よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 これは気になる!
2020年10月07日(Wed) 
ふらっとなんの気なしにシシカスさんを覗いてみたら、とっても気になる商品が!

■あとりえシシカス オリジナル ドイリーサポートてぬぐい - あとりえシシカス
 https://shishicass.ocnk.net/product/2623

クロバーさんのレースガイドシート的な、手拭いバージョン。
幅は35cmと、レースガイドシートよりちょっと大きめ? 程度ですけれど、全円ではなく半円プラスアルファにしてあるようなので、実質は直径60cmぐらいのドイリーにまで対応しそうですね。
というか、2本買って並べれば……もはやアイロン台に乗らないかww

そして写真を見る感じ、90cmの長さに横並びで、6の倍数分割ラインと8の倍数ライン2種類がプリントされているらしく。

不織布じゃなく手拭いだから、アイロン温度やマチ針を刺して穴が開くことへの不安も少なそうだなあ。
畳んで折り目がついても、軽くアイロンかけたらすぐに消えそうですし。

……まあ、以前に柄物手拭いをあて布代わりに使ったら、色移りしてえらい目を見たことがあるので、届いたらまずはしっかり洗濯しておかないとでしょうけど。

うっわー、やっべー、これほしいわあ……しかも限定商品とか、さすがはタティング専門店さん、利用者の欲しい物を判ってらっしゃる……


追記:
あれ、Teri Dusenbury さんのページ、リニューアルされて利用規約その他が消えてます……か?

■TATtle TALES TATTING Patterns
 https://teridusenburystattletales.blogspot.com/

以前拝見した時には、ものすごくガチガチの利用規約が設定されていたので、せっかく作成した素敵ドイリーも、写真を公開することができなくてすごく残念だったんですが……
私どこか見落としてますかね??
規約が緩くなったのであれば、ぜひ写真公開したいところなんですけど……
No.2197 (創作:: タティングレース)


 秋の味覚と糸計算
2020年10月04日(Sun) 
今年も気がつけばこんな季節になりましたね。



庭の栗です^^
栗の種類には詳しくないのでよく知りませんが、このサイズはかなり大きめではないかとww

そして例年は父が面白がって剥いていたのですが、今年は面倒だとのことで。母から剥き方のコツ調べて〜とのヘルプが来たのでざっと検索。

とりあえず、一番手間がかからなさそうな↓こちらの内容をメールしておきました。

■基本の栗の剥き方 作り方・レシピ | クラシル
 https://www.kurashiru.com/recipes/
95cbb614-1bfb-4487-b0f8-728b5ac18ba0

現在、後ろのタッパーごと冷蔵庫に入ってます。
柔らかくなってると良いなあ。


雪ドイリー7段目は、1個目のシャトルを使い切り。



……こころなしか、6段目よりも多く進んでいる気がするのは、糸を計った時の誤差なのでしょうか^^;;
ともあれこれなら、繋ぐ長さは6段目と同じで大丈夫そうです。

それにしても、この雪ドイリーが楽しすぎて、アロングさんがすっかり放置気味&次に挑戦するレシピがなかなか決められません(苦笑)

罪作りなデザインだ……ww
No.2194 (創作:: タティングレース)


 早々と出てきたww&勘違い
2020年10月01日(Thr) 
雪ドイリー7段目を開始。
遠目から見た感じ、多角形気味なのはある程度、改善されてくれるようで安心しました^^



そしてこの写真を撮る前に、いったんアイロンを掛けてうねりを押さえたのですが。
止めた位置にこれといって意図はなく、ちょうど集中が落ちてきたので、そろそろ休憩しようかなーと思っての中断だったのに、



ものすごいベストポジションに結び目が出てきてましたww
糸を繋ぐのに一番目立たない、vspを入れた外向きリングの根元部分。残っている長さも、シャトル糸に仮繋ぎして、次のチェインへ結びこむのにちょうど良いぐらいです。

しかし新しい糸玉を開封して、シャトル1個分を巻いて糸玉に繋いだまま結い始め。それでもう結び目が出てくるとは思いもしませなんだよ。
前の玉は残りが少なく、この段を作成する場合、糸始末回数が1回多くなるだろう長さだったから新しい玉を開封したのに、結局はここで一度糸繋ぎする羽目になっちゃいました(苦笑)

あ、それと先日がっくりしていた、6段目の装飾ピコを忘れたチェインなのですが。
ちょうど、↑の写真の下縁、ギリギリに写っていますよね。
それがこのあとで外向きリングを作成し、リバースワークで裏返したところ……チェインの裏っかわに、折れ曲がった糸の輪が、ピッタリと貼り付いて……る??

