よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 いつもなら諦めて切るけれど
2018年09月07日(Fri) 
このところ他のものにかまけて放置気味だった、Doraさんの四角いぐるぐること「 SQUARE PINWEHEEL MOTIFS 」。
あまりにも久しぶりすぎて……うっかりやらかしてしまいました _| ̄|○



「ピコ4つ・4目」にすべき部分を、逆に「4目・ピコ4つ」にしてしまっていることに、ぐるっと一周してさらに通り過ぎまでした段階で、ようやく気付くなんて(泣)

いくら小さめのモチーフとは言え、丸一周以上ほどくのは……しかもこれ、ベージュのポツポツが全部シャトル繋ぎ(ロックジョイン)なんですよ(泣) どんだけ手間かかるねん!?

せめて一段ごとに糸処理するタイプなら、さくっと糸切って取り除いちゃうのに、こういう時に限って中心から螺旋状に続いていくぐるぐる系。しかも糸はできるだけ無駄にしたくない、PuPuのダスティグリーン。

そんなこんなで……



やり遂げましたーーー( T ▽ T )
リングがひとつもなかったのが、不幸中の幸いでしたか。あと2色使いだったことも<糸が両方同じ色だったら、絶対どこをどっち向きに引っ張ればいいか判らなくなってた
空き時間に少しずつ作業していたので、延べ時間は判りませんが……おそらく一時間半から二時間はかかったものと……

ああもうほんとに、作り慣れたと思っても、こまめなチェックは欠かさないようにしないと……いやでもまあ、むしろこの段階で気づけて良かったと前向きに思うべきか。
さすがにもう一周……いや半周していたら、心が折れていたかも(苦笑)
No.667 (創作:: タティングレース)


 縁をつけると引き締まる
2018年09月06日(Thr) 
Janさんの黒本ドイリーその2、9段目終了。



「山化粧」の時と同様ぐるぐるターンの段が入ると、全体が縁取られて、ぐっと印象が引き締まるように思います。
……手間はめっちゃかかりますけども(笑)
でも四方八方へ踊っていた尖り部分もしっかり固定されて、一枚布としても取り回ししやすくなってくれるんですよね★

なお9段目終了時には、やはり内部が余り気味で波打つというかお椀というかになってしまったので、全体を水で濡らして整え(主に9段目を引き伸ばし)たのち、平らな場所で自然乾燥させてみました。



なんとかアイロンのお出ましまでは願わずに済んだ……でしょうか。

消費糸長>
 9段目 両手×11.5+糸玉

案の定、ノーマルシャトルでは足りない分量でした。大サイズシャトル推奨。
そしてリング同士の接続ピコは、途中から気持ち大きめに。
……内部のチェイン(5〜8段目あたり)は、もう少し締め気味にしたほうが良かったみたいですねえ。網目状部分の密度のグラデーションを強調したくて、外側に行くほど意識して緩めに結っちゃったのが仇になりました。やはり多段ドイリーは手加減が難しい……

そして次の段は、同時進行している Lucky Clover と同系統パターン……これ先にあちらを終わらせておかないと、途中で目数が混乱してくるかも(汗)


以下はヒトコトメールフォームからいただいたコメントへのお返事につき、記事をたたみます。
No.665 (創作:: タティングレース)


 ぐるぐるターン開始
2018年09月04日(Tue) 
Janさんドイリーその2の縁編みを始めました。



……なんかこのまま進めていくと、内部が波打ちそうな気配ガガガ……(汗)

そうだよ、このデザインだと多少チェインが長くても外側に逃げるから大丈夫って思ってたけど、よく考えたら縁編みの所で止められちゃうぢゃんっっ
むしろ円周の方に余裕あるぐらいのほうが、内部を伸ばすことで誤魔化せそうなデザインだった!

