よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 赤本ドイリーXII進捗状況
2018年11月11日(Sun) 
Jan Stawasz さんの「 Tatted Treasures 」掲載、「 Doiry XII 」。
10段目の周辺モチーフを、少しずつ繋いでいっています。



現段階で、直径48cmぐらいですかね。
波打ってる周辺モチーフにアイロンかけると、もう少し大きくなるかもです。

そしてモチーフは残り3枚。
シャトル2個仕様ですし、これだけ作るといい加減目数も頭に入っていて、本体に繋ぐ箇所まではモバイルタティングするのに良い感じ。
なので作成途中の6枚目の他に、予備として7枚目の分も持ち出せるよう、シャトルへ糸を巻いていたのですが。



忘れた頃に遭遇する、糸玉の途中の結び目さんよ……
せめてもう両手×1……いや30cmでも後ろへずれてくれていたら、マジックスレッド導入糸を仕込むチェイン1本だけ作成してから、次のチェインに糸端結びこんで新しい糸と繋げたのに(´・ω・`)

まあそれなりの長さはありますから、次の縁編みの段で、最初に糸消費量を概算するのに使いましょうかね……先日ほぼ使い切った方の玉も、そのつもりで最後の数メートルだけ残してあるんですが。
それとも、両手×7弱で作れそうな、なにか手頃なモチーフってあったっけかな……?
No.834 (創作:: タティングレース)


 珍しくアクセサリーに
2018年11月08日(Thr) 
昨日ですね、使わなくなったビースやアクセサリーパーツを処分しているという方から、いくつか譲っていただいたのですよ。



編み込みタイプの根付けパーツと、外径7〜8ミリぐらいの大型マルカン。そしてしずく型のとんぼ玉ビーズ(Tピン入り)。

とは言え私も最近は、マクラメやぶら下がり系のかんざしを作らなくなって、在庫のビーズを持て余し気味。
……でもこういうちょっと変わった感じのものって、やっぱり心惹かれるじゃないですか♪

そんな訳で、昨日からいろいろ考えていたことを元に、夕方からごそごそと作業開始。



maimai さんこと海東麻井さんの「タティングレースのブレスレット&ピアス70」掲載、52フラワーのピアスをちょっとアレンジして……



花芯部分に金色のビーズをあしらって、下にドロップ型のとんぼ玉をぶら下げた、イヤリング仕立てにしてみました★
Tピンの丸め方が、明らかに慣れていないのはご愛嬌(^^;;



裏側も裏側で整っているのがまた、このモチーフのアクセサリー向きなところだと思いつつ……写真だと真っ黒でよく判らないのも(以下略)

黒糸、しかも細めの Aroma Lace を使用したのは久しぶりでしたが、まあなんとか形にはなってくれました。手元を照らしてくれるLEDスタンド、マジありがたいッス。

ともあれ、今まで使ったことのないタイプのビーズで遊べて楽しかったです♪
No.828 (創作:: タティングレース)


 まるで間違い探しのような(笑)
2018年11月05日(Mon) 
週末はタティングを封印して、薬用ハンドクリームと手袋で防護した結果、だいぶガサつきが収まってきました。

そんな訳で……



赤本ドイリーXIIの、周辺モチーフを作成開始♪<喉元を過ぎたww
ぐるっと一周配置するこのモチーフ、一見すると中心の1段目と同じなのですが……よーーーーーく比べると、ピコ数が微妙に異なっているのに要注意です。
……っつか、Janさん、なんでこんな細かいとこ変えたし?
この作者様は、本当にこだわりのお方だと思います(しみじみ)


ぐっと気温が下がってきたので、ついにジャンバーを出してきました。
まだ太ももまでをカバーするコートではなく、ジャンバーなあたりがせめてもの抵抗でしょうか<何にだよ
No.823 (創作:: タティングレース)