えー……嘘から出る真ってあるんですね (。・ ω<)ゞてへぺろ <あそこのピコは、アイロン時に折れ曲がって、見えにくくなってるだけなんや〜♪(自己暗示中)

……そもそも↑の写真自体、その裏側が上を向いているはずなのに、全然気づかなかったくらいぴっちり貼り付いてたんですよ……

ともあれ、早まってハサミ入れてなくて、本当に良かったです。
早とちりダメ、絶対ww


そして夕方、ちょうどいいタイミングで仕事から帰ってきた長兄(現場職人)を捕獲できたので、まだ仕事モードのうちに、3つ目の毛糸ストッカー@ダイソーに工具で脇穴を開けてもらったりとか。
糸が引っかからないよう、目の細かい紙やすりで仕上げをするのは、また週末にでもゆっくりやっつけようかと。

水をかけながら、紙やすりでしょーりしょーりする作業って、なんか無心になれるんですよねえ(笑)
No.2189 (創作:: タティングレース)


 見なかったことにしよう
2020年09月29日(Tue) 
雪ドイリー6段目がぐるっと一周できたので、うねりまくっていたのを霧吹きとアイロンで落ち着かせました。

やはり縁がつくと、また印象が変わって締まった感じがしますね^^
……ちょっと多角形気味なのはまあ……次の段で吸収されることを願いたく(苦笑)



この横向きと外向きリングが連なるデザインは、Frywolitki さんでよく使われているパターン。慣れるとこれがなかなか楽しくて、今回は割とさくさく進んでくれました^^
外向きリングが不安定になりがちなのは、根元にvspを足してやると良い感じです。

……ところが、です。
湿らせるとどうしてもよじれてしまうロングチェインと装飾ピコを、レース針でちまちまと整えていたら……気づいてしまったのですよ。



あはは、はは……は……



装飾ピコが、ひとつ抜けてる〜〜 ・゜・(ノД`)・゜・
もうね、愕然。

あんなに何度も何度も何度も確(以下略

……と、とりあえず、ピコを作り忘れただけで、チェインの長さ自体は間違えていない模様。
どうせ間違い探しのレベルで目を皿にしないと、そうそう見つけられるものではないですし。何よりこのデザイン、一部を切り取って直そうとすると、かーなーりーー手間取る上に、どうしても違和感が残っちゃうんですよ<蜂蜜ドイリーのときに経験済(遠い目)

なのでピコひとつのために苦労してまで歪みを作るぐらいなら、今回は見なかったことにして先を進めようと思います、ハイ。 まあ、どうしてもどうしても気になるなら、あとで裏から別糸を縫い付けて、疑似ピコを作るという手もなくはないですしね(ぼそ)

あそこのピコは、アイロン時に折れ曲がって、見えにくくなってるだけなんや〜♪(自己暗示中)

消費糸長メモ(PuPu時)>
 6段目
  メインシャトル 両手×15+12.5強≒27.5強
  サブシャトル 両手×15+13.5弱≒28.5弱

サブのほうが気持ーち消費量が多かったです。
チェインの目数増やしているし、FRもだいぶ大きくしたので、ちゃんとレシピ通りに作れていたら、比は逆転していたのではないかと。

現在直径は43cmほど。



あと3段で、果たしてどれぐらい増えますかねえ?


