目で、モックリングの上にちょい隙間を空けて作ったミニフローティングリングを、2段目でアリゲーター・ジョインのバリエーション? を使って、チェインの内側中央に配置しているようです。
↓の写真では、ちょっと違うやり方のアリゲーター・ジョインで繋いでいます。







使用糸は、ロワール・コットンの col.035 ウィスタリアブルー。
PuPuのペールラベンダーより青が強めの、きれいな薄藤色です。



ちょっと太めでパサついている、毛羽も多い糸ですが、少々固めなだけにロングチェインが安定しやすいし、リングもそれなりに閉じやすく。カラバリも豊富で、しかもセール時にはすごく安くなるのですが……すでに在庫限りで廃盤が決定 _| ̄|○
もうかなりの色が売り切れになっているので、入手するならそろそろラストチャンスが近いかと……

消費糸長(ロワール・コットン時)>

 1段目 メイン 両手×0.75、サブ 両手×2強
 2段目 両手×2+糸玉
 3段目 両手×5+糸玉

完成直径は9cmほど。
前回の糸に比べてちょっと太いなことや増量ピコ分、必要な長さは全体的に少ーし多めでした。
あと1段目が、リング+チェインからモックリング+フローティングリング+チェインになった結果、シャトルも1個から2個に変わり、配分も大きく変化しています。
No.1125 (創作:: タティングレース)


 糸計算用メモ
2019年03月24日(Sun) 
Aroma Lace で作り始めた、蔓草模様の魔方陣、大きめサイズ。
ひとまずサブシャトル1個目を使い切りました。



途中で盛大に失敗して一部を切り取ったり、糸始末位置をずらすため長めに引き出してメインシャトル側へ回したりしたので、今回はMAX巻きでどれだけ進めるかの参考にはなりませなんだ(´・ω・`)

なので次のシャトルを使い切った時に、今度こそシャトル1個でどれだけ結えるのか計算できるよう、どこで糸を繋いだのかの記録撮影をば。

……これをやっておかないと、終盤に入ってから、まだMAX巻きで良いのか、あるいは減らして巻いて充分なのか。減らすなら一体どれぐらい? という見積もりができないので、記録は大事なのです(しみじみ)

さらにメインシャトルの方も、と。



うん、ここから2個目に入ったのね φ(..)メモメモ

2個目のシャトルは、メイン・サブとも両手を広げた長さ×18(推定23.5m前後)を巻いて繋ぎました。
クロバーLやみん100の大サイズを使うと、どちらも Aroma Lace をMAXで×18巻けるんですよ。でもピンクの中国製シャトルだと、頑張っても×16がギリギリ。なのでそのあたりもちゃんとメモしておかないと、これまたややこしく。

さて、今回のアイビーさん・イノセンスは、果たしてどこまで行けるやら?
No.1115 (創作:: タティングレース)


 これで二分の一
2019年03月23日(Sat) 
ついうっかり、無謀な挑戦へと足を踏み入れてしまった、ダイソー・ネイビーで「装飾タイルアズレージョの魔方陣( Azulejo Magic Square )」その2(アレンジ版)の8×8サイズ。
やっと半分まで到達しました〜〜♪



ふはははははは(乾笑)
改めて広げてみると、我ながら笑いしか出てこないww
っていうかもう、撮影スペース確保するのに一苦労ですわ<まず部屋の片付けから

とりあえずの比較対象に、30cm物差しと岩波文庫をば。

今回は思い切って、このぐらいのサイズじゃなきゃ形が見えてこないぐらいに、四角い穴を残す箇所を減らしてみています。
完成時には、アーガイルっぽいラインが現れてくれる、はず?

……途中で一度、残すべき穴を埋めてしまって、後戻りする羽目になったりとかもしましたけどね……ダイソー・ネイビーは、これで意外にほどきやすいのがありがたいッス(^^;;ゞ

ってか、あれ……もしかしてこれ、途中で気を変えて反転版(魔方陣その1)に進路変更したら、模様が途切れ、ますね。その2のまま、16×16サイズに大きくしようとしても……うん、斜めにクロスする四角い穴のラインの交点が、どうしても空けられない位置に来ちゃいますわ。



そういう、微妙に規則性を崩してくるところがマジックスクエアの「あれ、モチーフの繋ぎ目どこ?」という魅力ポイントのひとつではあるのですが。
ううむ、我がデザインながら、実際に作ってみないと判らないものです。マジックスクエア、奥が深い(しみじみ)