……とりあえず、リング同士の接続ピコはもうちょい大きめにしたほうが良さそうですね……最後まで行ってあまりにもアレなら、いっそいったん切って、9段目自体をやり直す覚悟で行こう……
No.663 (創作:: タティングレース)


 次の段はぐるぐる地獄な予定
2018年09月03日(Mon) 
Janさんの黒本ドイリーその2こと、「 Tatting Theory and Patterns 」P48掲載「 DoilyII SerwetaII 」。
とりあえず8段目まで到達しました。



必要糸長は、7段目が両手×2.5+糸玉、8段目で両手×2.5強+糸玉ほど。
sakura 様のところでこの段階の写真を拝見して一目惚れし、「え、黒本にこんなの載ってたっけ!?」と、放置気味だった書籍を慌ててめくった次第です(^^;;



縁編み的な残りが、あと三段あります。でもここで終わらせても、それはそれで繊細感があって素敵なんじゃないかとかvv この状態で、もう直径18cmぐらいありますし。
淡い水色を選択したのは、なんとなく波紋を連想したから。この色だとやっぱり、背景が暗いほうがよく映えるなあ。
……逆説的に言えば、ネイビーとかで作成すれば、机の上とかの薄い背景色に合うのかも?

そして最近、チェイン主体で網目状になっているデザインに嵌まっているのですが、これはチェインのカーブがよく見るタイプとは逆方向に向いているのがまた面白いですvv



リバースワークが多い&単調なのが、苦手な人には辛いかもしれません。
私にはむしろそこがありがたい(笑)<無心に手を動かしたいタイプ
ただ尖ってる部分が波打つ&作業中に糸が引っかかりまくるのが難点ですかね……それも縁編みをすれば収まるはずですから、やはり縁編みは必須でしょうか。
No.662 (創作:: タティングレース)


 まだメソッド部分まで到達してないけど
2018年09月02日(Sun) 
解読作業における懸念事項がなくなったところで、安心してJanさんの黒本ドイリーその2を進めております★



ひとまず三段目以降は、導入糸を切ることなく、マジックスレッド成功記録を更新中。
どうも引き込む要素の目数に余裕があるほど、目がきつく締まらず、成功率が上がるようです。ならチェインの目数がどんどん増えていくこの先は、失敗することも減るだろうと予測して胸を撫で下ろしていたり<最低でも1目おいてから5目、できれば10目ぐらいは引き込んでおきたい

解読作業と言えば、このドイリーの進み順、飾りピコついてる通常編み段にわざわざ矢印書いて、反時計回り指定してあるのも謎仕様……?<最初の方の凡例で、基本的に時計まわりとされている

Janさんの結び図は、裏から見た状態で書かれてるのかな……そういう、作者さんやお国柄によって異なる『お約束』も、レシピを見比べていると面白いです。

消費糸長メモ(ロワールコットン時)>

 1段目:両手×2
 2段目:両手×2.75+糸玉
 3段目:両手×2.5弱+糸玉
 4段目:両手×2.5弱+糸玉
 5段目:両手×2.5弱+糸玉
 6段目:両手×2.5+糸玉

4〜6段目の糸長は、ほとんど変わりがないです。チェインの目数が少しずつ増えていくだけですから、せいぜい十数センチぐらい、誤差範疇程度の違いなんじゃないかと。恐らく7〜8段目も同じぐらいで行けるでしょう。
ただ9段目は下手すると、ノーマルシャトルMAXでも足りないだろうなあ……


あと以前、他所様で拝見した海外のパイナップル風ドイリーのレシピ、URLを忘れないようにメモ、と。

■Cervelle de dentelles: My friend likes pineapples.
 http://cervellededentelle.blogspot.com/
2014/05/my-friend-likes-pineapples.html

細かい解説が画像に、しかもロシア語?で書き込まれてるのが厳しいなあ<テキスト情報じゃないから翻訳にかけられない
No.659 (創作:: タティングレース)


 Jan’sメソッドの読み方
2018年09月01日(Sat) 
コメント欄でアドバイスをいただいたので、Janさんの結び図についての読み方をまとめまとめ φ(..)