あ、昨日の製本ミス本は、出品元から検品漏れのお詫びメッセージが届きました。
あいにく同じ本の在庫はないので、返金処理となるそうです。手間になるので返品は必要ない、そちらで好きにしてくれと。

まあ、かつて一番ひどかった製本ミス↓



を思えば、読んで読めないことはないぶん、全然マシですか……
これはそーっとそーっと開いて解読しながら、今にも分解しそうな8ページ分をテキスト入力 → プリントアウトしました。
著作権切れた、昭和20年代の完全古書、しかも捨てるやつを無料でもらったものだから、なにも文句は言えませんが……^^;
No.2182 (創作:: タティングレース)


 雪ドイリー6段目の糸計算
2020年09月26日(Sat) 
思ったよりサブシャトルの消費が早くて、メインとほぼ同時になくなってくれた、雪ドイリー6段目です。



メインサブとも、かなりぱっつんぱっつんの両手×15を巻いて、半分からちょっと過ぎたところまで進むことができました。
これなら新しいシャトル2つを繋げた状態で糸継ぎ&どちらもあと1シャトルで足りて、糸始末が最後を含めて2回、計4本ですむので助かりました^^

ええと、両手を広げた長さ×15で12セットのうち6.5セット強進めたとして、1セットにつきおおよそ両手×2.3。残りが5.5セット弱だから……2.3×5.5≒12.65で、ちょい余裕を見て両手×13……いや13.5ほども巻けば足りますかね?

……糸計算は余裕が大事、糸計算は余裕が大事……(ぶつぶつ)

そしてもうお約束ですが、糸継ぎをしてしばらく進んだところで、またまんまとやらかしましたww



元からアイロンかけるまでうねうねしているので、判りにくいのですが。



はい、オニオンモチーフと繋ぐ24目フローティングリングを忘れてましたーーー^^;;

かなり早いうちに気づけたとはいえ、ほどくのにかなり……三十分以上かかったと思います。TV見ながらだったから気は紛れましたし、PuPuは比較的ほどきやすいので、まあ良いと言えば良いんですけど。

……12箇所しかないこのFRのためだけに、わざわざサブシャトルに大量の糸を巻かなければならないのがそもそもの手間でして。
でもここはリバースワーク入るから、カバーステッチ使ってもSLT併用しなきゃいけなくて、綺麗に収まらないんだもんなあ……

2020/09/27 追記:
ああっ、もしかしなくてもこれを使えばよかったんじゃなかったのか!?



■根元が自然な Ring on Ring on Chain のやり方まとめ|私立杜守図書館
 http://plant.mints.ne.jp/takara/roroc/roroc.htm

うーあー……自分でまとめておきながら、まったく思い出しもしませんでした(><)
せっかくのチャンスだったのに、無念っっっ
No.2178 (創作:: タティングレース)


 ’joy’アレンジ版をコルドネ80番で
2020年09月23日(Wed) 
以前にも作成した、maimai さんのフリーパターン、’joy’のアレンジバージョンを、細糸のコルドネ80番で挑戦してみました★



……ちょっと多角形気味になっちゃったのは、接続ピコが大きすぎたからですかねえ(´・ω・`)

■' joy ' means...|Instagram
 https://www.instagram.com/p/BrwjjZnFmFL/

■This was made from same pattern, too...|Instagram
 https://www.instagram.com/p/BvQPfy9FtYd/

■I think this...|Instagram
 https://www.instagram.com/p/BvZNEaYFZTR/


このアレンジ版は、2段目チェインのカーブ内側に、ミニリングが乗っているように見えるのが面白いデザインです。



目数が結び図(1個目のURLの3枚目の画像)とはちょっと異なるので、写真から目数を想像しつつ、ある程度調整も入れました。

やっぱり80番手は繊細ですね! これぞTHE・レース!! という感じですvv



もしゃふわで可愛いのに、優雅な上品さもあるとか、細糸にハマっていく人の気持ちが判るわあ(しみじみ)

なお以前作成したロワールコットン製と並べると、↓この差です。



太いと言っても#40の範疇に収まっているロワールコットン(左)が、まるでダイソー#20(太)のように感じられるこの不思議さよww

消費糸長(コルドネ#80時)>

 1段目 メイン 両手×0.66、サブ 両手×1.5
 2段目 両手×1.33+糸玉
 3段目 両手×3.5+糸玉

1段目がモックリングとフローティングリングの繰り返しと、なにげに難易度が高かったです……<しょっぱな1個目のモックリングを閉じてから目数ミスに気づき、ほどくのにめちゃめちゃ難儀したうえ、解けたら解けたで安心して、目数直さずにまた閉じちゃって再度ほどく羽目になった _| ̄|○
あと作り始めてから気づいたんですが、このデザインほぼvspがないから、25号針使う必要がなかったww