 どうやって保管しましょうか
2018年11月02日(Fri) 
昨日盛大に糸長計算を間違えた、Janさんの赤本ドイリーXIIの9段目。



SLT(シューレーストリック)を活用して、なんとか再度の糸繋ぎはせず、最後まで保たせることができました(ため息)

■あーるのシカゴ生活記 & タティングレース SLT (2) (タティングレース)
 http://rinchicago.blog113.fc2.com/blog-entry-477.html

私のタティングバイブル、あーるさんちで紹介されている、「ファーストシャトルまたは、セカンドシャトルのどちらか片方の糸がちょっと足りないけれど、もう片方の糸は十分余裕がある時、SLTで一時的に糸を交換して、糸に余裕のある方でステッチの続きを作ることができる」というやつです。

すなわち、明らかに足りない長さを繋いでしまったシャトル糸を、ある程度進んだところでSLTしてチェインの巻糸側に回し、今度こそ充分な量を糸玉から引き出して切断。リングを作成する方としてシャトルに巻いたのですよ。
巻糸側に変更した元シャトル糸は、取りまわしがしやすいよう、いったんほどいてボビンシャトルに巻き替え。



あー、うまく行ってくれてよかったーー(安堵)
そんなこんなで、9段目のシャトル糸長は、概算で両手×(13+4)=17ということで。

そしてこの9段目から先は、さらにモチーフを複数枚、ぐるりと周囲に配置していく訳なのですが。
案の定、現段階で既に大物保管用A3ケースにぎりぎりのサイズです。



これ、A4サイズのケースじゃないですからね?
この開いた状態だと、一般的な書類サイズのA4用紙、四枚分のサイズがありますからね?
……もう持ち歩くのは無理だとしても、この先まだ大きくなっていく状態を、さてどうやってくしゃくしゃにならないよう保管したものか。
世の大物ドイリーを作成していらっしゃる方々は、作成途中や完成品を、いったいどんなふうに保管しておられるのでしょう……?
No.818 (創作:: タティングレース)


 ニードルマインダー、めっちゃ便利なんですが
2018年11月01日(Thr) 
赤本ドイリーXII、9段目。
両手×13+糸玉で、リング128個のうち99個完成、あと29個。



……と、言うことは、ええと……13÷128×29≒2.95だから、あと両手×3ぐらいあればOK?

追記:
違うじゃん(汗) 13÷99×29≒3.8の、両手×4だろっ!? もう繋いで糸処理まで終えて切っちゃったよ……SLTで誤魔化せるかなあ(しくしくしく)

そしていま使ってる玉はこのドイリーで使い切れそうな、そうでもないような。
ううむ、糸玉側は切り離さずに、新しいものを開封してシャトルに巻いた方が、処理する糸端の本数(2本)は変わらなくても、仕上がりがきれいになるか……?


ところで表題の件。
少し前にATMを使おうとしたら、「この通帳は使用できません。窓口へご相談下さい」と出てしまったのですよ。で、窓口へ行ったら、「磁気が壊れてました。どうぞ」とさくっと直してもらえたのですが。
その同じ通帳が、また同様に使えなくなっちゃってまして。
これってやっぱり、カバンの中で近い距離にあった、ニードルマインダーが原因……?
「今どき、磁力でおかしくなるメディアとかカードなんてないないww」とパソコンに詳しい人に太鼓判を押してもらってましたが、通帳は盲点だった……やっぱり超強力磁石の扱いは、ある程度気をつけないとヤバイっぽいです(汗)

でもニードルマインダー、もうタティング時には手放せないほど便利なんで……持ち歩きどうしようかなあ。
レース針と一緒に、なにかコンパクトなケースにでも入れておけたら良いんですけど、磁力通さない材質って何があるだろう……
No.815 (創作:: タティングレース)


 次の段で終わっても良い気がしてきた(苦笑)
2018年10月30日(Tue) 
赤本ドイリーXII、8段目を終了。
なんとかぎりぎりA4フォルダ2枚に収まったサイズは、辺から辺が28cmぐらい。対角直径だと30cmほどになっています。





……これ以上大きくなると、もう大物保管用のA3ハードケースにも入らなくなりますねえ……




……ってか、このケース、スーパーのテナント百均に300円で並んでるのに、ネット通販だとなんでこんなに高いんだろう?