青字:普通に編む場合の目数。
赤字:Jan’sメソッド(表裏を合わせる方式)の目数。「」のうち、ピコの前にあるのが前の半目、ピコのあとにあるのが後の半目。
緑色:スプリットステッチとその目数。
黒字:普通に編む場合とJan’sメソッド、双方に共通している目数。

※赤字の「」とは微妙に書かれている高さが違う黒字の「」は、数字の上下(その数字がつく要素の方向)を示しているもので、目数には関係ない。

……Janさんの結び図は、数字の向きがバラバラ(それぞれの要素の向きに沿っている)なので、ごちゃごちゃしていてどこの目数かややこしい部分に、黒い点がつけられているそうです。
これが6や9に限らず、11とか3とかにもついてたり、あるいはなかったりするから、かえって判別に悩むんですよね……(−ー;)



あと、萵苣さんちでも書かれていましたが、三つ葉のリングの間やスプリットリングの繋ぎ目など、チェインではない部分にも、他と同じタッチで線が入っていたりするので要注意。

それから「x.→」はおそらくシャトルの持ち替えだと思うんですが、これも書いてあったりなかったりするので、こちらはあまり気にしなくても良いかな、と。もともと私は感覚でシャトルを切り替えるタイプですしね(苦笑)

うっしゃ、これでだいぶ先行きが明るくなってきたぞ〜〜♪


Aroma Lace で Lucky Clover は、大シャトル1個(両手×14)を使い切ったところで、ちょうど半分といったところです。



糸処理がしやすいのでこの位置で止めましたけど、糸の長さ的には次のチェインまで行けるので、まさにぴったり半分?
まあ、多少余裕を見て、2個目のシャトルは両手×14強を巻くとしましょう。14がMAXですから、ちょい無理させることになりますが……まあ50cmぐらいならなんとかなるかと。


昨夜は散瞳で目のピントが合わず、何もかもがやりづらいこともあって、さっさと就寝。
……結局夜中に起き出すこともなく、トイレにすら行かずに朝まで寝ちゃいました(苦笑)
台風の影響かだいぶ涼しくて、昼間でも2Fに扇風機だけでいられたのがすごくありがたかったです。
……明日からはまた30度超えていくらしいのが辛いなあ(´・ω・`)
No.655 (創作:: タティングレース)


 恐るべしJan’sメソッド
2018年08月30日(Thr) 
ラッキーなクローバーさんの先が見えてきたので、また新しいものに手を出し始めちゃいました(^^;;



Jan Stawasz さんの黒本こと「 Tatting Theory and Patterns 」に掲載されている、「 DoilyII SerwetaII 」です。
……えっと、翻訳サイトにかけてもうまく訳されないんですけど、これってつまり「ドイリーその2」ってことですよね? Serweta ってのがポーランド語でドイリーなのかな?

ずいぶん前に購入した書籍ですが、ざっと写真を眺めたぐらいで、実際に作ることを考えながら目を通したのは初めて。

……くっ、裏編みにもだいぶ慣れてきたし、結び図もあるからと少し舐めていたら、これはまたなんという難敵(><)

Janさんは目数指定にすごくこだわりがあるという噂は聞き及んでいましたが、想像以上でした。
だってJan’sメソッドを使わない、通常編みバージョンの目数も書かれている……はずなのに、何故かそちら側にも頻繁に半目が混じってるんですよ!?
しかも普通なら3目・ピコ繋ぎ・3目といった具合に同じ長さにするだろうチェインが、3目半・ピコ繋ぎ・3目になってるという謎仕様。さらにその隣の繋ぎなしチェインは6目半なのに、逆隣の同様なチェインはただの6目……意図するところが判らないよ!?<ピコ繋ぎを半目と数えてるにしても、ただの6目も混ざってるのが解せない

単純に裏返し(10目を後の半目・9目・前の半目)にするだけではないややこしさに、もう何をどうすればいいのやら ┐(´〜`;)┌ <最初の方に載っている、英語(と、ポーランド語?)の結び方指南は、もちろんまったく読めませんww
あと数字の向きがバラバラなのが地味に辛い。この数字はどこの部分のなの? これは9なの6なの!?