それにしても、糸の太さによってこれだけバランス(外周が多角形になるとか)が変わってくるとなると、この糸で雪ドイリーのリベンジは難しいですかねえ。
ただでさえ細かい調整が必要になっているデザインなのに、それをまたイチからやりなおすとなると……むむむ……^^;;
No.2168 (創作:: タティングレース)


 思いとどまった
2020年09月22日(Tue) 
昨日の流れでもうちょっと、25号針とコルドネ80番で遊びたくなる自分がいましてww



いやうん、やりたいと思ったタイミングが作りどきなのだYO!
MYルール「同時進行は3つまで」は、クリアしてるからおっけーなのです★

■This was made from same pattern, too...|Instagram
 https://www.instagram.com/p/BvQPfy9FtYd/

なお昨日うっかり血迷いそうになった、極細系のレース針各種ですが。
手持ちのチューリップ25号でも、とりあえず先端の向きがすぐに見分けられれば良いだろうと、危うくポチるのを思いとどまりました^^;;

そもそもこの25号針は、指で持つ部分が両面とも同じような平べったさになっているため、私だとほぼ二分の一の確率で裏返しに持ってしまうのが問題だった訳なんですよ。

そこで、



グリップにシールを貼ってみましたww
手持ちで一番小さくかつ剥がれにくそうで、それなりに目立ちつつあまり見苦しくはないものをと選んだら、この恐竜シールの卵しか選択肢に残りませなんだが。

この状態で、こう……



シールが視界に入る向きで手に持てば、間違いはない、と。

もちろん普通のレース針(6〜12号あたり)なら、本体の先端を見ればすぐに向きなんて判断できますよ?
でもさすがに25号の細さだと、実際に糸を引っかけようとするか、直接指で触らないと判らないお年頃なんですもんよ……
ってか、



 見 え る か (ノ`□´)ノ 彡┻━┻。・;゜・。+

この針で、クロッシェレース(細編みとか長編みとかの、いわゆる普通の編みかた)をする強者がいるとは、世の中恐ろしすぎる……

あとコメント欄で教えていただいた、有力情報をメモメモ φ(..)

■DMCコルドネスペシャル #151/80 No.B5200 通販|ヨドバシ.com
 https://www.yodobashi.com/product/100000001005222369/

会員登録不要(登録するとポイント特典などはある)で全国送料無料、クレジットカードも使えるけどコンビニ支払いでも振込手数料不要で、コルドネシリーズ各種が1玉から購入可だそうです。
お値段自体もちょっと(数十円)お安め?

今のところ買い足す予定はないんですけど!
ないんですけどっ!!
……いちおう今後のために、検索できる本記事へ書き留めておきます★

っていうか、ヨドバシカメラっていったい何屋さんなんでしょう?
てっきりカメラとか電子機器を扱うお店だとばかり……
No.2167 (創作:: タティングレース)


 糸比較と誘惑
2020年09月21日(Mon) 
雪ドイリーこと serwetka śnieżna を、細い糸で作成したらどんなふうになるのか、気になって気になって、もう辛抱堪らなく^^;;
なのでクールダウンがてら、5段目のスノーフレーク部分だけ試し結いしてみちゃいましたww



DMCのコルドネ80番バージョン。
現在作成中のドイリー用に、目数はかなり変更してあります。

シシカスさんでの洋書購入時に、送料合わせを兼ねて買ったは良いけれど、ほぼほぼ使っていない80番。そこは期待に違わぬ繊細さです。
そしてやっぱり、ものすっっごく細い!



