よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 作り直してみた
2018年08月15日(Wed) 
先日、リクエストによりハイスターの段染め糸で作成した、聖光院有彩さんのドイリー。
どうにも仕上がりが微妙な感じだったので、結局もう一枚結ってみました。
……差し上げものだと思うと、やっぱり全力を尽くしたいですもん。
そんな訳で、改めまして、



ハイスターの#40ミックス・156番使用で「湖の華」。
掲載されているのは、聖光院有彩さんの「〜新しい世界」です。表紙のやつ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タティングレース 新しい世界 [ 聖光院有彩 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)


書籍ではコルドネ70番を使用して11.5cm直径となっていますが、#40でもそこそこ見栄えがするし、実用するにはこれぐらいが使いやすいのではないかと★



今回は私ができるギリギリまで、チェインの芯糸の締め具合をゆるくしました。
そのぶん、中央部分の空間に余裕ができ、波紋のようにも花びらのようにも見える繊細さを、増すことができたと思います。

先日作成したものと並べると……



これだけサイズが違ってきています。
目数も糸の種類も変更なし。あくまで締め具合を変えただけで、これ。
タティングレースってやっぱり奥が深いですねえ(しみじみ)

……っていうか、もしまたこのデザインを作ることがあったら、今度は目数を調整しますかね。
いつもと違う力加減って、やっぱ疲れるッス……
No.608 (創作:: タティングレース)


 チェインの締め具合
2018年08月12日(Sun) 
聖光院有彩さんの「〜新しい世界」掲載「湖の華」、ハイスターバージョン。
とりあえず完成しました。



作っている時に手元を見た人達には、割と好評。
あの母ですら「あら綺麗」と言ってくれました。

今回のこだわりどころとしては、



中央のリングを、海東さん方式で極力丸くしたこと。
そしてすべてのチェインとリングの表裏を統一しました★
この糸だと、白い部分ではダブルステッチが読み取りにくいのですが、まあそこはそれ。
私はどちらかと言うと、リング側で逆編みをするほうが楽なんです。で、それをやるとこれまでリングを閉じる時に最後の目あたりで生じていたねじれが、ほとんどなくなってくれたという副次効果もあったりして。

あ、あと中央部分はシャトル+糸玉を2シャトルに変更してます。8の字にリング作ると、どうにも収まりが悪くなっちゃうんですよねえ。


ただまあ、なんというか……標題の件です。



右はプラチナレース糸だったかダイソー糸だったか。どのみち一般的な国産#40ですよ。そしてハイスターも同様に#40。
いくらなんでも大きさ変わり過ぎだろう!?

……右側を作成した頃は、ちょうど初めてちゃんとしたタティング書籍を購入して、締めすぎ良くないという記述を見て、緩めに緩めに……と心がけていた時期だったんですよね(ため息)
で、現在は巻糸こそ緩めだけど、シャトル糸は相当に締め上げている感じ?

見た目の繊細さ、特に中央部分の波紋や蓮の花を思わせる連なりは、どう見ても昔のもののほうが上だよなあ……くやしいっ(><)

周辺モチーフは今のままでも大丈夫そうだし(むしろ現状、仕上げしないとちょっと波打つ)、期限にはまだ余裕があるから、いっそもう一枚作ろうかなあ。
お盆休み中に、パイナップルさんぐらいは完成させときたかったんだけど……


あ、あと昨日買ってきた25個入り磁石ですが。
さっそくくるみボタンに仕込もうとしたら、27mm用だと厚みがごくわずかに足りなくて、どうしても裏のパーツが嵌まってくれませんでした(´・ω・`)
もう一段階大きいボタンなら大丈夫でしょうけど、それだとかさばるよなあ……


追記:

ユル手推奨、同じ糸・目数変更なしで第二弾。



この段階ですでにこのサイズ差よ……(乾笑)
No.602 (創作:: タティングレース)


 手頃なサイズってどれぐらい?
2018年08月09日(Thr) 
仕事場の方にリクエストをいただきました★
去年作った、藤重すみさんの「優雅なタティングレース」掲載の「8 円形ドイリー」。