前回からの消費糸長メモ(PuPu時)>

 5段目 両手×5+糸玉
 6〜8段目 両手×6+糸玉

ここからはまた、色をフラックス(くすんだ麻緑)に戻そうかと思ってるんですが。

……ええと、9段目は4段目とほぼ同じ目数のリングが128個だから……完全にLサイズシャトルにMAX巻き(両手×13)でも足りないことが確定して……ますね?
うん、心置きなく目一杯巻いて、またどこまで進めたかを元に残量を算出すればOKってことで、ある意味気楽に始められますな(笑)

問題はピコのサイズかな……またややこしいんですよね、9段目。
まあ、そんな訳で、



9段目のぐるぐる開始〜♪
……さすがにこのサイズだと、持ち運びも厳しくなってきたな……次のモバイルタティング用を、また別に準備するべきかしら……


そして……



うっかりポチってしまった、学研のひみつシリーズ(旧版)3冊が手元に揃った訳ですが。
……どうも私が読みたかった、フタバスズキリュウの発掘や、ジャガイモの木箱を見つけて喜ぶ話は、こっちに載っていた模様(泣)


底値で送料込み2500円はさすがに……ああでも、これが一番読み返したかったのに〜〜〜《o(><)o》
No.813 (創作:: タティングレース)


 基本はやっぱり純白が合う
2018年10月29日(Mon) 
このところずっと同じものばかりを続けていたので、ちょっと息抜きがてら、前々から気になっていた maimai さんこと海東麻井さんのフリーパターンをば。



■Basic motif for first step|Instagram
 https://www.instagram.com/p/BoxpoYWBcyz/?taken-by=tatting_maimai

ベーシックモチーフとある通り、言ってしまえばリングとチェインを組み合わせただけの、本当に基本の技術のみ。ごくシンプルなドイリーのはずなのに、目数の妙によって現われてくる、隙間部分と横繋がりの三つ葉からなる同心円が、とっても心惹かれる愛らしさvv



オリムパスのプラチナレース糸を使用して、完成直径は9.5cmほど。
こんなにピコがふさふさしていて、いわゆるタティングレース『らしい』デザインを作ったのも久しぶりな気がします♪

中心部はRWあり・外周のピコは9個を採用。あと私の手癖だと、三つ葉の根元が開き気味になりがちなので、チェインにvspを追加して固定しています。
もちろん、リングとの表裏も合わせました。



うんうん、可愛いvv
一度この見た目に慣れると、もうピコの根本が裏向きになっているのが気になっちゃうんですよねえ(^^;;

消費糸長メモ(オリムパス・プラチナレース糸 #40時)>
 1段目 両手×1+糸玉
 2段目 両手×1.75+糸玉
 3段目 両手×5.5+糸玉 ※概算

……3段目は、半端糸で始めて残りを算出したら、大幅に読み違えた結果、SLTで誤魔化そうとしつつ、それでも足りずに繋いだりなんだりで、もう何が何だか ┐(´〜`;)┌
なので↑はかなり概算です。さすがにそれだけあれば足りる……はず? 的な。

そして二年前に購入した、オリムパスのプラチナレース糸・200g大玉の残りが、ようやくこんな感じになりました。



これもう使い切ったって言って良いですよね(笑)
その前にお試しで50g玉も買ってますから、トータルで250g……我ながらよく消費したものです。
最近はもっぱらPuPuとか Aroma Lace などの、ダブルステッチがよく揃って見える糸ばかり使っていて、ほぼ放置気味でしたが……ようやく使い切ったかと思うとやはり感慨深く。
おそらくもうリピートはしないでしょうが、タティングを始めたばかりの頃にひたすらお世話になった、ローコスト糸です。感謝の気持ちは忘れますまい(−人−)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラチナレース糸#40 200g大玉 【C4-12】
価格:1166円(税込、送料別) (2018/10/29時点)