タティング用に自分で短く切断したレース針(8・10・12号)では、接続用極小ピコ(vsp)が広がってしまうため、やはりケースの肥やしになっていた、チューリップの25号針を出してきましたよ。




もうね、この針がまたあんまり細くって、カギがどっちを向いているのか、肉眼ではほぼ確認できない始末でして(苦笑)

↓以前撮影した、先端の比較写真。



25号を使ったあとだと、一番使用頻度の高い8号レース針が、普通の毛糸用かぎ針に見えてくる不思議ww

でもって、
比較対象として他に Aroma Lace と、PuPu単体も作ってみた結果が、↓こんな感じになりました。



左から、現在作成中のドイリーと同じ、太めの#40なPuPuを使ったもの(ジョイント時は8号針を使用)、国産#50相当らしい Aroma Lace(同じく12号針)、そしてDMCのコルドネスペシャル#80(要25号針)です。

いま作成中のPuPuドイリーが、5段目で直径37cmぐらいなので、Aroma Lace だと85%の大きさ。31〜32cmぐらいになる計算でしょうか。思っていたほどは小さくならないようです。
比較してDMC80番は、66%で25cmぐらいと、さすがの小ささ。

あー、やっぱりこれで最初からリベンジしてみたいなあ!

まだPuPuバージョンも先が長いと言うのに、80番手の繊細さに誘惑されまくっております(苦笑)

ただ、柄が長いままの25号レース針は、取り回しが面倒くさいんですよね……<ニードルマインダーで胸元にくっつけておけない。
軸が丸くて転がりやすいくせに、うっかり服や絨毯の上にでも落とすと、先端が引っかかって大変な目を見ますし(遠い目)

あと細かすぎて、糸始末のたび「目がーー」となるのは、この糸処理が多いドイリーでは致命的だよなあ……


そしてまた、こちらのページを開いては、カートに入れようかどうしようか悩む日々がww




以前拝見した↓の記事の写真を見る感じ、エティモロゼの16号(0.40mm)って、チューリップ25号(0.35mm)とさほど太さが変わらなくって、でもカギが曲がっている方向は視認しやすそうなんですよねえ……

■編んでる? 頭の問題なんです*レース針考察
 http://matukitchan.blog27.fc2.com/blog-entry-694.html

グリップも転がりにくそうな形状してますし……ああでも尖っていると逆に糸を割りそうになるのかな?
っていうか80番なんて細い糸、そうそう滅多に使わないんだから、落ち着けー落ち着け私ーーーっっ

追記:

■【ドヰ手芸】レース針
 https://www.doishugei.com/lace/tool/hook.html

切断しなくていい LACIS のミニレース針15号(エティモロゼ14号相当)が800円……自分で切断できそうな太さの16号(エティモロゼ16号相当・0.40mm)が700円で、送料が200円……会員登録無しでクレジットカード支払い可……せ、先端の形状ってどんな感じなのかしら(どきどきどき)
No.2164 (創作:: タティングレース)


 ちょっと多角形気味
2020年09月20日(Sun) 
……ですが、次の段へ進めば改善すると信じたい、雪ドイリー6段目の本番開始です。



いちおう、繰り返しパターンの数自体は変更せずに収めることが叶いました(安堵)

しかしオニオンモチーフと接続するFRは、レシピ通りの 2P2J2P2 では全く追いつかず、12J12 の大きめリングに。
チェインの目数もちょこちょこ増やしているあたり、この先どんどん目数が増えていって、最終的にだいぶ大きい仕上がりになるんじゃないかという懸念もあったりして^^;;

ただでさえ、太めのPuPuを使ってますしね……また和室の大テーブルにさえ飾れないサイズが仕上がってしまうのか(苦笑)

これデザイン的にはとっても好みなので、いっそぐっと細い糸で4段目まででもリベンジしたら、使いやすいサイズかつ繊細に仕上がるかなあとか思ってみたり。
ああ、ピコ割れの問題さえなければ、阿呆ほど在庫がある Aroma Lace を使ってみるのにっっ

……うーん、ちょっと久々に Aroma Lace 試してみようかなあ……また手癖が変わって、ピコ割れしなくなってたら在庫が消費できてすごく助かりますし……そもそもなんでピコ割れするようになったのかも謎なんですよね。
あれか? また裏編みあたりだろうか(悩)<以前ジョセフィンノットが浮くようになった原因がそれだった