ハイスターの#40ミックス156番で挑戦したこれをお見せしたら、なんだか気に入っていただけまして。
この糸で、水をイメージするような手頃なサイズのドイリーが良いなあとのこと。

実はこの糸、個人的には色も使い心地も微妙で、ずっと死蔵状態だったのですよね(苦笑)
で、少しでも消費できるなら御の字ってことで★



さっそく作成開始〜♪
水を連想するドイリーで、見栄えがして、そこそこ手早く作れるのと言ったら、もうこれしかないですよねえ、ふふふふふww


……とか思っていたのですが。
進めて行くうちに……あれ、意外と完成サイズが小さくね? って(汗)
以前、プラチナレース糸で作成した時には、直径18cmぐらいになったんで手頃だろうと踏んでたんですが、



この感じだと、完成時もせいぜい15cmぐらいですよねえ?
あれ、糸の太さそんなに違ったっけ? それとも当時と比べてそんなにキツ手になってるんだろうか……

そもそも直径15cmは大きいのか小さいのか……だんだん判らなくなってきました(苦笑)
まあ、作っていて楽しいから、これはこれで完成させるとして……もうちょっと大きくて、水をイメージできて、かつお盆明けには完成させられそうなデザインってあったっけか。

渦潮さん7枚繋ぎがまさに流水イメージだけど、あれはけっこう時間がかかるからなあ……
No.591 (創作:: タティングレース)


 これも外周はふさふさ予定
2018年08月08日(Wed) 
今日も最高気温は32度でしたが、自室で扇風機のみでいられるぐらいには過ごしやすかったです。
湿気少ないのが良いんでしょうか。あるいはようやく身体が暑さに慣れてきたとか?

Doraさんのパイナップル、花びらの最後の1枚は、メイン・サブともノーマルシャトルMAX巻き(両手×8)で開始しました。
で、結び終わりの頂点から、糸を切らずにそのまま縁編みへ突入。



縁をつけると、やはり波打ちが多少は収まる感じがしますねえ。

そしてひたすらチェインのターン(しかも装飾ピコ多数)なので、このままだとサブシャトル側が早々になくなると予想。程よいあたりでSLT入れてシャトルを交換し、メイン・サブとも同時に糸が尽きるよう調整したいと思っています。その後に、シャトル+糸玉を繋いでやればいいかなって。幸いシャトル側の必要糸長は読みやすそうですし。

で、ぐるっと一周できたら、今度は花びらの間にミニモチーフを……って、あああああ!?
縁編みの最初のチェインに、マジックスレッド用の導入糸を仕込み忘れてる _| ̄|○

ほんと、写真撮ってみて初めて、いろいろミスに気付くんですよねえ……しょうがない、糸端の1本は針で縫い込むか……(しょぼん)
No.587 (創作:: タティングレース)


 モチーフ換算だと64枚分
2018年08月07日(Tue) 
気温31度の正午に外を歩いていて、今日は過ごしやすいなあ……と感じるのは、何かが間違ってる気がした、そんな本日。

6月2日より開始していた、盛本知子さんの「いちばんよくわかるタティングレース」より、「かすみ草のブーケ」アレンジ魔方陣バージョン。



二ヶ月を経てようやく、8×8サイズが完成しました〜〜 へ(^○^へ)(ノ^○^)ノ

本来ならモチーフ1枚ごとに作って繋いでいくものを、魔方陣Magic Squareという技法を使用して、一筆書きで作っていきました。結果、糸始末の本数が格段に減っています★<計算上だと1枚につき4本=256本始末すべきところを、メインサブ合わせてシャトル15個=30本で済んだ



進み順を変えているために、模様の現れ方もタイル状ではなくなり、緑のラインが斜めに走る形となっています。
どこがモチーフの繋ぎ目か判りにくいパターンスキーとしては、この騙し絵っぽさというか、模様を追っていくとアレ?ってなる面白さがまた、マジックスクエアの醍醐味だと思うのですよvv

もちろん、盛本さんの素晴らしいデザインがあってこそのアレンジな訳で。
シンプルで目数も覚えやすく、それでいて実に愛らしくて、結んでいても飽きが来ない。ほんとに素敵なデザインだと思います。