楽天で購入
No.810 (創作:: タティングレース)


 巻き始めはこうなってたのか
2018年10月27日(Sat) 
PuPuのエクリュベージュ、この色の段はこれで最後にしようと思っていた、その三分の一周ぐらいのところで40g玉がなくなりました。
そんなに消費していたつもりはなかったのに……ああ、あれか。 四角いぐるぐるの芯糸に使用したのが大きかったのかも? ああそれに、意外といろいろ試作でも使ってきたか??
……実はなんだかんだで、完全に使い切ったPuPuは、これが初めてだったりします<いざ残量が少なくなると、途中で足りなくなったらと不安でなかなか使えなくなる

それにしても、



まさか巻き始めがテープで留められていたとはww
毛糸ピエロさんの Aroma Lace は、紙芯がけっこう摩擦の強い質感をしていて、最後までしっかり糸を保持してくれていたのですけれど、PuPuの方は普通の厚紙っぽい手触りだったので、意外とほどけてこないなあ? とは思っていたのですよ。
そして以前、ダイソー糸で残量を確かめようとして、一度引き出してから巻き直した糸が、バラバラほどけてきてすごく扱いにくかったんですが、思い切ってこういう固定の仕方もあり、かも?
まあ、糸にテープの糊が付いてしまっていたので、最後の部分は切って捨てざるをえませんでしたけどね。
なおエクリュベージュはしっかりストックしているので、まだ安心して使っていけます。
ただ、この先もJanさんのあれとかそれとかに挑戦していくとなると……ううむ。
ロワールコットンのセールがまた始まっているようですが、PuPuは定価のまま……ああ、両方同時セールだったなら……っ<待てこら落ち着け、これ以上在庫を増やすな




さらに先日、「クリアフォルダを2枚突き合われば、直径30cmまではカバーできるぜ♪」と思いついたは良いものの。



もはや次の段でサイズーオーバー確定なあたりww
No.804 (創作:: タティングレース)


 4色のブリッジ交差
2018年10月25日(Thr) 
猫欧州さんちで挑戦されていた、ケルティックっぽい4色使いのモチーフ。
デザイン的には素敵だけれど、作業中に絡まりまくる未来しか予想できず、なかなか挑戦できずにいたのですが。

> 神崎さんは、いつも大作に果敢に挑んでいるので「ややこしいの」好きだと思ってましたよ〜ん。

え? いやいやいや!
私はどちらかというと、単調であまり頭使わず黙々と手を動かすタイプが好きなんであって、あんまりややこしいのは……ややこしいのは……



てへ?

まんまと踊らされてしまいましたww
いやほら、半端に残ったシャトル糸とか、もう残りが少なくてあまり大きなもの作成には使えそうにない糸玉とかが、だいぶ増えてきてましたしね……

そんなこんなで、



盛本知子さんの「いちばんよくわかるタティングレース」掲載、「ブリッジ交差 4色」でっす★



もっとも本来ならリングは8個×2色で16個作成するところを、途中で糸が足りなくなったので、6個×2色の12個で終わらせました。
ぎりぎりお椀化はせずにすんで、ほっと一安心。
というかこれぐらいの方がすっきりしていて、個人的にはむしろ好みかも? でした。

……それにしても、この小さいモチーフで始末する糸端が8本もあるうえ、それをマジックスレッドでやろうとすると、導入糸までぶら下がる訳ですから、そりゃあもう作ってる途中で絡まりまくるのは自明の理ww
空いてる方のシャトルを保持するリストバンドが大活躍でした。夏が終わってて良かった(苦笑)<暑いと手首がムレる
そして最初の4本の糸端を、多少強引に内部へ編み込んだ結果、ちょっと表に響いてしまったのが無念(´・ω・`)