……そして今日は、ちょっと長時間やりすぎたせいか、右手首に心なしか嫌な感じの鈍痛が……?
ど、どうかどうか、腱鞘炎は再発しませんようにっっっ^^;;
No.2161 (創作:: タティングレース)


 雪ドイリー5段目終了・6段目試作
2020年09月19日(Sat) 
5段目は、一応なんとか、それなりに見られる形にはなってくれました。
現在の直径は37cmぐらいです。



■Frywolitki, Tatting, Chiacchierino: serwetka śnieżna - on line
 http://renulek.blogspot.com/search/label/
serwetka%20%C5%9Bnie%C5%BCna%20-%20on%20line

この五段目、雪モチーフ部だけアイスブルーとかにしてみても面白そうだと思います。あいにくPuPuにはちょうど良さげな色がなかったのが残念。
ロワールコットンのペールアクアみたいなカラーがPuPuにあれば、むしろ全体をそれで作って、スノーフレーク部分だけを白にするという配色も面白かったんじゃないですかねえ。

なおちょっとお椀化の傾向が見られたので、途中からオニオンモチーフの締め加減を緩めにしたりなどもしておりまして。
よく見るとあちこち重なったり浮いたりしているのですが……まあそういうのは、先を進めていくと案外埋没して見えなくなるしと、このまま妥協して進めていく所存です(笑) というか、もともとの見本写真自体が割と(ぼそ)

でもって問題は、次の6段目な訳で。
もはやレシピ通りの目数で収まるとは、最初から思っていないと言うか。むしろ目数が公開されている記事の拡大写真と、完成した全体写真とで、明らかにFRの目数が違っているなあと気が付いたりもしているのですがww



とりあえず、あまり使わない色で試し結いをしてみたりとか<この段階ですでに、チェインの目数増&vspを追加済
まあさらに次の7段目のデザインを見る感じ、多少の遊びはあるはず。あまり神経質にはならず、気軽にぼちぼちやっていくとしますかね^^

2020/09/20 追記:
記録を忘れてました。

消費糸長メモ(PuPu時)>

5段目 ※それぞれ12枚のうち1枚分

 雪モチーフ
  メイン 両手×1.66強
  サブ 両手×3

 オニオンモチーフ
  メイン 両手×1弱
  サブ 若干量(20cmぐらい)

 三つ葉モチーフ
  両手×0.66強



昼間放送していた、再放送のネプリーグ2時間SPを視聴したところ、普通にハイタッチしたり、肩組んで1本のマイクを3人で共有している光景に、違和感を覚える自分に改めて世の中の変化を感じてみたり。
ほんの半年ちょっと前までは、これが普通だったんですよねえ……
No.2158 (創作:: タティングレース)


[1] [2] [3][4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58]

<< 2020年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 これは気になる!
 秋の味覚と糸計算
 早々と出てきたww&勘..
 見なかったことにしよう
 雪ドイリー6段目の糸計..
 ’joy’アレンジ版を..
 思いとどまった
 糸比較と誘惑
 ちょっと多角形気味
 雪ドイリー5段目終了・..

 最新のコメント
 その後どうなっているの..
 by タカコ
 at 2020/11/28 08:36:09
 はじめまして、lapisと..
 by lapis
 at 2020/11/28 02:45:26
 エビチリさん、おはよう..
 by 神崎真
 at 2020/11/27 09:31:11
 完成おめでとうございま..
 by エビチリ
 at 2020/11/27 00:00:04
 こんばんは、タカコ様。
 by 神崎真
 at 2020/11/19 18:01:09
 お疲れさま、
 by タカコ
 at 2020/11/18 21:02:10
 こんばんは、エビチリさ..
 by 神崎真
 at 2020/11/16 20:04:17
 完成おめでとうございま..
 by エビチリ
 at 2020/11/16 08:52:35

 カテゴリー一覧
 更新(89)
  タティング フリーパターン(7)
  タティング 技法(4)
 創作(664)
  タティングレース(572)
  小説(26)
 読書(261)
 電脳(72)
 映像(43)
 日常(119)
 その他(3)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41