もうね、このふわふわっぷりがたまりません(*´Д`)
まさにお花畑ですvv

PuPuのホワイトとオパールグリーンを使用して、消費糸長はざっと、

 メインシャトル(白) 両手×90.5≒117.5m強
 サブシャトル(緑) 両手×82.5≒107m強

 ※両手を広げた長さ=1.3m計算

完成サイズは、一辺が29.5cmってところでした。



……配色は、もうちょっとコントラストをくっきり……チェイン側を暗い色にした方が、斜めラインが映えましたかねえ?
それとこれは私の技術的問題なのですが、長い方のチェインがどうにも重なり気味になっちゃって、いまいち綺麗に収まらなかったのが無念です<ふわふわを殺したくなかったのでノーアイロン
ううむ、モチーフ1枚試作した時は大丈夫だったのに……複数並べる場合は、少し目数を減らすべきだったのかなあ(´・ω・`)

あと今回はモチーフ1枚1枚が小さかったため、初の8×8配置にした結果、進む方向を間違えまくったのもいい勉強になりました。マジックスクエアにはだいぶ慣れてきたつもりでいましたが、まだまだ甘かったということですな。

マジックスクエアに関しては、こちらの海外ブログ様で紹介されています。

■Tatting by the Bay: Designing Magic Squares
 https://tattingbythebay.blogspot.jp/
2017/07/designing-magic-squares.html

そうそう、私がこの Magic Square を「魔方陣」と呼んでいるのは、単なる直訳かつ呼びやすいから、勝手にそうしてるというだけです。ちゃんとしたタティング用語では(たぶん)ありません。悪しからず。
本来の魔方陣(※魔陣にあらず)とは、あれです。数字を四角に並べて、縦横斜めの合計が同じになるやつですので(苦笑)

■魔方陣 - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E6%96%B9%E9%99%A3
No.583 (創作:: タティングレース)


 海亀っぽくね?
2018年08月06日(Mon) 
Doraさんのパイナップルは、花びら5枚目を結い終わった段階で、それでもぎりぎりA4クリアフォルダに収まってくれました。



角度って大事ですね(笑)
ダイソー・パステルはそろそろ芯が見えてきましたが、ストックはたっぷりあるので無問題。
……それがなくなる頃には、新色の#40段染め出してくれませんかね、ダイソーさん……(切実)


昨夜洗った水筒の飲み口パッキンが排水口に落ちていて、生ゴミまみれに(−ー;)
熱湯消毒も漂白剤も効かず臭いが取れないので、新しく買い換えることに。


いちいち選ぶのが億劫でこれまでと同じのにしましたが……そう言えばこれもマウスと同じく三代目だなあ……

追記:
あ、よく見たら微妙に型番が違う……同シリーズの後継なのかな?<前のは SM-SC48-HM
でも私の目には、まったく同じに見えるんですけどね(苦笑)
No.581 (創作:: タティングレース)


 表裏はけっこう重要?
2018年08月05日(Sun) 
maimai さんのフリーパターン、ようやく満足の行く仕上がりにできました★



□ 乙女の白いブレスレット | タティングレースのことばかりになりました。
 https://ameblo.jp/maimaikaito-446/entry-12395280740.html

うん、やっぱりパステル糸もよく映えるわあ(*´Д`)
……じゃなくて。
昨日作成したものと比べて、中央部分がよりふっくらとして、ふわふわ感が増しているのがお判りになるでしょうか?



左下の白いのが最初に作成したもの。段染めの左上が第二試作、右下が個人的完成形。
それぞれけっこう見た目が違いますよね。

目数は変えていません。どれもレシピ通りです。
ただ、渡し糸の長さと接続用ピコのサイズをギリギリまで短く(小さく)したものが、第二試作です。
これだけでも充分可愛くはあるのですが、しかしまだ何かが足りない気がしたので、さらにもう一手間。

この手のモチーフを通常通りリバースワークしながら作っていくと、外側の大リングと内側の小リングの表裏が逆になりますよね。かすみ草のブーケなどは、むしろその小リングをあえて裏向きにすることで、あのふさふさ感を出しているみたいなのですが。
今度はそのふさふさ度合いを、少し控えめにしてみたのですよ。