……まあ、普段から手癖に合わせて適当に調整しているのだから、今回も自分のやりやすいように改変することにします。一色使いにする予定だから、ジョイント部分のポツポツも気にしなくていいですしね!

使用糸は、ロワールコットンの034・ペールアクア。


一段目は両手×2、二段目は両手×2.75+糸玉といったところでした。

……カラバリの多さに心惹かれて、在庫限りで廃番なのにも関わらずポチってしまったロワールコットン。個人的な使い心地はそれなりと言ったところですかね。
太さや柔らかい手触り、マットな質感はちょっとPuPuにも通じます。ただ毛羽立ちが目立つことと、あとマットな見た目そのままの摩擦力の強さが、やはり数歩及ばないというか。
特に摩擦力は、リングを閉じる時に必要な力が強くなりますし、なによりマジックスレッドの成功率を大幅に下げてくれちゃって(><)
あまりに導入糸が切れまくるので、三段目はとりあえず結び始めに2本仕込んで、結び終わりにも1本入れる予定ですけど、これでも失敗して針で縫い込む羽目になる可能性が大。

今回のデザインはどうやっても一段ごとに糸始末が必要なので、この失敗の多さはかなり辛いです。
やっぱりすべりの良いPuPuで始めれば良かったかなあ(´・ω・`)
でもでもこの淡い水色が、このデザインには似合うと思ったんだよぅぅううっっ
No.648 (創作:: タティングレース)


 目数を減らし過ぎか
2018年08月28日(Tue) 
Aroma Lace でラッキーなクローバーさん、最終段を開始。
一段目と同じ、ラベンダー色に戻してみました。



進み具合はけっこうさくさく。このペースなら、意外と早めに終われるかもですな。
……ただ、たるむことを恐れるあまり、チェインを短くしすぎて窮屈になってる気配が……(汗)<シャトル糸はきつめに締めてるし目数も調整してる
どうもプラチナレース糸やエルベレース糸で作っていた時よりも、Aroma Lace の方は収まりが良い気がするんですよ。一段目とか、上記二つの糸だと目数調整してもまだチェインが長かったのに、今回はむしろ周囲が波打ちかけたほどですし。
二段目と三段目が接する部分のチェイン、目数減らさなくても大丈夫だったかなあ(´・ω・`)

そして色が違う糸をピコ繋ぎした際、裏側にポツポツと覗いて見えてしまう別色の点を抑えるため、二段目と三段目のチェインはダウンジョインで繋いでみてます(リング側を表にしたかった)。で、そこの収まりを良くしようとしたら、結果的にチェイン部分は装飾ピコもないのにフルで裏編みに(苦笑)



どうもダウンジョインしたあとは、後の半目から始めた方が、仕上がりが綺麗な気がするんですよねえ?
Janさんのレシピでちょこちょこと半目(推定)が入っているのも、それが理由なのかなあと思いつつ、それにしては半目の位置が必ずしもピコの脇じゃないのがやっぱり不思議……(悩)