実はひっそり、リングとチェインの表裏も合わせてあったり。
こんなことしてるから、途中で混乱してくるんだよ(苦笑)



完成サイズはおおよそ直径4cm。
PuPuのウィンターローズ&オパールグリーン、同じくマリンブルー&ロワールコットンのペールアクアを使用してます。それぞれ両手×1.5ぐらいあれば、リング8個×2色のパターンでも足りるっぽいかな?
もし次に作ることがあったら、リング12個のままで、外周チェインを2〜4目ぐらいずつ増やしてみてもいいかもですね。
No.799 (創作:: タティングレース)


 子供の頃の思ひ出
2018年10月24日(Wed) 
赤本ドイリー6段目は、よっしゃ終わった! と思って糸始末しようと机の上に広げてみたら、8つあるコーナーのうち実に4箇所でミスをやらかしていて _| ̄|○
もうほどく気力も起こらないぐらい万遍なく散在する失敗に、あきらめて三分の一ぐらいのところで糸を切って、以降を取り除き。新しいシャトルと糸玉を繋ぎました(泣)
やっぱりタティングは、こまめに広げて確認しないと駄目ですね……

そしてA4クリアフォルダを2枚重ねるように両側から被せれば、直径30cmまでは汚したりどこかへ引っ掛ける心配なしに辞書アイロンできると、思いついたのは良いのですが、



肝心の、重石にする辞書の大きさが足りない罠。
……こんなことなら、子供の頃から部屋にあった、全十冊ぐらいあった大きな百科事典、残しておけば良かったなあ……私が生まれる前に父が購入したもので、もう内容が古くて役に立たないし場所を取るからって捨てちゃったんですよね(´・ω・`)


内容が古くて捨てたといえば、学研のまんがひみつシリーズ(旧版)も、今になって無性に読み返したくなります。
「恐竜のひみつ」とか、確かティラノサウルスがしっぽ引きずって歩いてたり、ブラキオサウルスは身体が重いから常に水中生活していて、頭の天辺にある鼻だけ水面上に出して呼吸していたとか、現在とはぜんぜん違う説が大真面目に書いてあったんですけど、それを判った上で、あえていま読んでみたい(><)
妙に劇画調で書かれていた発掘現場のドキュメントで、食料尽きたところでジャガイモの入った木箱見つけて歓喜する場面とか、断片的に記憶に残ってるけど……これは「化石のひみつ」の方だろうか?
あと「地球のひみつ」と「昆虫のひみつ」と「からだのひみつ」と「忍者のひみつ」!
ああ、ボロボロでもいいから古本で入手できないかなあ……
No.798 (創作:: タティングレース)


[1] [2] [3][4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]

<< 2018年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 赤本ドイリーXII進捗..
 珍しくアクセサリーに
 まるで間違い探しのよう..
 どうやって保管しましょ..
 ニードルマインダー、め..
 次の段で終わっても良い..
 基本はやっぱり純白が合..
 巻き始めはこうなってた..
 4色のブリッジ交差
 子供の頃の思ひ出

 最新のコメント
 萵苣さん、こんにちわで..
 by 神崎真
 at 2018/12/16 13:58:59
 こんにちは、sakura さ..
 by 神崎真
 at 2018/12/16 13:38:12
 こんばんは〜、ってパス..
 by 萵苣
 at 2018/12/16 00:46:11
 着替えるほどのむせ返り..
 by sakura
 at 2018/12/15 22:16:52
 ちっす!
 by 神崎真
 at 2018/12/12 21:32:58
 でーすーよーねー!!
 by ちなつとも
 at 2018/12/12 08:39:21
 おはようございます、萵..
 by 神崎真
 at 2018/12/12 07:11:00
 こんばんは〜。
 by 萵苣
 at 2018/12/12 01:18:26

 カテゴリー一覧
 更新(33)
  タティング フリーパターン(4)
 創作(283)
  タティングレース(261)
  小説(10)
 読書(85)
 電脳(14)
 映像(16)
 日常(25)
 その他(0)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41