内向きの小リングのうち、隣と繋がない4、8、12……のリングを、なんちゃってJanメソッド式で裏返し(完成した時に表が上を向くよう)に作った結果が、右側です。
通常バージョンでは奔放に広がり真ん中に穴が空いてしまう小リングが、逆に覆いかぶさる感じになって、ふっくらドーム型になりました。

うん、これだよ。私が求めていたのはこのモフモフ感なんだvv

……本来なら、内向きをすべてJanメソッドにするべきなのかもしれませんが、1目おきにピコやジョイントが入るのはややこしいので、そこは手を抜きました(笑)
逆にそのおかげで、裏向きリングのはねてるピコが、上から被さってくるリングを少し押し上げてくれているような気がしたり、裏側から見た時もそれなりに綺麗な仕上がりになってくれているかも? という怪我の功名もあったりとか。

なにはともあれ、可愛くできたので満足です。
このところリングの裏編み練習してて良かった……というか、やっぱり表と裏って、仕上がりにけっこうな影響を与えるんですねえ(しみじみ)


本日の作業BGMは、稲垣版「悪魔が来りて笛を吹く」。
……これ、犯人役成宮さんだったのか……放送当時はまだ個体認識してなかったから、全然気付いてませんでした。
これでますます稲垣版のDVD化が遠のきそうだなあ(ため息)<手持ちの録画はアナログ放送版で画質が悪い
No.578 (創作:: タティングレース)


 ちっちゃいものは別腹
2018年08月04日(Sat) 
タティングレースの同時進行は3つまでというMYルールを定めている私ですが、現在そのどれもがそこそこの大物なこともあり、ちょっと気分転換にミニモチーフへと手を出してみました。



可愛い(*´Д`)

かすみ草のブーケともちょっと雰囲気が似た、もしゃもしゃふわふわの愛らしさに一目惚れしました。
maimai さんこと海東麻井さんの、新作フリーパターンです♪

■□ 乙女の白いブレスレット | タティングレースのことばかりになりました。
 https://ameblo.jp/maimaikaito-446/entry-12395280740.html

記事タイトルは「ブレスレット」となっていますが、ピアスとブレスレットのセットになっています。



消費糸長は、オリムパスのプラチナレース糸で、両手×2.5ぐらい。シャトルひとつで作れる、リングオンリーのパターンです。 ……って、よく見たら、レシピに3mって書いてあったな(苦笑)

見本写真では中心がもっとぷっくりしているように見えるのは、やはり内側の接続用ピコをもっと小さくするべきだったんでしょうか。あと渡し糸も短く……もはや渡すというより、気持ち隙間が空いている、ぐらいにした方が良いのかも?

でもこれはこれで愛らしいので良し。可愛いは正義!



直径3.5cm。
ミルフローラ40で作ったら、もうちょい小さくできるかな?
あるいは Aroma Lace でキツめに結えば、アクセサリー向けのかっちり丈夫な仕上がりにもなるかも。

ふふふ、ダイソーパステルとかでも、可愛くなりそうだなあ(*´Д`)


そして新しいのに交換したマウスは、実に快調です。
っていうか、正常なマウスってこんなに使いやすかったんだ……(苦笑)
No.575 (創作:: タティングレース)


 辞書アイロン中
2018年07月30日(Mon) 
週末のうちにかなり進められたDoraさんのパイナップルは、クリアフォルダに挟んで辞書アイロンの刑に。



いま結ってる五枚目の花びらが完成したら、もうA4のフォルダに入らなくなっちゃいますね……
そしてもはやほとんど重石としてしか使われていない、英英辞典と類語辞典ww
類語辞典はともかく英英辞典なんてほんと、辞書類まとめて処分した時に、コンパクトな割に重さがあるからって理由で残しましたからね。
だって今どきはネットで調べるほうが、英単語も類語もずっと早くて判りやすいんですもん(苦笑)

かすみ草のブーケは、メインシャトル6個目を使い切って、7個目に入っています。
残り四分の一ちょっと。



メインシャトル(白)側は、あと一回の糸継ぎ(シャトル8個目)で終われそうですかね。
サブシャトル(薄緑)もまだもう一回は確実に糸継ぐんですけど、場合によっては残りモチーフ半枚分とかで糸がなくなりそうなペースだから、気をつけないとなあ……
No.561 (創作:: タティングレース)