ところで昨夜は、夕食直後に力尽きて横になり、夜中に目を覚ましてまたごそごそしていた訳なのですが。
……帰宅してすぐに冷蔵庫にあった粉末スポエネ水に溶いたやつを飲んで、「うっす!? 何これマッズ!? 作ったの誰よ!?」と思っていたんですよ。で、その後にとりあえずしょっぱいもの欲しいと濃い目に作ったカップスープ飲んで、それからさらに一時間ぐらいしてから夕飯食べて。それで寝る前にと、また同じポットから残りのスポエネ飲んだら……今度は「うげっ、甘苦っ!? 濃いすぎだわこれ」になってたんですよ……これって汗かきすぎで、体内塩分が足りてなかったってことでしょうか(汗)
最近、途中で氷や水を足せないのが嫌で、持ち歩く水筒の中身を普通の氷水にしてまして。で、食欲もないし面倒だからと、昼食も抜き気味……ううむ、ずっと内勤でも塩飴とか持ち歩いた方が良いのかなあ(−ー;)
No.646 (創作:: タティングレース)


 なんとかリカバリー
2018年08月27日(Mon) 
昨日、二段目終了目前になって発覚した、編み始めしょっぱなのミステイクですが。



どうにかこうにか、見苦しくない程度に修正できた……かと。



つ、疲れた……ミスった場所を切って、糸処理分を確保できるだけ前後にほどいて、新しい糸足しながら導入糸も結びこんで……このリカバリ作業だけで、切った糸と足した糸、合わせて6本の糸端を始末しました(−ー;)
さすがに全部マジックスレッドするのは無理だったので、1本を導入糸で引き込み、2本は直接内部へ結びこんで、あとの3本は針で裏側に縫い込み縫い込み。

……通常の結び終わりの糸端2本も、別途マジックスレッドで入れ込んでありますからね。つまり安全ピンついてる近辺では、合計8本の糸が処理されてます。

糸始末方法は、何パターンも覚えておくに越したことないって、こういう時しみじみと実感しますね……(ため息)

まあそんなこんなで紆余曲折ありつつも、どうにか Aroma Lace でラッキーなクローバーさん、二段目終了です。



まだA4クリアフォルダに余裕で収まっているあたり、エルベレース糸で作った時よりもだいぶ小振りになっていますね<エルベ版はこの段階で直径が22cm越えていた



目数を複数回ミスったことでバタついた結果、糸の長さは概算になっちゃいましたが、本来ならおそらく両手×24+糸玉ぐらいで行けたと思います。

さて残る最終段は、ここまで手間取らないと良いなあ……
No.642 (創作:: タティングレース)


 がふぅっ(吐血)
2018年08月26日(Sun) 
Aroma Lace で Lucky Clover 、二段目。
ようやく……ようやく一周が終わると思った、その最後のチェインを結っていたら……



一番最初の外周チェインのピコ(目数)が足りないって(゜◇゜lll

どうすんだよこれ……(泣)
No.639 (創作:: タティングレース)


[1] [2][3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]

<< 2018年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 いつもなら諦めて切るけ..
 縁をつけると引き締まる
 ぐるぐるターン開始
 次の段はぐるぐる地獄な..
 まだメソッド部分まで到..
 Jan’sメソッドの読..
 恐るべしJan’sメソ..
 目数を減らし過ぎか
 なんとかリカバリー
 がふぅっ(吐血)

 最新のコメント
 こんばんは、はじめまし..
 by 神崎真
 at 2018/09/22 04:22:06
 はじめまして。
 by kamemama
 at 2018/09/21 20:12:11
 えええええ、しないか、..
 by 神崎真
 at 2018/09/21 17:51:40
 ははは、ほっこり……
 by ちなつとも
 at 2018/09/21 09:39:19
 tatting mania 様>
 by 神崎真
 at 2018/09/18 21:28:05
 何が何だか分からぬしろ..
 by ちなつとも
 at 2018/09/18 09:11:09
 こんばんは、ドイリー、..
 by tatting mania
 at 2018/09/17 22:52:55
 いつもコメントありがと..
 by 神崎真
 at 2018/09/17 22:40:29

 カテゴリー一覧
 更新(27)
  タティング フリーパターン(3)
 創作(220)
  タティングレース(209)
 読書(63)
 電脳(5)
 映像(12)
 日常(21)
 その他(0)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 
 2018年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月
 2017年 / 12月

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41