現段階での重さは、おおよそ44グラム。



ダイソーの20g玉、2個をすでに超えていますね。
……廃盤になっちゃったパステルで始めてなくて、本っ当ーーに良かったです(汗)<手持ちが4玉ちょっとなので、足りるかどうかが本当に賭けになる

本日の作業BGMは、昨日放送された名探偵コナン「世紀末の魔術師」と、キッド繋がりで「集められた名探偵」をば。
……世紀末〜の方、録画持ってるから別に録らなくても良いやって思って、今まで再放送されても無視してたんですが……今回ふと気がついて確認してみたら、アナログ放送時代のだった(苦笑)
しかもこれ、VHSビデオで録画したやつをDVDデッキ買った時にダビングしたやつだよww

そんな訳で、ちょうど良い機会だと録画し直してみました。
コナンはもう全然見なくなってて、黒の組織関係の情報とか登場人物とかまったく知らないんですけど、初期の頃の劇場版とかKID登場回はけっこう好きでして。
……改めてディスク入れ見た感じ、かなりのやつがアナログ時代に録ったやつっぽいなこれ……集められた〜もそうだったし。そのうちまた、放送してくれないかなあ(´・ω・`)
No.1114 (創作:: タティングレース)


 糸繋ぎの重要性
2019年03月20日(Wed) 
タティングレースをやっていると、いずれ現れてくる課題に、糸繋ぎがありますよね。
……某知恵袋などを拝見していると、「糸を繋ぐと汚くなるので、シャトルに残った半端糸は使わずに捨てます」といった御意見などもありますが……私は貧乏性なので、半端糸を捨てるのってもったいないと思っちゃうんですよね。何よりシャトル1個では足りない大きめドイリーや、長めのブレードなどを作成しようとすると、糸を繋ぐという技術は必ず必要になってくる訳で。

そしてまた、あるいは↓こういうことが、起きてきたりもするのですよ。



うわぁん、なんでもっと早くに気付かないんだよ。私の馬鹿ぁぁぁあああっっっ ・゜・(ノД`)・゜・



……ここまで先に進んでからミスに気づくと、もうほどく気力は……この Aroma Lace はまた、特にほどきにくい糸ですし。
っていうかもうこれ、最初からやり直したほうが早いんじゃね? とまで思ったり(−ー;)

でもまあなんとか、ヤケはイクナイと自制しまして。
ひとまず糸を始末できるだけの長さを確保できそうな位置にハサミを入れて、不要部分を切り取り。そして失敗位置まで、リングとチェイン2個ぐらいずつほどきました。



で、ほどいたことで縮れた端糸をアイロンで伸ばしてから、切り離したシャトルのうち、サブシャトル側から少し長めに糸を繰り出してメインシャトルと仮結び。繰り出した糸はメインシャトル側へと巻き取って、結び目がない位置で本体へ糸繋ぎ。さっきアイロンかけた端糸2本を内部に結びこみつつ進むこと、しばし。
メインシャトルから結び目が出てきたら、その結び目をほどいて改めて、今度はメインシャトルを編みかけ本体へ繋いで、糸端2本を以下同文。
そんなこんなで……



リカバー完了っ!!
1個目の三つ葉からここまでの間で、2箇所糸を繋ぎ、4本の糸端を処理しています。
正直、自分でも写真見ながら「ここ、だよな?」って探さないと判りません(ドヤァ)

……っていうか、過去にはあんなミスこんなミスもやらかしていたことを思い出せば、そんなに嘆く必要もなかったかなって(苦笑)

まあ、そんな訳で。
小さいモチーフだけでなく、そこそこの大きさのものを作ろうという方ならば、糸を繋ぐ方法を、それも何パターンか覚えておくことを強くお勧めする次第なのでした。
いやほんと、間違えたら全部ほどくとか、最初からやり直しとか、タティングレースだと苦行以外の何物でもないですからね……(遠い目)<編むよりほどくほうが、何倍も時間がかかる

なお、今回の蔓草模様の魔方陣は、 Aroma Laceのイノセンス(淡めのシルバーグレイ)で、目指せその1・8×8サイズをば。
この色だと、銀の蔦っぽくて格好良いと思うのですww
No.1110 (創作:: タティングレース)