 駄目だ耐えられん
2018年07月26日(Thr) 
朝起きた時……どころか、ちょっとしばらく手を動かさなかっただけでも、気がつくと右手親指が固まっていて、左手で何度か屈伸させる必要がある今日この頃。……もちろん痛みもまだ少しですがあったりして。
しかたがないので溜まっていた録画や読み返したい書籍に時間を当てつつ、それでもついちまちまとシャトルを手にしてしまうのが、我ながら業が深いというか(苦笑)

そんなこんなですが、パイナップルは最初の一枚目が終了。
完成時にはこれが六枚放射状に並んで、花のようになります。



スプリットチェインを駆使しまくって、中心部からここまででようやく最初の糸始末ですよ。どれだけ糸始末したくなかったんだDoraさん(笑)
まあ私はスプリットチェイン苦手なので、パイナップル部分はシャトル2個使用にして、通常スプリットリングで乗り切りましたが。



パイナップル拡大。
……うん、今回はチェインとかリングの数も間違えてない……と、思います<前回も写真撮ってしばらくしてからようやく気がついた
そしてチェイン部分はもう諦めましたが、リング部分は一応表裏を統一したつもりです。飾りピコついてないからあまり意味ない気もしますけど、やっぱりリングの膨らみ方が微妙に違ってくる気がするので。

ああそれにしても、ダイソーパステルやっぱり可愛い(*´Д`)
他の段染め糸各種も、#20だけじゃなく#40で出してほしいですダイソーさんっっっ

途中残量がちょっと不安になったメインシャトルですが、無事に足りてくれました。
中心部からこのパイナップル1枚目の最後までで、おおよそ両手×11.25≒14.5m強といったところでしょうか(ダイソー#40時)。途中、一部間違えて切り取ったので、概算になっちゃいますが。
サブシャトルはパイナップル開始時点で、糸玉から両手×4.5を引き出して巻いてます。

で、2〜5枚目は、メインサブとも両手×4.5ずつ巻いて進めて、6枚目だけは最後からそのまままた次の段の縁編みに入るので、両方ともMAX……いや、チェインオンリーだからメインシャトルは×1.5ぐらいプラスしておけば充分ですかね。まあそのあたりはいつものSLTで、消費が激しい = どうせ途中で糸玉と繋ぐだろうサブシャトルと、入れ替えて調整すれば良いんじゃないかな。


再読関係は「ペット心理療法士事件ファイル」とか「西洋骨董洋菓子店」とか。
自炊しちゃってから、逆に取り回しが面倒になって、なかなか読み返せなくなっちゃったんですよねえ……
No.550 (創作:: タティングレース)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15][16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]

<< 2019年03月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 作り直してみた
 チェインの締め具合
 手頃なサイズってどれぐ..
 これも外周はふさふさ予..
 モチーフ換算だと64枚..
 海亀っぽくね?
 表裏はけっこう重要?
 ちっちゃいものは別腹
 辞書アイロン中
 駄目だ耐えられん

 最新のコメント
 エビチリさん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2019/03/18 20:12:33
 わーー試して下さったん..
 by エビチリ
 at 2019/03/18 11:02:13
 エビチリ様>
 by 神崎真
 at 2019/03/17 21:55:01
 <神崎さん
 by 萵苣
 at 2019/03/17 19:39:05
 こちらこそ素敵レシピを..
 by エビチリ
 at 2019/03/17 15:33:09
 エビチリ様、こんばんは..
 by 神崎真
 at 2019/03/17 01:29:37
 こんばんは〜。
 by エビチリ
 at 2019/03/17 01:03:02
 萵苣さん、こんばんわで..
 by 神崎真
 at 2019/03/17 00:36:29

 カテゴリー一覧
 更新(43)
  タティング フリーパターン(5)
 創作(348)
  タティングレース(320)
  小説(12)
 読書(112)
 電脳(17)
 映像(18)
 日常(26)
 その他(2)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 
 2019年 / 01月 / 02月 / 03月

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41