 知らなかったピコ繋ぎの方法メモ2
2019年03月19日(Tue) 
 >>前の記事から

続き。
サブシャトルの糸を締め終えたら、メインシャトル(薄紫)へと持ち替えて、サブシャトルの糸は左手にかけ、モックリングの後半を作っていきます。



↓モックリングを閉じ終えたところ。



これで巻糸を裏側に回せない位置でも、モックリング(チェイン)を繋ぐことができました★
芯糸が固定されることなくちゃんと動かせるので、ジョイント後にもモックリングを締めたり、チェインの長さ調整をすることが可能、と。

よく見ると、ぽこっとした出っ張りがちょっとできてしまっていますが、それでも昨日やっていたように、いちいちシャトルの糸をほどいて巻いてを繰り返すよりも、はるかにずっと楽かつお手軽ですからね!
何より、シャトルに糸がたっぷり残っている状態でもできる方法なので、大きめモチーフやドイリーの中央部付近でも使えるのが良いです。
ふふふふふ、またひとつ新たな技術を覚えられましたぜ♪

……で、これ、いったいなんてジョイント名なんでしょう?




今回の使用糸は、PuPuの Col.17 ウィンターローズと、今年の新色ラス1こと Col.19 ペールラベンダー。
ペールラベンダーの方は落ち着いた藤色で、クロバーシャトル(フローラ)の薄紫とよく似た色合いです。可愛いvv



昨日作ったの(右側)よりも、やはりモックリング部分が自然に見えるし、中央のピコも埋もれてしまわず、ちゃんと隙間が残っているのが良い感じ。
デイジー(ヒナギク)というより、朝顔とかっぽいような。
ちょっと全体を締め過ぎかなあと思いつつ、でもこういう密度高い箇所は、とことんまでみっちりさせたくなっちゃうのが性分なのですww
No.1108 (創作:: タティングレース)


 知らなかったピコ繋ぎの方法メモ1
2019年03月19日(Tue) 
昨日作成した、ケルティックっぽいデイジーモチーフ。

■Free Pattern | ABC Tatting Patterns
 https://abctattingpatterns.com/free-pattern/

に、掲載されている、ピコの向こう側へ巻き糸を回せない状態で、ピコ繋ぎする方法、

> Join A: (Pull (backside to front) Sh1 thread to make a loop, insert (front to backside) Sh1 through loop.)

を、ようやく解読できた気がするので、忘れないうちにメモしておきます。


まずは、ピコで繋ぐモックリングの、前半部分を通常通りに作成。



以下、薄紫の方(芯糸側)をメインシャトル、ピンクの方(巻糸側)をサブシャトルと呼称。

ピコ繋ぎをする位置まで来たら、ピコの裏側からレース針を入れて、サブシャトルの糸を引き出し、さらにそれを表側まで出します。



次に、引き出した糸の輪がねじれないように注意しつつ、表から裏へとサブシャトルを通します。



↓サブシャトルの糸を引っ張って締めたところ。
直前のダブルステッチとの間に隙間ができないよう注意。



写真が多いので、記事を分けます。

 次の記事へ>>
No.1107 (創作:: タティングレース)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24][25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56]

<< 2020年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 新元号決まりましたね!
 サブシャトルも確定
 こっちのが好みだったん..
 メインシャトルの消費量..
 ’joy’アレンジ版 ..
 糸計算用メモ
 これで二分の一
 糸繋ぎの重要性
 知らなかったピコ繋ぎの..
 知らなかったピコ繋ぎの..

 最新のコメント
 ばんわ〜
 by 神崎真
 at 2020/10/27 23:16:25
 最近の洗剤類は臭いがき..
 by ちなつとも
 at 2020/10/27 10:04:04
 いつもブログを楽しみに..
 by kamemama
 at 2020/10/24 20:14:55
 チラ裏、そんな言葉が ..
 by タカコ
 at 2020/10/24 09:46:01
 もの凄く久しぶりに書き..
 by paoまま
 at 2020/10/23 15:06:43
 ありがとうございます ..
 by 神崎真
 at 2020/10/15 21:29:14
 頑張れぇ〜〜応援してい..
 by タカコ
 at 2020/10/15 21:22:21
 keisan 様も、ありがと..
 by 神崎真
 at 2020/10/13 14:04:51

 カテゴリー一覧
 更新(86)
  タティング フリーパターン(7)
  タティング 技法(4)
 創作(647)
  タティングレース(556)
  小説(26)
 読書(255)
 電脳(69)
 映像(43)
 日常(115)
 その他(3)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41